2017年08月20日

正義を愛する者 月光仮面

70年代のアニメーション作品です。






「月光仮面」は、川内康範原作の日本のヒーロー番組の元祖としてあまりにも有名です。
実写版として1958年に放映され、大人気を博しました。

jul115.jpg

1972年にアニメーション作品としてリメイクされた番組が、本日ご紹介する1「正義を愛する者 月光仮面」です。製作は、萬年社と、「チャージマン研」「アストロガンガー」などの数々の名作で知られるナックです。

では簡単に登場人物をご紹介しましょう。

月光仮面(声の出演:?):ピンチになると自然にオートバイに乗ってわいてくる、謎の叔父さん。白装束をしている。何処の誰かは、誰もがみんな知っている。
祝十郎(声の出演:池水通洋):探偵事務所を経営する。事件が起き、月光仮面が登場している間は、麻酔銃を刺されて昏睡状態に陥っている(ことになっている)。
五郎八(声の出演:はせさん治):祝十郎の助手。おっちょこちょい。常にラーメンを食べている。
シゲル(声の出演:丸山裕子):祝十郎の弟子。少年。月光仮面の叔父さんのバイクにノーヘルでタンデム乗車する。
松田警部(声の出演:柴田秀勝):警視庁の警部。科学洋裁研究所の所長も兼任している。戦時中は、隼戦闘隊の隊長でもあった。
サタンの爪(声の出演:北川国彦):バラダイ王国の秘宝を狙う怪人物。この爪を煎じて飲むと頭に良いらしい。
ドグマ博士(声の出演:千葉耕市):世界征服をたくらむキ●●イ科学者。巨大な猿「マンモスコング」を操る。後に「ジャンボマックス」も発明。
ドラゴンの牙(声の出演:納谷悟朗):世界制服をたくらむ怪人物。ルパン三世を常に追いかけている。

このような多彩なメンバーが、毎週土曜日の夜にサイケデリックな背景でシュールな戦闘を繰り広げていました。

jul111.jpg

主題歌の曲調だけでなく、1958年の実写版と1972年のアニメ版には微妙な違いがあります。
実写版では、主人公の月光仮面の叔父さんは頭にターバンを巻いていましたが、道路交通法が改正された以降のこのアニメーション版ではヘルメットを着用しています。
また実写版で連射していた拳銃の使用は控えられ、代わりに三日月のブーメランが主戦武器として用いられていました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(33) | TVと映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
晴れとなつた、甲府市内の夜明け。
けふの「5分でわかるっ日和っ子」日和っ子(有村演)たち乙女寮の面々が集結する
豊子が、テレビを見ようと云うのだ

ベルトクイズQアンドQに出演していたのは、なんと豊子だつた
昭和42年なのに、カラーテレビを保有する愛子
豊子は、見事に最後の問題に正解し、賞金30万円とハワイ旅行を獲得する

喜びの内に帰還しようとした日和っ子を、由香が襲う
月時計での行き詰る会議が始まる
勝利を得たのは、吉法師を頂いた秀吉であった。

という、一週間でした。
サテ月光仮面。爺が、まだ教師になりたてのほやほやの時の、テレビヒーローでした。
ハリマオというのも、あった。
Posted by 百足衆 at 2017年08月20日 05:58
おはようございます♪

主題歌は、こっちの方がカッコいいですね。
ロングバージョンで聴くと、間奏が哀愁を帯びていいメロディになってます^^
Posted by ラー at 2017年08月20日 07:46
月光仮面が登場する時は、必ず後方から蛇行運転して迫って来ましたね。

そして空がピンクを基調にしたサイケデリックな模様に変わり、戦闘中だということを暗に知らせていました。
Posted by 無名X at 2017年08月20日 08:13
音楽を担当した三沢郷は、この時代のアニメOPの大家でしたな。
・デビルマン
・エースをねらえ
・ファイヤーマン
・サインはV
・流星人間ゾーン
・ジャングル黒べえ

渡辺宙明同様、東大卒の音楽専門外の異色の作曲家です。
惜しくも10年前に亡くなられました。
Posted by A2Z at 2017年08月20日 08:36
こんにちは〜

このアニメの前年に「仮面ライダー」が放送を開始したので、どうしても比較してしまいました。アニメと実写の違いもありますが、どうも「月光仮面」は地味に感じる。考えてみると変身シーンが無いのですね。
視聴者にも正体を隠しているので、変身シーンを出せないのですが、正体はミエミエでありながら隠しているところにセコさを感じてしまいました。まぁ、最終回まで明かしていませんでしたから、正体なんてものはなく、祝探偵でもなく、その姿でしか存在していないのかも知れませんが。
どちらにしても、一部とはいえ他の登場人物にも正体を明かしている仮面ライダーなんかの方が潔い感じはしましたね。

しかし、今見ると、懐かしいことは懐かしいですし、「憎むな、殺すな、許しましょう」という作者のメッセージも好感が持てます。
Posted by GATTO at 2017年08月20日 12:12
晴れとなつた、甲府市内の午後。
けふの「風林火山」

由布姫に、白酒を勧められる三条夫人、危機を感じ、浅田美代子がひったくって飲み干すが、美味しかった。

数々の由布姫の行いに、武田家臣団は勘助を攻め立てる。
その一方、村上義清は小笠原氏を訪問し、武田氏への戦いを鼓舞していた。

諏訪に送られることになつた由布姫。勘助は、乙女被りをして新居の掃除に暇が無いが、到着したのは由布姫ではなく、自害した侍女を乗せた籠であつた。

ひべさばあ。
叫びながら、雪の山中を捜索する勘助。遂に勘助凍死す、と思われた矢先、小屋に明かりが灯る。

ひべさば、お逃げくださいと頼む勘助を尻目に、由布姫は、晴信をお慕い申している事、甲斐に行ってお屋形様の首を取りたいと云う。

それはなりませぬ。
断る勘助。
姫様には、天下人のお子を産む義務があります、勘助がそうするのです。

熱意を込めて語る勘助に、由布姫も遂に折れ、諏訪行きを快諾する。

という、回でした。サテ、田舎帝王さんの、解説を、心待ちに、待つ。

サテGATTOさん。なかなか、佳い評論ですナ。潔さに、日本人のカタシルスが、凝縮している。成程もっともです。変身シーンはそのカタシルスの象徴なのですナ。
月光仮面は、テレビに映っていないところで衣装換えしているので、変身シーンは、思いも寄りませんでしたが、もし毎回ヘンシーンと、変身していれば、其れは其れで面白いと思う。
Posted by 百足衆 at 2017年08月20日 12:59
百足衆先生、こんにちは。

評価していただき、ありがとうございます。そうなんです、正体を隠さないのは潔い。おそらく、1号ライダーの藤岡弘さんなら、正体を隠すどころか、変身さえ必要無いでしょう。私がショッカーの立場なら、仮面ライダーよりも現在の藤岡さんと闘う方がこわいです(爆死!)。



さて、金曜日と土曜日の「ひよっこ」ですが、バー月時計での5人の話は更に続きますが、みね子さん(有村架純さん演)と由香さん(島崎遥香さん演)の二人が並んでいるところは、まさにタヌキとキツネ!
タヌキとキツネが議論する一方、ヤスハルさんはイヌを相手に、ギターの弾き語りをする。後から、鈴子さんと省吾さんも聴きに来ました。

その頃あかね荘では、漫画家見習いコンビの姿が見えない、部屋の中で死んでいるかも知れない、ということで、アパートの管理人の富さんが愛子さんに助けを求めて来た。「一緒に部屋の中に入って、見てほしい」という。
漫画家見習いコンビの部屋に入る二人。部屋の中に漫画家見習いコンビの姿は無い。安心する二人。しかし、直後、富さんは、ある物を見て悲鳴をあげる。
その頃、ちょうどアパートに帰って来ていた、みね子さん・時子さん・早苗さんは、悲鳴を聞いて漫画家見習いコンビの部屋に駆けつける。
富さんが見たものは、自分自身の似顔絵でした。彼らの部屋の壁には、他にもたくさんの似顔絵が貼ってありました・・・というお話でした。
Posted by GATTO at 2017年08月20日 14:19
今週の風林火山

執拗に三条夫人に諏訪の酒を勧める由布姫。

勧められるままに盃に口をつける三条夫人だったが、酒を飲む寸前で侍女の萩野が盃を奪い、酒を飲み干す。

三条夫人主従の様子を見た由布姫は「情けは無用」と三条夫人の慈悲を拒絶するが、その姿は東光寺に駆けつけた晴信の目にするところであった。

頑なな態度を崩さぬ由布姫を冷ややかに見つめる晴信とその晴信に未練とも取れる眼差しを送る由布姫。

三条夫人は由布姫の眼差しから彼女の持つ晴信への愛憎の情念を感じ取ったのであった。

東光寺の一件は武田家中にも伝わり、諸角虎定と信繁は由布姫を側室に推挙した勘助を責め立てる。

由布姫の身を案じる大井夫人は由布姫の凍てついた心を溶き解そう説得を試みるが大井の夫人の心にはどう響いたのであろうか?

側室問題で武田家家中が揺れる中、北信濃の有力国衆である村上義清は信濃守護職の小笠原長時と面会し、信濃へ野心を抱く武田晴信への共闘を呼び掛ける。

義清との共闘に難色を示していた長時であったが、反武田の空気に流される形で共闘を受け入れてしまう。

村上義清と小笠原長時が面会している時、晴信は由布姫の処遇を決断する。

甲府に留め置かれていた由布姫を諏訪へ送り返す事を決めたのだ。

お館様は由布姫を見限ったのか?

心配する勘助に「心の氷が溶けるまで待つ」と答え、勘助に由布姫の護衛の任を与えたのであった。

諏訪に送られた由布姫は小坂観音院へその身柄を移される。

由布姫を乗せた輿が観音院に到着するが、輿の異常に気付いた勘助が御簾を上げると、短刀で自害を図った侍女の牧が乗っていた。

由布姫は何処へ消えたのか?

降りしきる雪の中、由布姫の姿を求めて駆けずり回る勘助は、髻を切り、腰の大小を投げ捨て、武田家臣ではなく一人の男として由布姫を探し続けた。

暗闇の中、雪山を分け入ると灯明のともったお堂を発見する。

お堂の中には寒空の下で凍え切った由布姫が居た。

「甲斐へ行き、お館様の首を取る」

凍えた身体で尚、晴信への憎しみを口にする由布姫。

由布姫の言葉に晴信の側室に迎え入れようとした己の過ちを悔いる勘助。

過ちを悔いる勘助に晴信への情愛を涙ながらに語る由布姫。

由布姫の晴信への深い情念を知った勘助は晴信に天下人に就ける夢を託し、二人の間に生まれた子を『天下人の子にする』と約束をする。

場所は変わり、由布姫に手を差し伸べる晴信。

差し伸べた晴信の手を握りしめる由布姫。

長い葛藤の末、晴信の情を受け入れた由布姫と手を握り合った晴信は、御神渡りに喩えたのであった。
Posted by 田舎帝王 at 2017年08月20日 17:29
いや〜見事だね田舎帝王閣下!
読んでて、活気が伝わってくるね。
同じことを書いてても、百足の旦那は

>ひべさばあ

だかんね。格調が違うね〜まあもっとも帝王様と害虫を比べちゃだめだけんどね。

いつも名文ありがとさんです!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2017年08月20日 17:41
漆黒の闇となつた、甲府市内の夜。
けふの「女城主直虎」

井伊谷城で酒井忠次を出迎えた小野但馬守は、矢を射掛けられる

もみあげが異常に伸びた近藤
直虎(柴咲演)は、政次に「逃げよ」と叫ぶ

井伊が徳川に矢を放った、との言い掛かりで、
牢に繋がれる直虎

南渓和尚は、龍雲丸を放ち、牢から直虎を奪う策を採る
しかし、直虎の前に現れたのは、政次だった
近藤を襲おうとしたのだ

政次と引き換えに、牢を出る直虎
龍雲丸は、政次に牢から出るよう勧めるが、白い碁石を手に寺に帰還する

遂に、政次磔の時がやってきた
獄吏の手に掛かる前に、政次を槍で一突きする直虎
よくも我をたばかった、と叫ぶ

政次は、口から血を出しながら、
お主の生き様、地獄からとくと眺めておく
と云い遺して絶命

かくして、井伊谷に平和が訪れた

(つづく)

という、回でした。
サテGATTOさん。確かに、きつねとたぬきの化かし合いでしたナ。爺はきつねうどんも、好きです。

サテ田舎帝王さん。見事なり。
爺も、田舎帝王さんの文体に、近付けども、何かが足りない。
爺にあって田舎帝王さんに無い物、それを探求していきたい。人生死ぬまで勉強ですナ。

サテファンタジー某。害虫は、お主じゃ。
Posted by 百足衆 at 2017年08月20日 19:42
ムカデの旦那、

>爺にあって田舎帝王さんに無い物

逆ずら。
しいて言えば「ひべさば」だけずらよ。
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2017年08月20日 20:04
田舎帝王さん 百足衆さん

風林火山の感想ありがとうございます。
私も観てました。

村上義清にアジられた小笠原直時が立ったら「殿が、お立ちになられた!」って、ハイジに出てくるクララかいと思わず突っ込んでしまいましたw
Posted by シモン at 2017年08月20日 20:16
サテファンタジー某。
お主に無い物は、礼儀じゃ。
Posted by 百足衆 at 2017年08月20日 20:18
今週の女城主

井伊谷城の明け渡しを目前にして突如起こった矢合戦。

近藤康用の陰謀であったが全ての責を小野但馬に押し付けようとする近藤康用と酒井忠次。

混乱に乗じて但馬守は城を落ち延びる。

但馬守逃亡を手助けした嫌疑を掛けられ捕らえられる直虎。

但馬守の無罪を主張する直虎だったが、近藤、酒井とも直虎の言葉を取り上げようとせず、裁定は家康に委ねられた。

井伊谷城に入城した家康の元に武田より書状が届き、駿府を陥落させた旨が伝えられる。

先を急ぎたい家康は牢の中から必死に弁明する直虎に土下座をして何も答えず直虎の訴えを黙殺したのであった。

近藤の罠にはめられた但馬守は城兵と共に城を落ち延び、義妹のなつと心穏やかな時をすごしていた。

但馬守の人生最初で最期の穏やかな時であった。

南渓和尚は直虎の身柄を解き放つ様に近藤康用と交渉するが、首謀者である但馬守の身柄と引き換えに開放すると立場を崩すことはなかった。

交渉の不備を想定した南渓は龍雲丸に直虎の脱獄の手伝いを指示するが、時を同じくして近藤康用の暗殺を試みたが失敗し捕らえられる。

直虎と入れ違いに牢に入れられる但馬守。

解放された直虎は龍雲丸に但馬守脱獄を頼む。

牢屋に忍び込んだ龍雲丸ではあったが、但馬守は脱獄を拒否する。

近藤康用の井伊への恨みを晴らすのに自分の首一つで済ませるのが良策と龍雲丸に語り、井伊の家名を守る為に自ら汚れ役を引き受けて処刑される覚悟を示す。

龍雲丸から但馬守の覚悟を伝えられた直虎は但馬守の想いを受け入れられず取り乱す。

取り乱す直虎に「井伊とは直虎自身の事だ」と因果を含める龍雲丸。

井伊の井戸で一人自問する直虎。

井戸の前で項垂れる直虎に南渓は政次の処刑を伝え、直虎は南渓と共に引導を渡しに刑場へ向かう。

刑場に引き立てられた但馬守と処刑を見守る直虎。

磔柱に立てられた但馬守に槍が突き立てられようとしたその瞬間、直虎は槍を持ち、但馬守の胸を突く。

「日の本一の裏切り者」と雑言を並べる直虎に井伊への呪いの言葉を掛ける政次。

「地獄の底から井伊を見届ける」

政次絶命寸前に口にした言葉は、井伊家筆頭家老として井伊の行く末をあの世から見届けようとする政次最期の矜持であった。
Posted by 田舎帝王 at 2017年08月20日 20:41
田舎帝王様、お見事です!

今回は、クライマックスでしたね。
本編、解説、共に感動しました。。
Posted by ラー at 2017年08月20日 21:03
どこかに不幸に泣く人あれば・・・真心籠る愛の詩を月光仮面を歌ったのを聴いたことがありません。

たしかコンドールマンやダイヤモンドアイ、レインボーマンも同じ作者だったかと思います。子供の頃、月光仮面とコンドールマンとレインボーマン(ダッシュ7)を混同していました。
しかし、今日極悪近藤がなんの咎めもなく、腹が立っています
Posted by デハ at 2017年08月20日 21:47
小野と弟の嫁との関係は不適切だとずっと思っていました。不義密通は死刑のはずです。
Posted by デハ at 2017年08月20日 21:50
主題歌は、ダムにはなく、ジョイサウンドにあります。音質はダムの方が勝りますが、アニソンや軍歌、おニャン子クラブのマイナー曲はジョイサウンドの方が多いです。元のウガからの引継ぎ
Posted by デハ at 2017年08月20日 22:07
デハ殿、

近藤は次週以降に成敗されますかね?

ダムかー、なるほどジョイサウンドの方がカバー範囲広そうな。
Posted by 燈台森 at 2017年08月20日 23:39
来週は龍雲丸が何かしでかしそうですね
龍雲丸も井伊家に殉じてしまうのか?
あと、瀬戸方久の身も危うそうでしたね(笑)

デハさん
但馬守の弟は戦死しているので不義には当たりませんよ
むしろ、戦死した兄や弟の嫁を兄弟が娶る事は普通に行われていましたから、但馬守となつとのプラトニックな関係はその辺りの風習を知り抜いた森下さんの演出だと思いますよ
Posted by 田舎帝王 at 2017年08月21日 00:21
不義密通は、まだ姉が生きてるのに姉の夫小田村と不適切な関係だった花もゆのふみです!

はい!論破されました!
Posted by 通りすがりの軍事オタク at 2017年08月21日 04:14
曇りとなつた、甲府市内の夜明け。
けふの「日和っ子」おそらく、行方不明となつた漫画家二人を追う展開に、なる筈です。後程、詳報致します。

サテ田舎帝王さん。誠に、お見事な解説。恐れ入った次第。本作品の核心部分を、ズバリ書き表していますナ。天晴れ、天晴れ。

サテ軍事さん。成程。ふみの名は、不義 密通 の頭文字を採った物と、云えるかも知れません。
Posted by 百足衆 at 2017年08月21日 05:43
帝王
貴殿の言うことももっともです。しかし、
@史実では政次は既婚(しかもなつの姉、かつしの(史実ではひよ)及び直之の母の妹)
A劇中でもなつとはあくまでも義兄妹で、婚姻はしていない。
の2点から、不適切であると思われます。おそらく史実ではなつは再婚しているか尼になっているはずです。

老師。
「ふみ」とつく女と言えば清水ふみかという女も邪教にとりつかれましたね。

燈台森さん
史実では近藤は無罪なので、難しいですね・・・。
Posted by デハ at 2017年08月21日 07:19
ほほほほ〜

昨日の「おんな城主直虎」涙腺決壊状態だったわ〜

命を懸けたラブシーン・・圧巻だったわ〜
高橋一生さん、お疲れ様でした👍👍👍👍👍

田舎帝王さんとデハさんの不義密通議論は、帝王さんに分があるわね〜

だってドラマ中では、ずっとプラトニックだったし、小野但馬守は、直虎ラブ❤って、なつも認めてたしね〜🏯🏯🏯🏯🏯
Posted by おんな城主 at 2017年08月21日 12:12
曇天となつた、甲府市内のお昼。
けふの「日和っ子」日和っ子(有村演)は、行方不明となった漫画家達が、無断で自分を主人公にした漫画を描いた事にショックを受ける。

という、回でした。
サテ田舎帝王さん。貴殿の解釈に、分がある。デハサンの言い分は、史実を基にすれば、正しい。

サテ女城主さん。そうか、あれはラブシーンでしたか。合点がいきました。

けふの昼食が、発表された。ライスカレーだ。福神漬けも、つく。
Posted by 百足衆 at 2017年08月21日 12:26
knac作品はレベルが低すぎて子供の目にも雑だなあと思いました。
それにも増してまこの作者が嫌いでした。
レインボーマンのしねしね団の行動は、隣国の日本を貶める活動みたいですし、「憎まず、殺さず、許しましょう」という文言も、作詞をした『おふくろさん』で、「森進一が、歌詞を違う解釈をした」ということで、殺しはしなかったものの、死ぬまで憎んで許さなかったそうです。
Posted by A・2001 at 2017年08月21日 14:50
曇天となつた、甲府市内の昼下がり。

サテA2001さん。
建前と、本音は、異なるものですナ。

逆に、クオリテーの高いテレビ漫画は、何ですか。
Posted by 百足衆 at 2017年08月21日 14:55
A・2001 さん
民進党、朝鮮総連、民団ってリアル死ね死ね団ですよね。
月光仮面なんて、まだましな方です。
レインボーマンやコンドールマンだと諸悪の根源は日本人にあり、これを懲らしめる罰として怪人が現れたような作りになっています。
 某邪教の考えにもつながる思想にあふれています。

私は日本人には悪い奴は一人もいない、いたとすれば、実は日本人ではないか、後天的に日本人ではない敵対勢力に洗脳されたかのどちらかだと思っています。
Posted by デハ at 2017年08月21日 18:32
注釈
ここでいう悪い奴とは、こそ泥とか痴情によるものは含みません。
Posted by デハ at 2017年08月21日 18:35
A・2001さん

いつも素晴らしい画像を公開してくださって有難うございます。
この場でお礼申し上げます。

死ね死ね団。子供向け特撮番組の、すげーわかりやすい悪役を、国家レベルでやってるあの国って、一体なんなんすかね。

おふくろさん騒動。
「憎んで、許すな、殺しましょう」
ですわな>川内康範さん
Posted by シモン at 2017年08月21日 19:58
デハさん

日本人にも最低な連中はいますよ。
「しつけのできない人間」
軽井沢のホテルなんかに行けば、レストランでガキを放し飼いにして、他人の迷惑なんぞ顧みはしないバカ両親がうじゃうじゃいます。

他国の人もそうですが、私はそういう「日本人のバカ」が一番嫌いです。
そういう奴らは、テレビ見て次は「小池ファーストの会」に投票するのです。
Posted by シモン at 2017年08月21日 20:01
おんな城主さん

確かに、昨日の「命がけのラブシーン」震撼しました。

ですが、ちと「やり過ぎ」感が強かったかな。

個人的には、
「無事に獄を出て、陽だまりの中、直虎と碁を指す但馬守。直虎の着手に、
『まだまだ甘いの。ここはこう・・・』と、石を置こうとした瞬間、槍が但馬守の胸を貫く。」
みたいな、アンブロース・ビアスの「いのちの半ばに」のような展開を希望していました。
Posted by シモン at 2017年08月21日 20:08
老師の指摘の通り、史実からすればデハさんの意見に分がありますね
ただ、ドラマの演出ですからね

政次処刑のシーンは衝撃的でしたね
昨今揶揄されているスイーツ大河の汚辱を注ぐにはあれぐらいの演出をしないと駄目でしょうね 

Posted by 田舎帝王 at 2017年08月21日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]