2017年05月18日

肉そば

肉入りの冷たい蕎麦です。

nikusoba.jpg

木曜日ともなると、一週間の疲れがそろそろ溜まってきます。
ランチにいつもと違ったものでも食べて、気分転換を図ることにしましょう。

girl38B.jpg

私のオフィスに程近いところに、「肉そば ごん」という店があります。ここでは、「大坂屋 砂場」のようなオーソドックスな蕎麦屋と違い、「肉そば」という蕎麦を1,000円から1,300円の値段で提供しています。

「肉そば」とは、元々は山形県の河北町発祥の料理です。具は鶏肉とネギが載り、麺つゆは冷たい鶏出汁の汁です。冷たいといっても、冷たすぎると鶏肉の脂が固まりますので、常温というべきでしょう。
山形には、蕎麦の他にもラーメンスープが常温の「冷たいラーメン」もありますので、麺を冷たい汁で食べる文化が定着しているのかもしれません。

「肉そば ごん」の肉そばは、山形県の郷土料理と異なり、肉は豚肉です。玉子を溶いて混ぜ、天かす・黒七味・ラー油といった調味料をお好みでかけて食べます。麺そのものは蕎麦ですが、食感は寧ろラーメンとすき焼の合いの子と言った方が近いかもしれません。

虎ノ門はこの手の「肉そば」文化の発祥の地らしく、他にも「そば処港屋」という立ち食いの肉そば屋があります。都内での肉そばの元祖はこの店だったようで、12時近くに店の近くを通ると行列になっています。
大きな黒い大理石のテーブルを囲んで、肉に加えて刻み海苔や玉子、葱などのトッピングで食べるのです。

girl36B.jpg

新橋と並ぶ中高年男性の街・神田には、「河北や」という肉そば屋があります。こちらは虎ノ門の店と異なり、鶏肉の載った正統的な山形の肉そばを提供しています。

(本文と写真は関係ありません)


posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夜の白々と明け来る、甲府市内の空。
けふの「日和っ子」後程、詳述致します。GATTOさんの解説も、併せて参考になさってください。

サテ肉そば。爺になると、あっさりした蕎麦の方が、いいです。肉はあまり食べませんが、ビフテキ、とんかつ、レバニラ炒めなどは好きです。
Posted by 百足衆 at 2017年05月18日 05:17
うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ。
百足衆様、百足衆様、
一番槍、おめでとうございます。
おめでとう、ございます。

皆の衆、今宵は肉そば食べて、
言祝ごうぞ、百足衆様の、
目出度い一番槍の偉業を
讃えようぞ。

ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
Posted by 藤原 at 2017年05月18日 05:55
こちらではかけそばに牛丼の具がトッピングされたものを「肉そば」と呼称し、喜多方ラーメンの一部店舗ではチャーシューメンを「肉そば」と呼称しているので、驚きました。
Posted by デハ at 2017年05月18日 06:30
おはようございます。

昨日の「ひよっこ」。時子さんがドラマのオーディションを受けることになりました。ところが、彼女は本番に弱い。そのため、豊子さんを中心に模擬オーディションを行い、そこでは良い結果でした。
それでもなお心配な彼女のために、みね子さんが会場までついて行くことに。それでも、やはり時子さんは本番に弱かった、というお話でした。


みね子さんと時子さんは互いによく助け合っていますが、みね子さんは、不器用で能力的に問題はある(でも、結構几帳面)が、精神的に強い。時子さんは、気が弱いところがあるが、能力が高い。そんな感じでしょうか。友達でも、仕事でも、夫婦でも、チームというものは似ていない者同士の方が良さそうですね。
Posted by GATTO at 2017年05月18日 08:01
曇天となつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食は、松前漬けだ。大豆の茹でたものに、油揚の味噌汁もある。
日和っ子の再放送を見ながら、食べる。

サテGATTOさん。詳しく解説ありがとう。オーディションを受けたのは、時子か。演者は誰ですかナ。
Posted by 百足衆 at 2017年05月18日 12:27
緑のタヌキBBAより、
ずっと美味しいです♪
Posted by ラー at 2017年05月18日 19:45
ラーさん

たぬきおばさんは、食えないだけでなく、
豊洲の市場も賞味期限切れに追い込もうとしています。
Posted by 菅原 at 2017年05月18日 22:17
こんばんは。

でもね、でもね、タヌキのお姉さんは本当に可愛いです。「ひよっこ」は、明日、二日分まとめて書きますね。それでは、おやすみなさーい。
Posted by GATTO at 2017年05月18日 23:44
深夜となつた、甲
Posted by 百足衆 at 2017年05月19日 22:09
こんばんは。

それでは、まず昨日の「ひよっこ」からです。時子さんとみね子さんはオーディション会場に行ったのですが、やはり時子さんは本番に弱い。緊張のあまり、演技の時に茨城訛りが出て不合格になってしまいました。
乙女僚では、幸子さんが同室の人たちに、時子さんにこちらから結果を聞かないよう注意しました。そこに二人が帰ってきて、ぎこちない会話が展開されました。
そんなところに来たのが愛子さん、彼女はいきなりストレートに結果を聞き、不合格の結果と状況を聞きました。
しかし、愛子さんによれば、実力を出し切っていないのなら、次回合格の可能性が高い、とのこと。その理屈を聞いて、時子さんは元気を回復する、というお話でした。
Posted by GATTO at 2017年05月19日 22:56
更に、今日の「ひよっこ」です。

まだ完全に回復していない時子さんのため、みね子さんは三男君に、三人で会いたい旨、手紙を送り、三男君はやっとの思いで休暇を取りました。
三人は銀座に行くことにしました。画面の中の「みね子、時子、三男、ただ今、銀ブラ中」という電光掲示板が楽しかったです。
銀ブラも終わり、噴水のところに戻ってきた三人。三男君は、そこで「女優なんて諦めて、俺の嫁になれ」と時子さんに言います。そこで時子さんは奮起した。
その時、三人を見ていた人が・・・というお話でした。
Posted by GATTO at 2017年05月19日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック