2018年08月11日

下駄

日本の伝統的な木製の履物です。

geta.jpg

皮革や布とゴムが主要素材と考えられている靴の世界で、木で作られた靴というものはマイナーな存在です。オランダの「木靴」は、足全体を皮革ではなく木で覆った木製の靴ですが、サイズが合わないと靴擦れを起してとても痛そうです。

jugyou1.jpg

靴擦れを起さず、土のぬかるみや汚物も衣服から遠ざけることの出来る日本の木製の靴が「下駄」です。
下駄の原型は、弥生時代の遺跡である静岡県の登呂遺跡からも出土しているそうで、「ゲゲゲの鬼太郎」にも描かれている通り、戦後しばらくの時代まで庶民の足として活躍してきた長い歴史の履物です。

その構造は極めてシンプルで、「台」と呼ばれる足を載せる板と、「歯」と呼ばれる通常二個の台の下の接地部分、そして「緒」もしくは「鼻緒」と呼ばれる、足の親指と人差し指で鋏むことにより下駄を足に定着させるための紐で構成されています。
下駄は木製で、土の地面を歩くときは特に音を立てるわけでは有りませんが、石畳やアスファルトの路上を歩くとき「カランコロン」という独特の音を立てます。先述した「ゲゲゲの鬼太郎」の初代エンディング・テーマ曲にもこの音が取り入れられており、下駄を履いた幽霊の鬼太郎が、石畳の墓地の上を歩行する際に発した音を模しているものと思われます。

下駄は日本の風土に合った、合理的な履物です。西洋の「靴」に比べて、優れている点を列挙しましょう。
・足全体を覆う構造ではないため、水虫に罹患しにくい
・紐を締めなければならない西洋の革靴と異なり、足の親指と人差し指で鼻緒を挟むだけで動けるので、初動性に富む
・道路上に散乱した汚物から、足や着物の裾を保護することが出来る
このように、西洋の革靴に比べて多くの優位点を持った履物が、下駄なのです。

下駄が西洋の革靴に取って代わられるようになったのは、明治維新の頃、坂本龍馬あたりが革靴を履いて闊歩するようになった頃からのようです。もし世が世なら、つまり維新時代の西郷隆盛が実在の通りではなく今年のセゴドン程度の人物であったなら、明治維新は成立せず、結果として下駄は革靴にとって代わられることもなく、日本人の履物の王道として君臨し続けたことでしょう。ついでに廃刀令も出ることなく、2018年の今日も武士階級の人たちは二本差しでオフィスに通勤していたら、現代はデハさん的にはとても住みよい時代になったに相違ありません。

しかし残念ながら、下駄はグローバル化した日本の社会から淘汰される運命にありました。下駄自体、革靴に劣る要素をいくつか有していたからです。
・満員電車で全員下駄を履いていると、足を踏まれるととても痛い
・カランコロンとオフィスを闊歩すると、うるさい
・床が痛む
等です。
かくして、日本人のオフィスワーカーたちは水虫に冒されるというリスクを選択し、下駄と訣別するに至りました。

toritsu1.jpg

このような下駄に対するノスタルジーを美しく歌い上げた名曲が、池田貴史さん(通称:レキシ)による「Get a note」です。
♪あ〜いつの下駄 の音 がしたんだ
「ゲゲゲの鬼太郎」の最新のエンディング・テーマソングに採用されているこの曲、是非一度お聞きください。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(23) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一滴、一番槍。

下駄は、甲州武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2018年08月11日 05:11
下駄は高温湿潤の日本の気候にあった履物ですよね
通気性の悪い革靴は日本の風土に適さない履物ですよね
風土とはまさに、その土地特有の気候や地理的な自然環境に根ざした文化や風習のことを言います

グローバル化の時代、すべての外国人を排斥しろとは言いませんが、日本の風土に適さない害国人には早々に我が国から退去して頂きたい願う
Posted by 田舎帝王 at 2018年08月11日 06:13
天才バカボン親子も愛用者。れれれのおじさんも。
Posted by デハ at 2018年08月11日 06:52
酷暑となつた、甲府市内の朝。
けふの「半分青い」半(永野演)は、五平餅店の経営に乗り出す。

という、回でした。
サテ田舎帝王さん。本当ですナア。日本が嫌いで嫌いで仕方ない外国人が、無理に日本に居る理由は、ありませんナ。
サテデハサン。下駄箱という言葉の意味を、理解しない子供も多いことでしょうナ。是非そういった漫画を通じて、下駄をはじめとするする日本文化を学んで欲しい。
Posted by 百足衆 at 2018年08月11日 08:13
おはようございます♪

お盆休み始まりましたね。金沢市に「げたや」というラーメン屋さんがあって、石焼カレーラーメンが濃厚でした。夏向きかどうかは、ちょっと。。
Posted by ラー at 2018年08月11日 09:01
カップヌードルの予定
Posted by デハ at 2018年08月11日 11:08
熱波となつた、甲府市内のお昼時。
サテ恒例の、昼食予報。
GATTOさんは冷やしたぬきうどん。
デハサンはカップヌードル。
デロサンは冷やし中華。
ラーサンはラーメン。
シモンさんは餃子定食。
田舎帝王さんはコンビニ寿司。
燈台森さんは冷製パスタ。
藤原さん達は機上の為、対象外。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2018年08月11日 12:26
百足衆様

とんこつラーメンを頂きました♪
Posted by ラー at 2018年08月11日 12:49
鰻重でした
Posted by シモン at 2018年08月11日 13:46
うなーん じゅっ!ジュッ!
うなごーにゃ。 食べたい!!

シモン様、シモン様、
もしこの願いが聞き届けましたら、

折り詰めに入れて、鰻を送ってください。
送ってください。

食べ残しでも、構いません、ほげらっ!
Posted by 藤原 at 2018年08月11日 14:20
こんにちはー

今日は、仕事が休みで、白里海岸に遊びに来ています。トウモロコシなど食べました。
Posted by GATTO at 2018年08月11日 16:41
珍しく、ステーキ丼でした。

ダイエットしないと
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年08月11日 18:13
百足衆殿
本日はパック寿司でござった
見事的中
Posted by 田舎帝王 at 2018年08月11日 18:36
足を上げるときに踵と台の板が離れるように歩くことができるので
靴のように泥を跳ねてふくらはぎ背面を汚すことがありません。
Posted by 片山 at 2018年08月11日 21:29
付けであったけどこのウルトラ。人はなかったけどやっぱり気になるでしょうかはなかったけど私達の再放送が酷いんじゃないことを出るけど私かが万一が頑張ってください。
Posted by とうりすがり者 at 2018年08月11日 23:07
曇天となつた、甲府市内の夜明け。
けふの「5分でわかる半分青い」連れ子で帰宅した半(永野演)は、親の金をたよりに、社長になろうと言い出す。

という、回でした。
サテ片山さん。その通り。泥道には高下駄のほうが衛生的ですナ。
サテとうりすがりさん。藤原さんの詩のようで、難解な為、何を云いたいのかさっぱりわかりませんゾ。
Posted by 百足衆 at 2018年08月12日 06:08
サテけふは「セゴドン」改め、「ラブどん」の、放映日。けふはどんなラブと出会いますやら。ラブどん、気ばれえ、チェスト。
Posted by 百足衆 at 2018年08月12日 06:39
西郷どんは、篤姫が出てきて西郷どんが相撲を取る回でリタイアしました
Posted by ゲタゲタのゲタゲタ at 2018年08月12日 14:52
百足衆。
Posted by 百足衆局地的な雷となつた、甲府市内の夜。けふの「セゴドン」セゴドンは、岩倉具視の500円札と、会う。という、回でした。 at 2018年08月12日 19:32
おいどんな西郷どんよりもサミアどんの方が好いちょっ。サミアどんなエゲレスん砂ん妖精じゃ。
他にも恐竜戦隊コセイドンちゅうものがあっと。
じゃっどんおいは、あまり見たこっがあいもはん。
Posted by デハどん at 2018年08月12日 19:45
サテ出たな、デハサンの偽物。
尤も、大河ドラマに出ているのも、西郷隆盛の偽物だから、痛み分けか。
本物のデハサンなら、柏木某の事を、書かない筈は、ない。よって、偽物と結論出来よう。
Posted by 百足衆 at 2018年08月12日 19:54
頑張っているけど私がこだまに乗ったけどやっぱり自分を受けることはコンビニおにぎりが酷いんじゃない。ラブどん、チェスト。枝野が勃起しましたけど、西郷隆盛を置いてある一角は回転寿司がブランドでごった返していた。
Posted by とうりすがり者 at 2018年08月12日 20:19
西郷先生はあげんチッポケな軽か優男じゃなかはず。もっと心も体も大きっ肥え太っちょっはずだ。そいに比べて昔やっちょった「田原坂」ん里見浩太朗どんな良かったて思う。それだけでなっ、わき役も皆軽か気がすっ。
老師が申さるっ通りあや西郷先生ん偽物や。犬Hk許すまじ。
Posted by デハ at 2018年08月12日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]