2017年10月01日

キョン

特定外来生物に指定される鹿の一種です。

kyon.jpg

1970年代に週刊少年チャンピオンに連載された、山上たつひこさんの漫画「がきデカ」は、少年の警察官を主人公にした漫画として知られています。
この漫画の中で、主人公のこまわり君が度々「八丈島のキョン」と叫ぶことで、八丈島にキョンを見に行こうと多くの観光客が訪れたそうです。

sep210.jpg

キョンはもともと中国と台湾に分布していましたが、八丈島の動物園に連れて来られ、前述の漫画でその名を知られることになりました。
それ以来「キョン」は愛すべき動物として知られるようになります。奈良公園の鹿もそうですが、一般的に鹿のことを、人間に害を与える「害獣」と認識している人は少ないことでしょう。

しかし、野生化した鹿というのは厄介な害獣です。野菜をはじめとする農作物を食い荒らすからです。伊豆半島では、野生の鹿を狩りで仕留めることが住民の年中行事になっており、時々鹿と間違えて人間が誤射される、というような事故も起きています。

キョンの場合も同様で、千葉県や伊豆大島では動物園から逃げ出したキョンが天敵がいないことを背景に野生化して繁殖し、多くの農作物に被害をもたらしているそうです。
鹿と違い、キョンの場合は鳥獣保護法で狩猟対象となっていないため、猟銃による駆除が出来ず、罠をかけてかかるのをじっと待つという方法でしか駆除できないのだそうです。

sep209.jpg

動物愛護団体のような人たちが、このようなことがあるとすぐに飛んできて
「人間の勝手な都合でキョンを駆除するのはかわいそうだ!」
と訴えるのですが、こういった人たちはキョンによって実害を被っている農家の人たちにはいたって冷淡です。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(10) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番槍也
Posted by 田舎帝王い at 2017年10月01日 05:12
キョンと言うと、涼宮ハルヒのキョン君を思い浮かべますね
Posted by 田舎帝王 at 2017年10月01日 05:13
まだほの暗き、甲府市内の夜明け前。
けふの「5分でわかる日和っ子」日和っ子は、最終回となつた。

という、回でした。
サテキョン。珍獣ですナ。今朝も爺が、一番槍を頂きました。
Posted by 百足衆 at 2017年10月01日 05:18
不覚をとつた、日曜日の朝。
てっきり、皆が日曜で寝静まって居る間に、爺が一番槍と思ったが、既に三番槍だったとは、脳天に楔を打ち込まれたような心持だ。

サテ田舎帝王さん。けふの大河ドラマ解説合戦では、一歩も譲りませんゾ。お手合わせ、願いたい。
Posted by 百足衆 at 2017年10月01日 06:00
きょんーっ キョン!キョン!
キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!キョン!

百足集様、百足集様、
銅メダル、おめでとうございます。おめでとうございます。
健闘空しく、金メダルこそは取れなくても、銅メダル、天晴れでございます。天晴れ至極に、存じます。

希望の党に、入れなかった民進党員、「元祖希望の党」を結成して、これからも反日活動に邁進するようです。

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2017年10月01日 07:12
藤原さん

百足集さんではなく、百足衆さんです。
Posted by 菅原 at 2017年10月01日 08:57
菅原君この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、希望の党落ちた日本死ねの菅直人!

百足集様ではない!百足衆様だ!間違っているのは、菅原君の方だ!

百足衆様に、謝罪せよ!はっ謝罪せよ!はっ。

しかし、前日まで「日本のメルケルになって欲しい」とラブコールを送っておきながら、希望の党に入れないとわかると、手のひらを返して小池の悪口を書きまくる空き缶は、本当に最低だな!

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2017年10月01日 10:33
マスゴミは必死で小池百合子持ち上げてるけど、都議選の時のようにはなってない模様♪
Posted by 燈台森 at 2017年10月01日 11:04
こんにちは〜

昨日、とうとう「ひよっこ」が終わってしまいました。とはいえ、続編について、脚本家の岡田さんも意欲的とのことで、それを楽しみにしております。それまでは、撮りためたものを見るかなぁ・・・

さて、最終回ですが、すずふり亭に来た谷田部家の皆さんはハヤシライスを食べる。その後、秀さんがみね子さんとの結婚を発表する。喜びの中、実さんはわずかに記憶を回復し、重箱を預けていたことを思い出し、そこに集まっていた人々は更に感激する、というお話でした。

今、ちょうど「ひよっこ一週間」やっていますね。
Posted by GATTO at 2017年10月01日 11:15
夏日となつた、甲府市内の午後。
けふの「風林火山」武田晴信(亀次郎演)は、愈々村上義清の討伐に乗り出した。
勘助(内野演)は、晴信を諫めようとするが、聞き入れられない。
甲斐に潜入した平蔵は、偽の出陣情報を持って信濃に向かうが、途上で襲われる。
襲ったのは甘利虎泰(竜演)の手の者だった。平蔵を通じ、矢崎十吾郎に会った甘利は、村上義清に面談し、次の戦で村上に内応すると申し出る。
年が明け、晴信は家臣を集め村上討伐を宣言する。しかも、今後は占領地を恩賞として家臣に与えていく、と云う。板垣(千葉演)は、涙ながらに最後の諌言を行う。

という、回でした。どうですかナ爺渾身の投稿ですゾ。
サテGATTOさん。けふの昼食は、すずふり亭に合わせ、林ライスでした。
日和っ子の続編は、何やら作られそうな、終わり方でしたナ。
Posted by 百足衆 at 2017年10月01日 14:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]