2017年06月16日

KATOKU

池田貴史さん(通称「レキシ」)の2ndシングル「KATOKU」です。


家督とは、家父長制における家長権を意味するものです。
家督を譲るということは、当家にとって世代代わりの最重要なイベントでした。と同時に、確固たるルールが規定されていたものの、現実にそのルールに該当する後継者がいない、あるいはいるけどろくでなし、等の理由で、古今東西を問わず内紛が発生しています。

june05.jpg

レキシさんのシングル「KATOKU」は、このような家督制度を前向きに捉え、80年代J-POP風に仕立て上げた傑作です。

「♪世襲制!」
で始まる歌の冒頭の歌詞は、歴史に詳しい人には前向きな、詳しくない人には後ろ向きなベクトル力を与えます。このワンフレーズで、レキシさんは聴衆を篩いにかけているのです。

レキシさんの外見は、決して今風のイケメンではありません。しかし、コミカルな姿の中にも、日本史を愛し、これからの日本文化を過去の遺産をどう活用しながら、発展させていこうかと苦悩するレキシさんの横顔が、一部の心ある視聴者は、既にお分かりになってることだと想像されます。

june06.jpg

「♪皆がまっすぐ 走り出す未来・・・」
日本の未来に向かってまっすぐ走り出そうとすると、民進党や小池ファーストの会が、足を掛けて転ばそうと虎視眈々です。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビジュアルは?だけど、
80年代のノリがいいですね(≧∀≦*)
Posted by とおりすがり at 2017年06月16日 05:24
デハ様が好きな歌詞ですよね♪
Posted by ラー at 2017年06月16日 06:00
カトーっ クックッ
青い鳥。桜田ずん子!

君に鰻を 譲りたい

国産鰻を 譲りたい

と聴こえます。聴こえるのです。
Posted by 藤原 at 2017年06月16日 06:52
おはようございます。

百足衆先生、元気でいれば、一番槍など何度でも取れます。ゆっくりお休みください。

そこで昨日の「ひよっこ」です。ランチ・タイムで苦戦したみね子さんですが、休憩時間にあんみつを食べながら、鈴子さんから高子さんの初日の様子を聞き、リラックスする。また、ディナーはランチよりもゆったりしているため、何とかこなせた。というお話でした。

はじめは、ふざけてばかりいた元治さんですが、なかなかの気配り人のようです。また、高子さんも、結構可愛いくて優しい人ですね。みね子さんは幸せです。

今日の分、今夜書けるかなぁ・・・
Posted by GATTO at 2017年06月16日 07:52
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、目覚し時計を付けっ放しにして、隣室の女性叱咤される。

という、回でした。
ややっ。謀りましたなシモンさん。何時もの更新時刻の午前4時ではなく、5時に更新されるとは露知らず。
無念の極みなり、爺から一番槍を取っては、野際陽子の如く、忽ち天に召されろ、と言っているも同然。
GATTOさん。
爺の後釜は、貴殿に託した。どうかお元気で、一番槍を日々獲得して下さい。
Posted by 百足衆 at 2017年06月16日 08:23
GATTOどん、グッジョブ!

「百足衆先生、ゆっくりとお休みください」
良いセリフだね〜!

おいらからも言おう、
「百足さん、やすらかにお休みください!」
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2017年06月16日 08:27
ほほほほ〜🐱

お久しぶりね〜

GATTOさんの解説、いつ読んでもみね子に同情的で良いわ〜
職場にいる、どんくさい子を優しく見つめる余裕が昭和の特徴よね〜👍

平成以降は、世の中殺伐になったわ〜
小池百合子、築地の利権業者の罵声を何の罪もない専門者会議のメンバーに押し付けておいて、明日は茶番劇を見せて都民ファウストの会に投票させようって魂胆ね〜👎👎👎👎

最悪の、おんな城主だわ〜💀💀💀💀💀💀
Posted by おんな城主 at 2017年06月16日 08:44
藤原さん

幻聴です。
Posted by 菅原 at 2017年06月16日 08:46
菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、ロンドン高層ビル火災!
なあにが、「幻聴です」だ!
幻聴などではない!天の声だ!

