2016年11月17日

きつねうどん

油揚げを乗せたうどんです。

kitsune_udon.jpg

日清食品の「どん兵衛きつねうどん・天ぷらそば」や、マルちゃんの「赤いきつねと緑のたぬき」のCMが流れる季節になってきました。
一人わびしい晩餐を自宅の一室で摂るのに好適な食材、それがカップ麺です。汁は全部飲まない方がいいでしょう。

nov309.jpg

きつねうどんは、甘辛く煮た油揚げをうどんの上にトッピングしたものです。何ゆえきつねの名を冠しているかというと、油揚げが狐の好物だからという説や、油揚げ自体の色合いが狐の毛皮に似ているから、と諸説あり定かなことはわかりません。

きつねうどんの発祥自体諸説あり、
・江戸時代に大阪で誕生したという説
・明治10年代に大阪で誕生したという説
・明治20年代、大阪の船場「松葉屋」で考案されたのが最初だという説
と、多くの説は「大阪起原説」を採用していますが、そもそも江戸時代に江戸で大阪よりも先に作られたという説もあり、定かなことは闇の中です。

きつねうどんにたぬきそばは日本全国にありますが、「きつねそばとたぬきうどん」は大阪にはありません。
そもそも大阪では、油揚げを載せたうどんを「きつね」、そばを「たぬき」と呼ぶからです。
一方同じ上方でも京都は微妙に異なっており、京都の「たぬき」とは「刻んだ油揚げの上から葛餡を掛けたうどん」のことです。

nov308.jpg

きつねうどんの味を左右するのは、麺のコシと汁の味、それに油揚げの大きさと食感です。
やはりきつねうどんのおあげは大きい方が美味しく頂けます。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(31) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようさんです。

私の股間の珍宝ほ“大鰻”菅原さんのを“どぜう”と言うが如しですね?解ります。フォッフォッフォッフォッwww

さて、幼少期の私もキツネ蕎麦、タヌキうどんは知らなかった。昔「ケンちゃんシリーズ」てのが在ってだな(実は私は何が面白かったのか?いまだに理解出来ん)、「おそば屋ケンちゃん」(ヤッパ「うどん」やなくて「ソバ」なんだな。しかし、毎年商売替えをするのは資産が凄いのか?商売が下手なのか?)てのが在ってだな、その主題歌の中で
「キツネの揚げがハゲ玉に化けてタヌキ…」
みたいな事を言ってたので
私「ハゲ玉て何?タヌキうどんなんて有るの?」
親父「アホ!揚げ玉や。天かすの事や。キツネのうどんが蕎麦に化けたらタヌキや。タヌキうどんなんて無いしキツネ蕎麦なんて無い。天かすなんか大阪駅のうどん屋でテーブルの上の小箱に容れて在って、好きなだけ入れれるワ(文字どおりエビやイカや野菜の天ぷら揚げた後のカスだから味が有る。適当に入れれば旨いがダシを含んで膨れるから、分量を間違えると恐ろしい事になる)。東京はアンナもんにまで金を取るんや」
私も親父も本質的には蕎麦の方が好きなんやけどね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月17日 05:47
昼となつた、甲府市内。
サテ総帥さん。ハゲは、、この爺がそうです。
銀座ハゲ天の天ぷらを食べたせいで、ハゲてしまいました。
怪我なくて良かったです。
Posted by 百足衆 at 2016年11月17日 12:28
総帥様のコメントは、まさしく上方落語の世界ですよ。
Posted by ラー at 2016年11月17日 12:30
ははははきつねうどんしか食べられない諸君!😏
Posted by 花…もゆ💐 at 2016年11月17日 14:30
ああ、鼻もげくんみたいに💩はよう食わんのでな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月17日 14:59
恐怖のトンスルおばさん降臨(*´-`)
Posted by まろん at 2016年11月17日 17:02
境界線おばさん、💩とか生ゴミばっかし食っとるから、鼻もげたんとちゃうか?
Posted by GATTO at 2016年11月17日 17:35
まろんちゃん

直接触っちゃ駄目よ!長い棒でつつくんやで。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月17日 17:47
殺虫剤も効かんしね。
Posted by GATTO at 2016年11月17日 18:00
総帥サン

長い棒...キャッ(〃ω〃)

って、鼻もげレベルか私は( ̄∀ ̄)
Posted by まろん at 2016年11月17日 18:48
…あかん。私の大鰻くんが…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月17日 18:53
きつーん ねうどん!寝うどん!
寝タバコ。火事!

総帥様、総帥様、続きを語って、あげましょう。
続きを語らせて、頂きます。

あかん!私の大鰻君が、蒲焼になって、(一部白焼きになって)藤原さんのところに向かって、泳いでいく!

よかったね、よかったね。
ありがとう、ありがとう。

PS、シモン様、シモン様、明後日、久しぶりにお会いできることを、楽しみにしております。
菅原君は出張で不在です。
良かったね、よかったね。
Posted by 藤原 at 2016年11月17日 19:36
総帥さん

大鰻、そろそろ年貢のおさめどきですね。
Posted by 菅原 at 2016年11月17日 22:05
おばんです。

「女は乗せない戦船(いくさぶね)。男にゃ食わせぬ大鰻…」

てか菅原さん、こんな事を言って言わせられたら、まろんちゃんに
「ヤダ!総帥さん変態!」
と誤解されてしまうかも知れないじゃないか!まさか、君はこの私を変態だと思っているのかね?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月17日 22:45
まだ明けやらぬ、甲府市内の暁の時。

サテ総帥さん。貴殿は、変態ではないですゾ。
ただ、物の考え方が斬新なだけです。
佳い佳い、鰻は、藤原さんと菅原さんで喧嘩にならぬよう、爺が預かっておきます。
Posted by 百足衆 at 2016年11月18日 05:06
むかーで シュッ!シュッ!
イスラマバード。パキスタン!

百足衆様百足衆様お気遣い、ありがとうございます。ありがとうございます。私が、責任を持って総帥様の大鰻を預かります。預かります。

シュッ シュッ。
Posted by 藤原 at 2016年11月18日 06:04
藤原さん

とても良い詩ですね。
Posted by 菅原 at 2016年11月18日 07:59
まろん!総帥!大鰻!シュッシュッ!(^ω^)
Posted by まろん at 2016年11月18日 08:12
…大鰻シュッシュッ………て…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月18日 10:36
投げ縄のように振り回すイメージですよね、まろん様。
Posted by ラー at 2016年11月18日 12:25
いや、私んとこの糞上司、昨日大阪出張で、
「ハイお土産」
と菓子を私に渡してな
「要らないなら構いませんよwww」
と来たもんだ。まさか
「要らんわい!」
と、本音を吐く分けにもイカンから
「有難うございます」
と引き取ったけどな。雰囲気悪くする分けにもイカンからな。
例えば宗匠に
「藤原さん、大鰻欲しいか?『ワン!ワン!』と吠えたらやるよwww」
言うて
「ワン!ワン!」
とやるか?それと同じやネ。あれでユーモアのつもりなんやろな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月18日 14:55
総帥様、総帥様

ワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワンワン!

大鰻、謹んでお待ち申し上げております。

ワン。
Posted by 藤原 at 2016年11月18日 15:18
例え話と相手を間違えたな…

宗匠、プライドと鰻とどっちが大切なの?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月18日 16:23
どっちも大切だそうです。
Posted by 菅原 at 2016年11月18日 18:09
こんばんは。

藤原さんが、菅原さんに国産鰻をねだるところと、総帥さんを怒るところを一度拝見したいものです。
Posted by GATTO at 2016年11月18日 18:53
そう言やあ、宗匠は時々暴発して、ソレを
「どう畳むのか?」
てのも楽しみやったんやけどね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月18日 19:32
菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、ボブディラン!

それでは私が、プライドの塊のような、誤解を与えるではないか!
私には、魂の叫びしか、ない!プライドなど、ない!
そういった、偉そうに、他人に指図するような、要素を、すべて捨て去ったのが、現在の、私だ!

なので、真摯に、しかし謙虚に、総帥様に、大鰻を所望する!総帥様も、それを大いに喜んでいる筈だ!GATTO様もだ!

そういった、人間感情の機微を、理解しない菅原君!所詮、学問一辺倒の、祖先と同じ轍を、踏んでいる!
才人、才に倒る、と言う!
私は君の才能を惜しみ、才に倒れることを危惧しているから、あえて諫言しているのだ!平手政秀の気分だ!

うなぎっ うなぎっ。
Posted by 藤原 at 2016年11月18日 19:44
平手の爺って…菅原さんの為に腹切るんけ?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月18日 19:52
それに宗匠の魂の叫びが
「鰻食いたい!」
ですか…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月18日 20:11
総帥様、総帥様、

ゆめゆめ、食欲を、次元の低い魂の叫びと捉えては、なりません。
ならないのです。

食わねば人は、魂がなくなってしまいます。
人はパンのみに生くるにあらず、という言葉は、もっとおかずを、という意味に解釈されています。
花より団子という意味も、花燃ゆを見るぐらいなら団子を食べなさいという意味です。

すべて、食を礼賛しているのです。頼山陽なのです。

総帥様、総帥様、大鰻ひとつで、世界が平和になるのです。菅原君との諍いも、消失するのです。

ここは人肌、脱いでください、総帥様。

うなごっ うなごっ。
Posted by 藤原 at 2016年11月18日 20:56
おばんです。

〉人はパンのみに生くるにあらず、という言葉は、もっとおかずを、という意味に解釈されています。

これ良いね。他所で使わせてもらいますワ。


さて、管理人殿は宗匠と会食ね…土曜日やでホンマに菅原さんは出張かえ?
で、私は珍しく休みやけど。愛媛は天気悪いし、パチ行く銭も無いしな。此方覗いてネタがハズレたら老師と武田信玄研究会でもしよかなwww


Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月18日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック