2018年09月28日

カツ重

カツ丼の容器を丼から重箱に入れ替えたものです。

katsujuu00.jpg

百足衆さんが毎日実施してくださる「昼食予報」に一喜一憂されている方も(百足衆さん以外に)いらっしゃることと思います。デハさんの昼食に、「カツ重」というご託宣が出ることが比較的多いことにお気づきの方もおられることでしょう。

sep431.jpg

「カツ重」という食べ物は、重箱に入ったカツ丼です。カツに限らず、「○○丼」を丼から重箱に置き換えればすべて「○○重」になります。鰻丼は鰻重に、天丼は天重に、親子丼は親子重になります。
丼が庶民の使用する食器であるのに対し、重箱は武士階級以上の人達が用いる食器です。漆塗りの重箱に盛られたカツ重は、それだけで高級感を感じさせてくれます。この高級感というのは食を楽しむ際の重要な要素で、大して味が違わなくても、700円のチリワインよりは3,000円のボルドーワインの方が高級感を楽しませてくれるのです。

カツ丼は明治以降に出来た日本食、所謂「洋食」に分類される食べ物です。
カツ丼の発祥は百足衆さんの住む甲府という説が有力で、その論拠となるものは、明治30年代後半には甲府のそばの老舗「奥村本店」でカツ丼が提供されていた、という1995年の山梨日日新聞の記事だそうです。
他にも
・1913年、料理研究家の高畠増太郎が早稲田大学前の店で披露した
・1921年、早稲田高等学院生の学生・中西敬二郎が考案した
・1921年、大阪で卵とじのカツ丼が登場した
等が、初のカツ丼説として列挙されていますが、真相はよくわかりません。

カツ重は、カツ丼とは高級感の点で差別化を図った食べ物ですので、基本的にカツ自体も高級指向があります。
例えば京都には豚カツではなく牛カツを用い、薬味として山椒や九条葱が使われたものがありますし、名古屋では八丁味噌によるタレがかかった味噌カツ重が有名です。銀座には鹿児島産黒毛和牛のとんかつを使った、5,000円の高級カツ重もあります。ここまで高級になると、カツそのものの味を楽しむというよりは、「こういう高級カツ重を食べることの出来る自分」を楽しんでいる、という要素も大きいように思われます。

sep432.jpg

私は、カツ重を食べるよりは「新宿さぼてん」や「和幸」でヒレカツやロースカツ定食を食べることの方が多いです。理由は単純で、ご飯・味噌汁・キャベツがおかわり自由だからです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(31) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
カツ重は、甲州武者が飯取ったり。
Posted by 百足衆 at 2018年09月28日 05:09
晴れとの予報の、甲府市内の夜明け前。
けふの「半分青い」最悪テレビ小説も、残すところあと2話。サテどんな結末になりますか、お愉しみに。

サテシモンさんの文中、カツ丼の発祥の地とされる、奥村本店は、山梨県最古の老舗蕎麦屋です。爺は、来店する際は、必ず蕎麦前を、一杯。ごくり。
Posted by 百足衆 at 2018年09月28日 05:15
百足衆殿、カツ丼食ってる場合じゃないですぞ

あさっての沖縄県知事選挙、どうなりますかな?
Posted by 燈台森 at 2018年09月28日 06:26
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「半分青い」率(佐藤演)の元に、美濃権太さんから書状が届く。一方、半(永野演)はぼーっとしている。

という、回でした。
サテ此の所、長らく「半分青い」の解説を行って来ましたが、来週から「満腹」の解説に移行します。皆さんこれからもよろしくお願いしますゾ。
Posted by 百足衆 at 2018年09月28日 07:46
当初はオール沖縄でデニー氏の圧勝と高をくくって挑んだ知事選挙ですが、与党系の佐喜真氏の猛随を受けて苦戦しているのが現状ですね
Twitterで佐喜真氏の選挙違反を指摘するトピックスが上がったのがその証拠です(辻元と関西生コンの不適切な関係が取り沙汰されたとき、サヨクがアベとヤクザと火炎瓶と言うトピックスを上げて印象操作を謀ろうとした実績済み)
僕の予想では、残念ながらデニー氏が競り勝つのでは無いかと予想しています

デニーが勝てば「民意は示された」佐喜真氏が勝てば「必ずしも民意が示されたわけではない」と、新聞各社が二枚舌を使って報じる事だけは確実に言えますね(笑)
Posted by 田舎帝王 at 2018年09月28日 07:55
おはようございます。

田舎帝王さんは、デニー氏僅差で当選、なんですね。あれだけメディアの宣伝とさきま氏へのネガキャンが行われていれば、そう思えますものね。
サイレントマジョリティーの動向如何なのではないでしょうか?
ただ悪いことに、台風直撃で彼らの投票率が大幅に下がることが予想されるので、組織票のデニー氏有利に働きそうなのは残念ですね。

ただ、仮に彼が知事になったからと言って、沖縄から基地がなくなるとは到底思えませんね。
Posted by FYI at 2018年09月28日 08:57
田舎帝王さん

佐喜真氏の選挙違反疑惑=日本会議に所属している
という記事を書いたのがノイホイと呼ばれる菅野完で、これだけで怪しさ全開ですが、掲載されてるところが「ハーバービジネスオンライン」という、いかにもハーバードビジネスレビューのバッタもんのようなサイトで、吹き出しました。

うーんデニー氏の勝ちですか、自分はさきま氏が勝つような気がしますけど。
Posted by A2Z at 2018年09月28日 10:39
快晴となつた、甲府市内のお昼前。
けふの昼食が、発表された。金目鯛の煮つけだ。ご飯も、つく。けふも再放送の半分青いは見ずに、NHKラヂオ「昼の憩い」を聴きながら、淡々と、食う。

サテけふの昼食予想。
GATTOさんはたぬきうどん。
デハサン達はカツ重。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは手作りハンバーグ。
燈台森さんは熟成肉のサイコロステーキ。
藤原さんはドライカレーとタンドリーキチン。
菅原君はハンバーグ。

と、予想。

サテ田舎帝王さん、FYIさん、A2Zさん。
爺は逆張りで、さきま候補見事に当選、と予想しますゾ。
Posted by 百足衆 at 2018年09月28日 11:29
百足衆様

すいません、記事を読んでカツ丼が食べたくなり、ヒレカツ丼頂きました^^;
Posted by ラー at 2018年09月28日 12:47
スパゲッティ・ボンゴレでした
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年09月28日 15:50
コンビニのミックスサンド
Posted by 燈台森 at 2018年09月28日 16:22
夕方となつた、甲府市内の朝。
けふの戦果報告。59%となつた。まずまずとなつた。

サテデハサン。出来れば、富良野駅から歩いて五分の所にあるおにぎりを買ってきて欲しい。明日は台風が近づいてきていることを考えてもらえないかナ。
Posted by 百足衆 at 2018年09月28日 17:58
ずたぼにゃあ
Posted by 百足衆様 at 2018年09月28日 17:59
たまには手作りハンバーグを食べたいと思っていますが、なかなか作る機会がございません

今日は手作りおにぎりでした

Posted by 田舎帝王 at 2018年09月28日 18:04
西郷どん最高です!
西郷どんそのまま戊辰戦争を突っ走れ!日本を変えろ!抵抗勢力を全滅だ!会津城に火をかけろ!北越戦争機関銃でなぎ倒せ!函館五稜郭を木っ端みじんに破壊せよ!
痛快幕末大河ドラマ、西郷どんの大活躍をお楽しみに!
Posted by 西郷どん! at 2018年09月28日 18:58
カツカレーでした。
熱があるので富良野には行けません。

西郷どんとやら
貴様のような屑は消えろ。本物の子孫の方にも迷惑だ。

言っておくが、私にとっては歴史上の人物の末裔は他人ではない。華族様との交際があることを忘れるな。西郷家の名誉のためにも西郷どんと名乗るのをやめろ。
Posted by デハ at 2018年09月28日 19:04
今日はコンビニおにぎりのチャーハンとドライカレーでした

百足衆さん
何ゆえ、富良野までおにぎりを買いに?

デハさん
セゴドンといい、半分青いの脚本家といい、東北の人を無神経に傷つける人が多くて今年はNHK見ない方がよさそうです。
Posted by シモン at 2018年09月28日 19:41
それより熱が下がらず死にそう
Posted by デハ at 2018年09月28日 21:41
正直大河は今年に限らず、腹が立つことばかりです。伊達様も南部様も上杉様も私にとっては主人の友人ですし、大西郷の子孫にも会っています。それらの方々の身内を軽々しく扱ったり、実際にはいなかった側室とかがあてがわれていたりすると、自分まで侮辱された気になります。または現存する殿様がれっきとした血筋なのに変な挿入された女の子供にされていたりするのも我慢できないことです。同藩同士、あるいは他藩でも殿様同士重臣同士のネットワークと言う者は現在でもあり、よくだれも抗議しないのかと憤ります。
 大河などはまだましで戦国バサラなどのゲームでは錨を振り回す長曾我部やミニスカ姿で戦場で戦う姫君など、どでもない扱いに発狂しそうです。
ところが松平定知アナウンサーが「おかしなゲームでも若者が戦国武将に親しむきっかけになればよい」と発言したのを聴いて、ますますがっかりしました。
Posted by デハ at 2018年09月28日 21:53
デハ様
艦これとかガルパンとか
軍事の萌え系への転用は多いですが、
実際に子孫がいる歴史上の人物を
萌え系にするのは、なんだかな〜
と思います。
Posted by ラー at 2018年09月28日 22:01
小雨となつた、甲府市内の朝。
けふの「半分青い」半(永野演)に率(佐藤演)は、別れの雨傘を与える。

という、最終回でした。来週からは、「満腹」が始まります。お愉しみに。

サテ昨夜は、酔ったせいで、文字の打ち込みが、おかしかった。ご不審に思われた皆様に、此の場をお借りしてお詫び申し上げます。
Posted by 百足衆 at 2018年09月29日 08:10
二本松藩御家老様

はい自分も大河ドラマで面白いと思う機会が減ってます。
「八重の桜」でさえも、面白かったのは前半迄です。後半は、視聴しませんでした。
「真田丸」が近年では一番良かったですが、草刈正雄さんが退場した後は見ませんでした。

今日、朝ドラが最終回でした。呆気なく終わりました。今年の大河ドラマも、最終回は呆気なく終わると思います。
見終わった、という感動や達成感がないのです。
最近は、金曜時代劇や、再放送の池波正太郎ものを見ています。

御家老様も、早く熱が下がりますように。お祈りしてます。
Posted by 会津玄武隊 at 2018年09月29日 10:30

以下毎日新聞引用

29日午前7時35分ごろ、千葉県大網白里市四天木の堀川河口付近で、「人のようなものが浮いている」と釣り人から110番があった。県警東金署などによると、人の胴体部分が発見され、手足や頭はなかった。服などは身につけておらず、年齢や性別は不明。同署は何者かに切断された可能性もあるとみて詳しく調べている。
Posted by 無名人 at 2018年09月29日 13:58
ええッ、我が街ですか?! うちからは、10キロ以上離れていますが。
Posted by GATTO at 2018年09月29日 15:01
GATTO様、無事でよかった!

このところ投稿少ないなーなんて思ってた時に、無名人様の投稿を見て、大網白里と聞いて心配しました。
Posted by オジー・オズボーン at 2018年09月29日 15:32
GATTO様

私もオジー・オズボーン様同様、まさかねとは思いながらも心配してしまいました。

台風に備えなければなりませんね。気をつけましょう!
Posted by ラー at 2018年09月29日 15:40
オジー・オズボーンさん、ありがとうございます。
その事件、後からネットで見ましたら、被害者は成人女性とのことでした。早く解決すると良いです。「ご冥福をお祈りします」なんて書きたいところですが、今のこの状態ではまだまだ無理ですよね。
Posted by GATTO at 2018年09月29日 15:44
今頃、気がつきました。ごめんなさい。ラーさんもメッセージ、ありがとうございます。

本当に台風も心配ですよね。
Posted by GATTO at 2018年09月29日 17:58
明日の沖縄県知事選が気になる。

田舎帝王殿はデニーとの読み。他の方々の予想は?
Posted by 燈台森 at 2018年09月29日 18:01
大河ドラマの脚本は歴史に精通していないと書けませんよね

真田丸の三谷氏は歴史好き、大河ドラマファンを自称しているだけあって、骨太とエンターテイメントを兼ねそろえた傑作を書き上げました

また、おんな城主直虎は、国衆と呼ばれる弱小勢力の実像や戦で荒廃した町や農村の立て直しなど、今までの大河ドラマでは描かれなかった部分に焦点を当てて、信長や秀吉と言った英雄譚とは異なる戦国絵巻を見せてくれましたが、これも脚本を書かれた森下女史の見識の深さが為したものと思われます。

しかるに、今年の大河ドラマの脚本を担当した中園女史は歴史に暗く、そのことはドラマが始まる前から指摘され続けてきました

ふたを開ければ指摘されていた通り、中園女史の無知さを証明するに至りました

真田丸とおんな城主と共通する点は、勧善懲悪みたいに、主人公と敵対する勢力の人物が悪人として描かれていない点が挙げられます

敵対する者には敵対するものなりの理想があり、その理想を掲げて主人公たちに立ち向かってくるので、敵味方双方に清々しさを感じさせてくれたのです

歴史に対して真摯に向き合ってこそ、大河ドラマが歴史群像として成り立つ所以はここにあるのです



Posted by 田舎帝王 at 2018年09月29日 18:17
田舎帝王様

「西郷どん」では、多分ふきという慶喜公の側室が、脚本家の投影像なんでしょうね♪
Posted by ラー at 2018年09月29日 20:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]