今日の昼食が、早くも発表に、なった!
担々麺だ。ご飯も、つく。
炭水化物パワーで、邪悪な菅原君を圧倒しながら、「日和っ子」の再放送を、観る。

うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ。
Posted by 藤原 at 2017年06月16日 09:14
世襲というと無能でも家督が継げると勘違いされてますが、昔は家名存続が当主の義務ですから、長男が無能だと簡単に廃嫡されて次男三男あるいは養子を迎えて相続させてました

他家に養子へ出ないと一生部屋住みの冷や飯食いになるので、養子に迎え入れられるように嫡男よりも次男三男の方は優秀だったなんて話もあります







Posted by 田舎帝王 at 2017年06月16日 11:32
女系天皇を容認するガソリーヌは
Posted by とおりすがりのバーバパパ at 2017年06月16日 21:01
意外と次男三男は損。
というのも、次男三男は下の家の養子になったり、
あるいは部屋住みで終わる可能性がある。
しかし、意外と末っ子は、長男に男子が生まれなかったり、その男子が早世したりすると、長兄の養子になって相続することが多かった。
例えば前田利長の跡は、すぐ下の利政ではなく、一番下の利常が相続している。
吉宗や井伊大老も似たケース。

かくいう私の家もそうで、うちは次男だったが分家の跡を継いだ後下の家を継ぎ、三男も同様、4男は早死にで、5男が長兄の跡を継いで執権に。養子に出されるタイミング、長兄に男子がいるかいないか、この駆け引きがシビアなんですよね。
Posted by デハ at 2017年06月16日 22:49
こんばんは〜 今日は、メチャメチャ忙しかったです。

百足衆先生、「ゆっくりお休みください」には変な意味はありません。単純に「今日は一番槍取れませんでしたが、明後日以降に備えてゆっくり休んでください」という程度の意味ですよ。サブローさんもね。

おんな城主さん、やはりあのキャラは可愛いです。顔はもちろん好きですが、たとえ彼女が不美人であったとしても、可愛く感じると思います。




さて、今日の「ひよっこ」です。みね子さんは、すずふり亭に来て以来一度もお皿を割っていませんでした。不器用ではありますか、意外に慎重なのかもしれませんね。
ところが、シェフに急かされ、怒鳴られた時に、とうとう割ってしまい、落ち込んでしまいました。
落ち込んだ理由は、お皿を割ったことで、怒鳴られたことではなかったのですが、シェフは怒鳴ったことを後悔し、修行していた別の店や、軍団にいた時の話を皆の前でしました。シェフは威張るのは大嫌いとのことです。その話を聞いて、泣きそうになった者も。というお話でした。

不愉快な仕打ちを自分のところで終わりにしよう、と考えるシェフ立派です。
Posted by GATTO at 2017年06月16日 23:28
晴れとなつた、甲府市内の夜明け。
けふの「日和っ子」後程、詳報致します。

サテGATTOさん。貴殿の解説のお陰で、爺も新たな発見が、多々あります。
怒鳴られたことで落ち込んだのか、皿を割ったことで落ち込んだか。日和っ子(有村演)とコックの間で、考え方に温度差があった、という事か。

サテ爺は、長い休暇に入ります。GATTOさん皆さん、存分に一番槍を目指してください、ごきげんよう。
Posted by 百足衆 at 2017年06月17日 05:43
夏日となつた、甲府市内の朝。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、紫色の夢を見ながら、目覚まし時計を掛けずに眠ったため、同じアパートの隣人が心配して起こす。

という、回でした。
サテデハサン。武田義信が廃嫡され、勝頼公が跡を取ったのは、幸運の部類に入りますナ。自らも、弟信繁に地位を脅かされ、危なかった。
Posted by 百足衆 at 2017年06月17日 08:45
百足衆さん

長い休暇に入るのではなかったのですか。
Posted by 菅原 at 2017年06月17日 09:28
菅原さん、余計なツッコミ入れんでよろしい。
Posted by GATTO at 2017年06月17日 10:35
菅原君、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、フィリピン船籍コンテナ船!

百足衆様とGATTO様に、
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!
Posted by 藤原 at 2017年06月17日 11:30
サテGATTOさん。藤原さん。

佳い佳い。
菅原君は、かような他意があって、発言した訳では、ないでしょう。
寧ろ、菅原君も爺のことを心配されての、発言と受け止めた。

けふの昼食は、たぬき蕎麦でした。細が、セブンーイレブンで、購入したものだ、旨い旨い。
Posted by 百足衆 at 2017年06月17日 13:23
おいらは夕飯でセブンのたぬきそばだっぴゃ!
Posted by 燈台森 at 2017年06月17日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック