2018年11月23日

キリング・フィールド

1984年制作のローランド・ジョフィ監督による英国映画です。




今日は勤労感謝の日です。
勤労に感謝するための祝日、と言っても今日も勤労されている方も多いことでしょう。せめて帰宅後に心の骨休めが出来れば幸いです。

oct297.jpg

今日ご紹介する映画「キリング・フィールド」は、カンボジア内戦をテーマにしたドキュメンタリー風映画です。
「キリング・フィールド」は、実際にポル・ポト政権によって大量虐殺が行われた処刑場の名前です。この映画では、まさにその名前の通り、善良で何の落ち度もない人が、ポル・ポト政権(クメール・ルージュ)と呼ばれる共産主義者によって騙され、次々に殺されていきます。
初デートの際にこの映画を見に行ったカップルは、もはや次のデートの機会はありませんでした(不肖私もその一人です)。エンドロールに流れる「アルハンブラの思い出」の音楽が、別れの音楽になること請合いです。

ではあらすじを簡単にご紹介しましょう。

アメリカ人ジャーナリストのシドニー・シャンバーグと、現地の新聞記者兼通訳のカンボジア人ディス・プランは、カンボジア内戦を取材していたが、共産勢力のポル・ポト率いるクメール・ルージュが優勢となり、アメリカ軍は撤退する。シャンバーグはプランの一家をアメリカに亡命させようとするが、プランは仕事への使命感から妻子をアメリカに逃がした後、カンボジアに残る。

やがて完全にポル・ポト政権に支配されたカンボジアで、シャンバーグはプランと共にフランス大使館に逃げ込むが、プランはカンボジア人ということでフランス大使館を退去せざるを得なくなり、クメール・ルージュの支配する大農場へ移送される。

農場では、医師や教師といった多くの無辜の人たちが身分を明かされ、「インテリだから」という理由で次々に虐殺されていく。同じく新聞記者という知的階級に属するプランは、白骨の山の中を脱走し、行方をくらませる。
その頃、シャンバーグはピュ−リッツァ賞を受賞する栄誉を受けるが、プランを見捨てたことで自責の念に駆られ、プラン探しの旅に出る。

プランは、逃亡先で出会った農場の幹部に匿われるが、その幹部がクメール・ルージュに殺害された後、その子供達を連れて国外へ逃亡するが、途中地雷で子供達は死亡する。漸く難民キャンプに着いたプランは、シャンバーグと再会を果たす。

という、激動のストーリーでした。

ポル・ポト政権、広く言えば共産主義者がこのような虐殺を行っていたことは紛れもない事実です。ですが、当時の朝日新聞の記者だった本多勝一は、この映画を偏向だと批判し、ポル・ポト政権を擁護していました。どうして日本の大手メディアは、2018年の現在も「共産主義は虐殺も平気で行う」事を報道しないのでしょうか。不思議です。

1oct292.jpg

勤労感謝の日にこの映画を観ると、かえってどっと疲れが出るかもしれませんが、「普通に、勤労させてもらっていることに感謝する」という意味では有益かもしれません。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(21) | TVと映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
歩ルポト軍団は、武田騎馬隊が一蹴せり。
Posted by 百足衆 at 2018年11月23日 05:02
まだ暗き、甲府市内の夜明け前。
けふの「満腹」満(安藤演)は無事出産することが、出来るでせうか・
お愉しみに。
サテ、昨夜9時から一番槍を待機していた成果が、あつた。見事に一番槍獲得。これから、寝ます。
昼食予報を、しておきます。
GATTOさんは惣菜パン。
デハサン達はカップラーメン。
ラーサンもラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは数寄屋。
燈台森さんはカツサンド。
藤原さんは和食。
菅原君は粗食。

では、佳い一日を。
Posted by 百足衆 at 2018年11月23日 05:15
ところでポルポト時代のカンボジアの国号は「民主カンボジア」でした。同国は民主主義とは対極にある国でした。同様に極悪ホーネッカー議長率いる旧東独「独逸民主共和国」そして金豚一家の支配する「朝鮮民主主義人民共和国」。
つまり「民主」と謳う者は民主主義でないからことさら民主を強調するのです。その証拠にアメリカ民主合衆国、フランス民主共和国、大英民主帝国とはいいません。
 このことは政党にも言えます。我が国を滅亡寸前に追い込んだ民主党、その後身の立憲民主党、南朝鮮のともに民主党などは私たちの敵です。
そして上記を陰で操る黒幕こそアメリカ民主党、中でもクリントン夫妻なのです。
 小浜氏は人の好さと人気をクリントン夫妻に利用されて操られ、自分がヒーローと思いこんで暴走した、黒い鳩山由紀夫にすぎません。
 シナ、朝鮮、立憲民主党、メルケルと組んで日本や共和党や大英帝国を滅ぼそうとするクリントン夫妻こそ破滅しなくてはならない人物なのです。わたしは主敵がこの夫妻だということにやっと気づいたのです
Posted by デハ at 2018年11月23日 06:50
デハ殿

