2018年07月07日

シャリヴァリ

中世ヨーロッパの民衆の間で行われた制裁儀礼の慣習です。

charivari01.jpg

私がリンクさせていただいているのぽねこミステリ館は、主宰ののぽねこさんによる豊富な書籍の紹介をされています。特に西洋中世史関係の文献は、一般人ではなかなか所在すらも知ることの出来ない洋書や史料の紹介をされており、新たな知的体験の場を提供してくださっています。

charivari1p.JPG

先日、「二宮宏之・樺山紘一・福井憲彦編『叢書・歴史を拓く―『アナール』論文選1 魔女とシャリヴァリ(新版)』 (2)」という記事の中で、この論稿の中でキーワードとなる「シャリヴァリ」という概念をわかりやすく解説してくれています(以下、引用)

「シャリヴァリとは、ある特別な状況に際して、何某の住居の前で奏される騒音」

つまり、何らかの社会的要因の元行われる騒乱行為が中世ヨーロッパ(シャリヴァリという言葉はフランス語なので、少なくともフランス)で行われていたのです。
「ある特別な状況」が具体的にどんなものだったかと言うと、のぽねこさんの記事にも書かれている通り「年齢の離れた結婚や再婚などのように、共同体の暗黙のモラルに反する婚姻をしたカップルに対し、婚姻の夜に家の周りに集まって大騒ぎをして嫌がらせをした」のだそうです。
ちなみにシャリヴァリと同様な風習はヨーロッパ全域にわたって存在し、英語では「ラフ・ミュージック(粗暴な音楽)」、ドイツ語では「カッツェン・ムジーク(猫の音楽)」と呼ばれました。

charivari-g.jpeg

こういった行為は独身男性たちによって行われました。自分たちの結婚機会を奪うような結婚に対する嫌がらせであり、ガス抜きの儀式と受け取ることが出来ます。レヴィ・ストロースの文化人類学風に解釈すると、世界の至る所で日常(ケ)に対するガス抜きとしての祭り(ハレ)は存在しており、このシャリヴァリもその一例だ、という具合に分類してしまいそうですが、その向けられる対象や成立条件などはたとえば東南アジアの祭りなどとは大きく異なっており、一緒くたに扱ってしまうのは少々乱暴と思われます。

シャリヴァリは、当初はこのように「自分たちの所属する社会の反道徳的な行いに対する制裁」として成立しますが、18世紀になり徐々に近代国家の法律が整備される頃になると、経済的・社会的不満を特定の人物にぶつけて民衆が意思表示をする、という様相に変貌します。いわば「反権力闘争としてのシャリヴァリ」です。

charivari02.jpg

2018年の今日、シャリヴァリに相当する行為の一つは、インターネットのSNS上で行われる「炎上」に類似しているかもしれません。ネット社会の暗黙のモラルに反する発言や行為を行ったに人に対する攻撃がかなり当初のシャリヴァリに似ているからです。一方、「反権力闘争のシャリヴァリ」に相当する行為は、日本では政権与党に対するものというよりは、さらに実質的権力を握っている既存メディア(新聞、テレビ)に対するものが顕著のようです。
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(32) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番槍
Posted by 田舎帝王 at 2018年07月07日 05:08
曇天となつた、甲府市内の夜明け。

サテ田舎帝王さん、一番槍、見事也。
三河衆が、中世欧州騎士団を、討ち取りましたナ。
Posted by 百足衆 at 2018年07月07日 05:45
お早うございます。

今日はとても興味深いテーマですね。
私もはるか昔、大学の教養部の頃に社会学でこの単語を学んだ記憶があります。

教科書を通して学んだだけの知識ではピンと来るものがありませんでしたが、現代でもこれに似た民衆の行動があり、それがSNSの炎上という現象だ、と言われればその通りかもしれません。

沖縄などで行われる「市民運動」は、シャリバリやSNSとは全く別の文脈と構成員によって行われるものであって、こちらはどちらかというとISのテロに近いですね。

Posted by 無名X at 2018年07月07日 06:24
曇天となつた、甲府市内の朝。
けふの「半分青い」秋風先生が居なくなり、急激につまらなくなりましたが、中村雅俊は健在で居られるでしょうか。
お愉しみに。

サテGATTOさん。確かにこのホームページのオーナーはシモンさんですが、管理人、というと、マンションの管理人室で入居者のチェックをする役目だと思っています。
シモンさんは、時折顔を覗かせて「安定の、コンビニおにぎり食べました。」とだけ云って、去っていくだけです。
昨日の「半分青い」でも、100円ショップのオーナーは麻生由美で、実質働いている店長は嶋田久作でした、さすれば爺は、このホームページの店長兼相談役で、合っているのではないでしょうかナ。
Posted by 百足衆 at 2018年07月07日 06:54
百足衆さん

いつもコメントを有難うございます。
百足衆さんは、自治会会長様ということで如何でしょうか。

管理人は私、シモンです。
Posted by シモン at 2018年07月07日 08:25
曇時々雨となつた、甲府市内の午前中。
けふの「半分青い」半(永野演)は、アルバイトの男(演者不詳)と懇ろになる。

という、回でした。来週も、次号予告を見る限り、あまり面白くなさそうです。お楽しみに。

サテシモンさん。老婆心、ならぬ老人心から一言申し上げるが、ホームページは、記事を書きっ放しで、管理者を名乗るのは、如何なものか。爺は絶えず、不審者が此処を訪れないか、逐次チエツクしているのですゾ。だからこそ、GATTOさんもデハサンも安心して此処に書き込めるのです。一番槍を毎朝、目指しているのも、伊達ではない。武田です。
そう云った爺の苦労を認めず、町内会長程度に貶めるのであれば、もう二度と、此処を訪れることは、なかろう思う。
Posted by 百足衆 at 2018年07月07日 10:13
おいおいムカデの爺さんよ、認知症なったか?脳軟化症か?無理を言うんじゃないよ。
シモンさんは、爺さんが出来ないようなスパムの掃除とかアクセス制限とかシステムの管理やってるだよ。まさに市の管理人と一緒
ムカデの爺さんがやってるのはまさしく町内会長ぐらい。シモンさんに謝んなよ

シモンどの、わかってると思うけど、ムカデの爺さんは二度と来ない言いながらすぐ来るから、ほっとこう。
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2018年07月07日 10:42
曇天となつた、甲府市内のお昼前。

もう二度と此処に来るまいと、思いつつ、ボウフラが沸いた為、管理者の矜持として、一言釘を刺しておく。
管理者とは、是即ち、絶えず周囲に目を配り、集う皆が気持ち良く投稿したり、意見を交わせる場所の雰囲気を、醸成するのが主たる役割と、思う。
ボウフラの妄言のように、掃除だとか制限がどうとかは、枝葉に過ぎず。是だけをこなしただけで、管理人と名乗る事は、普通は出来ませんゾ。
学校長を歴任した爺だからこそ、管理の何たるかを一等知ってるんです。管理者教育と云って生徒を坊主刈りすることではない。学校を佳い雰囲気で維持し、中には落ちこぼれた生徒たちも、何かに打ち込める楽しさを教えたり、教員同士の諍いにも、尊厳を傷つけない範囲で対応したりと、やることは山ほどあるんです。苦言を云いますが、シモンさんはそのどれも、積極的には、おこなっていない。ただただ、「安定のコンビニおにぎり食べました。」だけである。これで管理者を名乗ることが、ちゃんちゃらおかしい。それに以前から爺が提言してゐるやうに、好い加減此処も名前を「歴史研究会のホームページ」に変えませんかナ。デハサンはじめ、それを望んでいる人は、多い。

サテ前置きが長くなりましたが、本日の昼食予報。
GATTOさんは鰻の蒲焼。
デハサン達は中華丼。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは安定のコンビニおにぎり。
燈台守さんはビフーストロガノフ。
藤原さんたちはスパゲテーナポリタン。

と予報。
Posted by 百足衆 at 2018年07月07日 11:15
それと、もう一言だけ言わせてもらう。
日本代表が、ポーランドと対戦した際に、負けているにもかかわらず、後ろでパスを回し、時間稼ぎに徹して賛否の嵐を巻き起こした際、菅原君が理系だかなんだか佳くわからない意見を振り回し、爺やGATTOさんと意見が対立して、この場が険悪な空気となったとき、シモンさんは管理者として何一つやっていない。菅原君の肩を持っただけである。理系人間は理系同士かばいあう、という掟でもあるかの如くで、目も当てられない対応だった。
この場を収めたのは、第二管理人とも云うべき田舎帝王さんだった。田舎帝王さんは、小麦粉を食べられないという苦境を押して、この場を収め、管理してくれたのに、シモンさんはお礼ひとつ田舎帝王さんに云っていない。是は管理者以前に、人としてどうかと思いますゾ。猛省されるべし。
Posted by 百足衆 at 2018年07月07日 11:22
今日はミックスサンドでした♪

百足衆様、管理人さんはシモン様ですよ♪
Posted by ラー at 2018年07月07日 12:47
9日まではセールのためコンビニお握りです
Posted by デハ at 2018年07月07日 12:57
こんにちは〜

今日は、寝坊したので、お昼はまだです。

百足衆先生、シモンさんはいろいろなことをやってくれますよ。対ポーランド戦の時も、確率について説明をしてくれました。

それに、普通、ブログの持ち主=管理人です。どんなに放置プレイでも。シモンさんは立派な管理人だと思いますよ。
Posted by GATTO at 2018年07月07日 13:57
結局、回転寿司でした。
Posted by GATTO at 2018年07月07日 15:59
今日はトウモロコシと枝豆で昼食済ませました
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年07月07日 16:30
百足衆さん

今日はチャーハンを自宅で作りました。

管理人さんはシモンさんですね。
Posted by 菅原 at 2018年07月07日 18:10
老師

自治会長は昔でいうところの庄屋や名主と同じ立場でござるぞ

かの前田利家公は加賀に入府した折、十村肝煎とよばれる有力な名主を十家選び抜いて領内の差配を委任しました

結果、彼らの尽力により加賀前田家は百万石の支配を円滑に進める事が出来ました

町内会長はまさに、その名主と同じです

管理人さんは全体を管理しなくてはいけないので、森を見て木を見ずの状態です

老師は管理人さんの目の行き届かぬところに目を配り、森の中の木々を一本一本吟味する要の役目です

短気に逸ってはなりませぬぞ
Posted by 田舎帝王 at 2018年07月07日 19:04
こんばんは〜

田舎帝王さん、何であなたは、いつも素晴らしい発言をするのでしょう!ただただ、感心するばかりです。
Posted by GATTO at 2018年07月07日 19:32
夜となつた、甲府市内の夜。

サテ田舎帝王さん。実に分かり易い解説、感服仕った。
其れに引き換え、菅原君始め理系組の説明の貧弱な事。人間誰しも得意不得意はあれど、文系なくば人間関係は円滑には、進みませんナ。

シモンさん、貴殿は理系組の一人として、システムの保守に専念されて下さい。人間の管理は、此のホームページの庄屋こと爺が、仰せつかりましたゾ。
Posted by 百足衆 at 2018年07月07日 20:04
田舎帝王さん
解説ありがとうございます。

GATTOさん
地震大丈夫ですか?
Posted by シモン at 2018年07月07日 20:30
シモンさん、ありがとうございます。その時、成田にいましたが、無事です。家は大丈夫・・・かな?
Posted by GATTO at 2018年07月07日 21:59
薄曇となつた、甲府市内の夜明け。
けふの「5分でわかる半分青い」半(永野演)は漫画家を辞め、百円ショップに奉職する。

という、一週間でした。
サテ皆さん昨日は爺の脳がショートして、ご迷惑をお掛けしました。高血圧の薬の飲み忘れが、原因です。

それにも増して、昨今は激動の事件が、多い。大雨、オーム処刑、そして病院で20人以上殺した看護婦逮捕。
嗚呼、日本、世も末哉。
Posted by 百足衆 at 2018年07月08日 06:21
大英帝国が大勝利した素晴らしい朝。皆様おはようございます。
開催国枠で出たロシアも負けて良かった。
蹴球の母国は大英帝国。後進国に後れを取っていたいままでの清算をするときです。
Posted by デハ at 2018年07月08日 06:54
老師
それもみんな安倍総理大臣のせいだという人たちがいます。
また、彼らは処刑前夜安倍総理大臣が飲んだ獺祭という酒蔵が大雨でつぶれたことも喜んでいるようです。
Posted by デハ at 2018年07月08日 06:56
西日本の道路網、鉄道網は未曽有の水害により壊滅状態
1か月後にはお盆休みが控えているが、今年のお盆は里帰りの出来ない人たちが増えるかもしれませんね
Posted by 田舎帝王 at 2018年07月08日 08:17
田舎帝王さん
それも野党によれば前夜安倍総理大臣が獺祭で酒盛したせい
Posted by デハ at 2018年07月08日 08:39
それを言うなら、阪神淡路大震災は村山のせいであり、サリン事件も村山が指示したものであり、東北の震災は菅直人が引き起こしたものになりますね

バカ左翼はそれに言及すると火病るみたいですがねw
Posted by 田舎帝王 at 2018年07月08日 08:42
左翼は安倍総理大臣とアメリカ軍が核爆弾を使い起こした人工地震だと言った者もいます
Posted by デハ at 2018年07月08日 09:20
洪水は蓮舫が仕分けしたせい、崖崩れは菅がメガソーラー推進したせい
Posted by デハ at 2018年07月08日 09:22
大雨の被害に遭われた方々の、一刻も早い復旧をお祈りします。

民主党が「コンクリートから人へ」なんてスローガンで、コンクリートを扱う業者(関●生コン除く)を次々に倒産に追い込んだ結果がこうなりました・・
Posted by ラー at 2018年07月08日 13:52
百足衆さん

理系の文章では、論理的に正しくても、共感を得られる文章になっていないことは多々ありますね。

のぽねこさんのblogは、理系に無い切り口からの繊細で緻密なアプローチで書籍の記述を紐解いてくれています。
是非こちらも訪問され、のぽねこさんの論考の妙に触れてみてください。

田舎帝王さんともベクトルが合いそうですね。
Posted by シモン at 2018年07月08日 15:38
理系脳と文系脳・・・

認知科学に於いては、どちらも一緒。
ただ、学習の過程でニューロンの発火の仕方が異なってきますね。これぞ個性。

反社会的に発展しちゃった脳を、個性として受け止めるか、排除するかは周囲次第だけど、これまで寛容過ぎた結果コニタンはじめ野党議員脳がテレビと新聞を通じて幅を利かせすぎちゃって、まともな人が圧迫される状況にあるからここらで考え直さないと。

ですよね?デハ殿、田舎帝王殿。
Posted by 燈台森 at 2018年07月08日 16:47
燈台森さん
それはマスごみや野党が第三国に乗っ取られている証でしょう
Posted by デハ at 2018年07月08日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]