2018年02月22日

脳の中の小人

ラテン語の「ホムンクルス」の名で呼ばれています。

Homunculus drawing.jpg

波乱の平昌オリンピックもそろそろ終盤です。今回のイベントで、世界中に開催国の人達の国民性が世界中に知れ渡った事は、日本にとって或る意味国益かもしれません。

feb501.jpg

かの国の人たちの脳の中に、火病を起こす小人が巣食っているのと同様、我々人類の脳にも、小さな人間がいて精子や耳の中で発生や感覚を司っている・・・と考えた人が15世紀のスイスにいました。パラケルススがその人です。スイスのバーゼル大学医学部教授に就いた後、キリスト教の教義が自然科学と相容れないことで批判をした結果、教授の地位を追われ、錬金術師となった人です。

近代化学の創始者として、酸化鉄・水銀・アンチモン・鉛・銅・砒素などの金属の化合物を初めて医薬品に採用したことで知られるパラケルススは、その賛美者から「医学界のルター」と呼ばれていましたが、本人は「あんな異端者と一緒にするな」と怒ったそうです。ともあれ、自然科学の範疇を超えて神秘主義者となったパラケルススは晩年に「人間の脳を司るホムンクルスを作り出した。精液を蒸留器の中に40日間密封し、そこに人間の血を40週間与え、次に馬の胎内と同じ温度に保つとホムンクルスが抽出できる」と記しています。
あたかも、数年前Nature誌に掲載されたSTAP細胞の精製方法のようです。

20世紀の米国生まれ・カナダ育ちの脳神経外科医、ワイルダー・ペンフィールドは、モントリオールのマギル大学で、てんかんの治療のために行われる開頭手術の際に脳を電極で刺激すると、鮮明な記憶がよみがえることを発見します。1933年のことでした。
ペンフィールドはてんかん患者の手術部位の決定に際し、ヒトの大脳皮質を電気刺激し、運動野や体性感覚野と体部位との対応関係をまとめます。つまり、脳皮質運動野の部位と、人間の(表面上の)体を対応付けたのです。
これによると、体の表面積と脳の対応部分の面積は、必ずしも1対1に対応するわけではなく、顔(特に目、口)、両手(腕の部分ではなく)、舌が極度に大きくなった姿の人間もどきです(掲題の画像)。

feb502.jpg

パラケルススの時代はともかく、現代では脳の中に小人が棲んでいると考える人はほぼ皆無でしょう(某国の人を除く)。しかし、脳の中に「意識の中枢」というものがあり、常に脳のどこかの領域をモニタリングしているのでしょうか?
タマネギは切っても切ってもタマネギです。脳味噌は果たしてタマネギなのでしょうか。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(26) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番やり
Posted by 田舎帝王 at 2018年02月22日 05:08
後耳吸いに絡み血かな価値ね乗らなく名とに道に見ら地土地る
の行く並みら゜手地すら買い耳地のむ
らかチミらと煮もにもなしと死地土地に

と誓いに道の近いニラ名とチミね荷かにこち耳んち酢にね喪に綺羅から道酢に
Posted by 百足衆 at 2018年02月22日 05:33

「人間の脳は数%しか使われていなくて9割以上の能力は一生眠ったまま」
という説は、実は根拠が無いらしい。
この説のおかげで、怪しげなオカルト話・詐欺商法・新興宗教・超人願望(自分はまだ本気を出していない主張とセット)・メディア受けする脳科学・覚醒を目指した修行・薬物興味・効果があるのか疑わしい訓練マニュアル等々が出て来るようです。
Posted by ヨット at 2018年02月22日 09:09
曇天となつた、甲府市内の朝。
けふの「わろ天下」わろ(葵演)は隼也に目を覚ませと説く。

という、回でした。
サテパソコンのキーボードが故障して、家電量販店に持って行き、スグ治りました。治るまでは大変でした。だが店員はヒョイとキーボードを触っただけで故障を治してしまった。狐につままれた気分です。
Posted by 百足衆 at 2018年02月22日 10:53
曇天となつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、発表された。
永谷園の鮭茶漬けだ。安藤広重の東海道五拾三次も、つく。
昼時日本列島を観ながら、朗々と食べる。

サテ恒例の昼食予想。昨日の好調を、維持できるかどうか。
GATTOさんは愛妻弁当。
デハサン達は、焼魚定食。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは、ボルシチのキャビア添え。

と予想。
Posted by 百足衆 at 2018年02月22日 12:14
百足衆様

今日はスタミナラーメンを頂きましたー♪
Posted by ラー at 2018年02月22日 12:29
こんにちは。

百足衆先生、正解です。おめでとうございます。それと、パソコンが直って良かったですね。こちらもおめでとうございます。

さて、10年ほど前に「こびとづかん」なる本が流行りましたが、もしかしたらこのホムンクルスを参考にしたのかもしれませんね。
ところで「こびとづかん」、私は、あまり気持ち良くないな、と思いながら見ていましたが、妻や他の中国人女性の皆さんは「可愛い!」と喜んでいました。まぁ、私も調子を合わせていましたが(笑)。

Posted by GATTO at 2018年02月22日 12:36
百足衆先生、今のところ正解率 100% ですよ。一番槍を逃した日の方が、昼食当ては調子が良いのかもしれないですね。
Posted by GATTO at 2018年02月22日 12:51
曇天となつた、甲府市内の夕間暮れ。
サテGATTOさん。祝福ありがとう。
確かに、一番槍を逸した方が、昼食予想で好成績となるようですナ。

二兎を追うな、との天からのお告げでしょうナ。
Posted by 百足衆 at 2018年02月22日 17:45
今日のお昼はマックのチキンタツタでした
Posted by 田舎帝王 at 2018年02月22日 18:15
今日は赤魚の焼魚定食でした。
ピンポン。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年02月22日 18:23
百足衆さん

セブンイレブンの、筋子醤油とあさりしぐれ煮のおにぎりでした。
Posted by シモン at 2018年02月22日 19:41
曇天となつた、甲府市内の午前中。
けふの「わろ天下」わろ(葵演)は、隼也の目に狂いがない事を知り、安堵する。

という、回でした。
サテ恒例の昼食予想。
昨日見事に魚雷を命中させたGATTOさんは愛妻弁当。
デハサン達はラーメン。ラーメンもラーサン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは難しいが、トスカーナステーキトリュフ添え。

と予想。
Posted by 百足衆 at 2018年02月23日 10:04
今日の昼食が、発表に、なった!
カニクリームコロッケだ。湯豆腐も、つく。
菅原君の顔を見ずに、ヨット様の脳神経科学の投稿を拝読しながら、朗々と食べる!

うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ。
Posted by 藤原 at 2018年02月23日 12:06
こんにちは。

百足衆先生、今日のお昼は惣菜パンです。

昨日は、報告のあった人については 100% の的中率でしたね。素晴らしかったです。今日の私については外れていますが、この調子で行きたいですね。
Posted by GATTO at 2018年02月23日 12:19
サテGATTOさん。
佳い佳い。たまには惣菜パン。奥さんの手間を省く、佳い旦那さんですナ。

田舎帝王さんが難しい。冷凍食品詰合せを外してきているので、佳い食物が想像しにくい、という難点が有ります。
Posted by 百足衆 at 2018年02月23日 15:59
百足衆さん

最近はまっているセブンイレブンのわさび稲荷と鮭の直巻きおにぎりでした。
Posted by シモン at 2018年02月23日 19:15
今日のお昼は味噌ラーメンでした

日勤だと冷凍食品の詰め合わせ弁当ですが、休みとか夜勤入り明けのお昼は食べたいものを食べるので、なかなかドンピシャで当てるのが難しいと思います

とは言っても、カレー、ハンバーグ、回転ずしのどれかを食べる率が高いので、その辺りを狙っていくと正解率が上がりますよ


Posted by 田舎帝王 at 2018年02月23日 19:15
麻婆豆腐定食でした
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年02月23日 19:17
長崎チャンポンでした♪

ラーメンの一種ですよね^_^
Posted by ラー at 2018年02月23日 19:26
ラーさん

ラーメンとチャンポンとは違います。
理由は調理方法が違うので違う麺料理です。
ちゃんぽんは、具材を炒めスープを注ぎ麺も入れます。
これにより、具材の旨みがスープに移り
このスープを麺に程よく吸わせるように炊きます。
これを鍋炊きといいます。
この鍋炊きをするために、ラーメンの麺とは違う
煮込みに適した性質の麺になっています。
長崎の麺には唐灰汁という鹹水の一種が使われており、これは長崎の特産物で、他の県で製造することができません。
Posted by 菅原 at 2018年02月23日 20:29
菅原君、この、

だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、桑子真帆!

君は今日から、ちゃんぽん禁止だ!
ラーメンも食べてはいけない!

長崎ちゃんぽんと皿うどん、さらには高梨皿選手とラーメンを冒涜したからだ!

謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!
Posted by 藤原 at 2018年02月23日 21:52
今週の風林火山

関東管領を輔弼する職務を将軍家より委ねられた景虎は、関東一円の大名小名等に対し関東管領の命に服するように呼び掛けていた。

いずれ、上杉家の名跡を継ぐ事となる景虎に危機感を抱いた信玄と勘助は密議を重ねていた。

景虎の矛先が関東に向けば同盟者である北条氏を助け越後勢に対峙するか、それとも関東に兵を進めている隙を突いて北信濃に攻め入り景虎の影響力を排除するか、いずれにしろ、越後勢の勢力が増大する前に景虎との決戦は避けられない状況にあった。

信玄は景虎との決戦を前に、川中島に築城する決意を固めるのであった。

永禄3年

諏訪四郎は元服を果たし、諏訪四郎勝頼と正式になる事となる。

元服を果たした勝頼を前に、勘助は亡き由布姫と過ごした日々を回顧しながら秋山信友と共に勝頼の烏帽子親を務めたのであった。

元服式を終えた勘助は香坂虎綱に面会し、八幡原に城を築く算段を立てる。

八幡原は文字通り平地に位置し、守りに弱い平城となる。

虎綱は城の防備が弱くなることを懸念するが、勘助は補給の易さに重点を置き、八幡原に城を築こうと考えたのである。

勘助は虎綱の懸念を払拭するように、尼飾、寺尾、鞍骨の各山城を城の守りとする腹案を示す。

千曲川と犀川に囲まれた三角州。

八幡原を決戦の地と決め、その戦に勝頼を参陣させて初陣を飾る。

勘助は勝頼を決戦の地で華々しく活躍する姿を妄想するが、虎綱は違っていた。

虎綱は景虎と正面からぶつかれば武田勢も無傷で済まされず、深手を負う事を予測していた。

この一戦で武田の血筋が絶える恐れがある。

その時に備えて武田の血を引く勝頼の身を死守しなければならない。

「そなたは味方が敗れるとの考えか!!」

負け戦を想定する虎綱に食って掛る勘助であったが、今まで重ねてきた勝ち星は調略や策謀を弄して得てきたものである。

この川中島を押さえていられるのも景虎に領土的野心がないのを見越しての事。

もし、駆け引き無しで戦巧者の景虎率いる越後勢と正面とぶつかり合えば、武田勢と言え大きな深手を負うことになる。

虎綱は冷徹な眼差しで景虎との決戦を見据えていたのだ。

「こたびの戦、わしの策によって敗れると申すか」

虎綱の怜悧な言葉の数々に言葉に勘助は軍師としての自尊心を傷つけられたのだ。

若き軍略家はその涼やかな目元で悔しさに震える老軍師を見据えていた。

越後を発った景虎は関東管領上杉憲政と共に関東平野に兵を進めた。

景虎の出陣の急報を受けた氏康は安房攻めを切り上げ、下総の久留里城から武蔵松山城に入った。

上野に入った景虎は破竹の勢いで城を落とし、反北条の国衆を従え厩橋城に入った。

厩橋城に入った景虎のもとに憲政の腹心、長野業正が参じた。

景虎は憲政を主と慕う業正に対し「新たな主はわしじゃ」と言い放つ。

憲政は景虎の増長した姿に顔をしかめた。

業正は松山城に籠った氏康の動向を尋ねられると「氏康は無理に戦を仕掛ける事はしない」と答える。

「その無理をせぬ氏康に易々と関東を奪われてきたか」

業正の言葉に景虎は冷たく言い放ち、関東衆の不興を買う。

更に、氏康の手に掛った嫡子竜若丸の仇が打てる機会を手にした憲政であったが、「仇討ちではない。天の命ずるままに成敗仕るのみ」と景虎は我が子を失った憲政の親心を踏みにじった。

攻め寄せる越後勢を前に氏康は籠城策を採る。

氏康は付き従う国衆に対して各々城に籠り、自身は松山城を引き払い居城の小田原城に籠った。

景虎と氏康が対峙する中、八幡原に新たな城が築かれた。

海津城である。

海津城に入った虎綱と勘助。

勘助は海津城の城代となった虎綱に「この城は逃げる為の城ではない。攻める為の城。勝つための城」と釘を刺すと、虎綱は勘助の忠告を受け入れる。

忠告を受け入れた虎綱の態度にわだかまりを飲み込んだ勘助は、若き武将に嫁取りの話を持ち掛ける。

突然の嫁取りの話に困惑する虎綱であったが、勘助は虎綱に「授けたきものがある」と自邸に招こうとした。

氏康が小田原に引き上げたのちも、景虎は厩橋を出ようとはしなかった。

宇佐美定満は平蔵に対して景虎の人物像を尋ねた。

「御屋形様は戦神の化身」

平蔵は戦巧者の景虎に軍神の姿を重ねていたが、定満は「御屋形様と言えどもただの人じゃ」と喝破し、景虎への過信と景虎の増長を危惧していた。

永禄4年。

雪解けを待ち景虎は兵を進め氏康が籠る小田原へと兵を進めた。

その途上、景虎は従属の態度を示さぬ忍城に使者を送った。

忍城は成田長泰が城主を務めていた。

成田家は関東屈指の名門であり、古くは鎌倉将軍家とも誼を通じていた名家の一つである。

景虎は自ら使者となって忍城に入ると、長泰を従属させた。

更に、長泰の妻を証人として本陣に置くことを決める。

忍城を押さえた景虎は小田原に入り、氏康自慢の居城小田原城攻めに掛った。

守り堅固の小田原城を前に流石の景虎も為す術もなく手をこまねくだけである。

予想以上に城攻めが長引き、支城から出撃した兵により越後勢の後方は撹乱させられていた。

同盟国である武田勢も甲斐を発ち、信玄自ら援軍の指揮を執った。

信玄は関東攻めで手薄となった信濃の越後方の城である割ヶ嶽城を落とす算段を立てていた。

城には河原田伝兵衛と女忍び葉月が潜入し城攻めの工作を行っていた。

この時、事の成り行きで伝兵衛と葉月は抱き合う事となり、伝兵衛は長年思いを寄せていた葉月に求婚を申し込んだ。


小田原攻めに手をこまねいていた景虎は独り小田原城の城門の前に進み出ると、城門から三十間(約54メートル)前に腰を下ろすと、城から射かける弓矢や鉄砲を肴に盃をあおったのであった。

狂気ともとれる景虎の優々とした姿を目の当たりにした氏康は、静観するのみであった。

小田原城を引き上げた景虎は鎌倉に入り、鶴岡八幡宮で古式に則り憲政より関東管領職を拝する事となった。

これにより、長尾景虎改め上杉政虎と名乗ることなる。

その帰り、騒動が起きた。

景虎を迎える関東諸将の中で馬上から迎える武将が居た。

長泰である。

怒りに狂った景虎は長泰を馬から引きずり下ろすと鞭で激しく打擲した。

この長泰への蛮行が関東武士の政虎に対する反発と離反を招くのであった。
Posted by 田舎帝王 at 2018年02月23日 23:34
田舎帝王様

見事な解説、ありがとうございます😊
Posted by ラー at 2018年02月24日 09:49
ヨットさん

「人間の脳は数%しか使われていなくて9割以上の能力は一生眠ったまま」

余程サンプルが悪かったんでしょうね。
でもそういう人は私の会社にもいます。

田舎帝王さん

このblogのサブコンテンツとして、貴殿の素晴らしい大河解説。魅了されました。録画してあるので、早速観てみます。
Posted by シモン at 2018年02月24日 10:51
ほほほほ〜

田舎帝王さん、最高のストーリーテラーだわ〜👍👍👍👍👍

再放送ドラマも、田舎帝王さんの手にかかれば新品に生まれ変わるわね〜その文才が羨ましいわ〜🏯🏯🏯🏯🏯

セゴドンは、リタイアしたわ〜👎
Posted by おんな城主 at 2018年02月24日 15:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]