2017年11月16日

カライワシ

太平洋の西・中部域といった温帯域に生息する回遊魚です。

karaiwashi.jpg

「イワシの頭も信心から」という諺があります。イワシの頭のようなくだらないものでも、信仰すれば非常に尊いものに見えることを表現しています。いまだに小池都政を支持する人には、小池都知事がイワシの頭に見えているのでしょう。

bandw0012.jpg

イワシの名前を冠する魚類の中では比較的大きく、50cmから100cmに達する魚がいます。「カライワシ」がそれです。
体は細長くてやや平たく、尾びれは深く切れ込んでいます。体色は背面が暗い青色で、腹面は銀白色をしています。

イワシは江戸時代には肥料に使われましたが、現代ではカタクチイワシはアンチョビやオイルサーディンなど人間の食用に供されています。カライワシもさぞイワシのような青魚ファンにとっての絶好の食材になるかと思いきや、これが全然美味しくないのだそうです。

イワシの名前をつけているものの、マイワシなどのようなニシン目ではなく、カライワシ目という別の種別に属し、ウナギ目の魚類などと同じようにレプトケパルス型幼生期を経るのだそうです。

私が食べた事がないので伝聞でしかありませんが、小骨が多く、肉身は泥臭い味がして、カレー粉のような強い香辛料をまぶして唐揚げにするかつみれにするかしか調理法はないそうです。そうやって調理したところで、普通のイワシに味で負けているのでは、わざわざ食用にすることもありません。

kks03.jpg

ただ、体長が1m近くに達するこの魚、食用としてではなく趣味としてのルアーフィッシングの獲物としては比較的高い評価を受けているそうです。
ルアーフィッシングは90年代のブームだった頃に私も休日によく出掛けましたが、世紀が変わってから一度も行った事がありません。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☔| Comment(12) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
漆黒の闇に沈む、甲府市内の暁前。

サテカライワシ。山梨県には海が無く、見た事は有りませんが、一見すると美味しそうですナ。柔らかい魚なら、味噌で煮付けにしても、美味。金目鯛も、同様に食しています。
Posted by 百足衆 at 2017年11月16日 05:10
おはようございます。

>ウナギ目の魚類などと同じようにレプトケパルス型幼生期を経るのだそうです

なるほど、なるほど。藤原さん、国産ウナギの代わりに召し上がってみてはいかがでしょう?


百足衆先生、山梨県は、海から遠い分、海産物を大切にし、その調理が巧みに思えます。アワビなど美味しいのでしょうな。
Posted by GATTO at 2017年11月16日 07:40
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「わろ天下」わろ(葵演)は、但馬守から、落語家の笹野高史を紹介された。

という、回でした。
サテGATTOさん。海有り県の千葉県は、水産物が豊富ですナ。佳い佳い。同じ海有り県の、南富士土人県よりも、よほど美味そうな魚の宝庫ですナ。羨ましい。
Posted by 百足衆 at 2017年11月16日 08:17
私はカドイワシが好きです。まあニシンですけど
Posted by デハ at 2017年11月16日 08:42
カラーイ ワシっ 鷲っ
鷲のマークの大将製薬。リポビタンD!

GATTO様、GATTO様、
ご助言、ありがとうございます。
ありがとうございます。

確かに鰻も小骨の多い魚です。カライワシも、
背開きで、蒲焼きにすれば、美味しいかも、知れません。
知れないのです。

今度、菅原君が我が家にやって来た時に、国産鰻と偽って、食べさせよう思います。思います。

宛:菅原君 、この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、貴乃花親方!

今度、国産鰻を食べにいらっしゃい。
ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2017年11月16日 11:24
藤原さん

お招きありがとうございます。
藤原さんがトイレに行った隙に、丼の配置を変えておきます。
Posted by 菅原 at 2017年11月16日 12:42
サテ菅原君。
先輩の、藤原さんに、失礼だと思った事はないですかナ。

トイレで丼を食べている、などと知ったら、さぞ藤原さんも、悲しむことでしょう。
黙って、カタクチイワシの蒲焼きを、食べない。
Posted by 百足衆 at 2017年11月16日 16:46
こんばんは。

今日の「わろてんか」、伊能さんの台詞が最高でしたね。

「きっと人生なんて上手く行かないことばっかりだ。でも、たった一つだけでいいから、これだけはやり遂げたぞ、っていう行きた証が欲しいよな」

藤吉さんも、伊能さんのことを身近に感じてきたようですが、私も親しみやすさを感じてきています。

「直虎」では、途中退場した一生さんでしたが、「わろてんか」では最後まで活躍していただきたいものです。ちなみに、伊能さんのモデルの小林一三さんは84歳まで生きた方です。
Posted by GATTO at 2017年11月16日 21:59
漆黒の闇に沈む、甲府市内の夜明け前。
けふの「わろ天下」笹野高史師匠の、話芸をお愉しみに。

サテGATTOさん。佳い、言葉ですナ。爺の人生を振り返って、まさに不都合の連続。されど唯一やり遂げたことと云えば、このホームページでの、一番槍ぐらいではないかナ。
Posted by 百足衆 at 2017年11月17日 04:05
今日の昼食が、発表に、なった!
イペリコ豚の溶岩焼きだ。鳥モモ肉もある。
百足衆様の解説を読みながら、「わろ天下」の昼の放送を見ながら、菅原君の顔を見ることなく、朗々と、食べる!

うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ。
Posted by 藤原 at 2017年11月17日 11:26
晴れとなつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、発表された。
わかめごはんだ。胡麻も、つく。
GATTOさんの奥さんの手作り弁当を想像しつつ、朗々と食べる。
わろ天下も、見る。
Posted by 百足衆 at 2017年11月17日 12:25
こんにちは。

百足衆先生、今日は、また総菜パン復活でした。ごめんなさい。でも、久しぶりの総菜パン、結構美味しかったです。

それと昨夜、字を間違えていました。「行きた証」ではなく、「生きた証」でした。せっかく良い台詞だったのに、字を間違えては興ざめですね。また、素敵な台詞に出会いたいものです。
Posted by GATTO at 2017年11月17日 13:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]