2017年04月14日

チーかま

チーズの入ったかまぼこです。

cheese_kamaboko.jpg

私が入社したばかりの研究所時代、定時から1.5時間の残業した時点で30分間の休憩時間になり、会社で夕食を取ったり売店で小腹を満たす御菓子などを買ってくるのが日課でした。
そんな時の定番商品がチーズかまぼこ、略称「チーかま」です。

apr328a.jpg

チーかまは、株式会社丸善が販売している商品です。当初は丸善と聞いて「輸入書籍や文具を手掛けているあの丸善書店謹製なのか」と勘違いしましたが、実は別の会社だそうです。
チーズかまぼこという製品自体は日本水産など他の会社でも販売していますが、「チーかま」の名前で売っているのは丸善だけです。「かま」はお釜のことではなく、かまぼこの略であることは前述した通りです。

丸善には、チーかまの他に「ホモソーセージ」という定番商品がり、そちらも研究所の売店で売っていました。ホモソーセージという名称は、ホモジナイズ(homogenize)の意味で、原料である魚のすり身が均質に成る様に生地が良く混ぜ合わされていることを表しています。なので特に同性愛者専用という訳ではなく一般の人でも気軽に購入できる商品で、チーかまとホモソーセージの組合せにより、1.5時間以降の残業の活力になったのです。

チーかまには、ノーマルな味のチーかまの他に、ピリピリ味のチーかまがありました。おそらく80年代中盤頃から始まった激辛ブームを反映したものでしょう。昨今は、ハーブ&ガーリック味とかペッパー&ベーコン味とか、食通に合わせた商品のバリエーションが増えました。

apr329.jpg

チーかまは、平日の仕事中に気軽に空腹感を解消してくれる身近な食べ物でした。最近はあまり長時間残業もしなくなり、家呑みの友として冷蔵庫に買い置きされています。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(21) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
空の白み始めた、甲府市内の夜明け前。
けふの「日和っ子」後程、詳報致します。

サテちーカマ。チーズちくわ同様、我が家では子供たちが愛食していました。昔はチーズは入っておらず、ただの蒲鉾でしたが、チーズが入ったことで、味わいが豊かになりました。
Posted by 百足衆 at 2017年04月14日 05:07
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、失踪した父の沢村一樹を、探す。

という、回でした。
サテ爺が二番槍も、獲得。札幌オリンピックのジャンプ競技70m級のようなものですナ。
Posted by 百足衆 at 2017年04月14日 08:03
チーかまは酒のおつまみにも子供のおやつにも旅の友にももってこいの商品ですね
Posted by 田舎帝王 at 2017年04月14日 08:12
お久しぶりです。いつも楽しく拝見しております。
丸善と聞いて、やはり書籍を思い浮かべてしまいましたww。
Posted by 国重 at 2017年04月14日 08:57
チイー かまっ かまっ
構ってちゃん。 菅原君!

今日は、菅原君の顔を見ずに朗々と過ごすことができる、プレミアム金曜日だ。
今日の昼食が、早くも発表に、なった!

アルファ米の、ドライカレーだ。災害用に、備蓄していたが、先月で賞味期限が切れていたので、今日お湯を入れて、食べる!

うほっ 美味そうじゃ、うまそうじゃ!
Posted by 藤原 at 2017年04月14日 09:12
ほほほほ〜💀
機関車仮面🚂さん一番槍おめでとう〜👏

チーかまとかホモソーセージとか、残業の食糧は侘びしかったわね〜。
私は、フィッシャーマンフレンド買ってたわよ〜眠気覚ましね👍
Posted by おんな城主 at 2017年04月14日 09:29
藤原さん

私は今日は魁力屋でラーメンの予定です。
Posted by 菅原 at 2017年04月14日 10:24
うーメンとビーノレで検索して下さい♪
Posted by ラー at 2017年04月14日 10:43
憎い、憎い、直虎が憎い。
花もゆは叩かれていたのに、直虎は暖かく迎えられている。
差別だ。憎い。ヘイトだ。憎い。
Posted by 花…燃ゆ at 2017年04月14日 12:35
そら、しょうがなかっぺえ。直虎の方が面白いし。第一、お前さんの書き方もヘイトだっぺえ。
Posted by GATTO at 2017年04月14日 13:35
そういえば、花もゆで井上真央がチーかま作るシーンがありませんでしたっけ。
Posted by 菅原 at 2017年04月14日 15:47
菅原君この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、保護者会長!

なあにが、チーちく作ってませんでしたっけ、だ!チーチクなど、幕末期にある訳がない!
井上真央が花燃ゆで作ったのは、八ツ橋だ!
もっとも、その方が、酷い妄想だがな!
吉田松陰の妹が、聖護院八ツ橋を作った記録は、ない!

はなっ もげ!
はなっ もげ!
はなっ もげ!
Posted by 藤原 at 2017年04月14日 18:42
復員時代の、食糧難の記憶が

最近徐々に薄れてきました

飽食に明け暮れる現代日本

飢餓には無縁かもしれませんが

同じ食材を昔の方がもっと大事に

していたかもしれません

チーズ蒲鉾、安くて奇跡のように美味しかった

魚肉ソーセージも、です。
Posted by 老兵 at 2017年04月14日 19:40
国重さんおひさしぶりです。

やはり丸善と言ったら、食品よりは本ですね。
Posted by シモン at 2017年04月14日 20:11
藤原さん

花もゆに出てきたのは、幕末はおろか、昭和50年代にもまだなかった「生八ツ橋」でした。
Posted by 菅原 at 2017年04月14日 22:17
魚肉練り製品は私の最も好む食品です。
ところで、その魚肉練り製品(チーかま、魚肉ソーセージ)のメーカといえば、丸善が最も有名です。
しかし、ほかにマルシン、マルちゃん、マルハも造っており、「マル」のつくメーカーがなぜか多いのが不思議です。
そして中でも、「マルシン」「マルゼン」は、「東京マルイ」と並ぶモデルガンのトップメーカーです。
「マルイ」というメーカーは魚肉練り製品を作っていませんが、なぜか魚肉練り製品とモデルガンを造っているメーカーは「マル」がつくところが多いです。
Posted by デハ at 2017年04月14日 22:40
御徒町から線路に沿って秋葉原に向かう途中に丸善の本社があります。
Posted by デハ at 2017年04月14日 22:49
デハさん

四角の方が丸より大きいと主張するぺヤングやきそばを思い出しました。
Posted by シモン at 2017年04月15日 06:01
シモン様
一にのさんすう、でヨシさんがタップを騙して四角い容器でオレンジジュースを飲み、あとで容積を測ってタップが激怒したのも思い出しました。
Posted by デハ at 2017年04月15日 07:05
デハさん

教育テレビで詐欺のノウハウ伝授ですか。
おとといは中国の国旗を日の丸の上に置いたりと、
受信料払う価値がありませんね。
Posted by シモン at 2017年04月15日 08:04
こんばんは。

今日の「ひよっこ」、都会の温かさを感じさせるドラマでしたね。私も、この20年後に東京で仕事をしていて、下町の情けを受けていたので、本当に懐かしかったです。その時に出会った人たちには、江戸っ子も地方出身の人もいましたが、どちらも良い人たちばかりでした。また会いたくなりましたね。
Posted by GATTO at 2017年04月15日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448888279
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック