2017年07月04日

JR貨物

貨物列車を運行する会社です。

JRF.jpg

日本国有鉄道が分割民営化され、JRとなったのは1987年、今から30年前のことです。
今年はJR各社が発足後30周年という節目を迎えるため、各地でいろいろな行事が行われています。

Image_c13ed0d.jpg

旅客事業は全国6社に分割されましたが、貨物事業は地域横断的に運営しないと物流に支障が生じると考えられたため、全国規模での事業を行うことになりました。こうして発足した会社が「JR貨物」、正式名称:日本貨物鉄道株式会社です。

旅客業のJR各社は自分の資産としての路線を持っています。しかしJR貨物は、基本的に他のJR各社の路線に対し、線路使用料を払って貨物列車を運行を行うので、一部の貨物専用線を除いて路線を保有していません。
線路使用料は年々上昇する傾向にある一方で、鉄道貨物輸送は長い間漸減傾向でしたので、他のJR各社と異なり上場することが出来ませんでした。

貨物列車の編成は、旅客用の列車の編成に比べて非常に長いことが特徴です。
一旦貨物列車がホームを通過し始めると、なかなかその終端まで来ないことは誰でもご存知のことでしょう。こんなに多くの貨車を連結して運行するのは、線路を借りているためなるべく一回で運べる貨物の量を最大にしようという考えから来ていると思われます。それだけ長大な貨車を牽引する機関車に敬服せざるを得ません。

JR貨物は、その編成の長さもさることながら、移動距離の長さも他のJR各社の追随を許しません。
最も長い距離を運行される貨物列車は、札幌貨物ターミナル駅から福岡貨物ターミナル駅までを43時間かけて運行される列車で、14人の乗務員が交代で運行されています。こんなに長距離を移動する乗務員さんは、急な体調不良で運行に支障が出ないように、乗務10時間前から飲酒禁止、トイレも許可制となっているそうです。つまり乗務する前から勤務しているわけです。

DSC_0013.jpg

漸減の続いた鉄道貨物輸送ですが、近年は長距離トラックドライバーの慢性的な不足と貨物量の増加に伴い、増加傾向にあるそうです。かつては600km以上の輸送が主力でしたが、近年では300kmほどの中距離貨物に対する需要が増加傾向にあるそうです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(23) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
曇り空となつた、甲府市内の夜明け前。
けふの「日和っ子」後程、詳報致します。GATTOさんの「ビートルズ観戦記」も、併せてお楽しみください。

サテ田舎帝王さん。「風林火山」「女城主直虎」の報告、いつもながら、見事なり。他に大河ドラマの感想を記しているホームページは多いが、貴殿のように簡潔に、それでいて的確な表現を用いて書かれたものは、他になし。
Posted by 百足衆 at 2017年07月04日 05:09
私は「荷物列車」が一番好きでした。荷物列車とは、はじめは乗客の手荷物を預かってたものでしたが、駅に荷物を持ち込むと別の駅まで取りに来る人のために運ぶようになりました。
そして、東小倉〜百済(大阪の貨物駅)〜稲沢〜金山〜横浜羽沢〜汐留〜郡山〜仙台〜盛岡〜青森〜五稜郭〜札幌を中心に、主要駅では1両ごとに切り離してローカル線の旅客列車に連結して全国ネットワークをしていました。
 また、上信越線や東海道本線、そして中央本線では荷物電車が115系や80系の先頭に(下り最終アルプスにも連結)されて活躍していました。
 さらに、客車急行の大半には荷物車が連結しており、ブルートレインの電源車にも新聞が積まれていました。
しかし、昭和61年、ヤマト運輸との競争に敗れた国鉄は、房総方面を除き荷物列車を廃止してしまいました。

 荷物車には1両ごとに荷扱い車掌が乗っており、冬季は彼らのために機関車のボイラーを焚いて暖房する必要があって人件費と燃料費もかかったことと、戸口から戸口までの宅配便に対して駅まで取りに行くのが嫌われたようです。

 しかし荷物と貨物って何が違うのかは謎でした。リンゴや米などは荷物でも貨物でもありました。
 最近分かったのは貨物は貨車1両丸ごと一人の荷主で荷物車は小口の集積であることが分かった程度です。とはいえ、構造上荷物車では土管や石油石炭は運べませんね。

 実は、急行列車が廃止されたり特急に格上げされたのも、客車の普通列車がなくなったのも、荷物輸送の廃止のためなんです。逆に言うと、荷物車の連結のため特急や電車にできなかったのです。
また鉄道ファンに人気のあったEF58が廃止されたのも、同じ理由で、この機関車に暖房用ボイラーが搭載されていたため荷物列車と客車急行はほぼこの機関車が牽いていました。


電車の荷物車は原則として中央東線・西線、上越線、信越本線、篠ノ井線、東海道本線名古屋地区(かつては東京地区や山陽本線でも)だけでした。そのため交流区間や非電化区間では客車を使用していました。
なお郵便車は郵政省所有で、冷暖房完備でした。

 今でも上野発13時台の黒磯行きは先頭車を暖簾で仕切って新聞を運んでいます。

 なお現在は荷物はコンテナが輸送し、ヤマト運輸や佐川急便の専用列車もあるのは隔世の感がします。

コンテナ編成は20m×20〜26両ですから旅客の倍ですね。
 東海道線では主に出力3000kw級のEF210、東北地方では4400kwのEH500が主力ですが、6000kwのEF200が、出力が強すぎて持て余し、早くも廃車が出ているのが残念です。初めて広軌の欧州の機関車並みの出力を実現したのに。
 日本の鉄道は、ハード面に制約(地形と軌間)があり、技術力では欧州に負けないはずなのに、低スペックに尼
甘んしなくてはならないのが実に悔しい。
新幹線だって500キロぐらいは本当は出せるのに我が国の地形では出せないのです。シナの新幹線の最高速度が速いのは、この制約がないからなんです
Posted by デハ at 2017年07月04日 06:42
おはようございます。

昨日の「ひよっこ」ですが、眠っていた宗男おじさんが、いきなり「死にたくないよう。助けて。母ちゃん、父ちゃん 」とうなされ、寝言を言います。早苗さんはみね子さんに「手を握って」と言いますが、実際安心したように眠り続けます。
翌日、話を聞いた省吾さんは、戦争のトラウマを考えます。
更に、翌日、柏木堂の親子が、商店街の皆さんに豪華なあんみつをふるまいます。ビートルズの警護にあたる人たちのお弁当600人たち分を受けたはいいが、二人では無料なので協力して欲しい、とのこと。その夜、赤坂商店街、あかね荘住人に宗男おじさんも加え、お弁当作りをするのでした、というお話でした。

さて、皆さん、ビートルズ来日の時も台風でしたが、今も台風が来ています。どうかお気をつけください。
Posted by GATTO at 2017年07月04日 07:56
老師のお褒めのお言葉嬉しい限りです
次の活力になります

Posted by 田舎帝王 at 2017年07月04日 08:28
デハさん

支那人が日本の新幹線よりも早く走れるとパクリ新幹線を持ち上げてますが、スピードが速いから何?の世界ですよね

新幹線技術者たちはスピードの速さよりも安全に停車させる技術開発に躍起になっています

スピード重視のパクリ新幹線何て怖くて乗れませんわw
Posted by 田舎帝王 at 2017年07月04日 09:06
貨物列車は旅客輸送の合間を縫ってダイヤが組まれてます

名古屋地区の関西本線は一部伏線区間はあるものの、ほぼ単線

最近は旅客数が大幅に増えて列車の本数を増やしたいところですが、いかんせん単線区間

工業地帯を走る路線なんで、貨物列車の本数も多くて過密状態

JR東海にとっては悩ましい問題です
Posted by 田舎帝王 at 2017年07月04日 09:15
むかーで シュッ シュッ
出陣じゃ。お屋形様!

百足衆様、百足衆様、
一番槍、おめでとうございます。
ございます。

田舎帝王様、田舎帝王様、
見事なレビュー、並びに新幹線技術の粋について、
ご解説ありがとうございます。
ございます。

今日は、台風が来るので、昼食は、生協のカレーに致します。
致します。
Posted by 藤原 at 2017年07月04日 11:17
台風の足音が、刻一刻聞こえて来る甲府市内のお昼時。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、警備員600人分の弁当作りに奔走する。

という、回でした。
サテ田舎帝王さん。爺の一言が、励みになってくれれば、これに勝る喜びはありません。
サテGATTOさん。なかなか細かい心理描写が、素晴らしい。戦争の傷跡は、まだまだ癒えていない時代でした。
サテデハサン。鐵道の事を語らせたら、貴殿の右に出る者は居ない。もしや父上は国鉄にお勤めでしたかナ。
Posted by 百足衆 at 2017年07月04日 12:13
おほほほほ〜

おんな城主直虎の視聴率、12%台で固定されたわね〜

東京のおんな城主の支持率も、そのぐらいがちょうどいいんだけど、都民はアホね〜〜💀💀💀💀💀
Posted by おんな城主 at 2017年07月04日 20:12
台風は、たいしたことなく通過した、甲府市内の深夜。

サテGATTOさん。ビートルズの、爺が一番好きな曲は、アンドユアバーキャンシングです。
ビートルズはロックバンドです。其の矜持を示した、最後の曲がこの曲です、確か、武道館公演の時も演奏していました。惟以降は、ジョンハリスンはインドに傾倒し、電子音楽になりました。ポールマッカートニーは通俗的な曲を書くようになりました。その最後の分岐点、ちょうど釜無川が富士川になる境界線が、アンドユアバーキャンシングだったと、今更ながら、想うのです。
Posted by 百足衆 at 2017年07月04日 22:19
私はJR荷物を造りたかった
Posted by デハ at 2017年07月05日 00:09
おはようございます。

