2018年06月01日

マトウダイ

体の側面に、的のような黒点があることが特徴の魚です。

matoudai.jpg

今日から6月です。
6月というと、June brideなどと、結婚式が多い月として知られる反面、日本はそろそろ梅雨に入りますので、鬱陶しいシーズンの幕開けとも言えます。

may1001.jpg

マトウダイは、体の側面に的、というか眼球の黒目のような模様が浮き出た魚です。成長するにつれて背ビレが長く糸状に延長します。的のような模様は見た目のインパクトは大きく、魚を捕食する魚にとって「容易ならざる敵」と認知させて退散させる効果があるのかもしれません。
「マトウダイ」の名前も、「的(まと)」から来ているという説が有力ですが、顔が馬面をしていることから「馬頭ダイ」である、との説も捨てがたいものがあります。

マトウダイは、フランスでは「サン・ピエール」と呼ばれ、バチカン市国のサンピエトロ寺院近くにあるフランス料理屋の魚料理によく使われます。辛口の白ワインに良く合う魚で、特にムニエルとして供せられることが多いそうです。
日本国内では、太平洋側でも日本海側でも瀬戸内海のどこでも漁獲されますが、群生しない魚なので、漁獲量は多くありません。日本海側では、刺身をポン酢ともみじおろしなどで食されることが多いようです。

上品な白身で、肝やあらが繊細な味で美味ですので、冬場に鍋料理として使われることも多いのですが、癖のない白身はフライや唐揚げにしても美味です。小骨が無く骨から身が剥がれやすいので焼魚にしても好適ですが、味噌漬けにしたり西京漬けにしたりと、少し味を足して調理するとより美味しいです。

マトウダイは、通常水深100メートルから400メートルの深さに生息していますが、産卵の季節に浅い海に移動してきます。釣りをするなら、このシーズン(関東では5月から6月)が好適で、肉食性のこの魚を釣るのには活きイワシの泳がせ釣りがよく用いられます。
基本的に群を構成しないので、狙って釣るのは至難の業だそうですが、それだけに釣れた時の喜びはひとしおでしょう。

may1002.jpg

6月は祝日もなく、退屈な平日を過ごすことが多いですが、たまには高級白身魚でも食べて気分を紛らわしましょう。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(15) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。

まとう鯛は、甲州武者が釣り上げたり。
Posted by 百足衆 at 2018年06月01日 05:25
いつも思うのですが、この魚のように鯛とは似ても似つかない魚が「〇〇タイ」と名乗るのはいかがと思います。タナゴのほうがよほど鯛に似ています。
キンメダイなども鯛より金魚に近い形と色です。
Posted by デハ at 2018年06月01日 06:07
デハ様おはようございます♪

金目鯛は深海魚ですもんね。肉質も真鯛とはだいぶ違いますし・・
Posted by ラー at 2018年06月01日 07:13
今日の昼食が、発表に、なった!

春巻だ。
かに玉甘酢あんかけ、八宝菜、ソース焼そば、杏仁フルーツ、塩葱メンマに、具なし味噌汁も、つく。

菅原君の顔を見ずに、「半分青い」の再放送を観ながら、朗々と、食べる!

うほっ うまそうじゃ、うまそうじゃ。
Posted by 藤原 at 2018年06月01日 07:20
紺碧の空となつた、一番槍の甲府市内の朝。

けふの「半分青い」半(永野演)の元え晴(松雪演)が出掛けた為留守になった岐阜市内では仙吉(中村演)達が羽根を伸ばす。

という、回でした。
サテデハサン。まとう鯛は、鯛とは別の、まとう鯛科に属する魚、と聞いたことが有ります。デハサンが好きそうな魚に、チョウセンバカマと云う魚が有ります。何故デハサンが好きか、説明は省いてもいいですナ。
Posted by 百足衆 at 2018年06月01日 07:48
おはようございます。

まあ、皆さんご存知のように、我が国では「めでたい」に通じるからタイが愛されていて、関係のない種類の魚にも「・・・ダイ」なんて名前がついていたりしますね。

私が、観る方で(食べるばかりではありません/笑)好きな魚で、「スズメダイ」というグループがあって、とてもきれいなのですが、これなんかその典型ですね。「ルリスズメダイ」とか「コバルトスズメ」なんて検索してみてください。本当にきれいですよ。
Posted by GATTO at 2018年06月01日 08:14
快晴となつた、甲府市内の昼下がり。
けふのランチ予報は、藤原さんが早々にねたばれされたので、急遽中止と致しました。ご了承下さい。

サテGATTOさん。早速スズメダイで、検索をした処、ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑というホームページに行き当たり、読んでみました。
あぶっても佳し、煮付けでも佳し、との由。
難点は、甲府の魚屋で、置いているかどうかわからない事ですナ。細には午後の買い物で、探すように命じておきました。
Posted by 百足衆 at 2018年06月01日 14:11
ご無沙汰致しました。biweroファンの主婦、FYIです。

鯛にしろ金目にしろ、今では切り身でスーパーで買えるので、三枚におろしたりする手間が省けて楽ですね〜。
その代わり、マトウダイみたいな珍しい魚はスーパーでは中々手に入り難くなってますね・・・費用対効果が優先なので。

女性の議員を増やす法案を野田聖子さんが推進しているみたいですが、女性議員を増やすには、小池さん、野田さん、辻元さん、れんほうさん、山尾さん(他、立民党女性議員たち)に引退してもらうことが根本対策だと思いますよ。
Posted by FYI at 2018年06月01日 16:53
FYI様

まさしく、その通り!
Posted by ラー at 2018年06月01日 17:14
女性議員にも、三原順子とか小野田紀美さんとか、まともな政治家も多い中、上に名前が上がってるのはすべておかしい人ばかりだからな
Posted by 燈台森 at 2018年06月01日 17:19
FYI さん、お久しぶりです。私の妻は、普段近くのスーパーで買い物をしていますが、たまに珍しい魚介類を見つけると大喜びで買ってきます。でも、今回のマトウダイはまだ無いようです。

百足衆先生、藤原さんのようなケースは、先生の不戦勝で良いと思います。今回のフライングのように、一人のためにクイズそのものが中止になると、その人がかわいそうかも。
ところで、スズメダイですが、更に「ルリスズメダイ」や「コバルトスズメ」で検索してみてください。本当にきれいですよ。
Posted by GATTO at 2018年06月01日 21:22
私は杉田水脈議員がいいです。
Posted by デハ at 2018年06月01日 21:42
昔、『黒魔頭』というすごい邦題がつけられたLPレコードがあったようです。
Posted by ヨット at 2018年06月01日 22:45
ヨットさん

黒魔頭・・・黒いマトウダイを想像しながら命名したんでしょうね。
Posted by シモン at 2018年06月02日 12:22
野田聖子なんかより高市早苗の方がいいね
Posted by A2Z at 2018年06月02日 16:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]