2017年10月22日

諏訪神社

日本全国通津浦々、約25,000社があります。

suwa_shrine.jpg

日曜日の正午は、NHKのBSプレミアムで「風林火山」を再放送しています。
このドラマに登場する由布姫は、「諏訪御料人」と呼ばれています。

ogi03.jpg

このドラマを見るまでもなく、「諏訪」と言えば「長野県」を連想する人は多いことでしょう。ですが、諏訪大社を総本山とする「諏訪神社」は北は北海道札幌から南は九州鹿児島まで、沖縄県などを除く日本全国の至る所に鎮座しています。

諏訪神社を中心とする神道の信仰は、「諏訪信仰」と呼ばれています。その骨子とはどのようなものでしょうか。それを一言で言うと、「縄文以来の狩猟民の信仰」ということです。

日本人は弥生時代以降、米作を基準とする農耕民族でした。米は神のシンボルとして扱われ、アルコール飲料である「酒」は米を発酵させて作られます。

しかしこの「米=神」という信仰は、必ずしも縄文時代に信仰された「神」を体現するものではありません。
狩猟民族だった縄文人の仕事場は、農地ではなく山でした。山の神こそが、彼らの信仰する対象だった訳です。

山の神は、女神として崇められてきました。自分の奥さんのことを「カミさん」と呼ぶのは、ここから来ているそうです(刑事コロンボも一種のハンター、狩猟民なのでしょう)。
諏訪信仰は、こういう狩猟民の信仰を扱っているわけです。毎回死人が出ることで有名な「御柱祭」も、山の神を敬い、祈願することを目的として行われてきたと推測されます。

ogi04.jpg

日本の国土の8割は山岳地帯です。従って、そこに神が棲んでいる、と考えることはごく自然なことだった筈です。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 🌁| Comment(22) | 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台風近づく、甲府市内の夜明け前。
けふの「5分でわかるわろ天下」わろ(葵演)は、蔵に閉じ込められた。

という、一週間でした。
サテ諏訪神社。「すわっ」と云う言葉も、元々は諏訪神社に由来するさうです。
Posted by 百足衆 at 2017年10月22日 05:15
すわーっ じんじゃ!ジンジャ!
ジンジャーエール。シュヱップス!

百足衆様、百足衆様、
台風をついて、一番槍獲得、

おめでとう、ございます。
おめでとう、ごさいます。

時代祭りが、台風の為、中止となった!
これも皆、菅原君のせいだ!

だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、高速道路タイヤ落とし犯人!
Posted by 藤原 at 2017年10月22日 07:15
投票してきました♪
Posted by ラー at 2017年10月22日 08:28
諏訪と言うと、周囲が稲作を始めても諏訪の地だけがそれにあがなうように狩猟・採集の生活を続けていたと最近の研究で明らかになりました。

特別な地が諏訪ですね
Posted by 田舎帝王 at 2017年10月22日 09:06
おはようございます(^^)

選挙に行ってきました。今日の勤めを果たしました(^^;

小学校の時、諏訪部君という友人がいましたが、ご先祖が諏訪神社の関係者?だったのかな。。
Posted by Captured at 2017年10月22日 09:32
驟雨となつた、甲府市内の夕方。
けふの「風林火山」
信濃の小笠原長時を敗走させた武田晴信(亀次郎演)は、甲斐を一枚岩とするため、家臣たちに、板垣の霊に褒められた、「人は石垣、人は城」を披露する。
その頃越後の長尾家では、家督争いの結果、景虎(学徒演)が兄・晴景から当主の座を譲り受ける。
諸勢力が乱立する越後の地で、国内統一の鍵を握るのは宇佐美定満(緒形拳演)だった。その頃勘助(内野演)は紀州の根来衆から鉄砲百挺を買付ける。
運搬に必要な港を借用するため、今川義元(谷原演)と寿桂尼(藤村演)を訪ねた勘助は、長尾景虎が関東管領に援軍したとの情報を得る。
甲・駿・相に新たに越後が加わった四つ巴の情勢の中、勘助には、晴信が天下に号令するまでの道筋が見えてくるのだった。

という、回でした。
サテ田舎帝王さん。お手並み拝見、いざ。
Posted by 百足衆 at 2017年10月22日 16:12
諏訪頼重というと、北条時行を奉じて中先代の乱を起こした同名の先祖がいます。
Posted by デハ at 2017年10月22日 18:44
嵐の前の静けさとなつた、甲府市内の午後八時。
NHK、自民党大勝の報道。されど野党第一党が、立憲社会党とは、是如何に。
山尾しおり、当確との報道。サテ田舎帝王さん。一体全体どう云う人が投票しているのですかナ。
Posted by 百足衆 at 2017年10月22日 20:15
空き缶直人まで優勢だそうです><
Posted by ラー at 2017年10月22日 20:32
なんで、パコリーヌが当選するんだよ
愛知7区はもともと民主党の強い地域ですから、地盤の強さで競り勝ったと思いますね
はぁ〜悪夢だ
Posted by 田舎帝王 at 2017年10月23日 00:37
こんばんは、なのか、おはようございます、なのか・・・

今、徹夜で台風対策の仕事をしています。千葉県は、朝の9時がヤマかな・・・日曜日も仕事、月曜日も仕事、月曜日の夜まで、あと20時間は眠れません。

・・・ああ、眠い・・・
Posted by GATTO at 2017年10月23日 03:10
自公民で2/3を越えた!
Posted by 通りすがり at 2017年10月23日 04:05
大風となつた、甲府市内の夜明け前。
昨夜の「女城主直虎」直虎は、織田信長から下賜された天目茶碗を、危うく壊しそうになる。
一方その頃井伊万千代は、徳川家康と衆道に励む。

という、回でした。
サテ終わってみれば、自民党の大勝。どう考えても、安倍政権が信任された、と見るべきなのに、民放各社はこぞって「立憲民主党が野党第一党になった。これが民意だ」と自分たちに都合勝手の良い理屈ばかり並べている。
してみれば、この選挙、多くの国民が民放、そして新聞社に「NO」を突きつけた結果なのでは、あるまいか。
Posted by 百足衆 at 2017年10月23日 05:46
愛知7区の無効票の多さと800票差でパコリーヌが当選したことで不正があったのではないかととの疑惑
Posted by 田舎帝王 at 2017年10月23日 06:04
田舎帝王様

愛知七区、800票差に対して無効票11,000票だとか。
山尾支持者の選管が多数紛れ込んでたのではないでしょうか?
Posted by 無名X at 2017年10月23日 06:12
台風一過、なれど曇天となつた、甲府市内の朝。
けふの「わろ天下」わろ(葵演)は、松坂桃李に連れられ米問屋に来て、女中としての奉公を始める。

という、回でした。
サテGATTOさん。20時間、否それ以上、台風関係のお仕事で睡眠が出来ないとは、心が痛みます。
どうか無理をし過ぎない様に。時々は仮眠を取るべきです。そして食事は美味しいものを食べましょう。
因みに、爺の朝食は、井村屋の肉まん1個でした。緑茶も、ついた。
Posted by 百足衆 at 2017年10月23日 08:51
こんにちは。

百足衆先生、あたたかなお言葉ありがとうございます。
昨夜は、仮眠を取るつもりでしたが、2時間横になるのがやっとでした。とうとう30時間を越えてしまいましたが、幸い台風対策の仕事は終わり、平常の業務に戻っています。今日は、早く帰って、ぐっすり寝ようと思います。
そうそう、今日のお昼は、トンカツ弁当ですよ。栄養は十分です。
Posted by GATTO at 2017年10月23日 12:41
台風一過。晴天、なれど夏日となつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、公表された。五目炊き込みご飯だ。お新香も、つく。「わろ天下」の再放送を見ながら、朗々と、食べる。

一方、此の頃、GATTOさんは、どんな思いをして台風対策に当たっておられるのだろう。お昼は、惣菜パンかナ。
GATTOさんの苦労を、パリに居る、小池知事に、聞かせてあげたい。
Posted by 百足衆 at 2017年10月23日 12:41
GATTO様、
長時間のお仕事お疲れ様です♪

とんかつ弁当で精力つけないと!
私のお昼はのり弁でした^^
Posted by ラー at 2017年10月23日 17:34
今週の風林火山

塩尻峠の戦いの勝利を収めた武田勢は、再び北信濃への勢力を盛り返すに至る。

上田原の敗北で己の過ちに気づいた晴信は、居並ぶ重臣たちを前に「お主たちこそ城じゃ」と全幅の信頼を寄せる言葉を投げかける。

越後では骨肉の兄弟争いを繰り広げていた守護代長尾晴景とその舎弟景虎との和解交渉が執り行われていた。

景虎は「弟景虎を兄晴景の養子に迎え、しかる後に越後守護代の座を譲る」という、越後守護上杉定美の示した禅譲案を受け入れる。

何事も筋目を重んじる景虎の描いたシナリオ通りであった。

和解後、病床に伏す晴景を景虎が見舞う。

晴景は景虎と思い出話に花を咲かせ、長尾本家に仇を成す一族や豪族たちに気を付ける様に忠告をする。

そのうえで、景虎の姉である桃姫を対立する長尾政景に嫁がせて和議を結び政権の安定を図る策を授ける。

景虎は兄の策に不承知であったが、桃姫は自ら政景の元に嫁いで弟の力となりたいと政景との縁組を承知する。

重臣直江実綱が罷り越し、景虎の世話係に娘の浪を推挙する。

景虎も浪を受け入れる。

実綱は浪を景虎の側女として景虎の元に送り込んだが、夜伽を申し出る浪に不犯の誓いを立てている景虎は怒り、浪に経文一巻を授け退ける。

越後の知恵者宇佐美定満の居城に火が掛けられる。

火を放ったのは景虎の政敵政景であった。

政景はいまだ去就を明らかにしない定満に苛立ちを覚え、その動向を探るべく枇杷島城に放火したのだ。

このとの知らせを受けた景虎は宇佐美の知略と武略を高く評価し、宇佐美に関心を示すが、景虎の父為景と長く対立していた経緯もあり、重臣たちは宇佐美に警戒するように忠告をする。

政景につくか景虎につくのかいまだに去就を明らかにしていない宇佐美定満は、景虎方の武将大熊朝秀から景虎が自分に関心を寄せて高く評価している話を聞き、宇佐美もまた景虎に関心を抱く。

大熊が宇佐美に接触したのは、大熊自身景虎に対して不信感を抱いており、事の成り行き次第では宇佐美と歩調を合わせる為だった。

勘助は紀州根来寺に赴き、鉄砲を調達していた。
勘助は津田監物に鉄砲百丁を依頼し、甲州金を支払う。

平蔵は弓の腕を買われ、義清から高く評価していた。

ヒサの幸せを願う平蔵に主矢崎十吾郎は娘を娶らせ、平蔵から「父と呼ばれたい」と矢崎家への婿入りを懇願する。

勘助は義元の元を訪れ鉄砲百丁の輸送先に駿河の港を使いたいと願い出る。

勘助の申し出に義元は嫌味を言いながら寿桂尼の執り成しで港の使用は認められるが、その交渉の場で関東管領が越後守護代長尾景虎に援軍を要請した話を聞かされる。

上杉憲政は利ではなく義によって兵を動かす景虎の存念を測りきれず、景虎に対して不振の目を向けるが、援軍を要請した長野業正は不振を抱く主君憲政を厳しい言葉で諫めた。

港使用の交渉が終わり、多忙と吐き捨て義元が退席すると、寿桂尼から晴信の姉で義元の正室である北の方が病床に伏し、余命幾ばくもない事を寿桂尼から聞かされる。

北の方の死は武田と今川との絆を失う事となる。

武田との同盟の危機に、寿桂尼は勘助に新たな証人の口添えを依頼する。

甲府に戻った勘助は晴信に天下統一の道筋を語ると、晴信もまた、武田の御旗を都に立てて仏法、王法を護る天下人への野心を示す。

天下取りの夢を語る晴信に勘助は調達したての鉄砲百丁を持って越後領へ入る許しを請う。

晴信は勘助の越後行きを承諾するが、その前に、信濃の国衆への調略が首尾よく進んでいる事を伝え、信濃守護小笠原長時を討つと明言する。

武田にも北条にもその存在が脅威となりつつある越後で凶事が襲う。

越後守護上杉定実が死去したのだ。

定実の死を前後して、景虎は将軍足利義晴より毛氈鞍覆と白傘袋の赦しが下りた。

この毛氈蔵覆と白傘袋は国主のみに赦されたアイテムであり、このアイテムを入手した景虎は幕府の権威を後ろ盾にして、実質の越後守護職として振舞う事となるのである。

続く
Posted by 田舎帝王 at 2017年10月23日 18:47
今日は気温が上昇して、少々暑いですな

体調管理にご用心!
Posted by 燈台森 at 2017年10月23日 18:47
夜となつた、甲府市内の夜。

サテ田舎帝王さん。風林火山の活写、見事なり。
まさに我が武田勢と、それを取り巻く信濃衆、越後衆、そして駿河衆の動きが、手に取るように、躍動してゐる。

昨日の、風林火山、移動距離の長さでは、一番ではないかナ。勘助は、和歌山まで鉄砲を買い付けに行ったし。

虎は千里を征き、千里を帰る。
Posted by 百足衆 at 2017年10月23日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]