2017年04月18日

一式標的機

旧日本海軍の0人乗り水上機です。

isshiki_hyoteki.jpg

2014年頃から急速に無人飛行機・ドローンが普及して来ました。観光地には「ドローン禁止」の立て札が立っていたり、小さいものは携帯式自撮用の10cm足らずのものから、大きなものでは1億円を詰めたバッグと名探偵コナン君も運搬できるものまであるようです。

target_plane1.jpg

そんなドローンを、既に1940年、日本海軍が開発に成功していました。
「一式標的機」(コードネーム:MXY4)という、標的訓練用の無人機です。

mxy3_835.jpg

これに先立つ1937年、海軍航空技術廠(略称・空技廠)の山本晴之技師の設計チームは「滑空標的機」(MXY3)という無人グライダーを開発していました。
それまでは、航空機の射撃標的に使用されたのは、別の航空機が牽引する吹流しでした。しかしこれには数々の問題が伴いました。吹流しと間違って、牽引している航空機を誤撃墜してしまう危険があったのです。ウルトラセブン第30話でもこの話題が取り上げられ、あやうくウルトラ警備隊に2名の欠員が出来てしまうところでした。

target_plane4.jpg

MXY4はさらにこのコンセプトを進め、エンジン付で無線で飛行を遠隔操縦できるドローンにしたものです。
低翼単葉双フロートの木製羽布張りの水上機で、32馬力を発揮する日本内燃機製の「せみ一一型」という空冷水平対向4気筒エンジンを搭載していました。
全体は注意を喚起するオレンジ色に塗装され、九四式水上偵察機の上部に載った状態から空中発進しました。母機の九四式水偵から操作される「完全自動操縦装置」で飛行したのです。

target_plane2.JPG

この標的機は、主として高角砲の対空射撃訓練に用いられました。命中弾がなければそのまま遠隔操縦で飛行し、フロートで着水することにより無事帰還を果たすことが出来ました。つまり当時から日本は使い捨て文化ではなく、エコだったのです。勿論射撃が成功した場合は、高角砲弾で木っ端微塵になったことは間違いありません。

target_plane3.jpg

思えば、この「完全自動操縦装置」をもっと発展させれば、特攻機に乗って戦死する若い命をもっと救えたのではないかと考える人も大勢いることでしょう。
しかし残念ながら完全自動操縦装置のコストが非常に高く、操縦士のまま体当たりした場合の費用対効果を上回ることが出来なかったそうです。かえすがえすも、残念でなりません。
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
驟雨となつた、甲府市内。
ゴミ出しに、数十メートル歩いただけで、びしょ濡れになつた。

サテ一式。以前、一式戦闘機は陸軍だった、海軍では零式が多く、どれに乗って良いかわからない、と議論になつたが、その結論は、サテどうなりましたかナ?
Posted by 百足衆 at 2017年04月18日 05:12
零式艦上戦闘機、零式観測機、零式小型水上偵察機、零式水上偵察機、零式輸送機。
一式陸上攻撃機、一式貨物輸送機。
二式水上戦闘機 二式大型飛行艇 二式艦上偵察機(のちの彗星)
三式以降は「式」をつけず。
Posted by デハ at 2017年04月18日 06:45
驟雨となつた、甲府市内の朝。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)たち三人は、青年団の会合に出席し、聖火リレーに出ると宣言する。

という、回でした。
サテデハサン。式が多いですナ。しかしこれではいつ製造された飛行機か、敵にばれてしまう。その為、沙汰止みになつたのでせう。
Posted by 百足衆 at 2017年04月18日 08:13
ほほほほ〜

戦争中に自動操縦ドローンを日本軍が開発していたとは驚きね〜

直虎も、ドローンは無理だけど狼煙や色々な偵察手段を使ったかもしれないわ〜🏯
Posted by おんな城主 at 2017年04月18日 11:28
菅原君

この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、寝屋川集団登校突撃運転手!

君の運転する車より、一式標的機の方が安心して乗っていられる!断言して良い!
Posted by 藤原 at 2017年04月18日 12:15
ドローンとか、自動運転カーとか、ここ数年で一気に普及しそうですな
Posted by 燈台森 at 2017年04月18日 13:19
晴れとなつた、甲府市内の夕間暮れ。

サテ女城主さん。
花燃ゆでは、新幹線に乗って萩と前橋を行き来してましたナ。
来年の西郷どんは、最後うどんで締める積もりかもしれません。
Posted by 百足衆 at 2017年04月18日 16:54
戦争中、帝国陸軍は「鉄人28号」を
帝国海軍は「超人機メタルダー」と「海底軍艦轟天」を開発したので、ドローンぐらいは朝飯前です。
しかし、ジープとヘリコプターは開発できなかったので、慰安婦狩りはできませんでした。
なかったものを使って駆り集めることはできないので、慰安婦ババアはうそつきです。
Posted by デハ at 2017年04月18日 21:54
日の出の時刻間近となつた、甲府市内の朝ぼらけ。

サテデハサン。慰安婦像の前で女が大げさに嘆いている写真がありますナ。あれを見ていると、頭は大丈夫かと云いたくなります。
Posted by 百足衆 at 2017年04月19日 05:44
おはようございます。

あの「桜花」も、もし自動操縦や遠隔操作ができ、航続距離が長ければ、人命ももちろんですが、もっと戦果が上がったことでしょうね。

ドイツのV 1 ロケットの標的は、動く敵艦ではなく、動かない都市だった分、シンプルな構造でできたようです。

Posted by GATTO at 2017年04月19日 08:03
晴れとなつた、甲府市内。

サテGATTOさん。日本軍のV1号は、風船爆弾でした。よりシンプルですゾ。
Posted by 百足衆 at 2017年04月19日 08:40
百足衆先生、こんにちは。

ををっ!風船爆弾ですか‼ 実は、私の地元・大網白里から10キロほどのところに一宮という町があるのですが、そこからも飛ばしていたと言われています。

一宮、今は東京オリンピックのサーフィン会場として、地元では話題になっていますよ。
Posted by GATTO at 2017年04月19日 11:32
GATTO殿

九十九里浜から偏西風に乗せて風船爆弾飛ばしたんですな。

今は黄砂が降って来ますが、、
Posted by 燈台森 at 2017年04月19日 12:15
マンナートLエーブル轟沈が唯一の戦果
Posted by デハ at 2017年04月19日 14:58
ほほほほ〜

東京のおんな城主さんは、オリンピックの開催地の周辺県との話し合い、うまくいってないみたいね〜👎👎👎👎👎

豊洲で忙しかったから?って、豊洲も何もやってないわね〜💀💀💀💀💀
Posted by おんな城主 at 2017年04月19日 17:07
こんにちは。今、千葉の海沿いでは風が結構強く吹いています。

燈台森さん、今は、九十九里から西海岸に私の思いが飛んでおります。

デハさん、そうなんです。しかも、その前に零戦が当たって動きを止めていなければ、その戦果も有ったかどうか?

おんな城主さん、千葉県は喜んでオリンピックを迎えますぞ。
Posted by GATTO at 2017年04月19日 17:59
GATTOさん
今日はとても風が強かったですね。
虎の門も風速30mは
ありました。

オリーブの木を大切になさってください。
Posted by シモン at 2017年04月19日 22:04
空のしらじら明け来る、甲府市内の夜明け前。
昨日の「日和っ子」日和っ子(有村演)たちは、聖歌リレーを見事なタイムで走り抜ける。

という、回でした。
サテ、一番槍待機。けふもライバル、蹴散らして。
Posted by 百足衆 at 2017年04月20日 04:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448688540
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック