2016年11月23日

アブラガ二

俗に「偽タラバガニ」と呼ばれるカニです。

aburagani.jpg

今日は勤労感謝の日です。
日頃の勤労の疲れを癒す意味で、外出してカニをお召し上がりの人もいるかもしれません。

nov320.jpg

食用に用いられるカニには、ズワイガニや毛蟹、上海蟹などの「十脚目短尾下目」いわゆる真性カニ類と、タラバガニやハナサキガニといった「ヤドカリ下目」つまりヤドカリの仲間に大別されます。
そういう意味では、タラバガニはそもそも「偽カニ類」の汚名を着ても仕方がない一面もあります。

アブラガニは、さらにそんなタラバガニの「贋モノ」扱いされている不運なカニです。
外見は素人目にはタラバガニとそっくりで、味わいも素人にはほとんど違いがないように思われるのですが、タラバガニと偽装されて流通したため、問題となったカニです。

その見分け方をご紹介しましょう。
よく知られているのは、背中の甲羅のいぼの数です。このいぼが6個のものがタラバガニ、4個のものがアブラガニ、という見分け方です。
しかしこれは、スーパーなどでカニの足だけが売られている場合、甲羅の状態がわかりませんのでタラバガニとアブラガニを見分ける有効な手段になりません。

なので、甲羅がない場合の見分け方ですが、カニ足が紅白斑模様なのがアブラガニ、赤一辺倒なのがタラバガニというこれもかなり明快な見分け方があります。
全体的な印象として、いぼというかイバラが多いのがタラバガニ、少なめなのがアブラガニ、と云う判定法もあるようです。

タラバガニとアブラガニの味の違いというよりも、そもそもカニの保存の仕方が味を大きく左右します。
よくあるのは「急速冷凍で、美味しさをギュッと詰め込みました」というコピーと一緒に売られる、冷凍カニ。実は冷凍すると味が落ちるので、できれば漁獲して早期に茹でられた蟹か、漁獲されて生簀暮らしの日が浅い活きカニを購入したいところです。

いわゆる「浜茹で」という形容詞も、購買者は勝手に
「漁獲した港で漁師さんたちが新鮮なうちに茹でたカニ」
を連想しがちですが、実際は殆どの場合が「冷凍カニの代名詞」なのだそうです。しかもいつ茹でられたかわからないそうで、モノによっては三ヶ月前、半年前に茹でられた冷凍のカニも流通しているようです。

nov317.jpg

こうして見ると、カニの種類にこだわるよりも、どうやって処理去れたカニなのかによって、味は大きく変動すると考えたほうが良さそうです。

(本文と写真は関係ありまえん)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(47) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
で、タラバガニやコレと松葉ガニとどっちが旨いんや?コレ。開高健さんなんかは
「松葉ガニみたいな『ハケでサッと一塗りしたような油』が足りない」
と、一段落ちるような評価やったけど。いや、カニって食うのめんどくさいから…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月23日 07:19
おはようございます。

上海出身の嫁さんはカニが大好きです。元々好きなのはもちろん上海ガニ(モクズガニ)なので、日本では以前ほど食べられず、がっかりしているかと思っておりましたら、そうでもないようです。我が国では海のカニがたくさん食べられますからね。

もちろん、このアブラガニもいただいておりますよ。タラバガニと比べるとかなり安いのに、味はあまり変わらないと大喜びしております。日本の海に感謝です。
Posted by GATTO at 2016年11月23日 08:30
今日は何だか寂しいですねえ。てっきり「総帥様、総帥様、私にタラバガニを送ってください」なんてあるかな、と思っていたのですが。
Posted by GATTO at 2016年11月23日 12:18
ああwww絶対に来ると思ったwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月23日 12:27
私は今日出勤ですが(今、休み時間)、総帥さんもですか?
Posted by GATTO at 2016年11月23日 12:34
ああ、今からヤな奴の面見に行くワ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月23日 12:45
あぶーっ らがに! ラガ二!
暴カニ男。カニバブラー!

