2018年09月24日

三味線

日本の代表的な弦楽器です。

cat_people02.jpg

弦楽器の中で、現在日本人で最も愛好家の数が多い楽器は、アコースティックギターです。
今年のNHK連続テレビ小説の「半分、青い」の中で主人公の祖父を演じる中村雅俊が劇中で何度も演奏しましたし、元国民民主党(現:無所属)の柚木議員も、ギターを弾きながら虐待死した児童の追悼歌を歌っていました。

sep444.jpg

このように、舶来の楽器であるギターが愛好される前の日本では、どのような弦楽器が演奏されたのでしょうか。ツィター属に分類される筝(琴)が有名ですが、ギターのような形状の所謂「リュート属」に分類される楽器では、琵琶法師が平家物語を弾き語る際に用いられる「琵琶」と、戦国時代以降に発展した「三味線」が代表的です。

三味線は、琉球から伝来した三弦の楽器「三線」を改良した楽器です。
音を響かせる胴の部分に張る革がニシキヘビの皮であるのに対し、三味線では猫の腹の皮が多く用いられます。日本国内では、琉球や奄美地方を除いてニシキヘビはなかなか入手できない為、小動物の皮で代替するような改良が行われたわけです。

この楽器の原料となる猫の皮は、江戸時代は国内に住む野良猫が用いられました。現代の動物愛護の観点から見れば「なんと残酷な」と思われる方も多いかと思いますが、16世紀のヨーロッパには「猫オルガン」という楽器も存在したようなので、特別日本人だけが猫に残酷だったという訳ではありません。
ともかく、江戸時代に飼い猫がいなくなると「三味線にされた」と噂されたのは、ほぼその通りだったようです。

三味線にはバリエーションがあり、津軽地方(青森県)で使用される「津軽三味線」では、猫ではなく殆どの場合が犬の皮だそうです。猫にしろ犬にしろ、小動物の腹の皮を用いることは現在でも変わりありませんが、皮は殆どが輸入物だそうです。「殆どが」ということは、一部には国産の猫や犬の皮を用いて製造される三味線も、まだ存在することになります。それらは三味線の中でもおそらく高級品で、棹木もインド産の紅木や紫檀を素材に使っているものと思われます。
弦は主に絹製ですが、最近の三味線ではナイロンやテトロンの弦も使われるようです。

sep439.jpg

近年では、葛飾の工房の「東京三味線河野」が、猫の皮の代わりに合成紙を用いることで、安価で取り扱いやすく、入門モデルに適している三味線を開発したことが紹介されました。この三味線は、動物愛護を重視する欧米人観光客にも好評だそうです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(35) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
猫の皮は、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2018年09月24日 05:02
空が白み始めた、甲府市内の夜明け前。
けふの「半分青い」3月の寒い時に、青い蝶々が、居るのでしょうか。
お愉しみに。

サテ、ウッカリ猫と三味線の絵を見て、一番槍で猫の皮を、討ち取ってしまつた。削除も、出来ません。

またしても、猫又に祟られなければ、佳いが。
剣呑、剣呑。
Posted by 百足衆 at 2018年09月24日 05:11
最近では、アンプに繋げて演奏するエレキ三味線なんて物もあるみたいですね
Posted by 田舎帝王 at 2018年09月24日 05:33
田舎帝王殿

それ聞いたことがあります。
主として津軽三味線のエレキ化が進んでる、とか
Posted by 燈台森 at 2018年09月24日 06:03
おはようございます。

百足衆先生、猫ではなく、三味線業者を討ち取ってくだされ。

「三味線業者は、甲斐の武者が討ち取ったり。猫様は、同じく甲斐の武者がお守り差し上げたり」

こう書かれたら、祟りも無くなりましょう。ご自分よりも弱い者は、討ち取るのではなく、守ることが武士道だと思います。
Posted by GATTO at 2018年09月24日 06:40
おはようございます。
二本松藩ご家老様はまだお越しになられていませんでしょうか。

昨日の「セゴドン」、シナリオは最悪でした。
ふきという側室に「出て行きますよ」と脅される慶喜公。この女が、セゴドンに「慶喜が日本をフランスに売ろうとしている」と吹聴したことが、戊辰戦争のきっかけとなった(=あくまでも、このドラマでは)のに・・・。
セゴも、大した説明もなく主戦派に転向し、「民のために、江戸を焼く!」と豪語する意味不明な人になっていました。

唯一良かったのは、藤本隆宏演じる山岡鉄舟です。むしろこの人が西郷どんを演じた方が良かった。無用に女達がきゃっきゃきゃっきゃと西郷の周りで乱舞するシーンは総カットで。
Posted by 会津玄武隊 at 2018年09月24日 06:58
私は三味線が嫌いです。
理由は二つ。
猫の皮を使うこと。
主な演奏地である津軽地方に激しい恨みを持っていることです。そのため挨拶を兼ねたこの書き込み以外は不愉快なのでこのスレッドには書き込まない予定です。なお今日の昼食はカップラーメンの予定です(ペヤング)
Posted by デハ at 2018年09月24日 07:13
今日はお休みで、家族もいない(ラッキー♪)ので、ハヤシライスです

会津玄武隊さん

藤本さんの方が役作りしなくても、大きな体と太い眉毛で西郷さんに合ってましたな。でもこんな内容なら主役にならず良かったです

デハさん

そう言わずに、三味線以外で投稿してくださいよ〜ゴロゴロ

GATTOさん

そうまさに、「武士とは弱い者を守る者」です。
江戸時代には、いつの間にか商人の方が強くなっちゃいましたけどね・・
Posted by シモン at 2018年09月24日 07:44
おはようございます!

百足衆様、一番槍おめでとうございます♪

デハ様、津軽地方に恨みですか?りんごをかじって、歯茎から血が出たから、とかですか?
Posted by ラー at 2018年09月24日 07:57
ラーさん

デハさんが津軽地方に旅行されたときに、大量の椎茸で接待されたからだそうです。
Posted by シモン at 2018年09月24日 08:56
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「半分青い」東北大震災が起き、福島原発が危機に陥ると悟った投資家たちによって、半(永野演)たちの扇風機は、売れに売れる。

という、回でした。
サテ恒例の、昼食予報。
GATTOさんは冷蔵庫の残り物。
デハサンはぺヤングカップラーメン。
デロサンは炒飯。
ラーサンはラーメン。
シモンさんは焼き餃子。
田舎帝王さんはお稲荷さん。
燈台森さんはスープカレー。
藤原さん達は王将の天津飯。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2018年09月24日 11:05
今日は冷やし中華を食べました♪
Posted by ラー at 2018年09月24日 13:39
本日は野菜サンド
Posted by 燈台森 at 2018年09月24日 13:56
弘前藩が真っ先に奥羽越烈藩同盟を裏切ったからです。また本家である南部家に対する長年の非礼も許しがたい❗猿に取り入り南部の土地を奪ったカンブツです。なおしいたけづくしの接待をしたのは会津で、会津ではなにも食べることができない
Posted by デハ at 2018年09月24日 14:15
私は薩摩、土佐、肥前を憎いとはあまり思わないが長州、岩倉、三春、津軽は激しく恨んでいます。あと新発田。
Posted by デハ at 2018年09月24日 14:18
みなさん!

昨日の西郷どん、観ましたか!?
最高でしたね!戊辰戦争の緊迫感。土嚢を築いて、優勢な旧幕府軍と正々堂々渡り合った、薩長連合軍。弟が銃弾に倒れても、聊かも取り乱すことなく、進軍を命じた西郷どん。
それに引き換え、こそこそと大坂城を後にして、江戸に着いた途端に鰻を食う慶喜。勝海舟に一括されて、溜飲が下がりました!

ふきどんも良かったです!慶喜の最後の説得を試みるも、受け入れられないと判ると、慶喜の元を去っていきました。きっと、薩摩に帰り、西郷どんの愛妾になったことでしょう。

そして、いよいよ出てきました、篤姫。
「待ち焦がれていたぞ、西郷どん」
来週は、そんな言葉が聞けるに違いありません。

そして、会津戦争や北陸戦争は、ナレーションでさっと流すのが、潔いでしょう。いよいよ明治編の始まりです!
Posted by 西郷どん! at 2018年09月24日 14:38
薩摩に帰順しようと、東海道を東上する新政府軍と合流しようとしたふきどん、セゴドンの「撃て!」の号令で瞬殺。

と予想。
Posted by 牛タンで大爆発 at 2018年09月24日 16:10
カルボナーラでした。
Posted by GATTO at 2018年09月24日 16:29
前述した通り、ハヤシライスでした
Posted by シモン at 2018年09月24日 18:19
夜となつた、甲府市内の夜。
サテけふの戦果発表。40%に甘んじた。シモンさんの昼食予想を外したのが痛かった。

サテ西郷どんさん。爺は、とても幕末の侍達に見えませんでしたゾ。将軍慶喜公を罵倒する勝海舟。西郷どんを笑顔で迎える篤姫。
どれも、ほぼフイクションにしても、許容出来かねますナ。
Posted by 百足衆 at 2018年09月24日 18:55
二本松藩御家老様、

椎茸はお嫌いですか。それは大変失礼しました。
津軽は私も好きでは有りません。薩摩は、今回の偽大河ドラマで嫌いになりました。

セゴドンは、西南戦争まで放送出来るのかな?残り話数が少ない中で、相当詰め込むぐらいなら、序盤から中盤に無用なホームドラマをやってたのは時間のロスでした。
Posted by 会津玄武隊 at 2018年09月24日 19:52
今日のお昼は抜きでした
お稲荷さんは昨晩の夜食でした
残念
Posted by 田舎帝王 at 2018年09月24日 20:17
玄武隊様
申し訳ございません。会津に行くとまず「こづゆ」出されますが、私の苦手なキノコの塊でどうしても食べることができませんでした。籠城したら真っ先に餓死ですね。
南会津のサンショウウオも子供のころは食べることができませんでしたが、今では好物です。
Posted by デハ at 2018年09月24日 21:42
というか西郷弟がここで負傷ってどんな史実なんでしょうね。吉次郎は北越戦争で討死しゆきりん未亡人です。てかあの娘は先妻の子ですからね。犬Hkと林真理子許せない。

老師 勝海舟は金さんの遊び人時の言葉づかいで間違いてなですよ。今までの映像でもそうでしたから。ただ錦之介だったから許されてたのもあったので今回の役者は格落ちしますね。
Posted by デハ at 2018年09月24日 21:44
玄武隊様
というよりこのクソドラマ、現地の薩摩隼人たちが冷静に見ていられるものでしょうか。
もっとも久光公の扱いは一昔前の鹿児島の連中の見方そのものですが。
 私ははるばる薩摩に乗り込み大西郷の子孫とも面会していますが、これは歴史冒涜として子孫が怒ってもいいレベルのひどいものです。
もっとも「八重の桜」における捨松嬢と大山元帥の結婚が、元帥が八重さんに腕相撲で負けたから、にされたのも屈辱的な改変でしたが。なにせ本当は小西郷が賊の妹は元帥にはやれないと拒否する山川少将に対しおいどんは賊の総大将の弟でこいつは従妹だと球を下げて納得させたのに、小西郷は存在そのものを消されていましたからね。
Posted by デハ at 2018年09月24日 21:49
津軽ってのは三成の息子召し抱えたり、幕閣や近衛家にわいろ送ったりとかひどいことばかりする最低の家で、海路使って南部様を出し抜いて領土を奪ったり、北畠家を滅ぼしたりとんでもないひどい奴なんです。ある憎たらしいひげ面を見ただけでもあれは悪人の顔ですよ。はっきり言って長州より嫌いですね。300諸侯中一番家の成り立ちに正当性がない。
その点南部は武田の分家で清和源氏の由緒ある家。
Posted by デハ at 2018年09月24日 21:52
曇天となつた、甲府市内の夜明け。
けふの「半分青い」裕子(清野演)は、ひょっこり帰ってくるでせうか。
お愉しみに。

サテデハサン。数々の論稿、有難う。勝海舟は、普段から将軍様にあんな口の利き方を、していたのですナ。それで撥が当たり、犬に食いちぎられる羽目と、なつた。
一方のセゴドンの方は、その部位が、異常に大きかったと、聞く。
Posted by 百足衆 at 2018年09月25日 05:44
小雨模様となつた、甲府市内のお昼前。
けふの「半分青い」半(永野演)は、缶(子役演)が父である涼ちゃんさん(間宮演)に会いたがっていると知り、愕然となる。

という、回でした。
サテけふの昼食予報。
GATTOさんは愛妻弁当。
デハサン達はカツ丼。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんはお稲荷さん。
燈台森さんはポークソテー。
藤原さん達は王将の鶏唐揚定食。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2018年09月25日 11:01
親子丼のセットでした。
Posted by GATTO at 2018年09月25日 12:10
百足衆様、
本日は味噌ラーメンを頂きました♪
Posted by ラー at 2018年09月25日 12:32
海鮮丼でした
Posted by デハ at 2018年09月25日 12:55
スパゲティ アーリオオーリオでした
Posted by シモン at 2018年09月25日 13:07
今日の昼食は赤魚の焼魚定食でした。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年09月25日 16:04
ドライカレーでした♪

貴乃花親方、引退だって?
Posted by 燈台森 at 2018年09月25日 17:17
雨となつた、甲府市内の夕べ。

サテけふの戦果報告。猫皮の祟りか、40%を切る、低い正解率と、なつた。

サテ燈台森さんが話題にしたように、貴乃花親方が相撲界に引退届け提出、記者会見。告発状を事実無根と認定せよと迫られたらしい。相撲界こそが、いじめの温床か。
Posted by 百足衆 at 2018年09月25日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]