2017年11月22日

遊星少年パピイ

1965年から66年にかけてフジテレビ系列で放映された、井上英沖さん原作のアニメーションドラマです。

pappy.jpg

60年代は、今よりも人々の関心が宇宙に向かっていました。米国のアポロとソ連のソユーズが熾烈な宇宙開発競争をしていた為でもありますが、日本にウルトラマンが飛来したのも1960年代でしたし、その翌年にはキャプテンウルトラが壁に描かれた書割の宇宙空間でバンデル星人と戦っています。

zatec1.JPG

そんなウルトラマンよりもさらに古い1965年。TBS系列では、漫画家の井上英沖さんの手による「宇宙少年ソラン」が放映されました。このアニメーションは、チャッピーという上から目線の人騒がせな宇宙リス・チャッピーが登場することで有名ですが、その裏番組であるフジテレビでは同じ井上英沖さんによる「遊星少年パピイ」が放映されていたのです。

あらすじを紹介しましょう。
太陽系の惑星であるクリフトン星は、高い文明を誇っていましたが、同じ太陽系には野蛮で戦争や犯罪の絶えない地球という星があり、警戒を深めていました。
この地球を平和に導く為に、少年のパピイが選ばれ、地球に派遣されます。もしこの時パピイが放射能除去装置を持っていったら、ザラブ星人と同じですがそうではなく、通信機兼用ペンダント・メタライザーという道具を持参してきました。

牧場に住むご近所のリコと仲良しになったパピイは、自分の過去の記憶を消していたこともあって任務も忘れかけますが、悪人の登場と共に覚醒し、
「ピーパピー!」
と叫んで遊星少年になり、アラビヤの魔法使いアジャババや、プロレスラーのストロングの手助けを借りて、悪人を成敗する、というストーリーです。

zatec2.JPG

この頃人気漫画家だった井上英沖さんが現代芸術社の「現代コミクス」という雑誌に連載されていた「ウルトラマン」が、2017年に上下巻となって復刊ドットコム社から50年ぶりに復刻されました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(17) | TVと映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍となつた、甲府市内の家の中。

サテ遊星少年パピー。森永パピー牛乳、と云う物も、あつた。思えば、現代風に云えば、タイアップ商品だったのかも知れません。
ピーパピーという叫び声には、聞き覚えがあります、こう叫んで気合を込めると、敵が宇宙の彼方に吹っ飛んでいきました。
Posted by 百足衆 at 2017年11月22日 05:06
上から目線の外国人や宇宙人うざい
Posted by デハ at 2017年11月22日 09:21
森永パピー牛乳?
聞いたことがないよね。
森永ならミルクキャラメルでしょ!
Posted by Tori’s Igari at 2017年11月22日 16:52
百足衆さん

森永マミー牛乳です。
Posted by 菅原 at 2017年11月22日 17:44
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、るろうに剣心!

なあにが、「森永ホモ牛乳」だ!
君は、百足衆様のお住まいの、山梨県で、一時的にせよ、地域限定で「森永パピー牛乳」が販売されなかったことを、証明できるのか!?そこまで検証したのか?誰でも納得できる、客観的な証拠を提示せずに、「森永パピー牛乳はなかった」と、言い切れるのか!?

私は、君が百足衆様の、揚げ足取りをしていることを、憂いているのではない!そうではなく、客観的な事実を提示することなく、一方的に
「森永ホモ牛乳です」
と、言い切ってしまう、君の姿勢が自然科学者としてその資質を問われる、と言いたいのだ!君は、小保方さんになりたいのか!

このままでは、菅原君の数学者としての前途は、悲惨なものになってしまう!
それを回避したいと切に思うのであれば、私が自費出版して、駸々堂から発売予定の詩集を買って読みなさい!百部ぐらいまとめて購入すると、なお良い!

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2017年11月22日 19:28
藤原さん

駸々堂はもうありません。

あと、「森永ホモ牛乳」ではなく、「森永マミー牛乳」です。
Posted by 菅原 at 2017年11月22日 19:45
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、望月イソ子!
問題を、すり替えるな!君は、森永パピー牛乳が存在しないことを、証明したのか?証明出来なければ、反例を挙げたのか?
そうでなければ、菅原君に森永ホモ牛乳を語る資格など、ない!

謝罪せよ!ぱげ!
謝罪せよ!ぱげ!
謝罪せよ!ぱげ!
Posted by 藤原 at 2017年11月22日 22:12
雨となつた、甲府市内の夜明け前。
けふの「わろ天下」ちんどん屋となつた、高橋一生さんの生きざまをお楽しみに。

サテ、ネット上には様々な疑話が飛び交う。
今回は、藤原さんの云う通り、森永パピー牛乳は、あった。(森永ホモ牛乳も同様)と云う見解が、一番正しいのではないかナ。

菅原君、少なくとも我が山梨県には、マミー牛乳は、なかった。
こればかりは、耄碌爺でも分かりますヨ。
Posted by 百足衆 at 2017年11月23日 05:40
雨となつた、甲府市内の夜明け前。
けふの「わろ天下」ちんどん屋となつた、高橋一生さんの生きざまをお楽しみに。

サテ、ネット上には様々な疑話が飛び交う。
今回は、藤原さんの云う通り、森永パピー牛乳は、あった。(森永ホモ牛乳も同様)と云う見解が、一番正しいのではないかナ。

菅原君、少なくとも我が山梨県には、マミー牛乳は、なかった。
こればかりは、耄碌爺でも分かりますヨ。  
Posted by 百足衆 at 2017年11月23日 05:40
雨となつた、甲府市内の夜明け前。
けふの「わろ天下」ちんどん屋となつた、高橋一生さんの生きざまをお楽しみに。
  
サテ、ネット上には様々な疑話が飛び交う。
今回は、藤原さんの云う通り、森永パピー牛乳は、あった。(森永ホモ牛乳も同様)と云う見解が、一番正しいのではないかナ。

菅原君、少なくとも我が山梨県には、マミー牛乳は、なかった。
こればかりは、耄碌爺でも分かりますヨ。  
Posted by 百足衆 at 2017年11月23日 05:46
雨となつた、甲府市内の夜明け前。
けふの「わろ天下」ちんどん屋となつた、高橋一生さんの生きざまをお楽しみに。
  
サテ、ネット上には様々な疑話が飛び交う。   
今回は、藤原さんの云う通り、森永パピー牛乳は、あった。(森永ホモ牛乳も同様)と云う見解が、一番正しいのではないかナ。

菅原君、少なくとも我が山梨県には、マミー牛乳は、なかった。
こればかりは、耄碌爺でも分かりますヨ。  
Posted by 百足衆 at 2017年11月23日 06:26
百足衆様、

大事なことなので、4度言ったんですね♪
Posted by ラー at 2017年11月23日 08:12
https://macaro-ni.jp/36660 森永ホモ牛乳とホモちゃん
https://www.morinagamilk.co.jp/products/drink/mammy/61.html 森永マミー
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E4%B9%B3%E6%A5%AD/112104/ 森永パピー

全て実在・現存します。ただし、パピーは犬のえさでした。
Posted by デハ at 2017年11月23日 08:21
藤原さん
小保方さん・・・。今となっては懐かしい名前ですね。10万年前の人に感じます。
ところで、https://www.pixiv.net/series.php?id=668212
小保方さんをモデルにした行方さんが怪物に変身して正義の味方に倒されるネットのベルがありました。
Posted by デハ at 2017年11月23日 08:23
老師の名誉のために付け加えます。
・森永ホモ牛乳は森永の主力製品であり、山梨県も含め日本全国で昔から広く流通している。よって藤原さんは正しい。
・森永パピーという製品は、現在は犬のえさであるが、以前は山梨県をはじめとする甲信越地方ではパピーという乳製品があったかもしれないが、おそらく今はない。しかし老師は高齢のため若かりし頃にはあったのかもしれないので、現在ない、または京都周辺では流通していないからと言って、ないと断言するのはよくない。
・森永マミーも現存し広く流通しているが、山梨県では取り扱い店が少なく、老師の眼に触れなかったのであろうと思われる。
よって、老師・藤原さん・菅原さん三者いずれもが正しいが、菅原さんには思いやりが足りないので、師匠である藤原さんがたしなめている、という結論になる。
藤原さんからの返答をお待ちします。
Posted by デハ at 2017年11月23日 08:29
デハ様、デハ様、

正解で、ございます。
正解で、おじゃります。

見事に正解されたデハ様には、国産鰻一年分を、藤原宛にお贈り頂けます!

うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ!
Posted by 藤原 at 2017年11月23日 18:50
漆黒の闇に沈む、甲府市内の夜明け前。
けふの「わろ天下」わろ(葵演)は、父の死を乗り越え、兄が死んだ時同様に、笑って生きていけるのだろうか。乞うご期待。

サテデハサン。爺に掛けられた、パピー牛乳疑惑を、晴らしてくれて、有難う。
モリカケ論争も、是れに似たような、疑惑だと思う。そしてその噂の出所は、朝日新聞だの民進党だのと云った、怪しい処と、決まっている。
Posted by 百足衆 at 2017年11月24日 04:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]