2016年12月26日

ニュルンベルク年代記

1493年にドイツのニュルンベルクで出版されたラテン語の年代記です。

Nuremberg_chronicles.jpg

年代記、所謂「クロニクル」には様々な古典的作品があります。
ローマ帝国のタキトゥスが著した「年代記」は、タイトルがそのまま年代記で、世界史の最初の方に登場する文献です。中国では伝・孔子著「春秋」が知られています。日本では南北朝時代に藤原(洞院)公賢によって書かれた「皇代暦」等があります。

dec309.jpg

ニュルンベルク年代記は、ドイツ人の医師、ハルトマン・シェーデルがラテン語で記述し、1493年に活字印刷によって出版された年代記です。この本は七章から構成されており、それぞれ
第1章:天地創造
第2章:アブラハム誕生
第3章:古代イスラエルのダビデ王
第4章:バビロン捕囚まで
第5章:キリストの誕生まで
第6章:現在(15世紀)まで
第7章:世界の終わりと最後の審判
となっています。なお、同書は同じ年にドイツ語版も出版されました。

印刷術は1455年にマインツで始まり、ニュルンベルクでは1470年に最初の印刷工房が設立されました。「ニュルンベルク年代記」を印刷したのはニュルンベルクで二番目の工房を開設したアントン・コーベルガーです。この人はもともと裕福なパン商人の家に生まれ、市の商工会議所の一員となった人ですが、この人は同時に15〜16世紀の有名なドイツ人画家であるアルブレヒト・デューラーの代理母でもありました。

この本には、1809個以上の古代から中世の人物や都市の景観を描いた挿絵がほぼ全編に亘って掲載されています。そしてこれらの挿絵を担当した木版画家のミハエル・ボルゲムートは、デューラーの師匠だったそうです。このことから、この本に収められた挿絵の中には、徒弟時代のデューラー作の木版画も含まれている可能性があります。

ニュルンベルク年代記の挿絵を見ることは、一般の人にとっては長い間適わなかったことですが、インターネット時代の今日、以下のサイトで自由に閲覧することが出来ます。
Beloit CollegeのMorse Libraryのページ

dec307.jpg

文書の電子化が進み、あと20年もしないうちに紙の出版物というものが消滅してしまうかもしれない時代に差し掛かってきました。書物という存在は、利便性の代わりにこれまで纏ってきた独特の「文化の香り」を、電子化という手続きによって喪失していくことになることは否定できません。

(本文と写真は関係ありません)

posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(35) | TrackBack(0) | 古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にゅるーん ベルク! ベルク!
ベルクカッツェ。ガッ茶万!

ニュルンベルクといえば、ワーグナーの、
ニュルンベルクのマイスタージンガーという、
オペラが、有名です。有名なのです。
後に、ニュルンベルク裁判も行われました。

さてドイツの町は何故ベルクで終わる町が多いのでしょう。
かわずやまの菅原君以外は全員ご存知だと思いますが、ベルクとは山なのです、山なのです。
なので「新しくてルンルンした山の町」という意味なのです。

ニュルルっ ニュルルっ。
Posted by 藤原 at 2016年12月26日 05:20
まだ明けやらぬ、甲府市内の朝。
けふの「別嬪さん」未だ、視聴せず。後程、詳報致します。

サテ年の瀬。けふはどうやら、一番槍。年寄りだからと云って、馬鹿にしないで戴きたい。マダマダ早起きでは、若者に負けませんゾ。
ニュールンベルグは、極東裁判同様、第二次大戦の枢軸国が受けた、一方的軍事裁判の場として近代歴史に名を残す場所です。
Posted by 百足衆 at 2016年12月26日 05:28
ベルクが山ならブルグは城塞ですね
Posted by 田舎帝王 at 2016年12月26日 05:28
ロシアにも「聖ペテロの城塞」がありますね。

スラブ語の城、もしくは町は「グラード」です。
Posted by 無名X at 2016年12月26日 05:48
ニュルンベルクのマイスタージンガーは、バイロイト音楽祭でよく演る演目の一つですね。
Posted by 菅原 at 2016年12月26日 08:05
昨日の真田虫、視聴率ゼロ😑
ついに、視聴率0!😣👎
Posted by 花…もゆ💐 at 2016年12月26日 11:41
ハイハイ、放送終了してやっと花燃ゆに追いつきましたよ。
Posted by 燈台森 at 2016年12月26日 12:12
鼻もげさん

真田丸第51話がネット上で実況放送されましたよ(通常回の鼻もゆよりも高視聴率)
Posted by 菅原 at 2016年12月26日 12:37
「あっ、あれは何だ!?」

「ゴミだ!」
「ウンコだ‼」
「ゴキブリだ‼‼」

「いや・・・」

「・・・真田虫ババアだッ‼‼‼」

そうです、真田虫ババアです! 真田虫ババアは、私たちの大切なブログに寄生するため、朝鮮半島からやって来たのです‼ 汚ないことを並べ、不利になると、書き逃げ。飛んで逃げるため、ゴキブリババアでもあります。

💩よりも汚く、逃げ足はゴキブリよりも速く、精神病院の壁もひとっ飛び!

さあ、皆んなで真田虫ババアを退治しましょう‼
Posted by GATTO at 2016年12月26日 12:40
沖縄ではグスクがブルク、おフランスではブール、英語ではバーグが城塞都市ですね。しな語では堡と訳すようです。蘆森堡がルクセンブルクですがフランス語ではリュクサンブールですね
Posted by デハ at 2016年12月26日 12:44
真田虫婆さん、大八車の乗心地はいかがですか?
Posted by GATTO at 2016年12月26日 13:26
あ!八景島!大八車=荷だ駄=ニダ=朝鮮人!2だ!1位ではなく2、二重国籍の2だ!つまり花もゆはシナ朝鮮人!
Posted by デハ at 2016年12月26日 13:59
良かったねー、相手にしてもらえて。此所の連中は親切者ばかりだから。鼻もげ君は此を記念に消えろ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月26日 16:30
こんばんは。

記念といえば、明日が結婚記念日なのですが、二人とも仕事で寂しい結婚記念日になりそうです。その代わり、前日の今日は二人の休みが重なりましたので、今日休みの友人も呼んで楽しくやっています。

いや、別にお祝いの国産鰻を要求しているわけではありません。決して・・・



送り先 : 〒299-・・・
千葉県大網白里市・・・
Posted by GATTO at 2016年12月26日 19:57
雨となつた、甲府市内の夜明け前。
昨日の「別嬪さん」別嬪(芳根演)に、紀夫は「朝礼をやろう」と提案する。

という、回でした。
サテGATTOさん。結婚記念日、おめでとう。結婚記念日に合う食べ物は、鰻ではなく、鶴と亀の、亀屋万年堂のナボナが佳いと思うナ。王選手もそう云って居ます。
Posted by 百足衆 at 2016年12月27日 05:10
百足衆先生、おはようございます。

ナボナ良いですね。うちの方は田舎なので、今日中の入手は難しいと思いますが、来年以降買ってみたいと思います。アドバイスありがとうございます。
Posted by GATTO at 2016年12月27日 07:34
ナボナはお菓子のホームラン王です⚾
Posted by まろん at 2016年12月27日 10:34
ホホホ🌞
真田虫見てるようなココの人達の肖像画なのね一枚目🌛
無頭族ね🐷
Posted by 花…もゆ💐 at 2016年12月27日 10:43
まろんちゃんは美人のホームラン王です(お姿拝見しておりませんが、きっと)
Posted by GATTO at 2016年12月27日 11:09
真田虫婆さんは、💩の王様です。
Posted by GATTO at 2016年12月27日 11:10
うん、少しだけ格上げしてやろう・・・

真田虫婆さんは、寄生虫のホームラン王です。
Posted by GATTO at 2016年12月27日 11:13
もっと格上げしてやろうか・・・

真田虫ババアは、💩・寄生虫・害虫の三冠王です。

うん、おめでとうございます、真田虫ババア。
Posted by GATTO at 2016年12月27日 12:42
真田虫婆さん、思考が Hate なのはともかく、内容が全然面白くないですよ。「これはやられた!」とか「一本取られた‼」と思えるものなら、自分が悪く書かれても、私は怒らず笑います。単に許すだけでなく、貴女をほめます。もうちょっと面白いこと書けるようになってから来てほしいな。
Posted by GATTO at 2016年12月27日 18:34
GATTOさん

それそっくり蓮舫さんにお伝えしてあげてください。
Posted by 菅原 at 2016年12月27日 21:03
菅原さん、こんばんは。藤原さんが何とおっしゃるかな?
Posted by GATTO at 2016年12月27日 21:18
蓮舫って、稀に見る馬鹿じゃないですか。
自民党は、それをわかっていて晒し者にしてるんですねある意味残酷なような。

でも全く同情しませんが。
花もげさんに対する態度と一緒です。
Posted by 無名X at 2016年12月27日 21:59
まろん殿は、紺野美沙子似と聞いてるので、きっと美人かと。
Posted by 燈台森 at 2016年12月27日 22:59
こんばんは。やっと残業も終わり、妻も帰って来ました。やっと楽しく過ごせます。二人とも下戸ですが、今夜ばかりはちょこっとワインでも飲もうかな。


無名Xさん、蓮舫さんはあれでもタレント時代は可愛かったんですよね、それだけに残念ですね。寄生虫ババアと一緒にするのはもったいような。


燈台森さん、まろんちゃんには、オカザエモン似説もありますが、やはり美人ではないか、と考えております。やはり真田虫ババアなんぞとは違うでしょうね。
Posted by GATTO at 2016年12月27日 23:35
おばんです。

まあ、「鼻もげ源氏物語」連載した人間がこんなこと言うのは何やけど“アレ”はソロソロ無視した方がエエんちゃうかなあ。アレ喜んどるゾ。相手にしてもらえてるんやから。

俺の昔の同僚でA君てのが居たんや。某国立大出でな、銀行に内定貰ったそうやけど、何をトチ狂ったのかウチに来てな、まあ頭は確実に俺らより良い筈なんだが向いてないんだワ。で、誰も相手にしてくれないんやね。で、ある嫌われ者の上司が居てな、仮にTとするワ。コイツが巡回に来ると皆嫌がったんやけど、A君だけは喜んだんや。何でか?てえとこのTだけはA君の相手をしたからや…ってあまりの馬鹿さ加減をガミガミ言うてただけなんやけどね。

鼻もげを取り巻く状況と同じやないかwww相手にする…ってのはアレの居場所作ってるだけやで。あたしゃ飽きたwww目障りなだけや。

因みにこのA君は不況のどん底で辞めた。あまりの使えなさに上司がガミガミガミガミガミガミ言うて耐えきれなかったんやろね。
「辞める」
て言うてしまってね。家に帰ったら両親に
「今、辞めてどうするの!」
みたいな事言われてね。ところが運悪く次に二日間連休で、休み明けの出勤で取り消そうとしたんやろけど、この連休中に上司が根回ししよってな、更にその上のTに迄話を上げて
T「A、お前辞めるんかwwwいやあ残念だな。じゃこの書類書いて、判を此処な?じゃ一ヶ月後なwww」
てやってしまったらしい。アホウやなwww出勤する前に先輩や同僚に電話して知恵を借りたらエエのに(私はアル理由でコイツは好かなんだだから「ああ言っちゃったのwww」て相手にはしなかったろうね)。オマケに言われるままに署名捺印したらアカンがな。
「すいません。勢いで言っちゃいました」
言うてシラを切通たら良かったのにwww

と、言うことで安易に署名捺印してはイケナイのだよ。ところで猫殿でも御大でも宗匠でも、あっ!管理人殿丁度良い処に!さっ!此処です。この“連帯保証人”の所に署名と印鑑を!
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月28日 01:22
ソレとね、猫殿
〉蓮舫さんはあれでもタレント時代は可愛かったんですよね

そうか?モデルあがりやからスタイルは良かったと思うけど、ビートたけし曰く
「クラリオンガール出身者で一番写真集が売れなかった人ですwww」
て事やで?只のお人形さんやで。色気と言うかオーラが無かった。台湾なり大陸なりのお金か?もの珍しさでゴリ押しが有ったんちゃうか?
しかし、まあ段々人相が悪くなってきたわネ。吉永小百合さんなんかは政治に口はツッコムが足はツッコまんからまだ美貌をソレなりに保ってんねやろね。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月28日 01:45
総帥さん、おはようございます。まあ、飽きたらやめますよ。やっぱり、あれは M なんでしょうなあ。
Posted by GATTO at 2016年12月28日 07:36
ああ、面白がってるのか。じゃあしゃあないね。俺が散々遊んだの“マワシテル”ようなもんやでwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月28日 07:54
うん、人間としての理性は「気持ち悪い」と言っていますが、猫の本能がゴキにじゃれつかずにいられんのですねえ。

まあ、そのうち飽きると思います。それまで、総帥さんのお古のおもちゃで遊ばせていただきますわ(笑)。
Posted by GATTO at 2016年12月28日 12:44
でも、ここのところ書き逃げばっかですねえ。前は口ごたえしていたけど。これだと、私の方で飽きるのも早いと思います。
Posted by GATTO at 2016年12月28日 13:21
猫殿

ソレはアレや、勝負事になったら勝てへんからよ。こないだ在ったやろ?

「デハは私の伴侶に相応しくない。総帥もだ…“言葉違いの揚げ足を取るな”…」

言うのが在ったやろ?アイツのバカな無知な恥知らずな発言…例えば
松花堂弁当➡マッカドウベントウ
なんかを徹底的に叩いたのよ。アレはマジでそう読んでいたんやろね。
「効いてる効いてるwww」
てな感じよ。まあそのうち又やらかしてくれるよ。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2016年12月29日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444995367
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック