2017年02月10日

ブーケガルニ

フランス料理のだしです。

Bouquet_garni.jpg

料理に関わっている人でなくとも、「ブーケガルニ」という言葉を聞かれたことのある人は多いと思います。
しかし、「ブーケガルニって何?」と聞かれて、詳細に亘って回答できる人は案外少ないのではないでしょうか。

jan209.jpg

香辛料販売で知られるハウス食品株式会社のサイトのQ&Aから引用させて頂きます。

==

Q: ブーケガルニとなんですか。

A:ハ−ブや香味野菜を生のままあるいは乾燥させて束にし、木綿糸などで縛った物を言い、煮込む料理で素材の臭みを取ったり、料理に香味をつけるために使います。
一般的にパセリ、タイム、ロ−リエ、セロリ、バジル、リ−ク(西洋葱)等が使われますがこれといった決まりはなく、地域や料理の素材、料理をする人の好みによっても違います。

==以上、引用元:https://housefoods.jp/inquiry/qa/answer_02_17.html

この回答では、「なんでブーケガルニと呼ばれているか」については、一切明記されていません。
ですので蛇足ながら補足しますと、「ブーケ」=花束状に、パセリ、タイム、ロ−リエ、セロリ、バジル、リ−ク(西洋葱)等を束ねてあるから、「ブーケ}+「ガルニ =ガーニッシュ、付け合わせ」と呼ばれているのです。

「花束」という言葉で連想される文学(映像)作品といえば、「アルジャーノンに花束を」です。
1959年に米国のダニエル・キースによって発表されたこの小説は、
・知恵遅れの人間より、脳の改造手術を受けたハツカネズミの方がIQが高くなること
・知恵遅れの人間でも、同じ改造手術を受ければ賢くなれること
・しかし、改造手術で得られたIQの代わりに他人を見下す副作用の方がよほど大きいこと
・「花束」とは、最後に知恵遅れの人間が改造手術を受けたハツカネズミに手向けた餞別であること
を提示し、多くの反響を呼びました。

jan211.jpg

このドラマは2002年、岡田惠和さんの脚本で日本版が製作され、ヒットしました。
その4年後、亡国で日本版のリメイク、即ち朴李ドラマが製作・放映されましたが、ダニエル・キースの原作に提示された主題に加え、

・たとえ脳改造を施しても、ある種の国民を賢くすることは不可能であること

という新たな事実を提示することが出来たそうです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(35) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブーケガルニは、出汁というより臭み取りです!

はい!論破されました!
Posted by 通りすがりの軍事オタク at 2017年02月10日 05:03
雪の上がった、甲府市内の夜明け前。
けふの「別嬪さん」の解説は、8時頃を予定しています。お楽しみに。

サテ、けふも爺が一番槍のようですナ。GATTOさん、総帥さん、爺に負けず、若い者が追い越してください。

ブーケガルニ配合の、シチューだったかカレーだったか、が売り出されたのは、1970年頃と、記憶しています。それまでは、こんなハイカラな名前の食材は、日本にはなかった。
Posted by 百足衆 at 2017年02月10日 05:06
百足衆さん

二番槍ですね。
Posted by 菅原 at 2017年02月10日 05:23
一番槍を確認すべく、再び此処を訪れて、予期せぬ敗北に、打ちひしがれています。

ブラジル五輪での、吉田沙保里選手の気持ちが、幾分分かったような、気がします。

8時台での、「別嬪さん」の詳報は、お伝えすることができるか、未だわかりません。悪しからず。
Posted by 百足衆 at 2017年02月10日 05:39
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、PKO日報!

失意の百足衆様の傷口に、塩を摺り込む気か君は!
あれ程、一版槍だけを愉しみにしている、百足衆様を貶めて、嬉しいのか君は!百足衆様の人生を、否定しているのと、等しいんだぞ!

謝罪せよ!

今日は、金曜日。菅原君の顔を見ることなく、朗々と、昼食が、出来る!
本日の昼食は、11時頃発表の、予定だ。

うほっ 愉しみじゃ、 楽しみじゃ。
Posted by 藤原 at 2017年02月10日 05:47
今回は藤原さんの言う通りだな。
Posted by デハ at 2017年02月10日 06:27
ほう、伏兵現るですなwww

Are you going to Scarborough Fair
Parsley, sage, rosemary and thyme…

も一つ言うと実状もロンパー君の言う通りですな。しかし本質的には和食、中華派のわたしには使い処が解らん物体ですな。
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2017年02月10日 07:49
はハハッ

軍事オタクくん、グッジョブ!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2017年02月10日 09:23
今日の昼食が、発表に、なった!
豚肉の細切り甘味噌炒めだ。ほっけの塩焼き、茎ワカメの中華風サラダ、具なし味噌汁も、つく。

今日は、百足衆様の解説も、ないので、新鮮な気持ちで、「別嬪さん」を見ながら、朗々と、食べる!

うほっ 美味そうじゃ、旨そうじゃ!
Posted by 藤原 at 2017年02月10日 10:26
昼となつた、甲府市内。
けふの「別嬪さん」別嬪の娘さくらの友人五月は、丸々と太った男の子を産むが、父親のドラマーがプロのドラマーになるべく、別嬪が奔走する。

という、回でした。
サテ藤原さん。そうですか、爺の余計な解説が、ない方が新鮮で別嬪さんが楽しめますかナ。
申し訳なし。
今日の運勢を見る。蠍座は、53点。むべなるかな。
総帥さんは、英語で詩を書き始めましたナ。総帥詩ですナ。
Posted by 百足衆 at 2017年02月10日 12:12
百足の旦那!

男なら、泣くな!byレンホー
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2017年02月10日 12:21
ほほほほ☃
それは妾のセリフじゃ👩👩👦👦
白足衆よ、泣くでない。直虎を観よ🦑
Posted by おんな城主 at 2017年02月10日 13:28
百足衆先生、あまり気になさんでください。藤原さんも、そう変な意味はないと思います。

総帥さんの詩は、サイモン&ガーファンクルの スカボローフェアーという歌の歌詞です。とてもきれいな曲ですよ。
Posted by GATTO at 2017年02月10日 14:42
夕方となつた、甲府市内の夕べ。

サテGATTOさん。貴殿だけが、爺の心を理解してくれますナ。
ファンタジー某の様な、他人の不幸を面白がる様な老人にだけは、成りたくないものです。

藤原さん、べっポンさんは、楽しく視聴出来ましたか。佳い佳い。新鮮なればこそ、ドラマが楽しいのです。
Posted by 百足衆 at 2017年02月10日 17:04
百足衆さん

べっポンさんではなく、べっぴんさんです。
Posted by 菅原 at 2017年02月10日 17:30
猫殿

そう「スカボロー・フェア」本来はスコットランド(イングランドやったかな?)民謡やね。只、この歌はS&Gのライブ版、或いは一人や二人で歌っても只の外国の民謡や。この歌は多重録音したスタジオ版かS&Gに歌の上手いゲストを加えてハモる事に依り本当の良さが解る。

♪パセリ、セージ、ローズマリー&タイム〜♪

其々に「愛」だとか「勇気」「誠」「純潔」とかの意味も有るそうだが、この歌詞にその意味が含まれているかどうかは知らん。又、これ等を纏めたブーケガルニと言う香辛料だか何だかを作った料理家もこういう意味を意識したかどうかも知らん。
只、この歌の構成はスカボローのマーケットに向かう人(A)とスカボローの女性とAに語りかける者で出来とる。このAに語りかける者は魔物で、
「パセリ、セージ、ローズマリー&タイム」
てのは其を無視する為の“オマジナイ”なのよ。魔物の問いかけに答えるっちゅうのは魔物、魔界と接点持っちゃうって言う事になるからね。

まあ、ウチも“魔物”が出入りしとるワナぁ。実は煽り耐性があまり無いのが私でも在りますがネwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2017年02月10日 18:05
只、少し魔物と接点持つかねぇ…

〉それは妾のセリフじゃ

ほうっ、妾(めかけ)ねえwww告白して恥ずかしくないのかねえ?
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2017年02月10日 18:30
菅原君、この
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、エアフォースワン!

君は、百足衆様の心の傷口に、塩どころか、タバスコを、塗り込めている!ハバネロかも、しれない!何れにせよ、このままでは、百足衆様は、再起不能と、なる!早急に、謝罪せよ!

今日の夕飯が、発表に、なった!
回鍋肉だ。ほうれん草の味噌汁も、つく。
うほっ 美味そうじゃ旨そうじゃ。
Posted by 藤原 at 2017年02月10日 18:56
しんしんと、寒い夜となつた、甲府市内の夜。
現在、NHKのBSで、雲霧仁左衛門を、見ている。

サテ藤原さん。けふは昼食も夕食も、美味しいご飯が食べられて、幸せな一日でしたナ。佳い佳い。
爺は、この齢となると、自分の事よりも、他人の幸せを、素直に祝福できるものです。

爺の一日は、先陣争いに、散り、別嬪さんの詳報も、挫折しかけ、菅原君には二度に亘り、誤字脱字を指摘され、決して幸せな一日では、なかつた。僅かに、GATOOさんだけが、爺の気持ちを代弁してくれ、総帥さんの云う、糞爺を体現する事が、相成った。

さすれば。けふは不幸の只中にして、不幸にあらず。
人生万事塞翁が馬。
Posted by 百足衆 at 2017年02月10日 20:12
おいおいおい!
百足の旦那!
考え過ぎじゃね!?
次に一番取ったらいいじゃんよ!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2017年02月10日 20:29
私は馬鹿だからホイコーローとホロコーストを混同し、パルメザンチーズはパルチザンチーズだと思っていた。そしてその考案者はユーゴスラビアのチトー大統領だと思っていた。
Posted by デハ at 2017年02月10日 21:55
百足衆さん

GATOO さんではなく、GATTO さんです。
Posted by 菅原 at 2017年02月10日 22:33
百足衆先生、サブローさんの書かれたとおりですよ。また明後日、一番槍を狙いましょう。目標は難しいからこそ価値があり、感激もあります。簡単だったら、面白くも何ともないでしょう。難しいことに取り組んで、いつまでも元気でいましょう。


菅原さん、この際 GATOO でも良いですよ。それより、藤原さんにまた怒られたりして。あの名調子は楽しみではありますがwww
Posted by GATTO at 2017年02月10日 23:00
総帥さん、あの歌にそんな意味があること、聞いたことがあります。しかし、しっかり覚えてはいませんでした。久しぶりに聞いて感激しました。ありがとうございます。
また、あのギターの音は特に美しいと思います。とても好きな曲ですね。
Posted by GATTO at 2017年02月10日 23:11
総帥さんGATTOさん

これが「♪パセリ、セージ、ローズマリー&タイム」だから詩的に聞こえるのでしょうけど、
「♪らっきょ、かぼちゃ、おたんこナス&とろろ芋」とかだったらどうでしょう。
Posted by シモン at 2017年02月11日 05:43
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、小保方NHK!

君は、私が就寝している間にも、百足衆様のプライドに泥を塗り、傷口にタバスコを塗り込め、さらには胃壁にピロリ菌を移植して、いたのか!

許せん!

今朝の朝食が、発表に、なった。
あじの干物だ。目玉焼き、ほうれん草のおひたし、具なし味噌汁も、つく。

うほっ 朝から、うまそうじゃ、うまそうじゃ。
Posted by 藤原 at 2017年02月11日 06:33
民謡ってのがミソでね。○×節ならそんなものやろネwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2017年02月11日 06:35
雪の止んだ、甲府市内の酷寒の朝。
けふの「別嬪さん」江波杏子はジャズ喫茶を引退し、後進に道を譲ることとなる。別嬪の父五十六が死ぬ。

という、老人引退の、回でした。
サテ藤原さん。泥に、タバスコに、ピロリ菌、ですか。爺も、散々な目に遭いますナ。
それにしても、毎食、美味しいものばかりを食べられて、貴殿は幸せなお方です。
Posted by 百足衆 at 2017年02月11日 08:05
ブーケガルニを使った料理というと、ブイヤベースですね。

南フランスの漁師たちのまかない食として発展したこの魚介料理、軍事オタクさんのおっしゃるように、ブーケガルニの役割は、魚介類の臭み取りだったんでしょう。他にもサフランとか入れるのは同じ目的のようです。

魚介類系のアミノ酸の匂いは、一部の欧米人は耐え難いものがあるようです。同じ理由で、味噌汁も普通の欧米人にはあまり受け入れられません。
Posted by 無名X at 2017年02月11日 10:41
こんにちは。

今日は建国記念日ですね。我が家では、妻の誕生日も祝っております。ありがたいことに二人とも仕事が休みなので、これから一緒に東京の方に遊びに行くところです。


無名Xさん、イタリアにもズッパ・ディ・ペッシェという魚のスープがありますが、あまり匂い消しはしていないようです。でも、私にとっては、その方が合っているようです。本当に美味しいです。
Posted by GATTO at 2017年02月11日 12:38
ああ、建国記念日か。俺には関係無いな。いや、思想上の問題じゃなくて曜日の問題じゃなくて仕事やってことね。潰瘍が悪くならない程度にアレの相手しに行くワwww
Posted by 愛國赤旗党総帥 at 2017年02月11日 15:03
郡山市建国記念日奉祝会は、衆議院議員根本匠先生(元復興大臣)を会長に、産経新聞阿比留記者を講師に盛大に執り行われました。
Posted by デハ at 2017年02月11日 17:37
デハ様

復興大臣で思い出しましたが、松本龍なんていう変な奴がやってましたね。。

黒歴史。
Posted by ラー at 2017年02月11日 19:36
さて、明日は百足衆殿の一番槍奪回なるか?
Posted by 燈台森 at 2017年02月11日 22:15
ぜひ、とっていただきたいものです。
Posted by GATTO at 2017年02月12日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446679257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック