2018年11月13日

絵画修復

経年変化等の要因で痛んだ絵画を加筆などの処置で修復することです。

restration00.jpg


人間、経年変化すると肌の艶も張りも失われ、次第に若い頃の美しさを喪失していきます。自然の摂理であるこのことに抗うために、人間(主として女性)は化粧と言う手段で「修復」を行うのですが、かつての鈴木その子さんのように全面白塗りの厚化粧をしてしまうと、かえって不気味な様相となってしまいます。

oct232.jpg

人間の顔だけではなく、芸術作品の絵画においても同じですが、オリジナルの輝きを取り戻すために、汚れや後世に加筆された部分を取り除いたり、退色した色彩に加筆したりすることで修復することは世界各地で行われています。
特に有名な例は、イタリアはミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の壁画として描かれたレオナルド・ダ・ヴィンチの名画「最後の晩餐」の修復でしょう。

この作品は、そもそもレオナルドの生前から絵の具と壁の相性が悪かったため剥落が始まっており、さらに17世紀には絵の下方部に入り口が作られ、絵の一部が切り取られてしまいました。
18世紀からこの名画の修復が何度も行われましたが、その都度(テンペラ画なのに)油絵の具で加筆されたり、全体にニスが塗布されたり、壁ごと移設しようとして破損したりとどちらかというと劣化が進む方向で手が加えられました。さらに第二次大戦中に連合軍の爆撃を受けたりと、風雪以外にも人間の手によって破壊が進んでしまっていました。

そして最後の修復が、1978年から1999年の21年にかけて行なわれた最新の技術と時間を駆使した修復です。まず、レオナルドが1498年に作品を完成させた後に行われた以降に加筆された絵の具は、すべて取り除かれました。その上で微量のオリジナルのサンプルを取り出して原料と色を分析し、それに従った色彩が補筆されました。修復不可能な部分については、水彩絵の具で加筆さえrました。
その結果、劇的に色彩が鮮やかになり、完成当時そのままとは行かないものの、芸術作品が新たな生命を吹き込まれて蘇ったと多くの人の目に映りました。

絵画修復の基本は、
・必要最小限、かつ効果的な処置を行う
・可逆性のある絵の具や素材を使い、失敗しても原型に戻すことが出来るようにする
という点にあります。
これを忘れてしまうと、加筆によるオリジナリティが失われ、かつ元に戻ることが出来なくなるからです。
パソコンのレタッチソフトであるAdobe Photoshopでも、行った編集操作が取り消しできるようなキーを設けているように、修復作業で失敗したときにも元に戻すことができることは実に重要です。

この基本原則を超克し、前衛的な修復をした有名な例が、2012年、スペインのボルハの教会の「この人を見よ」(1910)の修復に携わったセシリア・ヒメネスさんです。当時80歳だったヒメネスさんは、劣化し損傷したエリアス・ガルシア・マルティネスのこの作品を善意で修復し、「この猿を見よ」という別の芸術作品に昇華させたのです。

oct231.jpg

その結果、この人口5,000人の静かな村には、13万人もの観光客が訪れることとなりました。その後スペインでは、エステリャの教会にある16世紀の彫像をマネキン人形にしたりと、一時期修復ブームで湧きました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(31) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。

此の猿は、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2018年11月13日 05:14
絵画修復は細野不二彦の漫画「ギャラリーフェイク」でも主題になっていましたっけ
Posted by 名無し at 2018年11月13日 05:41
名無しさん

ギャラリーフェイクはクールなコミックですね。サラさんが好きです
Posted by シモン at 2018年11月13日 05:57
まともに修復してもらえるのは一握りの名作だけ。
それ以外は、劣化に任せるか、素人が改変しちゃうのが関の山。
Posted by 冷蔵庫 at 2018年11月13日 06:08
いつも言うように、陳美齢女史は劣化していません。
https://ameblo.jp/agneschan/entry-12398986703.html
Posted by デハ at 2018年11月13日 06:45
おはようございます。

うん、素晴らしいですね。そういえば、数年前見たテレビ番組の中で、彼女が昔から弾いていたギターを修復(リペア)してもらっていました。最後、感激していましたが、物を大切にする人って素敵だなと思いました。
Posted by GATTO at 2018年11月13日 07:37
曇天となつた、甲府市内の朝。
けふの「満腹」萬(長谷川演)の従業員、岡(演者不詳)が逮捕され、満(安藤演)は懇親会を開く。

という、回でした。
サテデハサン。陳さんは、アグネスちゃんに、似ていますナ。
サテGATTOさん。物を大切にする事は、佳い、佳い。我が家の細にも、物はさておき、爺を大切にして欲しいものです。
Posted by 百足衆 at 2018年11月13日 07:59
今回のテーマは絵画の修復ですが、私としましては、弦楽器も簡単に買い換えるのでなく、リペアをしながら永く使うようになって欲しいです。
もちろん、ストラディバリウス(ウ に 点々がつけられなくて申し訳ないです)にはなれません。しかし、単板の木材だけを使い、きちんと作られた弦楽器であれば、20〜30万円程度のものでも、大切に扱いさえすれば、100年以上生き、彼らのピークを迎えることができると思うのです。そうなって欲しいものです。
Posted by GATTO at 2018年11月13日 08:10
百足衆先生、ご本人です。本名と芸名だけの違いで。
Posted by GATTO at 2018年11月13日 08:12
小雨模様となつた、甲府市内の午前中。
けふの昼食が、発表された。里芋煮だ。ごはんも、つく。

サテGATTOさん。最初は、本名と芸名、何のことかと訝しく思いましたが、アグネスちゃんの事ですナ。デハサンに、叱られる。ボウっと生きてるんじゃないよ。もう齢86年も、生きてしまいましたナ。
Posted by 百足衆 at 2018年11月13日 10:09
曇天となつた、甲府市内のお昼前。
NHKラジオで、邦楽のひとときを聴いて居る。長唄も、佳い。

サテ恒例の、昼食予報。
GATTOさんはカツカレー。
デハサン達はカツ重。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんはもやし炒め。
燈台森さんは三色サンドイッチ。
藤原さんたちはオーガニックチキン。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2018年11月13日 11:22
今日のお昼は、牛丼でした。
Posted by GATTO at 2018年11月13日 12:40
つけ麺を頂きました♪
Posted by ラー at 2018年11月13日 13:05
ソーキ丼でした
Posted by デハ at 2018年11月13日 13:26
ポークカレー♪
Posted by 燈台森 at 2018年11月13日 13:57
天ぷらうどんを食べました。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年11月13日 14:35
今日は出先でしたので、昼食は駅の立ち食い天麩羅蕎麦でした。
Posted by シモン at 2018年11月13日 16:36
日没となつた、甲府市内のタベ。
けふの戦果発表。残念ながら、ラーサンしか正解できず、33%の低的中率と、なつてしまつた。

是と云うのも、デハサンの陳さんがアグネスちゃんと別人と誤認して居た、爺の不明に拠るものです。デハサン、本当に、申し訳ない。心から、反省します。明日は、的中させて下さいナ。
Posted by 百足衆 at 2018年11月13日 17:20
https://ameblo.jp/agneschan/entry-12418506600.html ガットさんが言ってたのはこのことかな?ギター弾いてる
https://ameblo.jp/agneschan/entry-12417860413.html アイドル時代とほとんど変わっていません。

老師 気になさらないでください。
Posted by デハ at 2018年11月13日 19:33
こんばんは。

デハさん、画像ありがとうございます。残念ながら、こんな新しいギターではなく、デビュー時に弾いていたクラシック・ギターでした。

それにしても、アップにしても若いッ!
Posted by GATTO at 2018年11月13日 19:47
今日はすき家でした
Posted by 田舎帝王 at 2018年11月13日 20:34
https://ameblo.jp/agneschan/entry-12417654718.html これで上沼恵美子と同い年ですよ。
Posted by デハ at 2018年11月13日 21:26
未だ暗き、甲府市内の夜明け前。
けふの「満腹」慰労会は、果たして塩の生産量向上につながるのでせうか。
お愉しみに。

サテデハサン。アグネスちゃんは、上沼恵美子よりも、赤が似合いますナ。香港出身だそうで、やはり中国人の人は赤と金色を珍重します。
Posted by 百足衆 at 2018年11月14日 05:28
薄曇となつた、甲府市内のお昼前。
けふの「満腹」萬(長谷川演)は、塩の品質を上げる為重労働を課し、生産量が激減する。

という、回でした。
サテ恒例の、昼食予報。
GATTOさんは愛妻弁当。
デハサン達はカツ重。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんはハンバーグ。
燈台森さんはクラブサンドイッチ。
藤原さん達はオーガニック野菜炒め。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2018年11月14日 11:26
百足衆様

本日は塩ラーメンを頂きました♪
Posted by ラー at 2018年11月14日 12:09
今日のお昼は、おでんでした。
Posted by GATTO at 2018年11月14日 12:52
今日は親子丼でした。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2018年11月14日 15:46
今日は大阪に出張しました
駅ビルに入っている上海バールで白胡麻坦々麺食べましたが、UDXの鬨の味とは全然・・・劣化でがっかりでした
(デハさんはUDXにあった頃の上海バールご存知ですよね)
Posted by シモン at 2018年11月14日 16:11
ミックスフライでした。一応カツなので小破判定。
シモン様 移転するたび劣化するのかなあ?上野時代が一番よかった
Posted by デハ at 2018年11月14日 16:35
デハさん

秋葉原に事務所があった時は、一食1000円のランチでも仕方ないかなと思ってたんですが。大阪のこの店の坦々麺は本当に不味くて、お金を損したと思いました。

大阪は美味しいところは美味しいんですが、そうでないところの落差が大きいですね
Posted by シモン at 2018年11月14日 18:23
夜となつた、甲府市内の日没後。
けふの戦果発表。50%の的中率は、確保できたかナ。

サテ11月も半ば。紅白歌合戦の、出場歌手が発表された。民謡の、福田こうへいさんが、落選した。無念なり。他にも、多くの歌手が、落選した。
こうまでして、韓流をねじ込むNHKは、国営放送に値しないと、思う。
されど、原爆を煽ったなんとかという韓国のロックバンドは、出演しないらしい。
当然のことだが、佳い判断だと、思う。
Posted by 百足衆 at 2018年11月14日 18:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]