2016年12月09日

和式便器

しゃがんで使用する日本古来の便器です。

wasiki.jpg

会社のトイレで、大用のトイレが3つあり、そのうち2つが洋式、残りの1つが和式だったとします。洋式の2つが埋まっていて、和式のみ空いている時に、半数以上の人は「別の階に、空いている洋式を探しに行く」という行動を行うそうです。

nov506.jpg

日本の便器はスリッパのような形状をしています。便器の上に騎乗するように跨った状態で用を足します。
前面には「金隠し」というドーム状の覆いがあり、正面に位置する人から金もしくは漫が視線に入るのを隠します。これを教会建築のアプスに例えると、キリスト教関係者に怒られそうです。

和式便器には、洋式便器と比較して多くの利点があります。
・構造がシンプルで、単価が安い
・掃除しやすい
・排便時に水はねが少ない
・便座に接触しないので清潔
・長時間滞在しにくいので、会社の便器に最適
等です。

一方、冒頭に挙げましたように、洋式を好んで使用する人は和式の欠点を次のように認識しています。
・便と鼻の位置が近いので、臭い
・脇にこぼしてしまうと汚い
・足腰に負担がかかる
・排便中のスマートフォン使用に適さない
等です。

nov504.jpg

和式便器でも、水洗であることが常識となった現在、多くの人は知りませんが、昔の汲み取り式の便所だった頃の和式便器の下半分は空洞で、そのまま糞溜まりに直結していました。
そこからの臭気を防ぐため、和式便器には蓋がついていたそうです。
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(21) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
和式トイレの金隠の部分は元々は着物の裾を掛ける為にあった板状の部分の名残みたいですね
昔は金隠の方に背中を向けて用を足していたそうです


Posted by 田舎帝王 at 2016年12月09日 06:20
何故洋式と汲み取りのコンボは無かったのか?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月09日 07:07
おはようございます。

ここ数年、あちらこちらの方たち、特に議員さんたちが「学校のトイレの100パーセント洋式化を」とおっしゃっていますが、私は100パーセント洋式化には反対です。

子どもたちは、家と学校でだけトイレを使うわけではないでしょう。休みに田舎の親戚の家に行くこともあるし、外国(ヨーロッパでも)にはアラビア式なんて和式よりも手強いものもあります。100パーセント洋式化を声高に叫んでいる方たちは、そんなことを考えたことあるのかな?
Posted by GATTO at 2016年12月09日 07:53
しゃがむ方がヒトという生物にとって自然な姿勢だと思います。
Posted by 片山 at 2016年12月09日 10:08
曾ての我が愛機のテレキャスターはストラト派やギブソン派の一部で
「便所の蓋」
と呼ぶ者も居たな。良く考えりゃ日本でしか通じない皮肉だな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月09日 10:43
こんにちは。

総帥さん、以前、ギブソンのあまり語られない長所を書きましたが、フェンダーでそんなことを書きますと、座って弾く時に安定が良いですね。もちろん、レスポールもクラシック・ギターのように脚を組んで弾けば安定しますが、それなら立って弾いた方が良いです。

ちなみに、これまで弾いた楽器の中で一番座って弾きやすかったのは、ギターではなく、ヘフナーのバイオリン・ベースでした。
Posted by GATTO at 2016年12月09日 12:47
ああポール・マッカートニーね。あれ、ヘッドが自然に上がるんよね。
関係無いけど、ウィングスの時のリッケンバッカーの方がロック色が在って良かったと思うんやけど、「フラワー・イン・ザ・ダート」辺りから又ヘフナー使いだして、リッケンは封印したけど、ベーシストは曲によって楽器を替えるって事はせんのか?ギタリストはあまり変えないと言われるジミー・ペイジですらレス、ダブルネックのSG、ダンエレクトロ(カシミールだけかな?)と3本は使うのにね。

Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月09日 13:18
もちろん替えますよ。曲に合わせて替えることもありますし、スタジオとライブで替えることもありますね。私の親しくしているベーシストは、スタジオではフェンダーを弾きますが、ライブでは音がモヤモヤしないように、音の固めのサドウスキーを使っています。
Posted by GATTO at 2016年12月09日 14:56
いや、ステージ上で替えるのあまり見んしな。ギタリストはギターを替えるのも盛り上がる瞬間やからね。キースなんかやとミカウバーって言うあめ色のテリー持ったら「『ホンキートンク…』とか『タンブリングダイス』とかの王道系始めるんやな」
とか、レスJr.持ったら
「おっ!『ミッドナイトランブラー』やってくれるんか!」
ジミー・ペイジならダンエレクトロ持ったら
「カシミールやな」
てのが在るでしょ?其処が日本人のギタリスト好きな重要点やけど。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月09日 15:16
「メーテルや トイレでしゃがむと 床につくかも」という句があったのを思い出した。
Posted by A・2001 at 2016年12月09日 17:50
A・2001さん

コナンのジンもですね。
Posted by シモン at 2016年12月09日 19:55
私のキングコブラ君みたいなもんですか?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月09日 20:48
和式便器のうち、段差があるものを「汽車便所」といい、段差をつけることにより、掃除をしやすく、また床に直接埋め込んだ場合よりは、はみ出しにくく改良されたものです。

また、和式便座には蓋が別売されており、その蓋は金かくしと直角に把手部分が下に縦貫していて、モアイに似ていますが、「ブロッカー軍団Wマシーンブラスター」の主人公機、「ボスパルダー」の顔と酷似しています。
Posted by デハ at 2016年12月10日 06:40
晴れとなつた、甲府市内の午後。
けふの「別嬪さん」別嬪(芳根演)のもとを、遺物マサトウが訪れる。
一方その頃紀夫は緊張の余り倒れる。

という、回でした。
サテデハサンも、和式派ですかナ。爺もそうです。流石に汲み取り式ではなく、水洗です。
Posted by 百足衆 at 2016年12月10日 15:11
すいーっ せん! 千!
千と千尋の、金隠し!

どめらっ どめらっ。
ここだけの話ですが、菅原君は昔汲み取り便所に墜落し、糞まみれになった経験が、今の彼の人格を形成しているのだと、睨んでいます。

くそらっ くそらっ。
Posted by 藤原 at 2016年12月10日 15:14
業務多忙でご無沙汰しております。
金隠しがない中国以上に、トイレットペーパーの代わりに備え付けの水瓶から柄杓で水を汲んで左手でお尻を洗うインド式はトイレの床が濡れて使いづらかったです。
Posted by HB at 2016年12月10日 16:12
HBさん

ご無沙汰しております。息災で何よりです。
トイレ事情の良くない方面には、あまり出張したくないのですが、業務命令であれば仕方ないですね。
Posted by シモン at 2016年12月10日 19:15
昔友人にスコープライタンを貸したら便所に落とされた。
Posted by デハ at 2016年12月10日 22:04
ああメカ沢みたいなやつやね。
私は初めての携帯を2週間で和式水洗に落としてパーにしたな。J-PHONEのヤツだった。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月10日 22:20
片山さん

人間生理学的には、洋式よりも自然なカタチですよね。

デハさん総帥さん

トイレにモノを落としただけで、向こう一週間は優に落ち込んでいられそうです。
Posted by シモン at 2016年12月11日 06:16
田舎帝王さん

さすが博識ですね。私はあの前立ての部分が不思議でなりませんでしたが、着物の裾かけだったんですね。成程。
Posted by シモン at 2016年12月11日 06:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444535221
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック