2017年06月28日

霊柩車

葬儀場から火葬場まで遺体を搬送する自動車です。

reikyusya.jpg

あまり自分が乗客として乗っているシーンを想像したくない自動車。
というと、逮捕されて警察署まで搬送される警察車両も嫌ですが、霊柩車の右に出るものはないでしょう。

apr228.jpg

霊柩車は、国土交通大臣から認可を受けた業者だけが運行することの出来るライセンス事業です。従って、白ナンバーの自家用車で遺体を搬送することは、親族などの例外を除いて法律違反であり、基本的には緑ナンバーの貨物自動車運送事業者のみが可能です。

霊柩運送事業は、大阪および名古屋にて、大正時代初期から開始しされ、徐々に全国へと波及していきました。
現在運行されている霊柩自動車は、宮型車・洋型車・バン型車・バス型車の四車種があるそうです。
それまでは、唐破風の屋根のついた輿や籠、大八車に輿を載せた棺車などが用いられていました。

「宮型霊柩車」は、唐破風の屋根付の霊柩車です。この形状は、それまで用いられていた棺車の形状を自動車で表現したものです。
最も伝統的な形を残しているのが名古屋型宮型霊柩自動車で、屋根部分は黒檀で作られています。
関東型宮型霊柩自動車は、いわゆる「金ピカの屋根」で作られているタイプです。
関西型宮型霊柩自動車は、屋根部分まで国産檜の白木作りです。
金沢型霊柩自動車という希少な霊柩車は、百万石ならではの絢爛豪華な造りとなっています。

apr218.jpg

初デートの際に、レンタカー屋さんに車を借りにいったら「ラビットパンダ」とバキュームカーと霊柩車しかなかった、というケースに直面したら、どれを選ぶべきでしょうか。
この三車種の中では、ゆったり横になれるスペースのある霊柩車がお勧めです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(21) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
曇天となつた、甲府市内の朝ぼらけ。
けふの「日和っ子」後ほど、詳報いたします。GATTOさんの力作も、併せてお読みください。

サテ霊柩車。あまり率先して、乗りたくない車ですナ。レンタカー屋に、霊柩車が置いてあるとは、存じませんでした。
Posted by 百足衆 at 2017年06月28日 05:35
霊柩車は、「事業用貨物自動車」ですので、緑ナンバーは必要ですが、タクシーや路線バスといった「旅客運送車両」ではないので、二種免許は不要です。
また、家族が病院から連れて帰りたいなどという限定目的なら、医師の死亡診断書があれば、自家用車での搬送も法令上は可能です。(本当にやるかは別ですが‥‥‥)
Posted by みなと302 at 2017年06月28日 06:20
近年、許可を受けずに業務として運行している事例が有り、問題になっていましたが、家族の遺体を運ぶ場合は自家用車でも法律上問題は有りません。
また、友人の場合も問題はありません。

他人の需要に応じる業務として行う場合は許可が必要になります。
Posted by ぽん at 2017年06月28日 07:50
ラビットパンダは藤原さん専用だから私は霊柩車。宮形のリンカーン
Posted by デハ at 2017年06月28日 07:56
おはようございます。

百足衆先生、無名Xさん、ありがとうございます!このドラマは、特に隠された心の動きが面白いと思います。一番の注目は、すずふり亭の先輩コックの元治さんですね。後輩の秀さんがみね子さんに気があるのですが、先輩はいい加減なようでいて、さりげなく気を使っている。見ていて興味深いです。

さて、昨日の「ひよっこ」です。電話を終えたみね子さんを早苗さんは怒ります。「大切なことを黙っていて、水くさい」というのです。それに対し、みね子さんは「かわいそうな女の子と思われたくない。普通に過ごしたかった」と答えます。
場は変わり、すずふり亭。ある日、みね子さんの元に宗男おじさんから電報が届きます。内容は「ビートルズガヤッテクル」、というお話でした。さて、ビートルズ来日の話まで出てくる、これからますます面白そうです。
Posted by GATTO at 2017年06月28日 07:57
雨となつた、甲府市内の朝。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、皆がビートルズが好きか、商店街でアンケート調査を実施する。

という、回でした。
サテみなと302さん。専門家のご意見ありがとう。
サテぽんさん。同じく、プロのご意見ありがとう。
お二人の意見を総合すると、遺体を運搬するには、免許は必要だが二種免許は不要ということですナ。
勉強になりました。
Posted by 百足衆 at 2017年06月28日 08:13
ほほほほ〜♪

