2017年12月08日

戦争遺産探訪 日本編

文春新書から発刊された、竹内正浩さんの著作です。

senso_isan.png

今日12月8日は、太平洋戦争開戦の日です。米国時間では12月7日となるこの日のことは、映画「トラトラトラ」の中で、寅さんこと渥美清が松山英太郎相手に「昨日の敵に、今日の弾は当たらない」と解説している内容が、実は誤りだった事を示しています。

dec401.jpg

戦後72年を経て、現在の日本から、太平洋戦争時代の構造物は殆ど姿を消しました。しかし僅かに残っている、要塞や工廠、地下壕、トーチカといった戦時中の史跡を紹介した本が、地図や近現代史に取り組んでいる竹内正浩さんの写真と文章により構成された「戦争遺産探訪 日本編」です。

「日本編」と銘打ってはいるものの、「海外編」が刊行されたかされていないかは定かでありません。
ともあれ、平和国家を標榜し、憲法九条を金科玉条に掲げる日本にとって、戦争遺産というものは「負の遺産」としか考えていない人が多数います。そういった人達や、土地を活用してお金儲けを画策する人たちによって、加速度的に「日本の戦争遺産」は姿を消しつつあります。

この本で紹介されている戦争遺産は、慶応大学日吉キャンパスにあった、連合艦隊司令部地下壕跡とか、各地の飛行場跡に建築され、現在ではトラクターなどの農機具置き場になっている掩体壕、北の丸公園に残存し、現在ではベンチになっている高射機関砲台座、伊良湖に残る射場跡の気象観測塔と無線電信所、といった数々の物件です。
それらの殆どは、現代の多くの日本人にとっては意味の無い古ぼけた構造物ですが、戦争の歴史に興味を持つ人間にとっては非常に重要な文化遺産ばかりです。

dec403.jpg

この本を頼りに、戦争史跡を訪ねる旅をしても、既に取り壊されたり撤去されたりして姿かたちがないものが非常に多くある事は残念なことです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(19) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番槍
Posted by 田舎帝王 at 2017年12月08日 05:21
サテ田舎帝王さん、一番槍天晴れ也。
Posted by 百足衆 at 2017年12月08日 07:49
今日の夕飯はカレーにします🍛
Posted by ラー at 2017年12月08日 09:20
本日の昼食が、発表に、なった!

カツカレーだ。福神漬けに、らっきょうも、つく。
金沢カレーを思い出しながら、菅原君の顔を見ずに、わろ天下を見ながら、朗々と、食べる!

うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ。
Posted by 藤原 at 2017年12月08日 11:51
こんにちは〜

藤原さんの豪快さがうらやましいです。私は、午前中の仕事がなかなか終わらず、今頃、総菜パンをいただいております。
でも、うみゃい、うみゃい。
Posted by GATTO at 2017年12月08日 14:26
夕闇となつた、甲府市内の日没。

サテGATTOさん。
惣菜パンでしたか。
爺でさえ、鯖味噌煮、味噌汁、ほうれん草のお浸し、香の物を、食べたと云うのに。

質素な生活も佳いですが、たまには精力のつく物を食べ、奥様を喜ばせることも、男性の務めですゾ。
Posted by 百足衆 at 2017年12月08日 17:05
清貧で高潔な藤原さんはいつも菅原さんの食べるウナギの臭いだけでご飯を食べているのですね。
Posted by デハ at 2017年12月09日 07:02
デハ様、デハ様、
エリエリラマサバクダニ。

菅原君の鰻の臭いなど、

嗅ぎたくも、ありません。
嗅ぎたくは、ないのです。

かぎらっ かぎらっ。
Posted by 藤原 at 2017年12月09日 07:36
ほほほほ〜

誰一人として、戦争遺跡の話題をしないわね〜🏯

カオスねここは〜💩💩💩
Posted by おんな城主 at 2017年12月09日 10:04
戦争遺産や戦跡というと、沖縄やパラオの海を思い出します。
若い頃はスキューバもやってましたので、海中に沈む日本軍機の残骸はダイビングの見所のひとつになっていました。

定年を迎えたら、ソロモン島の島々に遺骨収集に参加して、戦跡探訪の旅に行きたいと思っています。
ブーゲンビル島の、山本五十六元帥の墓碑を訪ねる旅とか、有意義な旅ではないでしょうか。
Posted by 無名X at 2017年12月09日 11:45
掩体壕はじつはかなり高さがある。
下に刈り取った藁があるとはいえ、小学生のとき「ぶいすりゃー」と叫びながら飛び降りた時の足の竦みは今も思い出す事が出来る。学校の三階の窓の高さくらいだろうか。
Posted by A・2001 at 2017年12月09日 11:49
A・2001さん

勇者ですね。藤原さんの逆ベクトルです。
Posted by 菅原 at 2017年12月09日 12:40
菅原君、この、

だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、北朝鮮窃盗船員!!

なあにが、「藤原さんの逆ベクトル」だ!
それは、卑怯者で臆病者の、菅原君のことでは、なかろうか!
A2001さんに、

謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!
Posted by 藤原 at 2017年12月09日 13:30
A・2001さん

高知の飛行場というと、龍馬空港すなわち海軍高知飛行場ですね?

小生も、ん十年前の高知旅行の折に、掩体壕群を見ました。
まだあるのかなあ。。
Posted by A2Z at 2017年12月09日 14:31
龍馬空港が出来る前は、かなり多く掩体壕も点在しておりましたが、空港拡張の為消えたものも少なくは無いようです。
高知農大の敷地に今有る物は永久保存でしょう。
掩体壕は大部分が海に面した平地にあって、近くに高い防波堤もあったのですが、クレイジーなことにそこからも飛び降りなけりゃ男じゃないと言われていました。
下は粉の様な砂ですが、あちらこちらに岩が飛び出ており、そこへ着地すれば死ぬと当時は思い、今考えても、自殺以外の何者でもありませんでした。
高さは更に高く、学校の屋上からグラウンドに飛び降りるくらいのものでした。何かが狂っていたのでしょう飛び降りていました。
Posted by A・2001 at 2017年12月09日 19:16
こんばんは〜

今日の夕食は、念願のたぬき蕎麦です。もう終わってしまっ◯「ひよっこ」のヒロインと、その主演女優の顔を思い◯しながら、ポンポコポンと◯べます。

ああ、い◯◯きます。い◯◯きます。
Posted by GATTO at 2017年12月09日 19:53
深夜となつた、甲府市内の夜。

サテA2001さん。掩体壕と云うと、爺は学徒動員で飛行場整備に駆り出された戦時中を思い出します。空襲で死んだ学友も、居ました。

サテGATTOさん。ああ、いきますいきます。とは、鶴光の、ええかあ、ええのんかあ、最高かあ。と云う芸を、思い出しました。少し、若者には刺激が強いですゾ。
Posted by 百足衆 at 2017年12月09日 20:36
百足衆先生、こんばんは。

いやいや、これは単なる「た」抜き言葉でございます。だから「たぬき」なんですね。ポンポコポン。
Posted by GATTO at 2017年12月09日 22:21
つまり「た」を入れると「いただきます」になります。
Posted by GATTO at 2017年12月09日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]