2018年10月12日

新幹線300系

1992年からのぞみ号としてデビューした新幹線車両です。

300kei.jpg

80年代まで、東海道新幹線は「ひかり」と「こだま」の二種類しかありませんでした。
光の速度 > 音の速度
のわかりやすい例えのごとく、ひかり号は途中駅のうち乗降客の少ない駅を通過する一方で、こだま号は各駅停車でした。

oct258.jpg

そんな二極分化の東海道新幹線の世界に、さらなる進化をもたらしたのが、1992年の「のぞみ号」でした。
当時、光の速度は何よりも速いので、ひかりを上回る速度の象徴としてどんな3文字単語を持ってくるのだろうと思っていたところ、「のぞみ」だったのに少しがっかりしたのを覚えています。

光より早い粒子「タキオン」でないことは凡そ予想できましたが、「望み」が早い、とは・・・。バッハ作曲「主よ人の望みの喜びよ」というカンタータは、アダージョ(遅い速度)で演奏されます。大体、希望をスグに適えようとするのは邪道で「拙速主義」と呼ばれます。もう少し、速さをアピールする単語はないだろうか、と当時は思ったものですが、現在では既に「ひかり号よりも通過駅の多い新幹線」という記号として慣れてしまいました。

そんな「のぞみ号」の名前を背負って登場したのが、この300系新幹線です。
「鉄仮面」という渾名の通り、0系や100系と異なる素っ気無い外見です。70年代の特撮「シルバー仮面」の方が、まだ口元に人間らしさを残していましたが、空気抵抗だけを考慮しましたというのっぺらぼうな外見は、正直言ってあまり親しみを感じませんでした。

しかしこの300系の登場で、新幹線のぞみ号は時速270km/hを実現し、東京-新大阪間の移動時間を30分くらい短縮したのです。
名古屋駅のホームで、反対側のホームで待機中の「ひかり号」を、300系のぞみ号が通過して抜かしていくシーンは、新たな鉄道歴史の一ページが開かれたような報道をされていました。開業当時ののぞみ号は、新幹線を営業するJR東海の本拠地である名古屋駅すらも通過していたのです。

しかしじきにのぞみ号の本数が拡充されると、停車駅も品川駅・新横浜駅・名古屋駅と、順次増えていきました。
当時の感覚で言うと、
のぞみ号=開業当時のひかり号の停車駅に停車
ひかり号=開業当時のこだま号の停車駅に停車
こだま号=三河安城、掛川、新富士など開業後の新設駅にも停車
となりました。

oct261.jpg

そんな無愛想な外見の300系新幹線も、1999年に700系新幹線に「のぞみ号」の運用を譲ったのち順次廃車され、2012年には完全に東海道・山陽新幹線の線路上から姿を消しました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(14) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
新幹線は、甲斐の武者が乗っ取ったり。
Posted by 百足衆 at 2018年10月12日 05:10
百足さん、新幹線は山梨通ってないら。
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2018年10月12日 06:47
百足衆さん

逮捕されます。
Posted by 菅原 at 2018年10月12日 06:58
新大阪や名古屋で乗ると、嗚呼、新横浜、品川通過してくれ、早く東京駅につきたい、と思います。
また、山陽区間では?というような駅にも止まるものがある一方、岡山を通過するものもあり、謎です。
個人的には東京ー名古屋ー京都ー新大阪ー岡山ー広島ー小倉ー博多でいいです。それでも昭和50年のひかりと同じです。
リニアができるとのぞみは廃止されるといううわさがあり、静岡県民には朗報かもしれません。
なにせ政令指定都市の浜松が実質1時間に1本(こだまに乗ると1時間後のひかりに抜かれるため)ですから、都市の規模に比べて、また東海道の中央としても不当な扱いだと思います。正直、品川・新横浜は一部列車通過させ、代わりに1時間に1本でいいので浜松に止めてほしいです。
Posted by デハ at 2018年10月12日 07:26
ただ、新横浜は通過できても、ダイヤの関係(東京駅での折り返し時間の確保のため)品川には止めざるを得ないと聞いたことがあります。
Posted by デハ at 2018年10月12日 07:27
薄雲となつた、甲府市内の朝
けふの「満腹」満)安藤演)の姉は、あと僅かの余命を宣告された。

という、回でした。
サテボウフラさんのいる自治区には、のぞみ号停車は、不要です。菌が、うつります。
Posted by 百足衆 at 2018年10月12日 08:11
デハさんも山陽区間の停車駅が多いと思いますよね

300系は独特なフォルムで印象的な車両ですが、700系の登場で隅に追いやられた不遇な車両というイメージですね
300系のDNAは後に続く700系シリーズに引き継がれたことを思うと、新幹線開発のターニングポイントを担った車両とも思います


Posted by 田舎帝王 at 2018年10月12日 20:22
デハさんが、新山口(旧名 小郡)をのぞみ停車駅から除外したのは、長州憎しの感情からですかな?

ちなみに私は仕事で毎月小郡に出張した時期があり、のぞみで東京に帰着していました(さすがに宇部空港利用の飛行機の方が尻が痛くならずに快適でしたが)
Posted by シモン at 2018年10月12日 22:12
300系は、親しみがあまりない印象でしたな
Posted by 燈台森 at 2018年10月13日 03:50
空白む、甲府市内の夜明け前。
けふの「満腹」満腹(安藤演)は、咲姉さんの死を、どう捉えるのでしょうか。お楽しみに。

サテ田舎帝王さんの言う通りです。山陽新幹線は、トンネルが多過ぎますゾ。
Posted by 百足衆 at 2018年10月13日 05:51
百足衆殿

山陽地下鉄新幹線なんて揶揄する人もいますからね

直線のコースを作るために、山のどてっぱらに穴をあけて線路を敷設したため、山陽区間はトンネルだらけのルートになってしまいました
Posted by 田舎帝王 at 2018年10月13日 06:58
百足衆様、リニア新幹線が甲府駅に停車する日ももうじきですよ♪
Posted by ラー at 2018年10月13日 20:11
シモン様
単に忘れていただけです。一度やまぐち号に乗るため降りましたが、地味な駅でした。新山口とは?な名前でした。
田舎帝王様
山陽新幹線の駅って在来蘭の1駅おきぐらいで、多すぎると思います。
てか、山陽本線岡山以西を「並行在来線」として不便にして山口県を不便にしてやりたいと思います。
電化されていても1両編成のディーゼルで。
Posted by デハ at 2018年10月13日 21:00
深夜となつた、甲府市内の夜。
サテ田舎帝王さん。山陽道は、中国山地の山並みで、殆ど隧道ばかりですナ。暗くて、車内で読書をするには目に悪い。
サテラーサン。爺は、その頃まで生きられますかどうか。(笑い。)
サテデハサン。山口県の宇部高校は、ノーベル賞の本庶さんが、京都出身者なのに進学した高校として知られています。だが同時に、明治以降最悪の宰相の座を鳩山由紀夫と競い合う、菅直人の出身校であることも思い出し、一気に山口県の受けが、悪くなりました。
Posted by 百足衆 at 2018年10月13日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]