2017年03月12日

水タバコ

イスラム圏を中心に使用される喫煙具です。

shisha.jpg

パリのルーブル美術館にある、ドラクロアの名画「アルジェの女たち」は、アルジェリアの首都アルジェのハーレムに暮らす女性たちの姿を描いたものです。
彼女たちがたむろしている室内には、「シーシャ」と呼ばれる水タバコの喫煙具が置かれています。

women-shisha.jpg

「水タバコ」は、香りをつけたタバコの葉を燃焼させ、水を通して濾過した煙を吸引するものです。
古代〜中世ペルシャ発祥といわれ、中近東やインドで普及しています。パイプを口に含んで、ぷはーと煙を吐き出すその姿は、なにやら口からエクトプラズムが流れ出ていくような様子で、日本人にはあまり馴染みのない異国の光景です。

featured_Hookah.JPG

近年、欧米や日本でも旅行などで中近東の文化と触れる機会が多くなり、この水タバコに関心を持つ人が増えてきました、日本にあるトルコ料理や中近東料理の店にはこの道具がオーナメントとして飾られているだけでなく、実際に水タバコを体験できるところも徐々に増えているそうです。

pos-leitourgei-o-nargiles.JPG

水タバコは、ボトルと呼ばれる部分に水を入れ、ここを経由させて喫煙するため、紙巻タバコに比べて水溶性の有害成分を取り除く効果があると信じられています。さらに水で冷やされるため、喉越しスムーズで快適なのだそうです。ボトルの部分に水ではなくジュースやお酒を入れてタバコの香りに上乗せすることもできるそうです。

1161-8616.jpg

近年静かなブームとなっている水タバコですが、紙巻タバコに比べて水タバコは長時間かけて煙を吸引するため、吸い込む煙の量を比較すると一回あたり紙巻タバコ100本分(=5箱)にも相当するそうです。
やはりタバコはどう吸おうと百害あって一理なし、と考える人には、単なる中近東風のオーナメントとして鑑賞専用にされることをお勧めします。
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(19) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
晴れとなつた、甲府市内の夜明け。
けふの「5分でわかる別嬪さん」別嬪(芳根演)は、さくらに子供が産まれた為、おばあさんと、なる。

という、一週間でした。
サテ水タバコ。水を吸って、肺に入ると、老人にとっては致死的な、肺炎になりさうですナ。
剣呑、剣呑。
Posted by 百足衆 at 2017年03月12日 06:03
百足衆様、一番槍奪回、おめでとうございます。
日曜日の朝が、気持ちよく迎えられました。

水タバコのブームなんですね。
ヨーロッパにイスラム移民が増えたためなのかも。。
Posted by ラー at 2017年03月12日 06:38
老師先陣万歳
Posted by デハ at 2017年03月12日 07:26
ミズターっ ばこっ バコッ
魔法のばこちゃん。て熊熊や今!

こっと ほっぎゃ!
こっと ほっぎゃ!
こっと ほっぎゃ!

百足衆様、一番槍おめでとうございます。おめでとうございます。

さあ、皆の衆、ご唱和ください、

こっと ほっぎゃ!
こっと ほっぎゃ!
こっと ほっぎゃ!

こっと ほっぎゃ!
こっと ほっぎゃ!
こっと ほっぎゃ!
Posted by 藤原 at 2017年03月12日 08:31
藤原さん
こっと ほっぎゃって
発音しにくいですね。
Posted by 菅原 at 2017年03月12日 09:22
音楽に例えるとジュークボックスみたいな位置付けなのでしょうか?

子供の頃は、イスラム圏というとヴィルヘルム・ハウフの童話作品くらいでしか接点がなかった。
あと、ブッチャーの「あの靴」は中近東イメージなのかな?とプロレス中継を見て思ったくらい。
Posted by ヨット at 2017年03月12日 10:50
ヨットさん
私は子供の頃は、イスラム世界は「アラビアンナイト」に出てくるおとぎ話の世界で、すでに滅亡した世界だと思っていました。同じく、ギリシャやエジプトもすでに滅亡して伝説の中だけの国だと思っていました。
 また、これを聞いたら習近平が喜ぶかもしれませんが、ユーラシア大陸は「中国大陸」だと思い、ヨーロッパ・印度・ソ連を除く全ユーラシア大陸が中国だと思っていました。
 また、南北アメリカ大陸はすべて合衆国で、南北戦争とは、北米大陸と南米大陸の戦争だと思っていました。
当然、ブラジルやメキシコ、アルゼンチンは合衆国の地名だと思っていました。
 アフリカもすべてアフリカと言う一つの国だと思っていました。
 それで、世界に存在する国とは、日本、アメリカ、中国、印度、ソ連、英国、独逸、フランス、イタリア、オランダ、スペイン、ポルトガル、スイス、アフリカ、オーストラリアの15カ国だと思っていました。
そして、それとは別に、バクダット国、ペルシャ、エジプト、ギリシャ、ミケーネ、スバルタ、マケドニアなどの国が、かつてあったと思っていました。
次に存在を知ったのは、墺太利で、ピンクレディが日本ハムのウィニーのCМで「さあさあ行こうよフランス独逸オーストリアにイタリアへ」と歌っていて、風呂でこれをオーストラリア歌ったところ祖父から「オーストラリアではなくオーストリアだ」と教えられ、初めて知ったのです。
 ベルギーの存在も知らず、フランダースの犬の舞台は阿蘭陀だと思っていました。ポーランドやバルト3国、白ロシアやウクライナの存在も知りませんでした。
小学校4年生ごろになると、たくさんの国が分かるようになりました。
Posted by デハ at 2017年03月12日 18:24
夜となつた、甲府市内の夜。
けふの「女城主直虎」次郎法師は、瀬名の助命嘆願に駿府に赴く。

という、回でした。
サテデハサン。今日のNHKのど自慢、福島県でした。デハサンも、出られたのかナ。
Posted by 百足衆 at 2017年03月12日 20:36
老師
出ていません。
ミスピーチが指原の歌を歌っていました。
あと花が咲く
Posted by デハ at 2017年03月12日 20:47
デハさん、19番目に登場して見事合格でしたね。
Posted by シモン at 2017年03月13日 04:44
おはようございます。

昨日は、仕事が休みではありましたが、家の用事で、仕事のある日よりも忙しかったです。

千葉県は、結構イスラム教圏の人たちが多いです。うちの近くには新しくモスクが建つ話もあります。私自身(仏教徒)は、特に強い信仰心を持っているわけではありませんが、自分の住むところはなぜか宗教施設や何らかの宗教のたまり場が多かったですね。まあ、信仰を要求されなければ全然構いませんが。
Posted by GATTO at 2017年03月13日 07:59
曇天となつた、甲府市内の午前。
けふの「別嬪さん」別嬪(芳根演)は、突然、映画を作ろうと云い出す。

という、回でした。
サテGATTOさん。仕事より、休みの日の方が、忙しいのですナ。つまり、365日、忙しい。という、事ですナ。
Posted by 百足衆 at 2017年03月13日 10:58
ほほほほ〜

「直虎」視聴率の話は、もうしないわよ〜📺
来週は嵐の回になりそうね〜☂
Posted by おんな城主 at 2017年03月13日 11:36
サウジアラビアの国王陛下も、水タバコを嗜まれるのかな
Posted by 燈台森 at 2017年03月13日 11:59
こんにちは。


百足衆先生、確かに毎日忙しいですが、昨日は特別でした。部屋の模様替えを3部屋もやりましたので・・・結構疲れました。また、春になると、オリーブも成長するので冬よりも忙しくなります。また、オリーブを狙う虫も出てきますので、またこれが大変です。


おんな城主さん、その頃、私は上海に行っておりますので、録画するか、帰ってから再放送を見ます。楽しみですね。


燈台森さん、王様の嗜好までは存じませんが、うちの方に多いのはサウジアラビアの人たちです。スーパーで買い物している姿だけでは想像もつきませんが、あれで盛り上がっているのかな?
Posted by GATTO at 2017年03月13日 12:53
最近、総帥様がお越しになられないですね。
お忙しいのでしょうか。
Posted by ラー at 2017年03月13日 17:59
ラーさん、こんばんは。

総帥さんですね。3月7日に、

>明日から暫く来れんので。まあ今晩と明日の早朝は来れるかもやけど。

と書いてらっしゃいました。事前に分かっているご様子でしたので、おそらくお仕事が忙しい、とか、そんな事情ではないでしょうか?
Posted by GATTO at 2017年03月13日 18:09
総帥さんは、みまかりました!

はい!論破されました!
Posted by 通りすがりの軍事オタク at 2017年03月13日 20:39
イスラム圏は、アルコールが飲めない代わりコーヒーとタバコは強烈に濃いですね。
Posted by HB at 2017年03月13日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447615824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック