2017年07月22日

AliceとBob

通信の分野でよく使われる名前です。

A2B.jpg


NHK教育テレビに「理科教室小学校一年生」という番組がありました。1989年まで放映されたこの番組には、男の子の「みるちゃん」と女の子の「きくちゃん」という登場人物がいました。名は体を表すの言葉通り、みるちゃんは観察役を、きくちゃんは質問役を担当していました。もう一人、「なんだろう君」という登場人物がいて、この人が番組を掻き回していたのをご記憶の方もいることでしょう。

jul108.jpg

AliceとBobは、通信の世界のプロトコルを擬人化して語る時に使われる代表的な登場人物の名前です。
「AさんとBさんが通信しました」では味気ないので、AとBの頭文字を持つAliceさんとBobさんが採用されているのです。

他にも通信の世界に登場する代表的なファーストネームをご紹介しましょう。
・Carol(キャロル) とCharlie(チャーリー):第三者(AでもBでもないので)
・Dave, Ellen, Frank:CarolとCharlieに続く、その他大勢
・Eve(イブ):盗聴者(eavesdropper)
・Isaac(アイザック):インターネットサービスプロバイダ (ISP)
・Ivan(アイヴァン) : 発行者 (issuer)
・Mallory(マロリー) :邪悪な攻撃者 (malicious)
・Matilda(マチルダ) :電子商取引・金融関係者 (merchant)
などがいます。

これらの名前を創出したのは、米国の著名な暗号研究者であり、インターネットセキュリティ企業「Counterpaneインターネットセキュリティ社」の創業者であるブルース・シュナイアーさんで、この人の著作である「暗号技術大全」に掲載されています。

jul109.jpg

欧米では、無味乾燥な説明を避けるために抽象的な存在に具体的な人名をつけるのが好きなようで、たとえば台風の名前も米国が英語名(人名)を付けていましたが、2000年から、北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には、この地域の各国で用いられる固有の名前を付けることになったそうです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(28) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっかり明るくなつた、蒸し暑い甲府市内の夜明け。
けふの「日和っ子」後程、詳報致します。GATTOさんの「日和っ子日記」も、一読に値します。是非どうぞ。

サテ、理科教室小学校一年生。カンちゃんとサツちゃんと云う、二人合わせて「観察」になる、わかり易い名前の人形も出てきた回も、ありました。(まさか、菅ちゃんと殺ちゃんでは、なかろう。)

社会科の番組には、ノンタックと云う人形が居ました。博多どんたくと、関係があるかも知れません。
Posted by 百足衆 at 2017年07月22日 05:22
日本の場合は太郎さんと花子さんが定番ですが、無味乾燥な表現として甲とか乙が使われますね
厳密に言えば、甲も乙も単なる記号ではなく、古代中国の歴史書に出てくる神様の名前に起源が由来しているのですけどね
Posted by 田舎帝王 at 2017年07月22日 06:48
記入例だと、
「○○一郎」「○○花子」のような例が多いですね。
○○には、関係する企業名とか銀行名とか。

銀行名の場合、昔は「東海太郎」とか「一勧花子」とかでよかったのですが、最近は「三菱UFJ三郎」のように書かせているのでしょうか・・・?
Posted by 無名X at 2017年07月22日 07:31
夏日となつた、甲府市内の朝。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、時子の買ってきたチョコレートを、半分ずつ食べる。

という、回でした。
サテ、二回連続となつた、一番槍。流石に、昨夜11時から待機していた甲斐があつた。
ローマの道は、一日にして、成らず。
Posted by 百足衆 at 2017年07月22日 09:03
おほほ〜

このblog のAlice とBob は、
藤原さんと菅原さんよね〜💀

「だらくそ!だらくそ!」とか、電話の呼び出し音みたいなものよね〜🏯
Posted by おんな城主 at 2017年07月22日 10:18
これ、アリスとボブなら普通のコミュニケーションですが、
有田ヨシフとバカ蓮舫なら、悪巧みの相談になります!
蓮舫のところは、辻元でも山尾でも小池でも成り立ちます!

はい!論破されました!
Posted by 通りすがりの軍事オタク at 2017年07月22日 14:58
百足衆様、百足衆様、
念願の一番槍、

おめでとうございます!
おめでとうございます!

皆の衆、今宵は宴ぞ、存分に、ことほごうぞ。
ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっことっほぎゃっことっほぎゃっ!

普段より 多く ことほぐ
今日は三日月。
Posted by 藤原 at 2017年07月22日 20:41
通りすがりの軍事オタク さん
それこそ共謀罪
眼鏡を新調したので書き込めるようになりました。
眼鏡を紛失したため風呂上りにコンタクトを外した後はネットを見ることが出来ずしばらく休んでいました。悪しからず。
Posted by デハ at 2017年07月22日 22:48
藤原さん
菅原さんと一緒に新所原駅に来てください。駅舎で焼いた鰻は絶品です。
一緒に食べましょう。
藤原さんの負担で
Posted by デハ at 2017年07月22日 22:54
ありーす ぼぶ!ボブ!
ボブディラン。風に吹かれて!

デハ様、デハ様。
眼鏡新調、おめでとうございます。
眼鏡新調、おめでとうございます。

>菅原君の負担で

良い提案だと、思います。思うのです。
菅原君!すぐに支度を!
Posted by 藤原 at 2017年07月23日 05:20
藤原さんは、デハさんの文面を改竄するのでマロリーですね。
Posted by 菅原 at 2017年07月23日 05:29
ニイニイ蝉の鳴く、甲府市内の夜明け。
けふの「5分でわかる、日和っ子」日和っ子(有村演)は、「愛しちゃったのよ」と唄うが、島谷は佐賀の父と会い、会社の困窮を救うべく縁談を切り出される。それを聞いていた佐々木蔵之助の娘に、報告される。

という、一週間でした。
サテニイニイ蝉。二位二位と五月蝿いところは、蓮舫さんそっくりですナ。
Posted by 百足衆 at 2017年07月23日 05:56
菅原さん
違います。私は藤原さんがそのように変換することをはじめからプログラムして書いたのです。そのメカニズムが分からない人は菅原さんだけです。
他の方はみんなわかっています。藤原さんの一番近くにいるあなたが知らないとは不思議ですね。

マロニーよりはマロンの方がいいな。
Posted by デハ at 2017年07月23日 08:12
デハさんがそのような変換を予測してコメントされたとは、
ひっかけ暗号を発信してMI=ミッドウェーと解読した米海軍並みですね。
Posted by シモン at 2017年07月23日 08:27
シモンさんだって知ってたくせに(笑)
藤原脳は
・鰻を喰いたい
・なんでも菅原さんのせいにする。
・費用は菅原さんの負担。
の3つで構成されています。されているのです。
そして第4として、同族補正で常に私の味方(逆もまたしかり)
これを解析すれば、菅原さんを誘って馬着を喰いたいと言えば、菅原さんの負担でレツツゴー、となるのです。
Posted by デハ at 2017年07月23日 09:13
デハさん

なるほど、むべなるかなです。
ちなみにR4脳は
・他人を批判したい
・なんでも安倍政権のせいにする。
・費用は日本国民の負担。
の3つで構成されています。

小池脳は、安倍→石原、日本国民→都民
と多少異なりますが、ほぼ同程度です。
Posted by シモン at 2017年07月23日 09:28
シモンさん
R4脳に感染している奴は多いですね。山尾、前川、その他民進党関係者、共産党関係者、マスコミ(産経新聞を除きフジテレビを含む)などなど。
しかし、これをさらに100倍に濃縮したのが、有田脳です。
・他人を「徹底的、かつ全く無根拠に」批判し、
・なんでも(天変地異やなぜか民進党の不祥事も含めて)安倍総理大臣のせいにする。
・費用は日本国民の負担で、それを脅し取る。
丸で半島人です。もしかすると有田は半島人をも上回る濃縮度かもしれません。
 私が思うに、比例制度がすべての悪の根源だと思いました。
 武蔵野市民がnoを突き付けた菅直人が2階も復活したり、テロリストが議員になるのも、比例のせいです。
もちろん、選挙区で当選した前原・岡田・モナ夫などもいますが、
有田、白真勲などは比例でなければ当選できず、菅直人も復活できなかったはずです。
また、良し悪しは別として、比例で当選してその党をやめたら失職させるべきです。
なんとか小百合という大阪のナマイキな女を見ているとつくづくそう思います。
Posted by デハ at 2017年07月23日 09:39
おはようございます。

G脳はですね。
・丸顔の女性が好き
・ついでにタヌキも好き
・したがって、うどんやそばもタヌキにする

MS脳は、
・一番が好き
・お昼ごはんの内容に関心大
・静岡にライバル意識大
失礼いたしましたあっ!


そこで、一昨日と昨日の「ひよっこ」、2日分続けてです。省吾さんの娘・由香さんが喫茶店・白猫で食事をしていると、島谷さんとその父親が入ってきました。
新薬の認可に失敗して、経営が危うくなっている。経営立て直しの最後の手段は、他の会社の社長令嬢と島谷さんとの縁談であること。
その会話の中に、みね子さんの名前が出たので、由香さんは驚きました。
そして、その夜、由香さんはみね子さんをバー・月時計に連れて行き、昼間聞いた話をしました。
しばらく、みね子さんに不安な日々が続き、季節は冬に。ある朝、島谷さんはみね子さんに「話をしたい」と、声をかける、というお話でした。
Posted by GATTO at 2017年07月23日 10:55
曇天となつた、甲府市内のお昼時。
けふの「風林火山」由布姫に「お逃げください」と告げる勘助(内野演)の言に従い、諏訪を逃れようとする姫達一行。一方、武田晴信は、飯富虎昌を太郎の傅役に任命する一方、由布姫を側室に迎える意向を示す。河原村伝兵衛からその事を伝え聞いた勘助は、急ぎ由布姫一行を探しに、騎乗する。由布姫一行は、偶々、野盗に襲われようとしていた。危機一髪のところを救う勘助。だが、勘助に「諏訪へお戻りください」と、前回と矛盾することを云われ、「嫌じゃ。」と不信感を持つ由布姫。高遠攻めの安国寺の合戦を終え、由布姫に話しかけるも、真理支天のお守りを突き返された勘助は、一人寂しく甲斐に向かう。

という、回でした。
サテGATTOさん。なかなか佳い、日和っ子日記ですナ。二日分とは、読み応えが、ある。狸ソバも佳いが、たまには狐ソバも、佳いですゾ。
Posted by 百足衆 at 2017年07月23日 13:04
百足衆さん

真理支天ではなく、摩利支天ですね。
Posted by 菅原 at 2017年07月23日 13:14
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、上西小百合!

何様だと、思っているんだ!
真理支店で、合っている!それを摩利支天などと、誤った方向に、百足衆様を誘導しては、ならない!なりません!

だいたい、比例区で復活当選したくせに離党したら議員辞職はおろか、国会さぼって政治に無関係なテレビに出て、挙句に埼玉のサッカーファンに喧嘩吹っかけておいてくたばれなどと言うな!
お前がくたばれ!

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2017年07月23日 16:48
分かった!
レッズを悪く言う→親会社は三菱重工→戦犯企業ニダ!なんとか小百合は半島人!
Posted by デハ at 2017年07月23日 18:53
闇となつた、甲府市内。
けふの「女城主直虎」直虎(柴咲演)は、徳川に上杉と結べと書状を出すも、上杉との同盟かなわぬばかりか、徳川に虎松の母、しのを人質に差し出せと迫られる。しのを説得するも、虎松は母の代わりを出してほしいと訴える。困惑する直虎。虎松は光浦靖子を母と偽って人質に出す案を立案するが、それでは真実がばれた時の影響が大きいと直虎は却下し、結局しのは徳川の人質として三河に下り、虎松は笛を吹いて母を送り出す。その頃駿府では、今川氏真は無謀にも甲斐と一戦交える方向で決断を下す。

という、回でした。
サテデハサン。三菱重工業と云えば、ゼロ戦を作ったり、戦艦大和を建造したりしましたナ。三菱のマークは、ゼロ戦のプロペラを採用する際、当時は羽根が二つだったのが主流だったのを、敢えて三つにした根拠となつたそうです。
Posted by 百足衆 at 2017年07月23日 19:52
畠山義綱が美味そうに岩名食ってました。
Posted by デハ at 2017年07月23日 20:42
老師
大和は呉海軍工廠で造られ、三菱が造ったのは武蔵の方です。ほかに豪華客船から改造した空母隼鷹(事実上、日本で一番活躍した空母でした)も三菱です。一式陸攻も三菱。ただし、零戦のエンジンは中島(現スバル)で実際は機体の生産も大半はスバルでした。今で言えばランエボにスバルの水平対向エンジンを搭載しスバルの工場で造っているようなものです。
Posted by デハ at 2017年07月23日 20:47
エラーが続いて投稿が出来ない
Posted by 田舎帝王 at 2017年07月23日 22:55
諏訪の名を捨て生き延びられよ

勘助の慈悲で桑原城を落ち延びる由布姫だったが、由布姫を落ち延びさせたばかりの勘助の下に「諏訪の姫君を甲斐に送り届けよ」との晴信の命が届く

晴信の命に従い由布姫の下に駆けつけた勘助は、盗賊に襲われそうになっていた由布姫の身を間一髪のところで助ける

突然現れた勘助に不信感を抱く由布姫に対して勘助は「姫様を甲斐へ送り申す」と姫様の身柄を確保してしまう。

「自分に向けてくれた情けは偽りだったのか」

由布姫の言葉に「姫様を闇討ちするためわざと逃がして盗賊を差し向けたのは自分である」と恨みを自分に向けるように嘘をつく勘助

由布姫は勘助の心底を見抜けず、自分の心を踏みにじった「心の醜い男」と勘助を罵る

躑躅ヶ崎館では「お館様が諏訪の姫君を側室に迎えるのではないか」との噂が立つ中、飯富虎昌が嫡男太郎の守役に任ぜられる

Posted by 田舎帝王 at 2017年07月23日 22:56
まだ空暗き、甲府市内の夜明け前。
けふも、一番槍待機。「日和っ子」詳報は、後程お伝えいたします。

サテ田舎帝王さん。「風林火山」の描写、見事なり。勘助(内野演)の、自らを憎まれ役にせざるを得ない無念さが、佳くわかります。

しかし、由布姫は、自分を救ってくれた恩人を、あそこまで罵るのは、如何なものか。
Posted by 百足衆 at 2017年07月24日 03:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック