2017年11月20日

バタフライナイフ

折り畳み式のナイフです。

butterfly_knife.jpg

人類の文化的な発展途上において、ナイフは不可欠な道具でした。
古来、野菜や果物の皮むきやエンピツ削り、その他の用途に用いられ、人間一人が孤島に取り残された場合でも、手にナイフがある場合とない場合で生存率が格段に違うそうです。

kyuugi1-2.jpg

しかし「両刃の剣」の喩え通り、美点とおなじぐらいの短所もあり、武器として使われた場合は凶器になり得るのです。こういった側面を理解せずに不用意に「護身用」と称してナイフを武器として使うと、相手のみならず自分自身も深く傷つけてしまう結果になります。

バタフライナイフは、フィリピンで武具として使われていた折り畳み式のナイフです。
一枚の刀身に二つの取っ手がついており、取っ手を折り畳む際に刀身が中に収納される構造になっています。

このナイフは、一種のストリートファッションとして米国で流行しました。このナイフの刀身を出し入れする操作が、刃物を振り回しながら威圧しているようでカッコいいと若者に評価されたからです。
米国内での使用人口が急増につれ、バタフライナイフを使用した犯罪使用も増えました。その結果、このナイフの使用を禁止する州が増え、米国全体としても完成品のバタフライナイフは輸入規制の対象になっています。

日本では、1997年に放映されたフジテレビのドラマ「ギフト」で、主人公を演じる木村拓也さんがこのナイフを携行していました。どうせなら肥後の守でも持たせておけば社会問題にはならなかった筈ですが、木村さんがこのナイフを振り回すシーンを見て、
「よおし俺も」
とばかりにこのナイフを「護身用」と称して持ち歩く小中高生が増えました。挙句の果てに、栃木県では中学生が女性教師に叱られたため「カッとなって」このナイフを取り出し、「ざけんじゃねえ!」と刺殺した、という事件が起きました。

この事件は、左翼の人達によって「高圧的な態度で接した先生が悪い」と主張され、なにやら加害者の少年が可哀想だという論調もあったという後味の悪い事件でしたが、これをきっかけにバタフライナイフは有害玩具に指定され、「キレる子供」という言葉も流行しました。

nov3022.jpg

2017年、福井県では本当に高圧的な教師と副担任によって、中学生が自殺に追い込まれる事件が発生しました。もしこの中学生がバタフライナイフを持っていたら、・・・等と考えるのは不謹慎というものでしょう。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(20) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ暗闇の、甲府市内の夜明け前。
けふの「わろ天下」赤字続きの寄席の経営を、どう立て直すか。お愉しみに。

サテバタフライナイフ。こんなものを中学生が学校に持ってくること自体、おかしい。
一方、福井の中学校では、教師の方が言葉のバタフライナイフで生徒の心を刺したようですナ。憎い。
Posted by 百足衆 at 2017年11月20日 05:11
ガキンチョは肥後守から始めるべきだ
Posted by 田舎帝王 at 2017年11月20日 05:30
曇天となつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、発表された。
ウズラの卵だ。蕎麦も、つく。
けふは冷え込んだ為、盛り蕎麦だ。細君の配慮が、心に沁みる。せめて、温かい掛け蕎麦だったら、諍いをせずに済んだ物を。

サテGATTOさんは、暖かい愛妻弁当ですかナ。佳い佳い。
サテデハサン、肥後守で、一度自分の手を切って、刃物の痛みを理解してからでないと、バタフラナイフなどは、持たせることは出来ない。
Posted by 百足衆 at 2017年11月20日 12:15
こんにちは〜

百足衆先生、今日のお昼は焼き魚を中心にしたお弁当です。

>一度自分の手を切って、刃物の痛みを理解してからでないと
全く同感です。子どもだけでなく、大人にもすぐキレる人がいますから、このお考えは大人にも当てはまると思います。
一方、子どもがちょっと怪我をしたくらいで肥後守まで取り上げてしまう、いわゆる「刀狩り」のやり過ぎも問題だと思います。軽い怪我から学ぶことも大切ではないでしょうか?
Posted by GATTO at 2017年11月20日 12:39
百足衆さん

バタフラナイフではなく、バタフライナイフです。
Posted by 菅原 at 2017年11月20日 12:44
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、朝日死ね!

バターナイフで、合っている!
百足衆様は、子供たちには殺傷能力の無いバターナイフを持たせるべき、とおっしゃっておられる!
それを何だ君は!バタフライナイフ、名古屋の言葉で言えば、バタフリャーナイフを、推奨するのか君は!

百足衆様に、
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!
Posted by 藤原 at 2017年11月20日 13:20
藤原宗匠
流石に名古屋でもバタフリャーとは言いませんよ

エビフリャーのお歳暮をお待ちしていています
Posted by 田舎帝王 at 2017年11月20日 17:41
田舎帝王様、田舎帝王様、
エリエリラマサバクダニ。

名古屋の、ビチグサ高校出身者の、菅原君、

すっかり、騙されました。
すっかり、騙されたのです。

でぇりゃー、騙されました。ハヤシもあるでよ。
Posted by 藤原 at 2017年11月20日 19:49
肥後守って松平容保公?
Posted by デハ at 2017年11月20日 20:32
今週の女城主

武田との内通を疑われた松平信康は父家康より極刑の沙汰が下り、信康付きの家臣達に対して二心無き旨の起請文を提出させる。

偶然とはいえ、信康捕縛の現場に居合わせた直虎の動揺は計り知れないものがあったが、井伊の当主としての危険回避の本能が働いたのか、直虎は井伊に火の粉が掛からぬように岡崎城から退去する。

信康の切腹に激しく心をかき乱されていたのは母親の築山である。

信康の無罪を訴える築山の声は家臣達に阻まれ、家康の耳には届かなかった。

家康は一旦、信康を三河大浜城へ身柄を移すが、矢継ぎ早に遠江堀江城への移送の命が下る。

更に堀江城から二俣へ身柄を移送されることとなった。

これは、関東の雄、北条氏との盟約を手土産に信康の助命を願い出る家康の家康は時間稼ぎであった。

家康が時間稼ぎ図っている最中、石川数正とともに瀬名姫が逃亡を図る。

瀬名姫の手文庫から武田との密約をしたためた書状が見つかる。

これは、謀反の疑いが自分の方に向けるように仕向けた瀬名の策であったが、家康は直ちに瀬名姫の捕縛の命を下す。

二俣の地へ向かう途中、瀬名は井伊谷に立ち寄り直虎と会う。

直虎は瀬名の策を読み取るが、それ故に瀬名の気持ちを推し量って欲しいと数正。

直虎は自ら犠牲になる事で家名を守ろうとしてきた者たちの悲しみを知っている故に、瀬名には生き延びる道を歩んで欲しいと願うが、瀬名の自己犠牲により徳川の家名を守りたいとの決意を覆すことは出来なかった。

北条との盟約を取り付け、今川氏真が浜松に戻るが時すでに遅かった。

井伊谷を出て二俣へ向かう途中、瀬名は捕らえられ謀反人として頸を刎ねられたのだ。

瀬名の首と北条との約定を携え、家康は安土へ向かい織田信長と対面する。

信康助命の嘆願を申し入れる家康に対して信長は、「好きにするがよい」と信康助命を認める代わりに「わしも好きなようにする」と含みを持たせて家康を突き放した。

信長の睨みを前に万事休した家康は信康に自刃の命を下す。

二俣城にて信康は自刃。

信康の自刃を持って信康事件の一件は幕を下ろした。

信康事件の理不尽を前に直虎は戦国の世の理不尽さに憤りと悲哀を感じ、大名同士が盟約を結び合い、お互いがけん制し合う事で戦を無くすそんな世の訪れを願う直虎。

そのような理想な世の中は絶対に訪れない。

悲嘆にくれる直虎をしみったれた女と挑発する南渓。

己の命は何のために使うのだ?

自らの命を賭して徳川の家名を守った瀬名を引き合いに、女一生の仕事を問う南渓の言葉に直虎は、己の夢を家康に託し、万千代が平和な世を切り開く槍先と馴れる様に支援する決意をする。

信康事件は岡崎衆の離反を招く事となった。

家康は浮足立つ岡崎に対して武力制裁を進言する家臣達を一喝すると一人籠り碁を打ち、懊悩する。

信康事件の理不尽さは万千代の心にも深い傷を残した。

万千代は浜松に来た直虎に世の儚さを嘆くが、直虎は気弱な万千代に死んでいった者たちの志を受け継ぐ事が残されたものの役目と語り聞かせ、死んだ信康の代わりとして家康に尽くす様に助言する。

万千代は直虎の言葉に不遜と卑下するが、直虎は徳川の家を想う家臣出来る事が家康の助けになると、万千代に家臣としての心得を授けて城を後にする。

直虎の助言を受けた万千代は家康の寝所に駆け込むと碁の相手を申し出る。

万千代の出過ぎた態度に家康は激昂するが、万千代は己に碁を指南してくれた小野但馬守の教え引き合いに、負けた時こそ立ち返り、次に勝つための手を考える大切さを説く。

万千代の言葉に家康は覚醒する。

岡崎衆の動揺を抑える為に、忠勝を岡崎の使者に立てたのであった。

家康の秘策は如何に?

続く
Posted by 田舎帝王 at 2017年11月20日 21:33
今週の風林火山

銃殺寸前のところで助命された勘助は信濃の拠点となった深志城へ帰還するが、直ちに戦陣に戻り、村上義清との雌雄を決する秘策を携え戦に備えるのであった。

武田晴信は勘助の帰還を上機嫌で迎えると、勘助に越後の政情を尋ねる。

晴信に請われるまま、長尾景虎の人となりを語る。

越後の駿将景虎と戦うには義清との戦いでの犠牲を抑えなければならないが、砥石城攻めで手痛い敗退を喫した武田は劣勢に立たされていた。

晴信は我が策の失敗と砥石城攻めを進言した真田を庇うが、武田家中における真田の立場は危ういものになっていた。

策士策に溺れる

真田の居城、松尾城に入った勘助は幸隆に対して辛らつな言葉を投げかける。

勘助の言葉は気落ちしていた幸隆の心に深く刺さる。

幸隆の妻忍芽は夫幸隆を庇い、相木市兵衛も「失策はわしのせいじゃ」と盟友幸隆を庇うが、勘助は「自慢するな」と呆れ果てる。

勘助は一敗地に塗れた幸隆に策を授ける。

勘助の策は調略による城攻めだったが、誰もが考える事と失望する真田の面々。

勘助の策は砥石城に居る義清の重臣常田隆永の調略であった。

隆永は幸隆の弟であったが、今は断交していた。

勘助の策7は真田家の出自である海野家の再興を持って隆永を寝返らせる策であった。

海野家の男系は絶えていたものの、辛うじて海野の息女は上州の地に落ち延びていた。

海野家の血を引く姫君は上州の地で忍芽の兄河原隆正が庇護していたが、隆正は海野家を滅ぼした武田に対して敵愾心を抱いていた。

勘助の策は机上の空論である。

誰しもがそう思えたが、勘助は全てを握る海野家の再興を晴信に申し出る様に幸隆に助言する。

勘助の助言に従い、幸隆は晴信に海野家再興の相談を持ち掛ける。

海野家は盲目の者との縁が強い。

海野家の系譜を語る晴信は、盲目となって出家した次男竜芳と海野家の息女と婚姻させて海野家の家名復興の案を幸隆に提示する。

晴信の破格ともいえる配慮に幸隆は同意する。

幸隆の使者として河原隆正のもとへ春原若狭守が使者に発つが、忍芽は海野家の再興はその縁者の手で行いたかったと忸怩した思いがあった。

忍芽は幸隆に何一つ相談せず、長男源太左衛門を連れて砥石城に籠る隆永のもとへ向かった。

隆永と面会した忍芽は自らの命と引き換えに兄幸隆に下る様に説得する。

また、源太左衛門も母と同様に、我が命と引き換えに隆永への説得を図るが、人の心を謀るかと一喝すると、脇差を差し出しふたりの決意を試す。

源太左衛門が震える手で脇差に触れようとすると、忍芽は奪い取る様に脇差を手に取って首筋に刃を当てた。

忍芽が自害を図ろうとしたその時、幸隆が隆永に面会を求めてきたのだ。

幸隆ひとりではなく、忍芽の兄隆正も同伴していた。

海野家の再興は海野家の祖となる滋野一族の同意も得ていた。

外堀を埋められた形となり、隆永は兄の元へ下る事を同意する。

かくして、勘助の策は成功したのであった。

調略が成功したその夜、勝手な行動をとった源太左衛門、忍芽を叱る幸隆であったが、二人の無事を一番に喜んでいたのは幸隆その人であった。

隆永調略後、砥石城に火が放たれる。

この火攻めを合図に真田勢を先陣とした武田勢が砥石城へ攻め入り、城主須田新左衛門は降伏。

砥石城を失った事で形勢は逆転し、義清が窮地に立たされる番となった。

求心力を失った信濃守護小笠原長時は信濃を追われ、義清は対武田戦の戦略の立て直しを迫られることとなった。

砥石城に入った晴信は論功行賞を行う。

降伏を申し出た砥石城城主須田新左衛門に所領安堵のみならず、晴信の偏諱を与え厚遇する。

また、隆永の調略と砥石城攻めで手柄を立てた源太左衛門にも偏諱を与え、武田家臣として重用する。

更に、砥石城攻めで面目躍如を果たした幸隆には砥石城城代の役目を与え、旧領を回復させた。

積年の願いであった旧領に踏み入れる幸隆。

かくして、真田の本懐がここに成就したのであった。

続く
Posted by 田舎帝王 at 2017年11月20日 22:48
私の世代だと、ナイフといえば本田恭章かも。

「ハックルベリー・フィンの冒険」でトム・ソーヤーがハックに
”囚人はナイフで土を掘って脱獄するんだ”
と入れ知恵する場面がありますが、
”いったい、どれくらい日にちを要するのだろう?”
”途中で刃が折れてしまわないか?”
と子供心に思ったものです。
Posted by ヨット at 2017年11月20日 22:56
漆黒の闇に沈む、甲府市内の夜明け前。
けふの「わろ天下」鈴木京香の活躍に、ご期待下さい。

サテ田舎帝王さん。巨編二編の投稿、読ませて頂きましたゾ。ずっしりと、心に沁み入るもの有り。
見事な活写です。

サテヨットさん。牢獄が大谷石で出来ていれば、比較的短時間で、脱獄できそうですゾ。
Posted by 百足衆 at 2017年11月21日 04:44
田舎帝王様、
大河ドラマ二本のライブ実況ありがとうございます😊
Posted by ラー at 2017年11月21日 08:19
おほほほほ〜

田舎帝王さんの解説、いつも楽しみだわ〜
「おんな城主直虎」をここまで楽しく解説しているブログって、他にないんじゃないかしら?

ドラマは、直虎から万千代に焦点が移ったわね〜
「希望の党」なんかと比較したらマズイわね〜

東京都のおんな城主さんも、迅速な決断力で勇退して欲しいわ〜これ以上、都政をかき回さないでね〜👎👎👎👎👎💀💀💀💀💀
Posted by おんな城主 at 2017年11月21日 11:03
晴れとなつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、発表された。というか、もう食べた。

出し昆布だった。玄米のご飯に、ワカメのお味噌汁もあった。

サテGATTOさん。けふは愛妻弁当か、はたまた総菜パンか、どちらだったのだろうかナ。
Posted by 百足衆 at 2017年11月21日 12:44
録画したのを見ながらレビューを書いてますが、最近はレビューを書き慣れてきたので、ほとんど一時停止しないで書けるようになりました
前は2時間近くかかりましたが、今は一時間ちょっとでかいています
Posted by 田舎帝王 at 2017年11月21日 17:47
こんばんは〜


百足衆先生、今日のお昼は、どちらでもなく、パスタでした。まさに、イタリアのニャンコの餌に相応しい餌(実際、イタリアの野良ちゃんたちはパスタの残飯をもらって食べています)でした。


田舎帝王さん、一時停止なしですか!
w(=•o•=)w ワオッ‼
私など、朝ドラあたりでも、気に入った台詞があれば停めています。質・量だけでなく、早さまで・・・素晴らしいものです。
Posted by GATTO at 2017年11月21日 18:37
GATTOさん

ゆっくりと文章を考えたいときや話の流れを整理したい時に一時停止するぐらいで、あとは視聴しながらキーを叩いていますよ
慣れですね

近藤康用役の橋本じゅんさんは風林火山に出てくる常田隆永をやっていたんですね

鬼平でうさ忠役の尾美としのりさんは榊原康政役で貫禄のある役者っぷりを見せてくれますね

女城主さん

いつも、レビューを楽しんでいただいて嬉しい限りです

当時の情勢や歴史的背景を元にレビューを書いているので、単なるレビューに終わらせないようにしています

Posted by 田舎帝王 at 2017年11月21日 20:37
暗闇に沈む、甲府市内の夜明け前。
けふの「わろ天下」わろ(葵演)は、小野但馬守が借用するそうだが。お愉しみに。

サテGATTOさん。佳い佳い。パスタとは、昭和の言葉で云えば、スパゲティーの事ですナ。奥様の手間も掛けず、かつ栄養のバランスも取れた食事。正着だと、思う。
サテ田舎帝王さん。スラスラと、映像を見ながら描写するとは、かつて楽聖モーツアルトが幼少時代に、初めて聞いた曲をスラスラと五線譜に書き取った故事を、思い出させてくれますゾ。
Posted by 百足衆 at 2017年11月22日 04:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]