2017年06月26日

キーケース

自宅や車の鍵を収納し携帯できる入れ物です。

key_case.jpg

70年代の人気番組「キーハンター」に出演されていた、女優の野際陽子さんが今月お亡くなりになりました。
当時、「キーハンター」という名前を「紀伊半島」と聴き間違えた人は多かったかもしれません。

jun43.JPG

キーとは鍵のことです。
人間誰しも、最低限自宅の鍵ぐらいは持っていると思います。鍵を持ち歩くということは同時に鍵を外で紛失する機会も多いということです。酔っ払って財布と一緒に鍵を失くした、等という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かくいう私も、帰宅中の電車の車内にキーケースを忘れてきたことがあります。翌日青い顔をしながらJRの遺失物係に連絡したところ、該当時刻の該当車両にキーケースの落し物があったと連絡が来て、既に遺失物として所轄の警察署に現物が届けられているとのことでした。

警察に電話すると、そのキーケースの特徴をいくつか聞かれました。しかし人間の記憶は曖昧なもので、ケースの内側の色を「オレンジ色だったかも」と答えたところ、「違うかもしれません」と言われて不安になりました。

その日は午後半日年休にして警察署に向かい、そのキーケースを見ると間違いなく私のものです。一応照合のために持参した合鍵とパターンが一致したため、無事に受け取ることが出来ました。ケースの内側の色はオレンジではなくライトブルーでした。先代のキーケースと記憶がごっちゃになっていたのでした。

持ち歩く鍵では紛失の機会が多いため、今後は指紋認証や静脈認証のような生体情報で開錠・施錠する鍵が増えてくるかもしれません。
しかし、最近のスマホの技術はカメラで写し取った被写体のVサインから指紋を生成することが出来るそうで、これもセキュリティ的に100%安全とは言えないようです。

jun42.jpg

将来、さらに高度な生体認証鍵が発明され、キーケースやキーホルダーが不要になる世の中が来るかもしれませんが、私が定年を迎え、さらにシニア社員としての勤めを終える時までは多分キーケースを手放すことはないでしょう。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小雨模様となつた、甲府市内の朝ぼらけ。
けふの「日和っ子」後ほど、詳報いたします。GATTOさんの感想も、併せてお楽しみ下さい。

サテキーケース。爺になると、老人ぼけのせいか、時々どこに仕舞ったか忘れてしまうことがあります。なれど、財布と鍵だけは、忘れないようにしたいものですナ。
Posted by 百足衆 at 2017年06月26日 05:20
キーーッ ケース!ケース!
ケースケ・サンタマリア。アルジャノン!

うほっ百足衆様が、一番槍ぞ。
一度は引退宣言をした、百足衆様が、久々の、一番槍ぞ。

皆の衆、今宵は言祝ごうぞ、
言祝ぎじゃ、寿ぎじゃ、

ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
Posted by 藤原 at 2017年06月26日 05:55
紀伊箱。
紀伊狩人は亡くなった。
Posted by デハ at 2017年06月26日 07:51
天下一品の朝。
Posted by 百足衆 at 2017年06月26日 08:06
ほほほほ〜

おんな城主直虎、昨日は少し良かったわね〜👍
材木があんなにタイミングよく届くかしら?なんて考えるのはヤボというものよね〜🏯
Posted by おんな城主 at 2017年06月26日 10:37
こんにちは〜

今日のお昼は、惣菜パンです。中身は、ゴボウとソーセージ。コーヒーも付きます。
「ひよっこ」を見たつもりで、ごろにゃ〜ん ごろにゃ〜ん、と食べる。
うみゃかったにゃあ、うみゃかったにゃあ



燈台森さん、昨日のくるみパン、お仲間がいて、うれしかったです。美味しいですよね〜
Posted by GATTO at 2017年06月26日 12:13
曇天となつた、甲府市内の夕間暮れ。
けふの「日和っ子」東京に、ビートルズがやって来る事に相成った。

という、回でした。
サテGATTOさん。豪華な惣菜パンですナ。牛蒡が身体に佳い。
爺の方は、久々の一番槍を豚カツでお祝いしてくれと細に頼んだが、雨の中肉屋迄買い物に行くのを却下され、冷蔵庫に在る煮豆とひじきに、白米の御飯だけで、質素なものでした。晩餐も、もやし炒め(肉はない)という簡素なものです。
梅雨時は、細君が買い物に行きたがらないので、往生しております。
Posted by 百足衆 at 2017年06月26日 16:17
百足衆さん

トンカツよりもゴボウの方が健康にいいですね。
Posted by 菅原 at 2017年06月26日 18:40
菅原君 この、
ぱげ!ぱげ!ぱげ!ぱげ!お前は私の心を叩いている!かわずやまの、タカタエアバッグ!

なあにが、「ごぼうがトンカツより健康」だ!?
君の昼食は、チキンカツ定食だったくせに!
今日の「お前が言うな大賞」だ!
受賞者にはもれなく蓮舫さんへファンレターを書く権利が、与えられる!
それが嫌なら、明日からゴボウの唐揚げを食べろ!

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2017年06月26日 19:29
今週の女城主

氏真は武田への塩の禁輸政策を出すが、目付の目を盗んで武田領へ塩が流れる

塩の横流しの中心となっているのが気賀であった

気賀の商人に対して締め付けを企む氏真の下に井伊の木材が三河へ流れているとの噂が届く

井伊の材木は気賀の顔役である中村与太夫を介して成川屋に売りさばかれたが、成川屋は木材を三河徳川家に引き渡そうとしていたのだった

今川から上使が遣わされ、直虎に対し駿府へ申し開きを命じる

半ば言いがかりともいえる今川からの要求に対して井伊家中は反発する中、一人、静かな闘志に燃える直虎であった

直虎は成川屋に売りさばいた木材の取り戻しに奔走するが、すでに、成川屋は木材と共に船上の人となっていた

氏真御前での詮議の場で潔白を訴える直虎だったが、井伊に対して不信感を抱いている氏真の疑いはなかなか晴れずにいた

直虎が今川からの詮議を受けているちょうどその時、井伊の木材が今川屋敷に届く

雲龍丸達が成川屋の舟を襲い、井伊の木材を奪い返したのだ

今川屋敷に届けられた木材を前に、自ら出した不始末を自らの手で始末した事をもって今川に対しての忠義の証と今川家への赤心を示す直虎であった

続く

Posted by 田舎帝王 at 2017年06月26日 23:14
雨となつた、甲府市内の夜明け前。
けふの「日和っ子」後程、詳報致します。GATTOさんの解説も、お楽しみ下さい。

サテ田舎帝王さん。天晴れ、お見事な、解説也。
駿府の残忍さが、伝わってくる。
塩を止め、木材に難癖をつける氏真と、
駿府の悪行ぶりを描いたこのドラマ、秀作である。
Posted by 百足衆 at 2017年06月27日 04:34
おはようございます。

百足衆先生、田舎帝王さん、お二人の解説がともに素晴らしいです。私も負けずにいきましょう。



そんなわけで、昨日の「ひよっこ」です。みね子さんが働くすずふり亭に綿引さんがやって来ます。みね子さんのお父さん・実さんが行方不明になる少し前、スリの被害に遭い、材木で頭を殴られた話をしました。
一緒に話を心配そうに聞く、牧野親子、スタッフたち。省吾さんは綿引さんにお弁当を持たせます。その時の牧野親子の「うちの子がお世話になって」、「東京の家族として」という言葉が泣かせます。
その夜、あかね荘に、みね子さんのお母さんから電話があります。「お父さん、怖かったろうねえ。痛かったろうねえ」と泣くみね子さん。その様子を、管理人の富さんと4人の住人たちは心配そうに見ているのでした。

・・・というお話でした。今回は、綿引さん、島谷さん、見習いコックの秀さんというイケメン3人がそろって登場します。恋バナの行方も楽しみになってきました。
Posted by GATTO at 2017年06月27日 08:09
曇天となつた、甲府市内の朝。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、父沢村一樹が行方不明だとあかね荘の面々に明かし、早苗に怒られる。

という、回でした。
サテGATTOさん。貴殿こそ、お見事。材木で殴られた沢村一樹の痛みが、直に伝わってくるようです。
Posted by 百足衆 at 2017年06月27日 08:29
小雨模様となつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、発表された。のリ弁当だ。

うほう、うまかった。うまかった。
Posted by 百足衆 at 2017年06月27日 13:13
のりーっ 弁!ベン!
ベンジャミン。
フランクリン!

百足衆様、百足衆様、豪華な昼食、
羨ましゅうございます。
羨ましゅうございます。

私は、今日の昼食は、素うどんでした。ネギも、つく。
菅原君と向き合いながら、さめざめと、食べた。

うごっ 惨めじゃ惨メジャー。
Posted by 藤原 at 2017年06月27日 18:50
田舎帝王様

渾身のレビューありがとうございます。

今年の大河ドラマは、タイムスクープハンター的な要素が横溢していますね。
田舎帝王様は、そういった視点でレビューされていますよね。これまでの大河になかった独自な部分が良く分かります。

GATTO様
ひよっこの解説も、良いレビューだと思います。
特に良いのは、登場人物たちの心情に触れた部分が、よく分かって身てらっしゃるな、という事です。
今回の朝ドラは、前回と違い、割と面白いです。
週末にまとめて観る私にとって、とても良いイントロになっています。
Posted by 無名X at 2017年06月27日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック