2018年06月13日

太宰治

青森県出身の日本の小説家です。

dazai.jpg

今日6月13日は、「人間失格」「走れメロス」等の作品で知られる小説家・太宰治の命日です。
「桜桃忌」として知られるこの日、太宰は愛人の美容師・山崎富栄と玉川上水に入水自殺しました。

dance5.jpg

多くの人にとって、一番最初に触れる太宰治の文学作品と言えば、1940年に発表された「走れメロス」でしょう。
小学校の国語の教材に多用されるこの作品は、もはやあらすじを語る必要もないほど知られていますが、一応おさらいしておきます。

シラクスの町を訪れたメロスは、当地の暴君ディオニス王の圧政に怒り暗殺しようとして捕らえられる。メロスは妹の結婚式に出席するため、友人のセリヌンティウスを人質にして3日後に必ず戻ってくると宣言して村に戻り、結婚式に出席する。ディオニス王は絶対に戻ってくるはずはないと確信していたが、メロスは自然災害や人災等の艱難辛苦を乗り越えて戻ってくる。
メロスはセリエンティウスを「一回だけ『やーめた』と思った」と告白して張り倒されるが、セリエンティウスも「一回だけおめーが『ぜってー戻って来ねーっ』て思った」と告白するのを聞き、逆に張り倒す。
張り倒し合う二人の間に真の友情を感じたディオニス王は感動し、二人を釈放する。

という話でした。
この、有名な美談ながらもつっこみどころの多い作品は、古来「ヤッターマン」をはじめとする多くのアニメや漫画作品にパロディとして再利用されました。

このような人間愛に満ちた作品を手がけた太宰治は、どのような精神生活を営んでいたのでしょうか。
相原コージさんの漫画作品「コージ苑」に、ちょっとでも落ち込むことがあるとすぐ入水自殺しようとして「ちょ、ちょっとダザイはん!」と関西弁で呼び止められる人物が登場しますが、この人物像こそが当時の太宰治を最も正確に描写した漫画作品です。
現実の太宰治も、自堕落な放蕩生活をした挙句、自己嫌悪からすぐに自殺したがる人生を送っていたのです。人生に前向きな作品である「走れメロス」は、結婚して甲府に移住することで、そんな自堕落な生活に一区切りをつけた時に書かれた作品だったわけです。

しかし、もともと放蕩生活と自己嫌悪の悪循環が身に染み付いたこの小説家の人生が、そんなに容易に好転する筈もありません。
「斜陽」で没落華族を描いた小説家は、次に「人間失格」を書き上げます。3つの手記とあとがきで構成された本作は、死を目前にした太宰が勢いに任せて一気呵成に書き上げた作品と信じられてきましたが、近年の研究で実際は草稿を準備して緻密に練り上げられた作品だったことが判明します。彼自身の死も、衝動的に行われたのではなく、緻密な計画の元に遂行されたのでした。
完結した最後の作品である本作と、未完の絶筆「グッド・バイ」を遺して、自殺願望の小説家は長年の本懐を遂げました。享年38年、短い生涯でした。

dance4.jpg

太宰治が、「コージ苑」の「ダザイはん」のように、自殺をするする詐欺で長生きしていたら、日本人はもっと多くのデカダンス小説を読めたのに、と思うと残念です。

(本文と写真は関係ありません)
【関連する記事】
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(36) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。

太宰治は、甲斐の老武者が、討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2018年06月13日 05:02
水戸黄門第一部に、格さんの旧友が、悪代官の陰謀により百姓一揆扇動の罪で死刑になり、悪代官が最後の望みを一つだけ聴いてやると言って、期限内に戻ることを条件に瀕死の父への面会を許され、その間格さんが身代わりに張り付け台に乗せられるという回がありました。
よく考えてみると、格さんはセリヌンテウスにされたということですね。
結局旧友は代官側の悪い百姓の襲撃で苦労したものの期限内に到着し、約束を反故にして格さんを処刑しようとした悪代官は黄門様と助さんにやっつけられ、自害しようとするもそれも止められてひったてていかれました。めでたしめでたし。
Posted by デハ at 2018年06月13日 07:02
私は太宰の出た地方があまり好きでなく、入水自殺で他人を巻き込んでくだらない死を遂げた太宰も人間の屑だと思っています。
それに比べ、南部地方出身の石川啄木や宮沢賢治は、清らかで短い生涯だったと思います。
サルを使って南部様の土地をだまし取りその後も徳川幕府、近衛家、明治政府など時の権力者にこびへつらい保身をはかり、戊辰戦争でも裏切ったこの地方を好きになるのは私には無理です。
また実際訪問した時言葉が全く通じなかったのもショックでした。岡山弁や南部弁も私が普段使っている言葉とは大きく異なっていましたが、会話が成立しました。また、九州で「〇〇たい」という人はいませんでしたし、特に自分をおいどんと呼称する薩摩隼人は一人もいませんでした。

 
Posted by デハ at 2018年06月13日 07:09
太宰や青森県と関係ありませんが、広島県では老若男女問わず自分を「ワシ」と呼称する人が大変多く、驚きました。スーツ姿のサラリーマンや女子高生までが「ワシ」と自称していました。西村黄門でさえ「ワシ」とは言いませんでした。(西村黄門と佐野黄門はわたしと呼称、東野黄門と里見黄門はワシと呼称、石塚黄門は見ていない)
Posted by デハ at 2018年06月13日 07:11
ちなみに「水戸黄門」でも、格さんと旧友は殴り合い、落着後旧友は父の介護をしていた女性と結婚しました。ただし、友情に感激したのは悪代官ではなく黄門様でした。
Posted by デハ at 2018年06月13日 07:16
晴れとなつた、甲府市内の午前中。
けふの「半分青い」半(永野演)は、成人した。

という、回でした。
サテデハサン。興味深い論考を、有難う。青森県の人には悪いが、寒くなると人柄も、暗くなる。ソ連がそのいい例です。しかし昨日の金ちゃんは、金張してましたナ。

サテ恒例のランチ予報。
GATTOさんはダブルチーズバーガー。
デハサン達はラーメン。
ラーサンもラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは病院食。
燈台森さんは冷やし蕎麦。
藤原さん達は、オーガニック野菜炒め。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2018年06月13日 10:31
デハ殿

広島人、「じゃけんのう」っていうでしょ!?
Posted by 燈台森 at 2018年06月13日 10:33
カツ丼です。ごめんなさあ
Posted by デハ at 2018年06月13日 10:59
ばみゅーん シャッ! シャッ!
悪を斬る。一部野党とマスゴミ!

菅原君!今日は、オーガニック野菜炒めをいつものあの店で摂ることと、する!
予約と、二人分の、支払いを頼む!

百足衆様、百足衆様、このように、手配しております。手配料は無料です。
Posted by 藤原 at 2018年06月13日 11:19
コンビニの冷やし中華でした。
Posted by GATTO at 2018年06月13日 12:34
今日は仕事の取引先と会食で、松花堂弁当でした。すいません。。
Posted by ラー at 2018年06月13日 12:37
広島といえば、義兄が広島出身です。もう関東の方が長くなったためか、「ワシ」や「じゃけんのう」というのは聞いたことはありませんが、語尾に「・・・の」というのをつけるのは健在です。

あと聞いた話では、近畿地方の人は、主に関東の人が言葉を真似すると気持ち悪がるが、広島の人だと「よくワシらの言葉を身につけたのう」と喜んでくれるとか。
Posted by GATTO at 2018年06月13日 13:19
今日は親子丼でした。

GATTOさん

広島の人は、地元では、燈台森さんの言う「〜じゃけんのう」や「〜じゃけん」をよく使います。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年06月13日 15:43
ラーさん
あやつが好きだった真っ赤道弁当
Posted by デハ at 2018年06月13日 17:37
今日は部下とパスタを食べました
Posted by シモン at 2018年06月13日 17:48
デロさん、ありがとうございます。義兄は、大学からはずっと首都圏なので、だいぶ関東の言葉になってしまいましたが、バリバリの現役の広島人だったら、もっと面白かったことでしょう。
Posted by GATTO at 2018年06月13日 18:28
今日は忙しかったのでコンビニのミックスサンドでした♪
Posted by 燈台森 at 2018年06月13日 18:37
広島を代表する中沢啓さんの漫画「はだしのゲン」では、「・・・じゃけえ。」という言葉がよく出てきます。
「くやしいのう、くやしいのう」は一応、標準語ですが。
Posted by 無名X at 2018年06月13日 18:43
「ギギギ」は、広島弁でしょうか??
Posted by ラー at 2018年06月13日 19:00
ラーさん

中沢弁です。
Posted by 菅原 at 2018年06月13日 19:16
灯台森さん
はい、広島のみならず、岡山の人も「じゃけんの〜」と言います。また笑い方が「ケケケ・・・」です。
Posted by デハ at 2018年06月13日 20:35
関西人は東京や東北に何年住んでも関西弁のままですし、東北人でありながら4年間関西の大学で学んで帰ってくると関西弁になって帰ってきて元になかなか戻りません。
また、関東や広島の出身なのに阪神に入団すると関西弁になってしまいます。広島県生まれの鳥谷や上本、千葉県生まれの故中村監督などは関西弁をしゃべっていました。
今は亡き近鉄、阪急ではバルボンが通訳したため関西弁の黒人が大量発生しました。
Posted by デハ at 2018年06月13日 20:37
デハ様、菅原様、
広島のギギギと岡山のケケケを足して2で割ったのが鳥取発の「ゲゲゲの鬼太郎」なんですね♪
Posted by ラー at 2018年06月13日 20:53
しかし、愛知県出身で、在京球団にしか所属したことのないカネやんは、なぜ関西っぽい言葉(私は、関東にしか住んだことがありませんので、正直わからないのですが)で話していたのでしょうねえ?
Posted by GATTO at 2018年06月13日 21:37
薄曇となつた、甲府市内の夜明け。
けふの「半分青い」半(永野演)に叱責された秋風羽織(豊川演)は、再起できるのでしょうか。お愉しみに。

サテ昨日の、ランチ予報は、惨敗。一番槍の日の予報は、的中確率が低いとのジンクスを、更新してしまいました。

サテGATTOさん。400勝投手の金やんこと金田さんは、最近見かけませんナ。ご存命かナ。
Posted by 百足衆 at 2018年06月14日 05:19
おはようございます。

百足衆先生、金田さんはお元気のようです。今年で85歳になりますので、先生よりも少し上でしょうか。
昨年は、ネット上でしたが、二刀流・大谷選手との対談記事も載っていました。そこで、金田さんは大谷選手に、投手に専念することをすすめていました。
Posted by GATTO at 2018年06月14日 08:01
晴れとなつた、甲府市内の午前中。
けふの「半分青い」半(永野演)の友人の裕子(清野演)が、プロの漫画家として本格デビューを果たす。

という、回でした。サテGATTOさん。爺は先週、86歳に成りました。

気を取り直して、恒例の、昼食予想。
GATTOさんはダブルチーズバーガー。
デハサン達はソース焼きそば。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは病院食。
燈台森さんはもり蕎麦。
藤原さん達はかけうどん。

と、予想。
Posted by 百足衆 at 2018年06月14日 10:36
百足衆先生、こんにちは。

年齢の方、失礼しました。80代の前半くらいに考えておりました。

今日のお昼は、コンビニのパスタ(ペペロンチーノ)でした。
Posted by GATTO at 2018年06月14日 12:46
とんこつラーメンを食べました♪
Posted by ラー at 2018年06月14日 13:01
小諸そばで二枚冷やしたぬき蕎麦でした
Posted by 燈台森 at 2018年06月14日 13:45
先ほど、職場で物を数えていた時、思わず「違うよ。2だ、2だ(ニダニダ)」と言ってしまいました。いやあ、大失言でした(苦笑)。
Posted by GATTO at 2018年06月14日 15:39
今日はもりそばでした
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年06月14日 15:50
GATTO様

デハ様的には、NGワードですね♪
Posted by ラー at 2018年06月14日 17:31
今日は天蕎麦でした
Posted by シモン at 2018年06月14日 19:21
塩こうじラーメンでした
Posted by デハ at 2018年06月14日 21:27
深夜となつた、甲府市内の深夜。

サテ田舎帝王さんは、いつ退院されるのですかナ。
ご快癒を、祈念しております。
Posted by 百足衆 at 2018年06月14日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]