2018年02月06日

三助

銭湯の中で、背中を流す等のサービスを請け負っていた職業のことです。

sansuke_p.jpg

全国的に今年は例年よりも寒い冬になっています。冬に温まるものといえば鍋料理や炬燵・ファンヒーターといった暖房器具は勿論ですが、暖かい湯船につかってお風呂で温まるのも一つの方法です。しかし湯船から上がった途端に寒い脱衣所でヒートショックを起こす人が多いそうです。くれぐれも気をつけてください。

feb2009.jpg

江戸時代、江戸市中では自分の家に持ち風呂を有していた人は一部の上級階級を除いて殆どおらず、共同浴場である銭湯を利用していました。
銭湯のメリットの一つは、持ち風呂と違って広い浴槽で思い切り体を伸ばすことができることです。現代でも大田区あたりに行けば、風呂のないアパート住いの人向けに銭湯が何軒か営業していますが、持ち風呂のある人も時々その開放感を楽しむために銭湯を訪れるそうです。

銭湯は、基本的には自分で自分の体を洗い、湯船に浸かって脱衣所で体を拭き頭髪を乾かして牛乳を飲む。という場所ですが、銭湯側でも接客業としてのサービスを用意していました。
最初に登場したのが「湯女」です。これは、客の背中を洗い流すサービスを行う女性でしたが、次第に性的な仕事も担当するようになり(旅籠での「飯炊き女」と同じです)、慶安年間(家光〜家綱の頃)に湯女は風俗取締り上好ましくない職業として禁止されました。

それに代わって登場したのが、「三助」です。三助は男性客だけでなく女性客の背中を流す仕事もしていました(主たる仕事は、薪で風呂を沸かすことです)。女性客も相手にするからといって湯女の男性版のような役割を担っていたのではなく、高齢者などで性的な対象と見られなかった男性が担当していたそうです(ちょうど、按摩師がしばしば盲人であるのと同じです)。本当のところ本人はどう思っていたかは判りませんが、少なくとも表面上はそういうことになっていました。

「三助」の仕事は明治維新を過ぎても、銭湯という施設が存続する限り続きました。昭和の中期が、三助=背中流しの最盛期であったとも言われています。しかし持ち風呂率の増加で銭湯そのものが衰退していくのに加えて、有償で背中を流すサービスを必要とする人が減り、2013年に東日暮里の「斉藤湯」で最後まで三助として仕事をしていた人が勇退し、日本から「三助」という職業が消えました。

feb2010.jpg

しかし先日、毎日新聞に「銭湯百景:背中流し「三助」復活の動き」という記事が載り、高齢者を相手に三助のサービスをする人が再び出始めたことが知られるようになりました。
ディープラーニングAIの台頭で、人間の職業のいくつかはこれから短いうちに消滅しそうですが、反対に「復活」する職業も出てくることでしょう。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(29) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番槍
Posted by 田舎帝王 at 2018年02月06日 05:37
織田信雄
Posted by デハ at 2018年02月06日 07:34
おはようございます♪

田舎帝王様、一番槍おめでとうございます㊗
デハ様、二番槍おめでとうございます㊗

今日はラーメン食べます!
Posted by ラー at 2018年02月06日 07:55
私も今日はセブンイレブンで、おにぎり買ってきました(昼食用
Posted by シモン at 2018年02月06日 08:02
おはようございます。

ラーさん、三番槍おめでとうございます。
シモンさん、四番打者おめでとうございます。
Posted by GATTO at 2018年02月06日 08:17
スクール水着や競泳水着を着た現役JKが背中を流してくれる銭湯があれば行ってみたい
Posted by 田舎帝王 at 2018年02月06日 09:01
GATTO様、

5番バッターといえば柳田選手でしたね♪
Posted by ラー at 2018年02月06日 09:02
ラーさん、私にとっては、5番バッターは阪神タイガースの岡田選手ですね。1985年のバックスクリーン3連発のイメージが強烈です。
Posted by GATTO at 2018年02月06日 10:17
我が千葉県民にとって、三助の3といえば、長嶋茂雄です!

はい!永久に不滅です!
Posted by 燈台森 at 2018年02月06日 10:26
燈台森さん

軍事オタクさんのような文章ですね。
巨人の3番バッターは、王貞治選手です。
Posted by 菅原 at 2018年02月06日 11:05
あらっ、燈台森さんも千葉県の方でしたか⁉ 今日まで気がつきませんでした。
Posted by GATTO at 2018年02月06日 12:07
うちは外房の田舎です(と言っても卑下しているわけではありません。大網白里が大好きです)が、燈台森さんは船橋とか市川みたいな都市部かな?
Posted by GATTO at 2018年02月06日 12:19
菅原さん、藤原さんがいらっしゃる前に、背番号が 3 ですから燈台森さんのお話で合っていますよ。


それにしても、王さんは3番打者が多かったけど、彼よりも足の速い長嶋さんや張本さんの方が 、後の4番にいることが多かったようです。単純に見ると逆の方が良さそうですが、王さんが3番にいる打順の方がバランスが良いのかな?
Posted by GATTO at 2018年02月06日 12:34
菅原君この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、陸自ヘリ整備士!

王貞治選手は、1番だ!3番ではない!ワンちゃんと言うだろうが!君は英語の1も知らないのか!?
尚、末次選手の背番号は38だ。2、3、5という、3つの連続する素数の二乗の和だ!

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2018年02月06日 17:11
王選手は、1にこだわったので、一本足打法を生み出しました。
Posted by 王 at 2018年02月06日 17:51
藤原さん。
シナ語では王がワンですから、0番かもしれません。
つまり、王さんは、0であり、1であり、3であり、4でもあるのです。そして89でもあります。
しかし、2番ではないのです。
ないのです!
同じ台湾にルーツがあっても、そこだけは譲れないのです。
Posted by デハ at 2018年02月06日 19:31
私は、一本足打法よりも、張本さんやジョー・ディマジオのようなノー・ステップ打法が好きです。
Posted by GATTO at 2018年02月06日 19:39
今日は、ムカデの爺さんいないね。

おーい、生きてるかい!?
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2018年02月06日 20:56
私は「3番・王貞治」を知らないので、逆に、ホームランや打点の数字で遥かに下回るのに4番を打っていた長嶋茂雄に、神秘的なものを感じてしまいます。
Posted by ヨット at 2018年02月06日 21:06
ヨットさん

王さんはホームラン打ちすぎて敬遠されることが多かったので、4番より3番が良いのだそうです。
Posted by シモン at 2018年02月07日 04:12
おはようございます!

今日は仕事で津田沼に行きます。
お昼は、
「魚骨ラーメン 鈴木さん」というお店に行く予定です♪
Posted by ラー at 2018年02月07日 05:33
おはようございます。

サブローさん、親戚のご不幸があったとのことです。

ヨットさん、シモンさん、そうでした!敬遠対策としての3番でした。それにしてもヨットさん、リアル・タイムでご覧になっていないという意味だと思いますが、お若いのですね。

ラーさん、千葉県にいらっしゃるのですか! お仕事とはいえ、楽しんでくださいね。
Posted by GATTO at 2018年02月07日 07:38
GATTO様、

津田沼に着きました!お仕事、頑張ります♪
Posted by ラー at 2018年02月07日 08:23
昨日の昼食は塩カツ丼でした

最近、一昨日食べた昼食が思い出せない事が多い

なので、昼食予想やってもらえると記録出来て有難い。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年02月07日 09:28
開店と同時に行ってきました♪
魚骨ラーメン 鈴木さん。

美味しかったです!ご馳走さま。
Posted by ラー at 2018年02月07日 12:10
ムカデとか爺さん、じぶんの不幸じゃなきゃいいけどな。

しかし寒いね〜静岡でもこんなに寒いじゃ、甲府はもっと寒いらね。

三助はサブローに似てるね。おいらの仕事も三助だったね。
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2018年02月07日 19:02
なーんだ、なんだかんだいって宿敵の百足衆殿のことを心配してるずら>サブロー殿

GATTO殿
おいらは、ジェフの本拠地に住んでます。
ま、いつ引っ越してもおかしくないけど、生まれは千葉の液晶ディスプレイの工場の街です^^
Posted by 燈台森 at 2018年02月07日 20:30
燈台守どん、
そうです、一刻も早くムカデの爺には、くたばってもらわないと、と思って日々見ていたです。
昼飯予想とか、なんじゃいそりゃよそうぜ。と言いたいのをのど元まで出掛かってぐっと堪えたりしてね。

静岡の海産物の缶詰、千葉の人も、買ってくりょう!
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2018年02月07日 20:50
こんばんは。

ラーさん、すぐ近くに来てくださったと思うとうれしいです。またあると更にうれしいな。

サブローさん、ケンカするほど仲が良いのですな(笑)。

燈台森さん、こんなにお近くだとは思いませんでした。いつかお会いできたらうれしいですね、
Posted by GATTO at 2018年02月07日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]