百足衆先生、私の一番好きなビートルズの曲は、"You wan't see me" です。アルバム "Rubber sour" の3曲めに入っています。この曲は、ポールが初めて実際の失恋を元に書いた失恋の曲、だと言われています("Yesterday" は、実際には失恋しないで書いた失恋の曲です)。
メロディはとても明るく、さわやかな曲なので、初めて聴いた時(まだ12歳くらいだったか)は、これが悲しい曲だとはとても思えませんでした。とても衝撃的でしたが、以降、50年以上ビートルズの中で一番好きな曲のままです。
百足衆先生の一番好きな曲は、アルバム "Revolver" の中にありますね。私の好きな曲・アルバムとほぼ同じ時期です。この頃は、アイドルとしてのビートルズとアーティストとしてのビートルズを両方味わえますので、彼らの中で一番好きな時期です。
Posted by GATTO at 2017年07月05日 08:40
続けまして、昨日の「ひよっこ」です。もう、今日の放送も済んでいるので、お恥ずかしいのですが。

お弁当作りの休憩時間、省吾さんの求めに応じ、宗男おじさんは戦争の話をします。戦地は、特に激しかったインパール。彼はそこの生き残りです。
ある夜、斥候として単独行動していた時、イギリス兵と鉢合わせになりました。しばらく、どちらも動けずにいたのですが、やがてイギリス兵は笑顔を見せて立ち去りました。
宗男おじさんは命びろいをしました。それ以降、彼は残りの人生を笑って生きていこうと決めました。
ビートルズは、その時の相手兵士と同じイギリス人。宗男おじさんは、「俺は、笑って生きてっとー! お前たちも笑って生きてっかー」と叫びたい、と語ります。

その話を、皆さんしんみりと聞きました。特に、元治さんは泣いていました。そして、純一郎さんは、憧れの人を見るような目で、宗男おじさんを見るのでした。

・・・というお話でした。いやぁ、遅くなりました。早く今日のが見たいです。
Posted by GATTO at 2017年07月05日 09:19
驟雨となつた、甲府市内の午前中。
けふの「日和っ子」英国に傾倒した日和っ子(有村演)の叔父は、ビートルズの券を購入しようと奔走する。

という、回でした。
サテGATTOさん。見事な解説ありがとう。
フォーノーワンもいい。ラッパの音が素敵ですナ。
Posted by 百足衆 at 2017年07月05日 10:12
百足衆さん

ビートルズに、ジョンハリスンという人はいません。
Posted by 菅原 at 2017年07月05日 12:17
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、マークチャップマン!

ジョンもハリスンも、もうこの世にいません、と言いたいのか?!

そんなことを百足衆様が聞いたら、どう思う!
老い先短い人に、死んだ人のことを思い出させるな!配慮が足りない!足りなさ過ぎる!

謝罪せよ!はっ
謝罪せい!
Posted by 藤原 at 2017年07月05日 12:24
驟雨となつた、甲府市内の夕べ。人生の夕べを感じる爺が居る。

サテ菅原君。其れは、違いますゾ。天空の星になっても、ジョンハリスンの魂は、我々の心の中に、永遠に生き続けて、居るのです。
Posted by 百足衆 at 2017年07月05日 17:49
百足衆さん

ビートルズ創建当時から、ジョンハリスンという人はいません。
Posted by 菅原 at 2017年07月05日 18:40
漆黒の闇となつた、甲府市内の夜。

サテ菅原君。それは、ビートルズ創建当時にメンバーが、入れ替わったことを示唆されていますかナ。

当初は、ピートローズというメンバーが居て、後に脱退し、リンゴスターに交代しました。
流石に爺は同時代人なので、佳く覚えていますゾ。
歴史の同時代人には、敬意をもって、接するようにしましょう。
Posted by 百足衆 at 2017年07月05日 20:01
百足衆さん

ピートローズではなく、ピートベストです。
Posted by 菅原 at 2017年07月05日 21:15
老師が困惑している。
藤原さんの弾幕が薄いせいだ。
Posted by デハ at 2017年07月05日 22:19
藤原さん
前回の藤原さんの弾幕が薄かったせいで菅原さんの跳梁を許し、結果老師に打撃があったのです。
全て藤原さんのせいです。
反省してください。




ただ、80余歳の方に半世紀前のことを正確に記述しろという菅原さんはやはり意地悪だと私は思う。
 私や藤原さんの誤りなら、正してくれてありがとうだけど、老師には敬意を持つべきだと私は思いますね。

Posted by デハ at 2017年07月07日 18:47
漆黒の闇となつた甲府い。
サテ合致さん敬意はいりませんゾ
Posted by 百足衆 at 2017年07月07日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451188138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック