2017年05月06日

嘘発見器

嘘をついているかそうでないかを判定する機械です。

Lie-Detector.jpg

人間にあって他の動物にないもの。笑うことや受験勉強することなど多々ありますが、「嘘をつくこと」は代表的な人間の特徴的習性と言えます。

may103.jpg

嘘発見器は、そんな嘘つきの人間が果たして嘘をついているかどうかを簡単に判定する機械です。
米国カリフォルニア州出身の技師、レナード・キーラーは、1935年に人間が嘘をつくときに、良心の呵責によって生じる心拍数や血圧の変化を読み取り、被験者が嘘をついているかどうかを判定する「ポリグラフ」という機械を発明しました。

この発明は画期的でした。なにしろ、嘘をついているかどうかということを他人が判定するのは至難の業だったからです。世界で最も嘘発見器を重用したのは米国でした。日本では嘘のような存在である「嘘発見器」の検査資格を持った技師が、ピーク時には5,000人以上もいたそうです。

一方日本では、嘘発見器は主として小学生たちの会話の中でのみ用いられました。
「そんなこと言うと、嘘発見器にかけちゃうぞ」
と言っていた小学生の多くは、嘘発見器の使用方法は勿論、嘘発見器の形を一度も見たことがありませんでした。議会が開催する証人喚問や百条委員会の席上、嘘発見器が用いられたことは寡聞にして聞いたことがありません。

しかし、嘘発見器には弱点がありました。被疑者が心神喪失の状態、もしくは強度の妄想や思い込みがある場合、どんな嘘をついても全く反応しなくなることもあるからです。
「息を吐くように嘘をつく」
ことをモットーとする某党の女性の代表などは、その典型例と言えるでしょう。むしろこの人に恫喝されると、本当の事を話していても心拍数と血圧が上り、嘘と判定されかねません。

may107.jpg

イタリアの童話「ピノキオ」は、嘘をつくと鼻が伸びるように設計された木製の人形でした。ここまで分かりやすいケースは稀ですが、人間誰しも嘘をついている時には他人にしかわからない(けれど本人だけがわかっていない)表情の特徴的な変化があるものです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
既に空は明け来たる、甲府市内の朝ぼらけ。
けふの「「日和っ子」解説は後程。成程、GATTOさんの云う様に、日和っ子(有村演)は、狸に近い。

サテ嘘発見器。昔は、警察で取り調べの際に、使われたと聞く。だが爺は、この齢迄、警察で取調べを受けたことは、皆無なので真偽はわからない。
Posted by 百足衆 at 2017年05月06日 05:11
百足衆様、百足衆様、

一番槍、おめでとうございます!はっ
一番槍、おめでとうございます!はっ

ことほぎじゃ、ことほぎじゃ、
皆の衆、今宵はことほごうぞ、

ことっほぎゃ!
ことっほぎゃ!
ことっほぎゃ!
ことっほぎゃ!
ことっほぎゃ!
ことっほぎゃ!
ことっほぎゃ!
ことっほぎゃ!
Posted by 藤原 at 2017年05月06日 05:31
民進党の皆さんには不要な道具ですな
Posted by 燈台森 at 2017年05月06日 06:27
総理大臣そして自民党総裁のあの方も息を吐くように嘘をつきますが、そのことにはダンマリですか?
Posted by 圭一 at 2017年05月06日 09:01
薄曇となつた、甲府市内の午前中。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、就職後初めての休日を迎え、父沢村一樹が行方不明であると周囲に漏らす。

という、回でした。
サテ藤原さん。祝福、有難う。ここ何連勝かしているので、大変気持ちが佳い。これからも、体調を維持しながら、一番槍を目指して行こうと思う。
サテ燈台森さん。最近は、良心の呵責がない人が多くなった。そういう人が集う党が、民進党なのだと思う。
Posted by 百足衆 at 2017年05月06日 10:11
ほほほほ〜

何処かのおんな城主代表さんたちは、嘘をつくことは勿論、言ったことに何一つ責任取らないことがもっと酷いわ〜👎👎👎

そんなことにダンマリの癖に、庭に糞をするようなコメントしかしないのがその一派なのよね〜野良猫以下だわ👎👎👎👎👎

もう来ないでね〜💀💀💀💀💀
Posted by おんな城主 at 2017年05月06日 10:18
一番嘘つきなのは、自民党でも民進党でもありません。
それは、小沢一郎とその手下です。
自民党・民進党に嘘つきがいるのは、かつて小沢一郎が所属していた名残です。
小沢は、ウソがばれると所属政党を裏切り別の小党を造って、今までと180度違うことを平気で言って、別の中規模政党を乗っ取りそのメンバーを洗脳してまた嘘をつき、ばれると政党助成金を懐に入れて党を解散してまた別の党に移ったり作ったりして、また前回と180度違うことを平気でやるわけです。

明らかに、日本で一番悪いやつです。
岩手県民のくせに、震災後現地入りせず、被災した部下を見捨てて対立候補をぶつけるような非人道的なこともやってのけました。
あの選挙で、私は全国で唯一、その選挙区だけは民主党に勝たせたかったです。(勝ちましたが)

私は日本の政治家の3悪は、この小沢と、菅直人、3位は鳩山由紀夫・村山富市・森喜朗のいずれかだと思っています。
(3〜5位は、その人の立場や住んでいる地域によって変動、例えば関西人にとっては村山が上位)
ですが、ワースト2は、小沢・菅で間違いないと思います。
シナ人おんな城主など、小物に過ぎません。
Posted by デハ at 2017年05月06日 10:33
嘘はあまりつかない代わりに、決断も何もしなくて、停滞しているのは全部他人のせい、という知事さんも大概にして欲しいです。
Posted by 無名X at 2017年05月06日 17:32
「インディアン嘘つかない」というフレーズの子供浸透率は結構、高かった。
出典はよくわかりませんが・・・・。
Posted by ヨット at 2017年05月06日 23:46
白々と 夜の明け来る 甲府市内

けふの「5分でわかる日和っ子」日和っ子は、向島電機に就職を果たすも、ベルトコンベヤーを度々止める。一方米屋に就職した三男はパンとご飯を同時に食べる苦境に追い込まれていた。

という、一週間でした。
サテヨットさん。「インディアン嘘つかない」という言葉の裏側には、「白人嘘つき」という、意味が、込められている。新大陸に進出したピルグリム白人たちは、インディアンに嘘をつき、彼らからアメリカの土地を奪った。
是を以て「嘘も方便。」と嘯くのは、余りに厚顔無恥と云えよう。
Posted by 百足衆 at 2017年05月07日 05:11
中条きよし。
Posted by とおりすがりのバーバパパ at 2017年05月07日 07:17
圭一さん

ようこそおいでくださいました。ここの管理人のシモンと申します。
ここは所謂「右」寄りの意見に傾く傾向がありますので、是非カウンターとしてのご意見を忌憚なく投稿されてください。

何事も重要なのはバランスです。
Posted by シモン at 2017年05月07日 07:33
無名Xどの

>嘘はあまりつかない代わりに

とんでもない。
小池さんは嘘ばかりです。
Posted by A2Z at 2017年05月07日 09:42
A2Z殿
>小池さんは嘘ばかりです

共産党や民進党と手を組んでいることを隠蔽している。

それと、豊洲は安心安全なことも。
Posted by 燈台森 at 2017年05月07日 11:02
我が国の民主党政権がどのような結果になったか、フランス人は見るべきだ。

マクロン氏は「おフランスの由紀夫さん」だ。

由紀夫さんとマクロン氏の共通点は、以下の通り

・自国民を犠牲にしても外国人に優しくしようとする。
・財源を無視して、福祉を広げようとする。
・超エリート
・人妻略奪。
・人権派とおもいきや、意外と厳しい一面も。その厳しさは多数派のみに向けられ、マイノリティ特権でマイノリティだけ得する結果になる。

どうだろう?マクロン氏はおフランスの由紀夫さんだと断言できないか?
こんな人に任せていいのだろうか。
Posted by デハ at 2017年05月07日 18:41
マクロンは、菅直人みたいに原発廃止とか言い出さないかな?

フランスが原発止めたら、ドイツの電力どうなるのだろう?
Posted by 燈台森 at 2017年05月07日 21:01
マクロンならケイト荒井に地震がもてます。

ルンルン ルルルルンルン
いつの日も激しく 激しく腕を揮う
 さあ 拳を挙げろ マリーヌ
Posted by デハ at 2017年05月07日 23:42
まくーっ ろん!ロン!
論より証拠。しょこたん!

デハ様、デハ様、
マクロン候補が、

当選してしまいました。
当選してしまったのです。

これで、フランスはユーロコミュニズムの世界に、

迷い込んでいくでしょう。
迷い込んでいくのです。

オールヴォワール!
Posted by 藤原 at 2017年05月08日 04:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449491393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック