2018年02月14日

ウハー

ロシアの白身魚と野菜のスープです。

yuha.jpg

今日は西暦269年に聖バレンタインが処刑された日です。
この日は1980〜90年代にかけて、会社で庶務を担当する女性従業員が自分の属する部署の男性に大量の義理チョコを配るというイベントが行われていましたが、現在では殆ど行われなくなっています。
これに限らず、ボジョレーーヌーボーの解禁日に新酒を買いあさるという風習も下火に向かっています。おそらく数年後には恵方巻きを食べるという風習もなくなることでしょう。

4年に一度、冬季オリンピックを開催するという世界的な風習は続いています。冬季オリンピックの有名選手を輩出し、前回の開催国でもあったロシアは、組織的ドーピングの件で国家としての参加を認められず、「OAR」という名称で個人参加しています。

yuha4.jpg

ロシアは基本的に寒い国です。今年のような異常な寒さに耐えるためには、ロシア料理に学び、日本でもロシアのような寒さに耐える食事をするのが健康維持に繋がります。
私は早速ウォッカを晩酌で飲むことを家族に提案しましたが1秒で却下されました。
アルコール抜きでの耐寒ロシア料理として、日本でも手軽に楽しめるスープ料理が「ウハー」です。

「ウハー」と聞くと、なにやら日本人にとっては「風呂上りのビールを飲み干した中年男性」を想像してしまいますが、そうではなく、「煮汁」や「スープ」を意味する古スラブ語の「ユハ」に由来する名前なのだそうです。

yuha5.jpg

食材は、魚と野菜で、まず鶏ガラと小魚で出汁を取り、次にタマネギ・パセリ・ベイリーフ・セロリ・粒コショウといった香菜や調味料を加えて煮ることでベースとなるスープを作り、裏漉しします。
次にスープにニンジンやビーツ、ジャガイモ、キャベツなどの野菜を入れて塩コショウで味付けした後に、魚の切り身を入れて完成です。

切り身として最後に登場する魚は、サケ、スズキ、サワラ、カジキ、それにチョウザメなどです、チョウザメはその魚本体よりも、卵のキャビアの方が珍重されますが、卵だけ利用して母体を食べないのももったいないので、言わば鶏卵に対する鶏肉のような存在としてこの料理に供せられます。

yuha3.jpg

元々は庶民料理だった「ウハー」を、ご家庭でも「ウハー、うまそうじゃうまそうじゃ」と味わってみては如何でしょうか。
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(30) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
Posted by 百足衆 at 2018年02月14日 05:03
百足衆様、
一番槍奪還おめでとう㊗ございます♪
Posted by ラー at 2018年02月14日 06:13
味覚糖みたいな名前ですね
Posted by デハ at 2018年02月14日 07:57
天下一品の朝となつた、甲府市内の朝。
けふの「わろ天下」キースとアサリは、コンビを解散する。

という、回でした。
サテウハー。
一番槍を獲った、爺に相応しい言葉ですナ。
一番槍から引退する、と匂わせて、一瞬の隙を突いて一番槍奪取。
我ながら、見事見事。
Posted by 百足衆 at 2018年02月14日 08:32
寒冷なるも、快晴となつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、発表された。わさび漬けの稲荷寿司だ。ごぼうも、ある。
一番槍を噛み締めながら、スーノボード決勝を観戦し、朗々と食べる。

サテ恒例の昼食予想。
GATTOさんは惣菜パン。
デハサン達は八宝菜。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは冷凍食品詰合せ。

と、予想。
Posted by 百足衆 at 2018年02月14日 12:12
今日はカツカレーでした
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年02月14日 12:42
昨日と同じ、半愛妻弁当でした。
Posted by GATTO at 2018年02月14日 15:06
今日はイタリアンの昼食でした
Posted by シモン at 2018年02月14日 18:45
百足衆様、申し訳ありませんm( __ __ )m
今日はナポリタンでした♪
Posted by ラー at 2018年02月14日 19:27
今週の風林火山

先の諏訪家当主諏訪頼重の忘れ形見で駿河に追い遣られていた長笈は甲府に戻り信玄暗殺を謀るが失敗し、斬り捨てられる。

信玄暗殺未遂事件の裏には寿桂尼の影があった。

寿桂尼の謀略は信玄、そして武田家中の駿河に対する野心を顕在化させるのに十分だった。

その頃、上洛していた長尾景虎は将軍足利義晴の御教書と携え春日山城に帰還した。

御教書には関東管領職の景虎への相続の許しが書かれており、これにより、景虎は関東出兵の大義名分を得られたのである。

景虎が関東平定に乗り出そうとしていた同じとき、今川義元は西へ進もうとしていた。

正月の大評定の場において、居並ぶ家臣の前で尾張平定の決意を明らかにしたのだ。

その頃の尾張は織田信長が尾張一国を統一したばかりでその政情は不安定なものであった。

義元はその隙を狙って尾張に野心を向けたのである。

東国、西国とも新たな戦乱な火種がくすぶる中、躑躅ヶ崎館に一人の僧侶が訪ねた。

僧侶の名は天澤

尾張国の僧侶である。

天澤は信長の密命を受けて信玄に面会を求めたのであった。

天澤は信玄に求められるまま信長の人となりを語る。

信長は武勇に優れ、情報戦を重視する武将である

天澤の話す信長像を障子越しに聞いていた勘助に閃くものがあった。

尾張侵攻の準備に取り掛かった義元のもとに尾張攻略の橋頭堡である鳴海城城主山口教継が織田方に寝返る噂が届く。

義元は教継の処遇について寿桂尼と相談する。

教継の裏切りは織田方の仕掛けた謀略の疑いもあり、義元の心中は穏やかではなかった。

しかめ面で悔しさを滲ませる義元。

寿桂尼は感情が顔に出てしまう我が子に一抹の不安を抱きつつも、噂の真相を確かめることなく、裏切り者として教継を排除するように助言した。

心底の読めぬ他国の国衆に鳴海城を任せるよりも、信頼のおける今川譜代の家臣を置いて国境を固める方が今川にとって都合がよい。

寿桂尼の助言に従い教継は切腹させられ、鳴海城代として忠義に篤い岡部元信が入城した。

義元排除を狙う勘助は織田と今川の一戦に乗じて義元を始末する密議を立てていた。

義元を急襲する絶好の場所は一点しかなかった。

桶狭間。

そこは、沓掛から大高・鳴海の両方面に抜ける間にある小高い山に囲まれた隘路であった。

5月に入り、勘助は雨の降りしきる中、今川館を訪れ義元に面会を求めた。

義元と対面した勘助は尾張攻略に際し、沓掛から尾張の拠点清州城を攻め落とす様に進言した。

勘助は籠城策を採らず今川勢を迎撃するべく城から撃って出ると踏んだのだ。

織田本隊が出馬して守りが手薄となった清州城に兵を進めて城を落とす。

もし、大高城や鳴海城に入って織田勢を迎え撃つなら、戦巧者の信長の前に敗れる可能性も無きしも非ず。

勘助は自分を嫌う義元の自尊心をわざと傷つけ、義元を桶狭間へ誘い込む謀略を仕掛けたのだった。

5月18日

尾張に入った義元は沓掛城に入城した。

そこに朗報がもたらされる。

松平元康が織田方の包囲を突破して大高城に兵糧を運び入れたのだ。

義元は元康の働きを大いに褒めるのと同時に、将器に富んだ元康と将器に乏しい我が子氏真と比べ元康の才を羨むのであった

織田領に侵入した今川勢の勢いは留まらず、織田方の付け城である丸根、鷲津の砦の攻略に着手した。

今川勢と交戦状態に入ると、信長は清州城から出馬した。

信長出陣の報を受けた義元は勘助の言葉を思い返すものの勘助の進言には従わず、大高に於いて信長本隊と交戦する決意を固めたのだ。

大高へ向かう最中、義元は丸根・鷲津両砦の陥落と織田本隊が善照寺砦に兵を進めたと報告を受けた。

連戦連勝の知らせに気を良くした義元は桶狭間で兵を休める命を出した。

義元が織田方と干戈を交える中、寿桂尼の元を訪れた勘助は、信玄暗殺の咎で長笈を死に追いやった事を詫び、義元の身を案じる素振りをみせた。

勘助は桶狭間で義元が奇襲されることを暗に仄めかす。

勘助の言動に不審を抱いた寿桂尼は、あの日、勘助が義元に進言した本意を問い質すが勘助はこれをはぐらかし退出する。

勘助の読みと寿桂尼の不安は的中した。

桶狭間で休息している中を織田方の急襲を受けたのである。

義元討ち死にの報が駿府、甲府に届けられた。

義元討ち死にの報に接し、今川の姫君を娶った義信の守役飯富兵部は勘助に詰め寄る。

飯富は義元の死の影に勘助の謀略を読み取ったが、当の勘助は「自分の力で何が出来ようか」と飯富の疑念を否定したのであった。

義元の頸は忠臣元信の働きにより今川方に戻されたが、義元の頸と共に元康の裏切りが伝えられた。

元康は義元の死の混乱に乗じて故地岡崎城に立て籠もり今川家から独立の動きをみせたのであった。

主君の死と元康の裏切り。

寿桂尼は三河の備えよりも駿河に野心を抱く武田と北条に備える様に指示を出した。

駿河の女大名の誕生であった。

つづく
Posted by 田舎帝王 at 2018年02月14日 19:35
強風吹きすさぶ、甲府市内の夜。

サテ皆さん。爺の昼食予想は、ピョンヤンオリンピック同様、金メダルを獲れないで、居る。
まだ、一縷の望みをデハサンと田舎帝王さんに繋いでは居るが、今の処、全敗の憂き目に遭ってゐる。

風邪が流行っているせいか、爺の思考能力も、鼻をかむ回数に反比例して、低下して居ます。
Posted by 百足衆 at 2018年02月14日 19:35
老師
申し訳ございません。焼肉でした。
それとヒントを差し上げます。
私はキノコ類、とくにシイタケが大嫌いなので、八宝菜、酢豚、広東麺、中華丼、茶わん蒸しなどはまず食べません。(゛入っていないと分かっている店だけで食べます)
それと、デロさんとは名前が似て居ますが全く面識がないので、同じものを食べる可能性は限りなく0です。名前からするとデロさんは岐阜県の方のようですので、福島県に住んでいる私とは、遠すぎます。
Posted by デハ at 2018年02月14日 20:13
田舎帝王様♪

久し振りに、痺れる「風林火山」の解説ありがとうございます^^

インフル対策でフル稼働だったお仕事は、一段落しましたか?

西郷どんは、ひどいスイーツ大河になったので、今回で視聴やめました><
Posted by ラー at 2018年02月14日 20:38
本日のお昼はカボチャグラタンでした
Posted by 田舎帝王 at 2018年02月14日 20:38
百足衆さん

全敗ですね。
Posted by 菅原 at 2018年02月14日 21:13
ラーさん

怒涛の忙しさの中体調不良を起こして長期休暇を頂きました
体調不良と言っても、毎年2月になると鼻炎を悪化させてしまうのですが、今年の風邪は治りが悪いですね
Posted by 田舎帝王 at 2018年02月14日 21:45
菅原さん
傷口に塩を塗るようなコメントするとまた藤原さんが出てくるよ。
てかそれが狙いか?
菅原さんのコメントはくしゃみで、藤原さんはハクション大魔王みたいなものだからな
Posted by デハ at 2018年02月14日 22:46
酷寒、漆黒の闇に沈む、甲府市内の夜明け前。
けふの「わろ天下」わろ(葵演)の馬鹿息子、隼也が、大失敗を犯します。お愉しみに。

サテ田舎帝王さん。久し振りの風林火山、活写見事なり。爺は前回、見れなかったので、大いに参考になりました。

サテデハサン。佳い佳い。菅原君の、傷に塩を塗る投稿も含めて、爺はこの場での交流を生甲斐とし、命の源泉として愉しんで居ますゾ。

爺の現役時代にも、菅原君のように、些細な間違いを指摘する生徒が居た。歴史の授業で板書をしていると、「先生、りっしん偏ではなくのぎ偏です。」と、あたかも国語の授業のようになつた。
風の便りで、その生徒は社会人になって間も無く交通事故であっさりと亡くなったそうだ。
今では、懐かしい思い出です。
Posted by 百足衆 at 2018年02月15日 04:44
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、フロリダ高校発砲犯!

百足衆様は、暗に、菅原君は交通事故に気をつけろとおっしゃっている!

百足衆様に、
感謝せよ!はっ
感謝せよ!はっ
感謝せよ!
Posted by 藤原 at 2018年02月15日 08:10
百足衆さん

ありがとうございます。
Posted by 菅原 at 2018年02月15日 08:23
快晴となつた、甲府市内の朝。
けふの「わろ天下」わろ(葵演)の息子、隼也は、振り込め詐欺に遭ってしまう。

という、回でした。
サテ藤原さん。流石は、同じ教師として、勘が働きますナ。
爺も根っからの教師の為、菅原君に暗に示唆してあげずにはいられませんでした。

菅原君 、あまり細かい目先の事ばかり考えていると、交通事故に遭ってぽっくり逝ってしまいますゾ。
Posted by 百足衆 at 2018年02月15日 08:38
寒風吹きすさぶ、甲府市内のお昼前。

サテ恒例の昼食予想。
GATTOさんは惣菜パン。
デハサン達は天丼。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんはライスカレー。

と予想。
Posted by 百足衆 at 2018年02月15日 11:40
今日は、本格的な愛妻弁当です。
Posted by GATTO at 2018年02月15日 12:14
合鴨のコンフィを食べました。
Posted by シモン at 2018年02月15日 12:30
百足衆様、申し訳ございません!

CoCo壱のポークカレーでした♪
Posted by ラー at 2018年02月15日 12:34
ハンバーグ定食でした
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年02月15日 12:38
百足衆さん

今日も全敗ペースですね。
Posted by 菅原 at 2018年02月15日 13:52
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、スマホ電動自転車!

何度言ったらわかるんだ君は!
後ろから、山梨ナンバーの8トンハーフトラックが、猛スピードで菅原君の背後に迫って来る!

もとい!スマホ片手にもう片手にジュースを飲んだ女子大生の電動自転車かも知れない!
いずれにしろ、交通事故死は、免れない!

ほげらっ ほげらっ
Posted by 藤原 at 2018年02月15日 17:50
夜となつた、甲府市内の夜。

サテ藤原さん。佳い佳い。
爺は、残り少ない人生を、菅原君も含めて、此処での皆との交流で、楽しんで居るのです。

菅原君 の云っている事は、事実です。
あたかも、オリンピックで金メダルを未だに獲得出来ない日本選手団同様、爺の予想も、金メダルを逃して居ます。

因果応報。此の言葉を大事にしましょう。
武田を滅ぼした信長も、程なく本能寺に斃れました。
菅原君 、交通事故にだけは、お気をつけて下さいナ。
Posted by 百足衆 at 2018年02月15日 19:24
ほほほほ〜

田舎帝王さんが忙しいと聞いて、しばらくご無沙汰したわ〜🏯

やはり凄く面白いわ〜本編も、田舎帝王さんの解説も申し分ないわ〜👍
モーツァルトの交響曲第29番K201を聞いてるような、若々しい感動に溢れているわ👍👍👍👍👍
Posted by おんな城主 at 2018年02月15日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]