総帥様、GATTO様、
出勤、お疲れ様でございます。
勤労、感謝いたします。

かにーん かにっ かにっ
岐阜県 可児市。薔薇の町!
Posted by 藤原 at 2016年11月23日 13:55
藤原さんには可児才蔵を送ります
Posted by 田舎帝王 at 2016年11月23日 16:18
今日米沢に行ってきた。博物館で鷹山公の映画を見た。奥方(といっても正室は精神薄弱児なので側室)は紺野美沙子だった。総帥も見るといいよ。
Posted by デハ at 2016年11月23日 17:09
総帥さん

タラバガニは海老っぽい味わいで、ズワイガニはカニの味わいと聞いたことがあります。
海老好きには、タラバガニの方が良いみたいです。
Posted by ラー at 2016年11月23日 19:00
田舎帝王殿、
可児才蔵とは何者ですか!!?
Posted by 燈台森 at 2016年11月23日 19:43
燈台森さん

今実在すれば、才蔵さんてのは味方にとっても、敵から見てもソレはソレは恐い恐い、現場監督です。「センゴク」て漫画にサブキャラとして出ています。


御大

ググった。ロードショー物でなく、15分物とは言え、PR用の映画に西村雅彦と紺野美沙子を使うとは米沢、豪気ですな…
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月23日 20:29
て言うか、今気づいた。鷹山さんこそ大河向きだな。親孝行で、病気の正室も蔑ろにせんからホームドラマ部分も良いし、政治も倹約有り、積極経済有り、お家騒動もビシッと処理、直江の再評価(デハさんは嫌いやろけど、物の見方とか柔軟なエピにもなるし、今の“史観”に繋がる部分を作ったて事で)も鷹山さんからやからね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月23日 20:41
燈台森さん
可児才蔵は得意な槍で打ち取った敵兵の数のあまりの多さに刎ねた頸を持っていくことができず、打ち取った頸の口に笹の葉を刺して手柄の証拠としたところから笹の才蔵と恐れられた武将のことですよ

総帥殿
上杉鷹山公といえば、かなり前から大河ドラマの主人公に推されている人物の一人ですね

Posted by 田舎帝王 at 2016年11月23日 21:06
帝王殿

ああヤッパリね。撮影にあんまり金掛からなさそうて意味でも良いと思う。良い原作が在るかだな。童門冬二は嫌やな、説教臭くて。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月23日 21:18
鷹山公・・総帥
お豊・・まろん
幸姫・・・もげ
須田・・藤原さん(7家騒動首謀者、贅沢大好き)
千坂または色部・・菅原さん(鷹山公に協力するも、須田に押し切られ加担)
※私も贅沢好きな7重臣のいずれか。
竹俣・・帝王
莅戸・・GATTOさん
細井・・老師
重定公・・シモン様
Posted by デハ at 2016年11月23日 22:46
正室、もげぇ〜?今までの意趣返しやな!熊の餌にしてやる。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月23日 23:00
そういえば、今日は来ませんでしたね、もげ様。
Posted by ラー at 2016年11月23日 23:40
紺野美沙子→まろん 知障→もげ
が根拠です。
あ、これで私芋川決定ですね。藤原さんと一緒に腹切りです。
Posted by デハ at 2016年11月23日 23:48
鷹山の小説は何か読んだんや、短編やったけど。藤沢周平やったかな?あの人も上杉好きやね。「密謀」てのは失敗作だと思うけど。
長編では無いんよね。童門冬二が書いとるけど…あの人薄っぺらいんやワwww大河とかのガイドブックみたいなの書かせりゃ、良いの出来るかもしれんが。何かビジネスとか生き方に結びつけるような作風もなあ…それやったら堺屋太一の方が想像力感じるんよね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月23日 23:52
御大

で、三斎さんに転生するんですな。

知障wwwあの知障の恐ろしきは自分を「知将」と思い込んでる所やね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月23日 23:56
こんばんは〜

今日は、午前中暇でしたが、お昼休みの後は大変でした。そうなんです、もげさん、いつ来るか来るかと思っておりましたよ。さわやかで良かったけど、その分後が怖いですね。
Posted by GATTO at 2016年11月24日 00:13
枝葉の事で申し訳無いで御座る。
藤沢周平さんの鷹山さんに関しての作品は2つ書いてはったみたいやね。私は短編の「幻にあらず」を読んだみたいで長編も書いたんやね。この長編の方を大河に使えば良かろう。周平さんなら失敗は無かろう。


猫殿

あんなん来んで良いよ。別に怖かねえよ。鬱陶しいだけよ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月24日 00:34
酷寒の雨となつた、甲府市内の夜明け前。
既に、塵出しを済ませた。

サテ総帥さん。藤沢周平は山形の人ゆゑ、地元の鷹山を描いた歴史小説に力が入ったことと想像できる。

だが爺個人の意見だが、「用心棒日月抄」のような時代小説の方が、気楽に楽しめる、藤沢文学の真骨頂だと、思うナ。
Posted by 百足衆 at 2016年11月24日 05:04
おはようさんです。