最近、現実世界のおんな城主達の評判が続落中ね〜

蓮舫、小池に、豊田、稲田の自民党勢も参戦して、「やっぱりオンナはダメだこりゃ」みたいな風潮ね〜👎👎👎👎👎

ホントに、しっかりして欲しいわね〜💀
Posted by おんな城主 at 2017年06月28日 12:13
驟雨となつた、甲府市内の昼時。
Posted by 百足衆 at 2017年06月28日 13:13
あの派手派手な霊柩車は輿をモチーフにして作られているみたいですね
身分の高い人しか乗ることが許されなかった輿にせめて死んだ時ぐらいは乗せてあげたいという遺族の気持ちを具現化させたのがあの霊柩車だそうです 諸説あり
最近は恥ずかしいとか目立つとか言う理由で敬遠されがちです
銭湯研究家と知られる町田忍氏はコレクションのひとつとして、クラシックな霊柩車を一台個人で保有しているみたいです
Posted by 田舎帝王 at 2017年06月28日 14:34
最近見かけなくなったモノが、豪華な霊柩車と和式便所ですねー。
昔は、大企業の便所でも全て和式で、目の前の壁に
「糞を漏らすな 東へ西へ
南る者が 北ながる」
なーんて落書きが書かれてましたねー。

最近は洋式のキレイなトイレになった反面、トイレに籠ってなかなか出てこない人が増えましたわ。
Posted by ぴにょぺ! at 2017年06月28日 16:30
http://nesq.heteml.jp/neotetsudosyo/neogalage/reikyup.htm
http://nesq.heteml.jp/neotetsudosyo/neogalage/092_00.JPG
http://nesq.heteml.jp/neotetsudosyo/soski.htm

私の作品。
責めて死ぬ時ぐらいは豪華絢爛でベースがキャディラックかリンカーンの宮型霊柩車で送られたいが、宮型霊柩車を廃止する運動をしている奴、宮型の入場を禁止する焼き場があり許せない。
Posted by デハ at 2017年06月28日 18:24
夕闇迫る、甲府市内の夜。

サテGATTOさん。お見事。日和っ子の本質を捉えている。
視聴者がホットするのは、そういった感情の機微が丁寧に描かれているからであろう。

別嬪さんは、そういう面が皆無で、感情移入無しの棒読み演技ばかりだった。脚本家が、不味いせいだろう。
Posted by 百足衆 at 2017年06月28日 18:43
目撃すると縁起がいい説・悪い説の両方があるようです。

トミカのミニカーで霊柩車はあったのでしょうか?
Posted by ヨット at 2017年06月28日 21:52
ヨットさん
トミカにはありませんが、ヨネザワのダイヤペットにはありました。
私の作品は自作です。
Posted by デハ at 2017年06月28日 21:53
デハさんの力作を見て吹いた
無いなら作る
霊柩車を作ろうと思った心境が知りたいです
Posted by 田舎帝王 at 2017年06月29日 00:22
みなと302さん、ぽんさん

ご指摘ありがとうございます。記事を訂正させていただきました。
Posted by シモン at 2017年06月29日 04:25
曇天となつた、甲府市内の夜明け。
けふの「日和っ子」後程、詳報いたします。GATTOさんの解説も、併せてお楽しみください。

サテデハサン。これはプラモデルですかナ。それともミニカーかナ。いずれにしても、自作された熱意に敬意を表します。他の車(クラウンなど)は作られたのですか。もっと拝見したいです。
Posted by 百足衆 at 2017年06月29日 05:53
おはようございます。

百足衆先生、ありがとうございます。このドラマは、単にストーリーが面白いだけでなく、心理描写が巧みなんですね。本業が音楽で、俳優としては経験の浅い人も何人かいるのですが、そんな人ほど頑張っているようです。

ヨットさん、野球の関係だと縁起の良いことが多いようです。元ヤクルトの若松選手はこれを見た日は大活躍したそうですし、アメリカでも、名将・ジョン・マグロー監督は、わざわざ葬儀屋さんに連絡して、チームの移動用バスと霊柩車がかち合うようにしていたとか。


ここで、昨日の「ひよっこ」です。宗男おじさんから電報を受けたみね子さんは、赤坂の商店街の人たちとビートルズなど音楽談義をする。また、あかね荘でも音楽の話をしました。
ここで注目されるのが、秀さんの歌うのが加山雄三さんの曲、島谷さんは "Yesterday" の話をするのですが、それが彼らとみね子さんの恋愛フラグになっているかも・・・
Posted by GATTO at 2017年06月29日 07:58
曇天となつた、甲府市内のお昼時。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、ビートルズに傾注する若者達の唄に耳を傾ける。

という、回でした。
けふの昼食が、発表された。焼き豚炒飯だ。玉子中華スープも、つく。
NHKサラメシを見ながら、朗々と食べる。
今日はGATTOさんのお弁当の中身は、何だろうナ。クルミパンかナ。
Posted by 百足衆 at 2017年06月29日 12:15
ムカデ爺さん

そりゃ、老害じゃんよーーー!
ガットどんが何食おうが、好きにさせとけよー!
サラメシ見れる時間に自宅にいないって。おいらもだけどね。

来週は博多出張だ!
明太子を食う!うほっ!うまそうじゃん!うまそうじゃん!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2017年06月29日 20:24
雨が上がった、甲府市内の夜明け前。
けふの一番槍待機中。なれど未だ、更新せず。

サテ、死神が、出たナ。明太子、食中毒には気をつけよう。
剣呑、剣呑。
Posted by 百足衆 at 2017年06月30日 04:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック