2017年05月12日

エドワード黒太子

百年戦争前半の、イングランド王国の王太子です。

edward-the-black-prince.jpg

平成31年の到来を以って、今上天皇陛下が譲位され、皇太子殿下が天皇になることがほぼ決まりました。

apr305.jpg

英仏百年戦争の時代、英国はまだグレートブリテンではありませんでした。アイルランドやスコットランドはまだイングランドではなく、唯一ウェールズのみがイングランドの一地方に併合されて間もない頃でした。
プランタジネット朝のエドワード三世は、子沢山に恵まれ、14人の子を儲けました。その長男が、「エドワード黒太子」と呼ばれるプリンス・オブ・ウェールズ、即ちイングランド王国の王太子です。

「黒太子」(ブラック=プリンス)は綽名で、本人はオックスフォードシャーのウッドストック宮殿で生まれたので「エドワード・オブ・ウッドストック」と名乗っていました。
では何故「黒太子」などという綽名になったのでしょうか。これには諸説あり、
・いつも黒い甲冑を身に着けていたため
・色黒だったため
・フランスから見たら、悪=黒 のイメージがあったため
等ですが、真実は今となってはよくわかりません。

1356年、ポワティエの戦いで数的に劣勢ながら、ジャン二世の率いるフランス軍を破り、ジャン二世を捕虜にするという手柄を立てています。
この勝利は、詰まるところウェールズ公国特有の「ロング・ボー」という長弓が、ひたすら突進してくるフランス軍を面白いように狙い撃ち、壊滅的な打撃を与えた、という「中世欧州版・長篠の戦い」だったようです。

ジャン二世を捕虜としたイングランドは、300万エキュという莫大な身代金を要求します。ジャン二世は一旦は釈放され、フランスに帰国しますが、身代金が払えなかったために再びロンドンに戻り、そこで没します。
この時代、「生きて虜囚の辱」を受けることが出来たのは王族か貴族しかいませんでした。一般の兵士では身代金が要求できないからです。ジャン二世も、ロンドンで国王としての待遇を受け、移動の自由がないことを除けば不自由のない虜囚生活を送ったそうです。

黒太子はその後も戦争を続け勝利を収めましたが、黒太子の戦費と浪費の負担で領地のアキテーヌの貴族たちの反感は次第に強くなっていきます。
黒太子自身も赤痢に罹患し、戦場に出陣することが出来ないうちにフランス軍は次々にイングランド支配下の城を陥落させます。無理を押して出陣したリモージュの包囲戦で陥落させたリモージュの市民3,000人を虐殺し、イングランド王国への反発を一層強める結果となりました。

apr309.jpg

黒太子はイングランドに帰国し、父エドワード三世に代わり国政を牛耳っていた弟のランカスター公ジョン・オブ・ゴーントから実権を取り戻しますが、45歳で病没します。長男に先立たれたエドワード三世も翌年没し、黒太子の息子リチャード二世がイングランド王位を継承しますが、リチャード二世には子供がなく、この代でプランタジネット朝は途絶えたのでした。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(25) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝の明けぬる、甲府市内の空。
けふの「日和っ子」爺と、GATTOさんの解説で、後程お楽しみください。

サテ黒太子。「こうたいし」ではなく「こくたいし」と、読む。大黒天の系列の神様が宿っていたのでしょうナ。
黒ビールばかり飲んでいたら黒くなった、というまことしやかな説も、あります。
Posted by 百足衆 at 2017年05月12日 05:06
名探偵コナンに登場する「黒の組織」は、
黒太子から採ったという説もありますね。

コナンの黒太子と言えば、服部平次。
とすると、あの方の正体は、平次の父の・・・。

ここまで書けば、わかりますよね。
Posted by とおりすがりのバーバパパ at 2017年05月12日 05:43
ダイドー級巡洋艦の「ブラックプリンス」はエドワード黒太子から名づけられています。
ダイドー級はほかにも、クレオパトラ、スパルタン、シリウス、アルゴノート、ハーマイオニーなどかっこいい名前の艦が多いのですが、ネームシップのダイドーが、缶コーヒーのように安っぽく、級全体のイメージを低下させていると思います。

ちなみに、フランス、イタリア、独逸、墺太利には、基本的にイメージの低下するような名前の感はないと思います。

それにしても、両次大戦をまたにかけて大活躍したクイーンエリザベスと、1発で轟沈したクイーンメリー。
 名前の由来になった女王と運命が比例しているようて・・・・。
Posted by デハ at 2017年05月12日 07:26
フォン・デア・タンは「ほら、出た、痰」みたいで好きになれない艦名でした。
Posted by デハ at 2017年05月12日 07:28
デハ様

インドネシア海軍に「キ◯タマーニ」級の砲艦があればいいですね♪
Posted by ラー at 2017年05月12日 07:56
おはようございます。

昨日は、帰りが遅く、その日のうちに「ひよっこ」のお話が書けませんでした。これは昨日のお話です。

綿引巡査から連絡を受けたみね子さんは、それを家に伝えたかったが、自分の家には電話がなく、時子さんの家に電話し、時子さんのお母さんから連絡してもらいます。
しばらくは父親についての情報を喜んでいましたが、やがて「なぜお父さんは連絡をくれないのだろう?」という疑問も生じました。心配するみね子さんを、愛子さんたちがなぐさめ、励す、というものでした。


実さんの行方不明の原因、現実には様々なが考えられますが、ドラマの性格上、やっぱり「記憶喪失」かな?他の理由だと、嫌な展開になってしまいますし。



そんなわけで、百足衆先生、今日の「ひよっこ」をよろしくお願いします。
Posted by GATTO at 2017年05月12日 07:58
初夏となつた、甲府市内の朝。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、ブラウスを買いたいがお金がない。そんな時、母木村佳乃からブラウスが届く。

という、回でした。
サテデハサン。イギリスの軍艦は、レパルスにレナウンという具合に、頭文字を統一していると以前貴殿にお聞きした。だがダイドーとブラックプリンスでは頭文字が違う。ダイドーもブラックコーヒーだから佳い、というわけでは、なかろう。
Posted by 百足衆 at 2017年05月12日 08:05
今日は待ちに待った、菅原君のいない昼食の出来る金曜日だ。
今日の昼食が、発表に、なった!
ケバブ風チキンサラダだ。
鯵の香草揚げ、花野菜のマリネ、わかめの味噌汁に、香の物も、つく。

百足衆様と、GATTO様のレビューを読みながら、日和っ子を見つつ、朗々と、食べる!

うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ。
Posted by 藤原 at 2017年05月12日 11:10
晴れとなつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食は、スパゲティナポリタンだ。ケチャップも、つく。
NHKラジオの昼の憩いを聴きながら、老々と食べる。美味い美味い。

サテGATTOさん。中々佳い、日和っ子解説ですナ。お父さんの沢村一樹が、早く見つかると、良いのだが。
どうなりますことやら。
Posted by 百足衆 at 2017年05月12日 12:16
好天に恵まれた千葉のお昼。
妻の作ってくれたお弁当は、サケ、エビ、トマト、梅干しもつく!
職場にはテレビもラジオもないが、藤原さんと百足衆先生の文を読みながら朗々と食べる!
うほっ、うまかった!うまかった‼
Posted by GATTO at 2017年05月12日 13:16
百足衆先生、ありがとうございます。私たち二人の組み合わせはとても読みやすいと思います。このまま、よろしくお願いします。

藤原さん、有村架純さんの顔を見ながらは、食もすすむことでしょう。私の職場にはテレビがないのでうらやましいです。
Posted by GATTO at 2017年05月12日 13:26
GATTO様、GATTO様、

うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ。
うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ。

菅原君
この、だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、前FBI長官!

昼食したことは、キチンと、覚えている!
あらかじめ、行っておく!
Posted by 藤原 at 2017年05月12日 16:23
藤原さん

行っておく
ではなく
言っておく
が正解ですね。
Posted by 菅原 at 2017年05月12日 16:40
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、痴漢冤罪被害者線路逃走男!

君の辞書には、「弘法も筆の誤り」という言葉は、ないのか!?
それとも何か!?君は、生まれてこのかた、一度も変換ミスをした事が、ないのか!?
IME よりも、優秀な人間だな!
初めて、知った!

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2017年05月12日 17:06
藤原さん

藤原さんは、弘法大師ではないですね。
Posted by 菅原 at 2017年05月12日 18:51
老師
英国には、日米と異なり厳格な命名基準はありませんが、R旧戦艦、C・D・E級巡洋艦ととライバル級を除く駆逐艦は、同型艦の頭文字が統一されていました。

重巡は州の名で、ドーセットシャー、ノーフォーク、デボンシャー、カンバーランドなどです。
軽巡のうち一番大型のサザンプトン級は、マンチェスター、リバプール、ニューカッスル、バーミンガム、シェフィールドなど、世界中誰でも知っている英国の有名都市から名づけられていました。
Posted by デハ at 2017年05月12日 19:15
菅原さん
弘法大師の本姓は「佐伯臣」ですから、藤原さんは弘法大師ではありません。
ついでに言うと橘逸勢(橘氏)、菅原道真(菅原氏)、安倍仲麻呂(安倍氏)、清少納言(清原氏)、紀貫之(紀氏)など、奈良・平安時代の頭のよさそうな人は非藤原氏ばかりで、藤原氏の一因で頭が良かったのは紫式部(藤原香子)ぐらいでした。
Posted by デハ at 2017年05月12日 19:20
むらーっ さきっ さきっ
先立つものはお金。朝立ち!

デハ様、デハ様、
ラマサバクダニ。

>藤原氏の一因で頭が良かったのは紫式部(藤原香子)ぐらいでした

一因
ではなく
一員
が正解ですね。

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2017年05月12日 19:33
藤原さん
菅原さんみたいですね。
Posted by デハ at 2017年05月12日 20:57
菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!かわずやまの、痴漢脱走転落犯人!

デハ様に、
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ謝罪せよ!はっ謝罪せよ!はっ謝罪せよ\(^-^)/
Posted by 藤原 at 2017年05月12日 21:59
今日は「ひよっこ」を見られませんでした(泣)。明日の午後、二日分いきます。それでは、おやすみなさーい!
Posted by GATTO at 2017年05月13日 01:05
こんにちは。

今頃になって、やっと「ひよっこ」の二日分の録画を見ることができました。遅くなりましたが、まずは昨日のお話です。

初めての給料日、ライン長の松下さんが「ピーチク、パーチクやっていると、給料は明日にするぞ」と冗談を飛ばし、工員たちからひんしゅくをかいます。
みね子さんの月給は、手取り6000円、そのうち5000円を実家に送りましたので、自分の手元には1000円しか残りませんでした。
その頃、工場に移動販売が来ました。みね子さんは可愛いブラウスが欲しかったのですが、950円もしたので諦めざるをえませんでした。
その1週間後、お母さんから小包が届きました。中には、もっと可愛いブラウスが!それを見て涙するみね子さん、というお話でした。

また、今日のお話を・・・
Posted by GATTO at 2017年05月13日 15:39
続けて、今日のお話を・・・

みね子さんは、お母さんからもらったブラウスを着て、赤坂の鈴ふり亭に行きます。

ここで、ついに夏ばっばと春子さんの再会です!「あまちゃん」では、高圧的な母親と反抗的な娘、というケンカばかりしていた母娘でしたが、ここではうってかわって、優しい店主と礼儀正しいお嬢さん、というずいぶん違う設定です。
とはいえ、この二人が重なるため、私には「ひよっこ」が違う脚本家でありながら「あまちゃん」に似た印象を受けています。

ここで、みね子さんは食事をするのですが、彼女の持っているお金ではコロッケを食べるのがやっとでした。それでも彼女はその美味しさに感動し、鈴ふり亭のみなさんも優しく彼女を見守る、というものでした。



個人的な話になりますが、赤坂という土地には良い思い出があります。私は一度転職しているのですが、赤坂で出先の仕事をしている時に、家に帰りが遅くなる旨の電話をしました。そこで母親から「合格通知が来た」という連絡をもらったのです。
自分にとって良い思い出のある土地が、好きなドラマに登場して、何だかうれしいです。
Posted by GATTO at 2017年05月13日 16:16
GATTO様、仔細な解説ありがとうございます!

私も茨城県民なので、陰ながら応援しています♪
Posted by ラー at 2017年05月14日 04:26
ラーさん、ありがとうございます。千葉も茨城と同じ「だっぺ」言葉を使うので親しみがあります。これから、また楽しみですね。
Posted by GATTO at 2017年05月15日 07:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449499107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック