2018年01月27日

知的生活の方法

1976年に現代新書から出版された渡部昇一さんのベストセラーです。

chiteki.jpg

講談社の現代新書を手にとって見ると、今の無機質な装丁よりは、昔の杉浦康平版の装丁の方が遥かに知的なセンスに溢れているなあと思う今日この頃です。

jan2018.jpg

私が中学時代に読んだ現代新書の中で、最も印象に残った本の一つが、先頃亡くなった渡部昇一さんの「知的生活の方法」です。
知的生活とは何か。編集部の紹介文には、「知的生活とは、頭の回転を活発にし、オリジナルな発想を楽しむ生活である」と書いています。しかし著者の渡部昇一さんによる解説は本文にはありません。それはこの本を読みながら、読者が自分なりの「知的生活」をイメージするためだったのでしょう。

私がこの本を読んだのはまだ学生の頃でしたので、自分は「知的生活に向いた人間」だと思っていました。まだ成熟していなかったため、知識欲も旺盛でしたが、この本に書かれていることは咀嚼せずに鵜呑みにしていたように思えます。
渡部昇一さんによれば「知的生活のための酒」はワインが良くて、ウォッカとかアブサンとかアルコール度の高い蒸留酒は脳を駄目にする、とも書かれていました。ですので、私は飲酒できる年齢に達する頃、白ワインばかり飲んでいました。

そして今、50代になった自分の会社生活が必ずしも知的なのか?という問いは、毎日自問しています。ExcelやWordに振り回されて、じきに紙屑になる会議資料ばかりを作り続ける生活が、昔学生だった頃に想像した自分の生き方とは大幅に異なっています。
ともすれば、非知的労働に追いやられた自分を認識して、自分の惨めさに落ち込む日々も決して少なくありません。

そんな時に、書棚にあったこの古い本をもう一度紐解いてみて、学生時代には気がつかなかった「知的生活」の意味を再認識しました。
知的生活とは、学会で成果を発表するため、あるいは会社で出世するための頭の使い方を定義したものではなかったのです。
事実、有名な脳科学者や政治家、元高級官僚といった人たちのSNSでの発言や振舞いは、必ずしも「知性」を感じさせるものばかりではありません。

あえて言えば、自分の社会的な境遇とは別に、「自分の生活は知的な生活である」と自己満足できるための指南書だったわけです。
「自己満足」というと、否定的なニュアンスで捉えられる人も多いかと思いますが、そもそも「知的であること」は本来自己完結的であって、他人の役に立つとか社会に貢献するために使うものとかではないものです。

jan2006.jpg

知的生活の再発見を果たしたので、とりあえずはこの本に定義されている「受動的な知的生活」に浸るため、ワインを飲みながら読書をして週末を過ごしたいと思います。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
Posted by 百足衆 at 2018年01月27日 05:04
一番槍を逃したで御座る
Posted by 田舎帝王 at 2018年01月27日 05:37
事実、有名な脳科学者や政治家、元高級官僚といった人たちのSNSでの発言や振舞いは、必ずしも「知性」を感じさせるものばかりではありません
→高名な数学者師弟のもでしょうか?
Posted by デハ at 2018年01月27日 06:24
酷寒なれど快晴となつた、甲府市内の午前中。
けふの「わろ天下」わろ(葵演)が見守る中、松坂桃李は「ホーホケキョ」の名言を遺して、逝去した。

という、回でした。
サテ田舎帝王さん。共に競おう、一番槍。
一昨日は、得意の昼食予報が全敗という悲運に見舞われたが、GATTOさん他の、暖かい励まし、声援に応えて、今日からまた、復活しよう思います。

サテ早速ながら、昼食予報。
GATTOさんは、冷蔵庫の残り物料理。
デハサンたちは、焼そば。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは、味噌煮込みうどん。

と、予想。
Posted by 百足衆 at 2018年01月27日 09:59
こんにちは

百足衆先生、今日のお昼は、デニーズのチキン南蛮膳でした。残念ながら、冷蔵庫の残り物は、昨日中に食べ終わりました。
Posted by GATTO at 2018年01月27日 12:24
冷麺でした
Posted by デハ at 2018年01月27日 20:09
味噌煮込みうどんは昨日のお昼でした
今日のお昼は熱海でパスタを食べました
Posted by 田舎帝王 at 2018年01月27日 22:58
酷寒となつた、甲府市内の夜明け。
けふは武田神社に参拝に行きました。犬の散歩人が、多い。

サテGATTOさん。又しても、爺の渾身の魚雷、かわしましたナ。剣呑、剣呑。
サテデハサン。焼そばの対極にあるのが、冷麺。よって50%と、判定。
サテ田舎帝王さん。24時間の違いで正解だつたので、50%と、判定。
けふは、風林火山の解説に渾身の力を込め、セゴどんは要点を判り易く、解説しよう思います。
Posted by 百足衆 at 2018年01月28日 07:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]