ラスボスは栗きんとん夫妻でしたか・・・
Posted by 燈台森 at 2018年11月23日 07:33
ずっと痰に悩まされています。老師、フォンデアタンを撃沈して下さい。そうしたら老師をジェリ公提督と御呼びします‼
Posted by デハ at 2018年11月23日 09:16
快晴となつた、甲府市内のお昼前。
先程、仮眠から目を覚ましました。げに、一番槍は、骨の折れる仕事です。
けふの「満腹」満(安藤演)が産気づいたとの電報が、香田家に届く。

という、回でした。
サテ恒例の、昼食予報。
GATTOさんはシューマイ弁当。
デハサンたちはカップラーメン。
ラーサンもラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは数奇屋。
燈台森さんは三色サンド。
藤原さんは鰤大根。
菅原君は食パン。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2018年11月23日 11:04
今日はたまごサンドでした
Posted by 燈台森 at 2018年11月23日 15:06
冷蔵庫の残り物でした。
Posted by GATTO at 2018年11月23日 15:36
漆黒の闇に包まれた、甲府市内のタベ。
サテけふの戦果発表。
またしてもGATTO艦を撃ちもらすも、50%の的中率を確保し、佳しとしよう思う。
Posted by 百足衆 at 2018年11月23日 17:37
さて、本日はコンビニおにぎりでした
Posted by 田舎帝王 at 2018年11月23日 20:58
こんにちは。こんにちは。世界の。国から。

サテ大阪、万博おめでとう。
Posted by 百足衆 at 2018年11月24日 03:07
けふは、一番槍の日では、なかつた。

ぎゃふん。
Posted by 百足衆 at 2018年11月24日 05:11
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「満腹」出産後、元気のない満(安藤演)を元気付けようと、萬(長谷川演)は栄養食品の開発を思いつく。

という、回でした。
サテお伝えしましたように、大阪が、2025年の万国博覧会の会場に決定しました。
おそらくその頃は爺は見る事が出来ませんが、皆さん楽しんで来てくださいナ。
Posted by 百足衆 at 2018年11月24日 08:22
百足衆先生、こんばんは。

大阪万博、楽しみですね。いやあ、先生だって、その時まだ92〜93歳でしょう。うちの母親が、その年齢でまだまだ元気ですから、先生も十分見られると思いますよ。私は、その時、64〜65歳です。

1970年の時は、小学4年生でしたが、観に行った時は、まだ誕生日前だったので、9歳でした。三菱未来館がすごかったにゃあ。
Posted by GATTO at 2018年11月24日 17:19
GATTOさん

私はソ連館が好きでした。
Posted by 菅原 at 2018年11月24日 17:27
菅原さん、こんばんは。

残念ながら、ソ連館は行きませんでした。まだ、当時のガイドブックを持っていますので、後で見てみますね。
Posted by GATTO at 2018年11月24日 19:42
老師
92歳ではなく、112歳まで生きてください。
百足衆。100+足で102.衆は10.合わせて112ですから、老師は112歳まで生きなくてはならないのです。
私も98歳まで生きることにしました。
生きていてもつまらないことばかりで、毎日が辛く、楽しいことなど何一つない暗黒の人生ですが、私には戊辰戦争の慰霊と言う残されたたった一つの使命があります。そのためには200周年まで生きなくてはならないので、あと50年頑張るしかないのです。
その間、長く辛い50年になると思いますが、どんなことがあっても生き抜こうと思います。残念ながら生物学上、148歳までは生きられないので、あと50年頑張ることにしたのです。ですから老師もご自身の名乗りに合わせた112歳まで頑張ってください。
Posted by デハ at 2018年11月24日 19:46
夜となつた、甲府市内の夜。
サテGATTOさん。爺もソ連館には行きませんでした。
日本館は行った。桜の花びらを模した建物でした。
サテデハサン。112歳迄は、到底無理ですが、デハサンと一緒に生きる時間は、長ければ長いほど、佳い。
共に、長生きしましょう。
Posted by 百足衆 at 2018年11月24日 20:22
老師
長生きしましょう。120歳に上方修正しましょう。
Posted by デハ at 2018年11月24日 22:09
万博の時はかろうじて生まれていただけで、大阪に行くことなどできなかった。
Posted by デハ at 2018年11月24日 22:10
デハサン、長生きしましょう。

サテ一番槍まで30分を切りました。緊張が、高まる。
Posted by 百足衆 at 2018年11月25日 04:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]