2017年06月08日

ウィンナー・シュニッツェル

週末前の木曜日の夕食に、オーストリアの首都ウィーンの食べ物は如何でしょうか。

wiener-schnitzel09.jpg

「ウィンナー」という単語を聞いて、80年代以前の日本人の多くは、オレンジ色に着色されたソーセージを連想したそうです。
80年代初頭、私の学生時代の友人でも「ウィンナーコーヒー」を、「コーヒーの中にソーセージが浮かんでいる飲み物」と連想した人が(一名だけですが)いました。

wiener_scnitzel.jpg

ウィンナーとは皆さんご周知の通り「(オーストリアの首都)ウィーンの」という形容詞であって、決して「ウィンナーソーセージを用いた」料理のことを指しているわけではありません(日本人は、これを理解するために20年ぐらいの歳月を要しました)。

では本題の「ウィンナー・シュニッツェル」とは、どのような料理でしょうか。
ウィンナー・シュニッツェルを食べたことのある多くの人の共通認識は、
「平たく叩いて伸ばした子牛の肉のカツレツ」
だと思います。「世界ふしぎ発見!」のレベルなら、それで正解です。

wiener_scnitzel3.jpg

しかし、実際には牛肉以外に、豚肉でも鶏肉でも良いのです。先日私は名古屋に出張したのですが、味噌カツ定食は豚肉でなくても名古屋コーチンの鶏肉でもOKだったのです。
豚肉のウィンナーシュニッツェルとは、詰まるところ「トンカツ」にほぼ相違ありません。

かつて、銀座の並木通りに「ケテル」というドイツレストランがあり、ここでは店独自のウィンナーシュニッツェルを提供していました。
「ケテル」が閉店したため、家族とのドイツ料理の食事は「つばめグリル/キッチン」で摂ることが多くなりましたが、生憎この店はハンブルグ風ステーキが主流で、シュニッツェルはメニューにありません(ニシンの酢漬けはお勧めです)。

wiener_scnitzel2.jpg

なので、東京駅近辺でウィンナーシュニッツェルを食べたかった方は、日本で最初にウィンナーシュニッツェルを紹介した店として名高い、銀座の老舗レストラン「ローマイヤ」に行くのが、ほぼ一択です。
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雨模様の、甲府市内の夜明け前。
けふの「百足っ子」後程、詳報致します。GATTOさんの報告も、併せてお楽しみください。

サテウインナーシュニッツル。カツの中には、ウインナーソーセージを叩いた牛肉が、入っているのですナ。爺には、胃もたれしそうです。やはり爺は和食派。豚カツすき焼の方が佳いです。
Posted by 百足衆 at 2017年06月08日 05:13
>ほぼ一択です
ドイツ南部からオーストリアの料理は好きですが。
HPを見まして。りんごジュースと炭酸水が無いとか色々。これなら欧州で食べようかと。
現地なら量的にも十分ありますし。
Posted by 片山 at 2017年06月08日 07:10
おはようございます。

トンカツ的な食べ物は、やはり誰が食べても美味しいようで、イタリアにもミラノを中心に「コトレッタ」という、薄くて大きなカツがありますよ。これもなかなか美味しいです。

百足衆先生、ありがとうございます。昨日の「ひよっこ」、珍しく昨日のうちに書くことができました。そちらをご覧いただ結構たら嬉しいです。
Posted by GATTO at 2017年06月08日 07:40
とんかつは肉と油のハーモニーです
おいしいに決まっています
Posted by 田舎帝王 at 2017年06月08日 08:40
こんにちは〜

片山さん、
>これなら欧州で食べようかと。
うらやましいです。しばらく行ってないにゃあ。また、行きたいです。

田舎帝王さん、
>とんかつは肉と油のハーモニーです。
ころももあるから、ドゥエットでなく、トリオですね。ますます美味しそうです!




トンカツは、「ひよっこ」に登場する愛子さんの大好物で、いつだったか好きな食べ物をあげている時、他の食べ物は一回だけ言ったのに対し、トンカツは最初・中間・最後、と3回も名前をあげていました。よっぽどお好きなんですね。
Posted by GATTO at 2017年06月08日 15:22
しまった!
今日の昼食を、発表し忘れた!

ウインナーシュニッツェルだ。と良かったのだが、麻婆豆腐だ。ご飯も、つく。
夕飯は、鮭の切り身の西京漬だそうだ。
うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ。
Posted by 藤原 at 2017年06月08日 18:09
藤原さん

今日は木曜日です。
一緒に食べましたよね。
Posted by 菅原 at 2017年06月08日 19:30
菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、一家三人殺し警察官!

君と、同じテーブルで、麻婆豆腐を食べたかもしれないが、心は別だ!
単なる、相席と同じだ!
私の心は、常に家族と共にある!君とでは、ない!

ところで、京都市内でお勧めのウインナーシュニッツェルの店があったら、紹介してくれ。今度一緒に行こう。菅原君のおごりで。あと、金曜日は、御断りだ!
Posted by 藤原 at 2017年06月08日 19:47
こんばんわ。
私は「ウインナーコーヒー」とは、ウインナーソーセージの入ったコーヒーではなく、ウインナーソーセージが添えられたコーヒー(コーヒーとソーセージのセット)だと思っていました。
このビーフカツ今すぐ食べたいです。
藤原さん、手配お願いします。
Posted by デハ at 2017年06月08日 20:04
デハ様、デハ様、
ただちに、承りました、承ったのです。

菅原君!
直ちに、発注せよ!

デハ様、このように、展開しております。

もげらっ もげらっ。
Posted by 藤原 at 2017年06月08日 21:24
こんばんは〜

8日の「ひよっこ」です。すずふり亭に就職が決まったみね子さんは、愛子さんに報告。翌日は、二人ですずふり亭に挨拶に行きました。
そこで、これから住むことになる、あかね荘を紹介してもらいます。大家さんの富さんは、元赤坂No.1 の芸者でした。
Posted by GATTO at 2017年06月09日 00:48
晴れとなつた、甲府市内のお昼時。
けふの「百足っ子」百足っ子(有村演)は、乙女寮で年末を過ごし、お年玉を貰う。

という、回でした。
サテGATTOさん。あかね荘の解説、ありがとう。これからここに住むのですナ。
サテ藤原さん。昼食の発表は、未だですかナ。
爺の昼食は、玉葱と玉子の、焼き飯でした、肉はない。
Posted by 百足衆 at 2017年06月09日 12:27
ウイーン ナッ ナッ
ナットキングコール。スターダスト!

今日は、午前中に高血圧薬の処方の為、医師団の診察を受けていた為、昼食が遅くなってしまった。
漸く今、昼食にありつける!
豚カツを、リクエストしていたのだが、妻が「ヘルシーな食事にしなさい」と命令し、チキンカツと、なった。
うほっ 美味かった、旨かった。
Posted by 藤原 at 2017年06月09日 13:49
安藤優子が電車内での痴漢疑惑騒動による遅延に苦言「明らかに迷惑」

5日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で、司会の安藤優子が、
痴漢騒動で電車が遅れるのは「迷惑」だと指摘する場面があった。

番組では、2日の深夜に起きた、JR総武線平井駅での痴漢騒動をめぐるトラブルを特集した。
騒動の発端は、ある女性が車内に乗り合わせたある男性を「痴漢」だと主張。
その男性は、自らの無実を訴え、20分間以上も降車をしなかったのだという。
周囲の目撃者も男性の無実を訴えており、その男性に電車から降りなくてもいいと声をかけていたのだとか。

その後、警察官が到着すると、車内での問答も続いたそうだが、結果的に男性が目撃者と共に降車。
番組では、警察は事情聴取をした後、痴漢行為とは認定せず、男性をその日のうちに帰宅させたと伝えていた。

この話題について、安藤は渋い表情を浮かべ「でも20分間、電車を止めたって行為はどうなんですか?」
「明らかに迷惑は迷惑ですよね」と苦言を呈した。そして、今後もこういったことが起こり、
鉄道会社にも損害が発生すると指摘したうえで「やっぱり女性専用車両を増やすとか」
「そういう対策を私は、(鉄道)会社としてもしてほしい」と訴えた。

解説を担当する弁護士の田村勇人氏は、今回の件は、女性も男性も目撃者も、
ひとりひとりが間違った行動をしていなかったが、相対的に迷惑をかけてしまったと紐解く。
そして、今後こうした問題について、どうすればいいのかは「我々、国民が決めなければならない」と提言していた。

結論
安藤優子はすぐにマスコミから去れ
Posted by とおりすがりのバーバパパ at 2017年06月09日 18:30
>今回の件は、女性も男性も目撃者も、
ひとりひとりが間違った行動をしていなかった

女性(中国籍)と安藤が間違ったことをやってた

と思います♪
Posted by ラー at 2017年06月09日 18:50
反日マスコミ安藤優子は氏ねよ
Posted by とおりすがり at 2017年06月09日 20:57
事件直後からえん罪事件と分かっていたのにもかかわらず、痴漢を疑われた男性を糾弾し続けた安藤優子こそが迷惑な存在だ

Posted by 田舎帝王 at 2017年06月11日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック