2017年03月20日

ブーメラン

オーストラリアのアポリジニが使う、狩猟のための飛翔する道具です。

boomerang.jpg

オーストラリアは、多くの様々な動物が暮らす大陸です。そこに古くから定住していた先住民族のアポリジニの皆さんは、動物性の食料を得るには鳥の群れに硬い物を投げて当て、落ちてきた鳥を捕獲して鳥鍋にする・・・というような手順を考えたであろうことは、想像に難くありません。

mar407.jpg

そのために考案された道具が「ブーメラン」です。
ブーメランは、形状的には「く」の字型をしており、上面が膨らんで下面が平らという、流体力学的に揚力を得るような形状をしています。さらに、回転軸を垂直方向と少しずらす(傾ける)ことでフーコー振り子の原理同様トルクが加わり、ブーメランが旋回軌道を描くことを実現するのです。

無論、この道具を発明したアポリジニの人がこのような流体力学の理論を学んで導出したわけではなく、経験則によってこのような道具が旋回軌道を描いて自分のところに戻ってくることに到達したのでしょう。
学問も大切ですが、現場の経験が理論よりも先に結論に到達することも可能だということを示す好例と言えるでしょう。

ブーメランは、オーストラリアの人々にとっては「道具」でしたが、60〜70年代の日本の小学生にとっては「玩具」でした。さすがに木製の重いブーメランを飛ばすのは危険ですが、プラスチック製のブーメランが駄菓子屋で売られていたり、学習雑誌の綴じ込み付録に紙製のブーメランがついていたりしました。

ブーメランを使用するヒーローもテレビに出現しました。1967年にフジテレビで放映された「怪獣王子」がそれです。同じ年、TBSで放映された「ウルトラセブン」の「アイ・スラッガー」も、一種のブーメランと言えなくもありません。

mar408.jpg

ブーメランはスポーツ競技として認定され、全日本ブーメラン選手権が毎年開催されます。入賞者は、民進党の議員さんたちで独占されるのが恒例なのだそうです。これを記念して、民進党は自らのゆるキャラに、頭に二本ブーメランを刺した「ミンシンちゃん」を選びました。

(本文と写真は関係ありません)

posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
晴れている筈の、甲府市内の夜明け前。
けふの「別嬪さん」放送前ですので、後程詳報します。

サテブーメラン。西城秀樹の歌で、ブーメランブーメランブーメランブーメランという唄がありました。
Posted by 百足衆 at 2017年03月20日 05:06
百足衆様、一番槍の座に、ブーメランのように戻ってこられましたね♪
Posted by ラー at 2017年03月20日 05:25
ブーメランブーメラン、ブーメランブーメラン、
きっと 百足衆は 帰って来ると〜♪
Posted by 燈台森 at 2017年03月20日 07:15
ぶうーん めらん!めらん!
メランコリー。鬱病!

デハ様の嫌いな、岡崎トミ子が、死にました。
死んだのです。

ドタッ。
Posted by 藤原 at 2017年03月20日 07:49
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「別嬪さん」別嬪たちは、横に並んでケチャップライスを食べる。

という、回でした。
サテデハサン。岡崎トミ子さんは、慰安婦問題で日本大使館に抗議活動を扇動して居ましたナ。
キットあの世でも抗議していることでしょう。
Posted by 百足衆 at 2017年03月20日 08:16
みなさん!なんとすがすがしい朝でしょう!
良かった。
政宗、妖怪を見事討ち取りました!
まずは政宗を褒めましょう!

さて、「ミンシンくん」
ブーメランを2本(山尾用と蓮舫用)を装備し、色は大極旗カラー、そして頭が二股に分かれているなど、実に民進党らしさがにじみ出た秀逸なデザインですね。

 ところで、その民進党は、落選者や引退者(輿石や仙石など)をOB.OGとして敬う制度を設けたそうですが、なんと最大の功労者である鳩山由紀夫さんは混ぜてあげないそうです。
恩知らずこの上なし。
 子供の頃読んだ絵本「幸福の王子」のように、民進党のクズどもに財産と名声を根こそぎ取られ、みすぼらしくなって誰も見向きもしなくなって朽ち果てる。
 嘘ついて被害者ニダと騒ぐものどもにかわいそうだからと頭を下げカネをばらまき、何もかも失ってしまった。そして彼には殉じてくれる小鳥すらいなかった。
 たとえ彼が我が国の国益を大きく損ねた国賊であったとしても、それを裁き糾弾するべきは私たち被害にあった一般国民であり、本来、鳩山さんを利用するだけ利用して、この世の春を謳歌し、私たちの血税をあるいは懐に入れ、あるいは朝鮮人にばらまいた民進党の奴らには、裁く権利がないどころか、先に責任を取って腹を斬るか毒を仰がなくてはならない存在のはず。
しかし彼らには無理でしょう。腹を斬っても毒を飲んでも、そしてブーメランが当たってもなぜか死なないゾンビみたいなやつらですからね。
 トミ子が消えても、菅直人や蓮舫、小沢、輿石、石井、山井、初鹿、大畠、モナ夫らがすべて消えない限り、日本に平和と安定は来ないのです。
Posted by デハ at 2017年03月20日 10:55
おはようございます。

無事、上海に着きました。ホテルの部屋ではインターネットも可能です。日本のサイトでも、アクセスできるところと、できないところがありますが、幸い微えろは可能でした。

昨日、良くなかったことは、飛行機の隣の席が 「妖怪鼻すすり爺い」だったこと(滝汗)。何と言っても良かったことは、パスポートの残り期間が半年を切っていたのですが、無事入国できたことです。

税関の職員は、もたいまさこさん(実は結構好きです)の若い頃に似ていましたが、とても優しい対応をしてくれました。やっぱり、もたいさん良い人だ!

それでは、皆さんも楽しい休日をお過ごしください。
Posted by GATTO at 2017年03月20日 12:02
とかく分裂したがる民進党ならではのシンボルキャラですね。
Posted by 無名X at 2017年03月20日 14:00
昨晩の女城主

直親の反心が今川の知れるところとなり、誅殺される

今回は瀬名姫と長子信康の悲劇を予兆させる回でした








Posted by 田舎帝王 at 2017年03月20日 19:09
田舎帝王さん

瀬名姫こと築山殿は、あのままずっと幽閉なんですよね。
信康は切れ者だったが故に殺されたそうですね。
Posted by シモン at 2017年03月20日 21:11
GATTOさん

上海からコメント投稿ありがとうございます。
閲覧制限にひっかからなくて良かったです。
よいご旅行を。
Posted by シモン at 2017年03月21日 04:42
デハさん

生まれ変わったら、念願の韓国人になれるかもですね>トミ子
Posted by シモン at 2017年03月21日 04:44
驟雨となつた、甲府市内。
けふの「別嬪さん」キアリスワンダーランドの建設を目論む、別嬪(芳根演)。

という、回でした。
サテデハサン。鳩山さんを幸福の王子に喩えるのは、秀逸ですナ。
Posted by 百足衆 at 2017年03月21日 08:17
おはようございます。

シモンさん、メッセージありがとうございます。微えろが見られただけでもうれしいです。

さて、さて、明日はもう帰国です。ブーメランみたいに帰ってきますよ。
Posted by GATTO at 2017年03月21日 09:39
GATTOさんはブーメランで良いが、鳩山さんは弓矢か槍のようにあっちに突き刺さったまま帰ってこなければよかった。二度と帰ってこなければ、もう叩かれることもないのに。
 国民を窮乏させ弟を過労死させた罪はいつ償うのだろうか。
 ただ私は物語と違い、不幸の王子を見捨てて金銀を自分の懐に入れたうえ、像をつつき壊そうとするもなおや安住や馬淵が憎い。
せめて朽ち果てた不幸の王子に殉じて死んでほしかった。
Posted by デハ at 2017年03月21日 17:34
デハさん

私的には、ぽっぽ山さんは幸福な王子みたいな崇高な存在というよりも、「放蕩息子の帰還」だと思ってます(毎回帰還してますしね)

寅さんとは一緒にしたくはないです。
Posted by シモン at 2017年03月21日 19:00
こんばんは。

今日は、広東料理のレストランに行きました。陳美齡様も好きという鳩の料理をいただきました。なかなか美味しいものではありましたが、食べる部分が少なくて・・・でも結構気に入りましたので、機会があれば、またいただきたいものです。
Posted by GATTO at 2017年03月21日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447804955
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック