2018年06月25日

ホモホモセブン

講談社の雑誌「週刊少年マガジン」に1970年から71年にかけて連載されたみなもと太郎さんの漫画作品です。

homohomo7.jpg

ギリシャ語で「ホモ」とは、「同質の」という意味の言葉です。70年代、日本でこの言葉は「男性同性愛者」の意味で用いられてきました。近年では女性も含めて「同性愛者」は「LGBT」というアルファベット四文字で表現されるようになりましたが、かつては「ホモ」とは、「正常な恋愛の出来ない人間」というニュアンスで使われていました。

jun424.jpg

「ホモホモセブン」は、そんな「ホモ」という言葉が全盛期に描かれた、みなもと太郎さんによる漫画作品です。
では簡単にあらすじをご紹介しましょう。

フェミニズムの風潮が吹き荒れる近未来。日々圧迫される男性の権利を守るため、男性で構成されるスパイ組織「ホモホモ・ブロック」が結成された。彼らは、宿敵である女性の組織「レスレス・ブロック」と、日々激しい抗争を繰り広げるのだった。

2018年現在の社会は、1970年当時に比べてはるかに「フェミニズムの風潮が吹き荒れる世界」です。この漫画は、まさしく近未来を予言して描かれた福音書のようなものです。

では登場人物をご紹介しましょう。

ホモホモ7:主人公。顔が高倉健のようなシリアスな顔になる時もあるが、普段は平板な顔で、鼻がない。常に「HOMOHOMO」と書かれた帽子を着用している。
名前の「〜セブン」は、諸星ダンと名乗る宇宙人が活躍する特撮番組「ウルトラセブン」から採られたという説や、白バイ警官隊が活躍する漫画「ワイルド7」から採られたという説、当時販売個数が最も多かった紙巻タバコ「マイルドセブン」から採られた等諸説あるが、英国のスパイ映画シリーズ「007」から採用されたという説が有力である。

長官:主人公の上司。ホモホモ・ブロックの指揮官。老人。この人も劇画調の顔になったり平板になったりする。

このような人物たちが、女性の権利を広げようと画策するレスレス・ブロックと、日夜戦いの日々を送っていたのです。

jun425.jpg

作者のみなもと太郎さんは、ギャグ漫画に飽き足らず歴史漫画の分野に進出し、1979年から「風雲児たち」という作品を書き始めました。現在は「幕末編」が連載中で、NHKの正月ドラマにもなりました。おそらく「西郷どん」より面白いです。

(本文と写真は関係ありません)


posted by シモン at 05:00| 東京 ☔| Comment(57) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます
Posted by GATTO at 2018年06月25日 05:04
たまたまトイレでございます。
Posted by GATTO at 2018年06月25日 05:05
面白いので、別に打ち取るつもりはございません。
Posted by GATTO at 2018年06月25日 05:08
晴れとなつた、甲府市内の夜明け。
昨日の「セゴどん」セゴ(鈴木演)は、沖永良部島で個室ライフを楽しむ。

という、回でした。
サテGATTOさん。203高地の戦い、セネガル戦を無事に引き分けて、次節、コロンビアにセネガルが勝てば、たとえ日本がポーランドに負けても、決勝トナーメント進出と、決まった。

佳い佳い。
Posted by 百足衆 at 2018年06月25日 05:15
でも、他力本願でなく、勝って決めたいですね。ポーランドに勝ちたいです。

韓国は敗退が決まったようですね。後で、デハさんの喜びのコメントが聞きたいです。
Posted by GATTO at 2018年06月25日 05:21
GATTOさん

韓国は、ファウルの数では世界を制したそうです。
Posted by 菅原 at 2018年06月25日 06:12
百足衆様

ホモホモセブンと言えば、昨日の大河ドラマでセゴどんと川口雪篷の接吻シーンが放送されてました。。
Posted by ラー at 2018年06月25日 06:15
百足衆殿

次節、コロンビアとセネガルが引分けると、日本はポーランドに負けるわけにはいかないですな(得失点差でコロンビアの勝ち)

しかし第一戦と第二戦の戦いぶりを見てると、次もきっと負けないと思います!
Posted by 燈台森 at 2018年06月25日 07:03
南鮮?そんなチーム出てた?
間違ってテコンドーの選手派遣したみたいですね
Posted by デハ at 2018年06月25日 07:11
デハさん

韓国ファール半端ないってもー
韓国半端ないって
後ろから足を削りに来るんやもん
そんなんせーへんやん普通 そんなんできる?

国民性が世界中に露わになりましたね(露西亜だけにw
Posted by シモン at 2018年06月25日 07:14
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「半分青い」半(永野演)は、風に飛ばされた短冊を取ろうとして駅の階段で後頭部を激突し、死亡する。

という、回でした。
サテデハサン。南韓国は、ワールドカップでも、不正が多く、糾弾されているそうです。まさしく、自業自得。野党やマスコミと何ら変わるところが、有りません。
Posted by 百足衆 at 2018年06月25日 07:49
菅原さん、地元と違って審判の買収はできませんよね(笑)。

燈台森さん、その場合でも、勝ち点でコロンビアを上回ります(日本 5、コロンビア 4)から大丈夫でしょう。でも、勝って決めたいですね。

一番こまるのは、コロンビアがセネガルに接戦で勝って、日本がポーランドに大敗する場合です。日本は、セネガルに勝ち点4で並びますが、得失点差で負けます。それだけは避けたい。

そして、油断は禁物、ランキング上は相手の方が格上ですから。そして、敗退の決まった相手が、ガッカリしていてくれたら良いのですが、開き直って思い切った手を使うのもこわいです。次代を担う若手を大量に使ってくるでしょう。作戦よりも、体力勝負のタフな試合になるかな・・・

でも、きっと勝つよ。ニッポン!
Posted by GATTO at 2018年06月25日 08:01
今大会を通じて、日本のファンになった海外の人達が大勢いるそうです。

どこかの国とは180度対照的です。
Posted by シモン at 2018年06月25日 08:22
シモンさん

メキシコの選手も、きっと
「こんな人達に負けるわけにはいかない」
と思ったことでしょう。
Posted by 菅原 at 2018年06月25日 08:24
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、パンチングアシスト川島!

なあにが、「こんな人達に負けるわけにはいかない」だ!

メキシコの選手の皆さんは、そんな風に思っているはずは、ない!そもそも、人しとして扱っていないはずだ!人間もどきだと思ってるわずだ!マグマ大使か君は!

メキシコの選手の皆さんに、

謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ
謝罪せよ!はっ

はっ!ととりっく!
Posted by 藤原 at 2018年06月25日 08:35
他人に謝罪を要求する連中ほど、
他人より酷いことを自分がしても謝罪しません!

はい!論破されました!
Posted by とおりすがりの軍事オタク at 2018年06月25日 09:15
私は得点には絡んでいないし、海外チームでもないけど、地味に守りに徹していた昌子選手が一番いいなと思います。自己犠牲的なプレーはまさに日本人らしいと思います。逆に私が嫌いなタイプの本田選手に活躍されてしまい、彼の口がより大きくなると思うと残念
Posted by デハ at 2018年06月25日 10:03
晴れとなつた、甲府市内の午前中。
矢張り歴史的に、ポーランドにとってロシアは、カチンの森事件以来の、暗剣殺であることは、間違いなさそうです。次節、日本海海戦と、行きましょうゾ。

サテ恒例の、ランチ予報。
GATTOさんはダブルチーズバーガー。
デハサン達は、牛めし。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんも安定のコンビニおにぎり。
燈台森さんはライスカレー。
藤原さん達はポーランド料理の、焼きピエロギ。

と、予想。
この予想が、50%以上であれば、日本は予選を突破して、ベスト16に進めます。おのおの方、抜かりなき様、お願いしますゾ。
Posted by 百足衆 at 2018年06月25日 10:09
チキン・ステーキでした。ごめんなさい。
Posted by GATTO at 2018年06月25日 12:19
トンテキ丼弁当でした
Posted by デハ at 2018年06月25日 12:32
今日は久しぶりの回転ずしでした
Posted by 田舎帝王 at 2018年06月25日 12:44
ところで、今大会の出場国で一番の親日国は、次回の対戦相手であるポーランドのようです。まあ、こんなことで手加減はしてくれませんし、またしてもらいたくありませんが、フェアな試合は期待できますね。

第一次大戦時に、ロシアに取り残されたポーランドの子どもたちを日本が保護したことに由来しますが、同じ舞台(ロシア)で、両国があいまみえるのは、なんとなくロマンチックに思えます。
Posted by GATTO at 2018年06月25日 12:50
あっさり醤油味ラーメンでした♪

GATTO様、日韓大会の時も、当時の最大の親日国:トルコに負け決勝T敗退でしたが、今回はポーランドで同じことにならないといいですね。

どちらの国旗も、日の丸同様「赤と白」ですね・・
Posted by ラー at 2018年06月25日 13:29
冷やしうどんでした
Posted by 燈台森 at 2018年06月25日 13:53
冷やしたぬきうどんでした。

昨夜は、日本が早々に失点したところで寝てしまいました2度も追いつく好ゲーム、見ておけばよかったです
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年06月25日 14:50
今日はネパールカレーでした
Posted by シモン at 2018年06月25日 16:57
ほほほほ〜

昨日は大河ドラマの1000倍は楽しいドラマチックな試合だったわ〜

日本もセネガルも、フェアプレイで戦ったのが良かったわね〜👍👍👍👍👍

セゴドンはサッパリね〜👎👎👎👎👎
ホームドラマに時間を割いて、セゴドンが何故幕末の英傑になったか、ここまで全く分からないわ〜💀
Posted by おんな城主 at 2018年06月25日 17:12
夕刻となつた、甲府市内のタベ。

サテけふの戦果。ラーサンのラーメンのみ的中。平安朝コンビの回答がたとえ正解であったとしても、50%台には届かず。
次戦、ポーランド戦に不安を残す結果と、なつた。
Posted by 百足衆 at 2018年06月25日 17:39
百足衆どの

ランチ予想の正解率でポーランド戦の勝敗の行方が決まるかどうかはよくわかりませんが、GK川島が不安要因であることは間違いなさそうですな。

C翼で言えば、森崎くん。川島も、失点シーンで「なにィ」と言ったとか言わなかったとか
Posted by A2Z at 2018年06月25日 18:15
更に恐ろしいのは、ポーランドに「1勝2敗」のジンクスがあるらしいのです。2002年と2006年に、2連敗の後1勝しているのですね。まあジンクスというよりも、連敗の後に意地を見せたというところでしょうか。それなら、ジンクスよりも更に恐ろしいです。

ラーさん、「親日国のジンクス」も恐ろしいですね。しかし、赤白国旗というのは結構ポピュラーだから大丈夫でしょう。その相手が、ギリシャ、フィンランドやイスラエルなど「赤無し国旗」「青白国旗」などなら少数派なので少しビビりますが。
Posted by GATTO at 2018年06月25日 19:09
A2Zさん

川島選手は、日本のSGGKですね。
「そうなんどもぬかれてたまるかー」と思っているはずです。
Posted by 菅原 at 2018年06月25日 19:52
深夜となつた、甲府市内の深夜。
サテ菅原君。SGGKとは、どういう意味の言葉ですかナ。
正ゴールキーパーのことかナ。
Posted by 百足衆 at 2018年06月25日 21:58
百足衆さん

スーパーガッカリゴールキーパーの略です。
Posted by 菅原 at 2018年06月25日 22:19
菅原君 この、
だらくそ!堕落僧!ぱげ!禿!蛙山の、ブロガー視察犯!

百足衆様に、嘘を教えるんじゃない!フェイクニュースよりも、罪が重い!

SGGKとは、

SuGawara kun ga Goal Keeper

の略だ!
だから、基本的に味方の選手の揚げ足を、取ることだけに専念し、大量失点すること、という意味だ!

キーパー菅原君一歩も動けず!
菅原君だから、とれなーい!
あああっと!菅原君吹っ飛ばされたあああーーー!

ボールは友達だ!
Posted by 藤原 at 2018年06月26日 05:15
藤原さん、この、
だらくそ!堕落僧!ぱげ!禿!蛙山の 昨夜出た ゴキブリ!

君こそ、更に 嘘を重ねるんじゃない!韓国サポーターよりも評判が悪い!

SGGKとは、

Super GATTO Goal Keeper

の略だ!

私の物語にも登場するし、動画でも見ただろう!

チャオチュールの誘惑さえ振り切れば無敵だ!

だから、藤原さんは、チャオチュールを私のところに送るように!

ごろにゃ〜ん
Posted by GATTO at 2018年06月26日 05:53
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「半分青い」あれから、さらに4年の歳月が流れた。

という、回でした。
サテGATTOさん。どうやら、GATTOさんの解説が、正しいようですナ。スーパーガットゴールキパー。中々佳い、名前です。
ところでチヤオチユールとは、またたびの一種ですかナ。
Posted by 百足衆 at 2018年06月26日 08:15
GATTOさんからの回答ないままに、甲府市内の午前。
サテけふも、昼食予報のアーリークロスを、上げましょう。

GATTOさんはダブルチーズバーガー。
デハサン達はつけ麺。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは安定のコンビニおにぎり。
燈台森さんは坦坦麺。
藤原さん達は、オーガニック野菜炒め。

と、予想。
Posted by 百足衆 at 2018年06月26日 09:53
百足衆先生、失礼しました。仕事中、他の人の目をぬすみながらですので(汗)。

チャオチュールとは、キャット・フードの一種です。テレビで宣伝もしていますよ。
Posted by GATTO at 2018年06月26日 10:01
今日は安定のコンビニおにぎりでした
Posted by 田舎帝王 at 2018年06月26日 12:20
百足衆さん

すいません(汗)
今日は取引先と松花堂弁当でした♪
Posted by ラー at 2018年06月26日 12:50
今日は明太子スパでした
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年06月26日 13:41
今日は豚しゃぶランチでした。

日本が予選を突破するためには、全員がセグウェイドリブルをマスターする以外に道はない!
Posted by 燈台森 at 2018年06月26日 14:03
肉野菜炒めでした。
Posted by GATTO at 2018年06月26日 15:26
藤原さんと私は、唐揚定食でした。
Posted by 菅原 at 2018年06月26日 15:33
今日は昼から出張でしたので、
近くの喫茶店のランチバイキング@600円でした
Posted by シモン at 2018年06月26日 16:11
曇天となつた、甲府市内のタベ。
まだ明るいながら、着実に日没の時間が、短くなっているのを感じる。

我が人生も、斯くの如し。
けふも、デハサンの回答が未だなるも、田舎帝王さんを除いて一切の予報が、外れた。
サッカー日本代表の、次のポーランド戦を危惧する心と、爺も一番槍、昼食予想の第一線から身を引くべきなのかナ、との思いが交差し、寂しくなります。

爺は、本日を以て昼食予報を終了し、一番槍争いも、若い皆さんの争う姿を、甲府の山間から眺めさせてもらう事に、致します。
Posted by 百足衆 at 2018年06月26日 16:41
私も唐揚げ
Posted by デハ at 2018年06月26日 17:09
百足衆先生、こんにちは。

大丈夫です。たしかに、夏至を過ぎると日照時間は短くなりますが、それは日没の時間たけでなく、日の出の時間の両方からなるものですから。日没の時間は、7月末まではかなり遅いです。

明日の朝になれば、私たちが油断する中、「乾坤一擲、一番槍」7文字がまた見られることを期待しています。
Posted by GATTO at 2018年06月26日 17:23
僕の昼食予想が的中した日は、他の人の予測を軒並み外しますね

Posted by 田舎帝王 at 2018年06月26日 17:24
百足衆様、ファイッ

明日は、ラーメン食べますので。
Posted by ラー at 2018年06月26日 18:10
日没間近となつた、甲府市内のタベ。
富山県で、21歳の男が警官を刺殺して拳銃を奪い、小学校の警備員を射殺する、というとんでもない事件が起きた。
先日の新幹線車内殺人事件といい、近頃の21歳はどこかおかしい。狂っている。
そしてこれも安倍首相のせいだと言い出す左翼が居る。殺された警官よりも加害者の犯人をかばいたがる馬鹿どもが居る。瀬戸内寂聴あたりが、言い出しかねない。罰当たりの、婆さんだ。
Posted by 百足衆 at 2018年06月26日 18:55
また、悲しい事件が起きてしまった!
警察官が銃を持っていなければ。。
犯人は、予想どうり元自衛官。
自衛隊は違憲なんだし、平和な日本を作りたいなら、警察官に銃を持たせず、自衛隊は解散しろ!
Posted by アベ政治を許さない at 2018年06月26日 19:29
全国にこれだけやり場のない怒りを持って強行に走る若者が多いということは、政治が腐っている証拠だな。
安倍と麻生はすぐに辞職しなければいけない。話はそれからだ。
Posted by とうりすがり at 2018年06月26日 20:02
アベ政治を許さない=とうりすがりさん

頻繁にHNを変えて投稿するのはご遠慮ください
Posted by シモン at 2018年06月26日 20:25
強行に走ることは悪くないのでは
Posted by デハ at 2018年06月26日 21:38
今回の事件の犯人が、やり場のない怒りをぶつけるために犯罪に及んだ、という証拠はないんじゃね?
Posted by 燈台森 at 2018年06月26日 22:11
今回の犯人(元自衛官)が野党やマスごみに暴力装置と言われて絶望した可能性もある。
Posted by デハ at 2018年06月26日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]