老師

スゴイ初歩を忘れてました。米沢は山形県でしたな。あの人は“庄内”“酒田”“酒井家”ばっかり頭に在った。

仰る通りであの人は“時代”の作家で“歴史”の作家やないですが、さっき書いた「幻にあらず」の含まれてる短編集の「逆軍の旗」(表題の作品は光秀)のあとがきで
「嘘ばかり書いてるとタマに本当の事を書きたくなる」
と在るんです。優れた作家てのは取材力、考証力、想像力も優れているでしょうから、覚悟しだいで何でも書けるでしょう。実際例えば司馬遼は元は伝奇小説で名を馳せた人やから、方向転換しなかったらソッチでも“時代”でも成功したでしょうし、周平さんも“歴史”でも成功したでしょう。
ただ、素材や題材の問題も有るでしょうが、司馬さんは歴史・事件を中心に置くからダイナミックですが人物の掘り下げが少し浅いし、周平さんは人物をちゅうに置きますから人物の掘り下げは深い故にデカいもの書けばダラダラとなりかねないから、アレで良かったんでしょうね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月24日 05:46
はははは
地震に雪に大寒波☃❄

やはり、花燃ゆを大切にしない祟りではないでしょうかでしょうか😷👊

上すぎたかやま?登山の話かしら?👎
Posted by 花・・・もゆ💐 at 2016年11月24日 08:14
<丶`∀´>鼻もげ

相談させて頂きますニダ。
私は昨年の大河ドラマ「花燃ゆ」が大好きです。皆に良さを知ってもらおうと、シモンさんて人のblogで話してるんですが誰も相手にしてくれませんニダ。ソレどころか、私の書き込み

⚪「安静の大獄」
⚪「安静の大獄」の原因は松蔭の大老暗殺。
⚪「松花堂弁当」は「マッカドウ…」と読む。
⚪「公共のblogにこんなことやっちゃイケナイ」
と書き込んだら
「公共の意味解ってる?ココはシモンさんのblog」
と嗤われる。
⚪「花燃ゆ」のほうが「真田丸」より視聴率が良い。
⚪管理人のシモンさんや私の意見と違う人には
「死ね」
とカキコ。

…とした。全部私の方が正しいのに、皆が私から孤立して気づいてくれませんニダ。
ソレどころか、皆が私に
「出て行け」
「気違い」
「人非人」
「アンポンタン」
「チョーセン人」
「脱げ」
「咥えろ」
「やらせろ」
と、罵倒します。どうしたら「花燃ゆ」の良さを知って貰えるニカ?



ベストアンサー

( ^ω^) 愛國赤旗党総帥

貴方は“日本”の義務教育の知性、教養、感性、精神性に達していませんお。
医者、特に脳外科か心療内科に入院することをお勧めしますお。
又、ソレ以前に貴方はTVもネットも向いてませんお。
先ずは友達を作るお。
友達でもないのに無遠慮にカキコしたらそりゃ嫌われるお。
取り敢えずこれ以上皆に迷惑を掛けないように、シモンさんに金一封置いて退場する事をお勧めしますお。
馬鹿がバレたのは仕方ないから、せめて早く忘れてもらうように、早急に半島に帰るべきですお。おっおっおっおっおっ。
(^ω^)ミコッ
Posted by アッフーン知恵袋 at 2016年11月24日 08:26
上杉鷹山を知らない…っと。ハイ!無教養ネタもう1つ追加ねメモメモφ(.ω.)

一覧
⚪安静の大獄。
⚪「安静の大獄」は松蔭が大老暗殺の黒幕だから大老が松蔭を処刑。
⚪「松花堂弁当」は「マッカドウべんとう」
⚪シモンさんのblogは公共のblog
⚪赤染衛門は男性
⚪そもそも荒らしにしても数字の取り上げ方がダメダメ
⚪上杉鷹山を読めない←New!

この中で1番目はたかが誤字だが、2番目と3番目と5番目は、後の慌てよう下手くそな火消しで、マジだな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月24日 09:08
はははは😸
上すぎようざんぐらい、読めるわ😊
冗談の通じない人ね😏

アブラガニよりも、花咲ガニの方が好きです。花で始まるカニ&#129408;なので🌺
Posted by 花・・・もゆ💐 at 2016年11月24日 11:19
鼻もげさんには、アブラガニよりもアブラムシの方がお似合いです。共食いですが。
Posted by GATTO at 2016年11月24日 12:06
あっ花もげさん、
私も花咲蟹ラーメン好きです。
毛蟹ラーメンは美味しいけどチクチクするんですよね。

昔、包丁人味平のラーメン対決で、蟹の兜を被った熊五郎というラーメン屋が登場しましたが、あれはひょっとしたらアブラガニの兜だったかもしれません。
Posted by ラー at 2016年11月24日 12:14
ラーさん

包丁人味平ではなく、一本包丁満太郎に出てくるおにぎり屋「北海の政」ですね。
Posted by 菅原 at 2016年11月24日 12:21
鼻もげぇ。どうせググったんやろうwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月24日 12:22
雪となつた、甲府市内の昼。
さて花なんとかさん。知ったかぶりは、恥ずかしいですゾ。ここは総帥さん同様、無知を素直に認めてくれた方が、受けは良い。
上杉鷹山を知らなくても、生きるのには困らないですからナ。勿論、知っていた方が豊かな人生が送れるが。
Posted by 百足衆 at 2016年11月24日 12:33
だいたい私は鼻もげと冗談言い合えるような仲やおまへん。そんなん此処に居るんか?皮肉や当て擦りならやりますがね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月24日 13:02
私が悪かった。治憲公と言えばよかった
Posted by デハ at 2016年11月24日 14:20
はははは!デハとやら!
貴殿は私の旦那に値しない!総師もだ!
何故なら、気配りが、足りないからだ!それがお主らの、致命的欠陥だ!🌰🍄

わかったら、精進しなさい。花燃ゆ見なさい。些細な読み仮名に、突っ込まないこと!

GATT殿、貴殿こそは、剣客商売の美冬(私)に対する大二郎の役回りだと思う🌷
Posted by 花もゆ💐 at 2016年11月24日 18:52
鼻もげさん

美冬ではなく、三冬です。
Posted by 菅原 at 2016年11月24日 19:05
菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、11月の東京都心積雪!

美冬が三冬など、どおでも良い!
GATTO様のことを、GATT殿などという事の方が問題だ!

GATTO様と鼻もげ様に、謝罪せよ!はっ
Posted by 藤原 at 2016年11月24日 19:24
ところで、18:52 のコメントは総帥さんですか?
Posted by GATTO at 2016年11月24日 19:53
GATTOさん

アクセスログを見ると、総帥さんではなく花の湯さんのようですね。
Posted by シモン at 2016年11月24日 20:53
何かキチガイが言っているようですね。
お前らとか、女性の言葉遣いとも思えません。
たぶんこのクソババアは、
A 短髪で見開いた目、頬に筋が通り、細身で威圧的
B エラ張って牛乳瓶の底のような眼鏡をかけ、鼻が上を向きたらこ唇のデブ
C 高木ブーの雷様のようなもじゃもじゃパーマの太ったおばさん

のどれかだと思う。
Posted by デハ at 2016年11月24日 21:30
藤原さん
もげの肩を持つのはやめてください。
むしろここは菅原さんを褒めるべきです。
もげを認めることは糞を食品として認めるに等しいことだ。
Posted by デハ at 2016年11月24日 21:56
デハさん

代表的なAは蓮舫ですね。
Posted by 菅原 at 2016年11月24日 22:02
・・池波さんの作品の話などしていますから、てっきり総帥さんかと・・・名前の間違え方も、どこかわざとらしいし・・・

・・・バタッ(GATTO が倒れる音)
Posted by GATTO at 2016年11月24日 22:06
菅原さん
Aは蓮舫・辻元を、Bは田島、Cはオバタリアンを想定して設定しました。私の嫌いなタイプの類型です。
Posted by デハ at 2016年11月24日 22:17
おばんです。

気配り?気配りねえwwwようするにして欲しいんかwwwヤだよ。ソレは俺が決める。私って相当性格が曲がっていてねえwww優しさ処か相手によっては平気で約束も破るんやワ。ソレの価値は私が決めるって分けでね。君には無い。
まして、気配りってのは第三者として発言するもので、自分に…てのは甘えやね。

私って長距離通学を学生時にやっていてね、家は大阪でも京都寄りの町やってんけど、大学は神戸でね、JRや阪急に乗ってたんやけど、六甲山の麓の駅に着くと夕方や夜なんか、登山姿のジジババが乗って来るんやね(勿論朝なんかは大阪周辺から登山のジジババが乗って来る)。で、
「足痛いなあ」
とか、席を譲れよがしな面をするのもいる。あたしゃ、しらばっくれたね。寝るフリもせんよ。堂々と本読んでた。電車で立てないようなんが山登ったらアカンよ。ソレと同じや。妊婦や普通の年寄りには譲るけどね。まして

「些細な読み仮名に、突っ込まないこと…」

要するに

「私は漢字も読めないニダ」

て分けやねwwwよ!マッカドウ!wwwwwwwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年11月24日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444160510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック