2018年12月13日

フック星人

円谷プロダクション制作作品「ウルトラセブン」に登場するマイナー宇宙人です。

alien_hook.jpg

12月13日は、江戸時代は「煤払い」つまり大掃除の日でした。埃の堆積した家具や建具を綺麗に掃除すると同時に、家屋の中に滞留した不用品を処分する機会でもあった訳です。

nov612.jpg

円谷プロダクションが制作した特撮番組「ウルトラセブン」では、数々の宇宙人が地球にやってきて侵略を企てていました。あまりに数が多すぎたことや、一部の星人はいなかったことにされている為、その全貌を把握している人はウルトラセブン本人を含めて、殆ど皆無だと思われますが、その中に「フック星人」という宇宙人が登場したことを、覚えている方は少数ではないでしょうか。

では簡単にフック星人をご紹介しましょう。

フック星人は、ウルトラセブンの第47話「あなたはだあれ?」の回に登場する宇宙人です。
黒いボディスーツの上にビニール製のシースルーの前掛けという奇抜な服装をしており、耳たぶがないヨーダのような顔をしています。
東京のK地区(=北千住?)の団地「ふくろう団地」を乗っ取り、1万5千人もの同胞をそこの住民に成りすまして(=所謂「背のり」)暮らしていました。夜中に酔っ払って帰宅した佐藤さんが、帰宅時の家人の反応があまりにもおかしいと気付き、ウルトラ警備隊に通報され、電話応対に出た毒蝮三太夫隊員が最初は酔っ払いの戯言と相手にされませんでしたが、第六勘に長けたウルトラセブン(この時は、諸星弾という地球人に成りすましていた)に気付かれ、地球乗っ取り計画が露呈し、ウルトラセブンと戦闘状態に入るも、敢え無く撃滅される。
という悲運を味わった宇宙人です。

この宇宙人は、いろいろな意味で、それまで地球に侵略に来ていた宇宙人よりも性質が悪かったのです。

まず、それまでは地球を侵略目的で訪問する宇宙人は、一惑星につき一人という紳士協定があったのですが、この宇宙人は集団で密航して来ました。
そして勝手に地球人を殺して代わりに地球人に成りすましておきながら、住民税を納税した形跡がなく、それどころか生活保護すらも取得していたそうです。
そして捜査に入ろうとしたウルトラ警備隊に対しても、「人権侵害だ」とか「ヘイトスピーチ反対」と、頑強に抵抗したのです。「そもそも地球人がフック星人を強制連行して酷使したのが原因だ」と言うのです。
ウルトラセブンに全滅された後50年が経過した現在でも、フック星では「賠償請求訴訟」が行われ、フック星内の地球人の資産はすべて差し押さえようという運動が盛んだそうです。

こんな悪質宇宙人が、地球人の中でも一番平和ボケした日本を狙ったのは慧眼でした。唯一の誤算は、ウルトラセブンが日本に居住していた、という点を見落としたことです。しかし、いくら日本人が平和ボケしていたからと言って、1万5千人もの宇宙人をやすやすと日本国内の団地に住まわせることが出来たのは、日本人の中にもフック星人の侵略を手引きし、隠匿していた勢力があったからだ、としか思えません。

oct206.jpg

今日の大掃除の機会に、そういった勢力と残存フック星人たちを片付けることが得策ではないでしょうか。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(30) | TVと映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
フック人は、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2018年12月13日 05:03
未だ暗き、甲府市内の夜明け前。
けふの「満腹」東京に進出し、鷹(子役演)と会えなくなった神部(瀬戸演)は、失恋するでせうか。
お愉しみに。

サテ昨日は、ウッカリ寝てしまい、戦果報告を怠りました。皆様には大変失礼を致しました。50%の的中率を、確保したものの、相変わらずGATTO艦には魚雷届かず、無念でした。

サテフック人。改めて、読んでみると、ナにやらデハサンが嫌いな宇宙人のやうです、デハトラセブン、出動セヨ。
Posted by 百足衆 at 2018年12月13日 05:49
ウルトラマン=在日米軍ですね。いてよかった
Posted by デハ at 2018年12月13日 09:21
ピット星人は二人、ペダン星人は3人来ていた気がします
Posted by デハ at 2018年12月13日 09:24
イカルス星人は丹羽教授に成りすましていましたが、京都大学にはバド星人が成り済ました教授がいると菅原さんから聞きました。ウルトラセブンは何をしているのでしょうか
Posted by デハ at 2018年12月13日 09:34
おはようございます。

ガッツ星人も2人かな?ユーリー星人は、姿を見せなかったため人数はわかりませんが、UFOは5機ありました。
Posted by GATTO at 2018年12月13日 09:37
寒冷、曇天となつた、甲府市内のお昼前。

サテ恒例の、昼食予報。
GATTOさんは惣菜パン。
デハサンはカツ重。
デロサンはマーボー丼。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんは数寄屋。
燈台森さんはハムカツサンド。
藤原さん達は炒飯と餃子。

と、予想せり。
Posted by 百足衆 at 2018年12月13日 11:34
ラーメンでした
Posted by デハ at 2018年12月13日 11:47
鶏ガラワンタンメンでした。
Posted by GATTO at 2018年12月13日 12:06
ウルトラマンのダダは1人で3役をこなしていました。
(人相が替えられた模様。)
通信機を通して指示を出していた上司(?)は地球に来ずに安全な所にいて、ずるいなと思いました。

ウルトラセブンはたしか番組中で「地球の人口は30億」という設定になっていたと思います。
なぜ宇宙人は単独もしくは少人数で侵略して来るのでしょうか。
不思議です。
Posted by ヨット at 2018年12月13日 13:27
私は外国人の受け入れ反対だが、ウクライナの美人ならかまわない。同じく異形の星人の受け入れは反対だがマゼラン星人なら良い。
Posted by デハ at 2018年12月13日 16:43
百足衆様

遅くなりました。今日は取引先と箱弁でした;;

スイマセン。。
Posted by ラー at 2018年12月13日 17:06
今日は五島うどんでした。

ヨットさん
・地球人なんか俺一人で一ひねり
・地球に人が住んでるなんて思わなかった
のどちらかだと思っています。
Posted by シモン at 2018年12月13日 17:32
漆黒の闇に包まれた、甲府市内のタベ。
爺の心も、漆黒の闇である。
けふも、0%。無の境地、である。
爺はもうじきフック人となって、あの大きな空を吹き渡っていると思います。
Posted by 百足衆 at 2018年12月13日 17:46
GATTO殿

ユーリー星人は、幽霊を操ってた宇宙人かな?
あの回は、ウルトラ警備隊がやけに活躍する回でしたな。飛行機形態のホーク号で、敵の円盤を次々に撃墜(宇宙空間で重力って?)してました。勢い余ってセブンも撃墜してなかったっけ?
Posted by 燈台森 at 2018年12月13日 18:20
百足衆さん

フック人ではなく、フック星人です。

デハさん

バド星人の方が昼食の建て替え金を踏み倒さない分、某詩人教授より優れています。
Posted by 菅原 at 2018年12月13日 19:45
やはり、踏み倒されていたんだ・・・。訴訟を起こさなくては。時効はないとか。実際にはラーメン屋カツどんだったのをウナギ、ステーキ、寿司として請求するとかいろいろできますね
Posted by デハ at 2018年12月13日 20:26
課題とは関係ありませんが、5番の子がブルマを前後逆に吐いているように見えますが、タグがあるので正しいようです。
Posted by デハ at 2018年12月13日 20:27
ところで老師、22日空いていますか?「パンケーキコンテナ」に行くため甲府に行く予定です
Posted by デハ at 2018年12月13日 22:42
朝となつた、甲府市内の朝。
けふの「満腹」ペー(長谷川演)の昼食は、カップヌードルでせうか。
お楽しみに。

サテデハさん。22日に甲府市にお越しですか。ゆっくりと観光を楽しんでください。生憎爺はその日は郷土史研究会の納会ですので、行けません。此の所爺もつくづく、ついていません。ぎゃふん。
Posted by 百足衆 at 2018年12月14日 06:52
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「満腹」自分がモデルを務めると云う松坂慶子の提案を却下し、ペー(長谷川演)は大阪道頓堀の人形の扮装をして、広告撮影に臨む。

という、回でした。
サテデハさん。フック星人との和睦交渉の為に、額賀他親フック星人会の面々が旅行です。マッコリだかトンスルだか、訳の分からない酒を飲まされて、変な約束をして来ない事を願うばかりですナ。
Posted by 百足衆 at 2018年12月14日 07:36
おはようございます。今、嫁さんの里帰りの見送りで成田空港にいます。離陸までは、ここにいるつもりです。

燈台森さん、
>勢い余ってセブンも撃墜してなかったっけ?
セブンは、手枷足枷をはめられた上、カプセルに閉じ込められ、そのカプセルはユーリー星人のUFOの下に吊るされていたのですね。そのカプセルを切り離して、セブンを自由にしたわけですね。
この作品で、セブンは身体を縮められた上コップに閉じ込められたり、さんざんでしたが、当時小学校低学年だった私は、その姿にすっかり「萌え〜」になってしまいました。できることなら、作品中ずっと敵の手に落ちたままだったらもっと楽しめたことでしょう。どうせ最後には勝つのですから。
それにしても、ユーリー星人は間抜け過ぎました。もう少しだけ抜け目なくやって欲しかったです。
Posted by GATTO at 2018年12月14日 09:13
GATTO殿

奥様の無事のご旅行お祈りします。

宇宙空間で上とか下とかいう概念があるのにビックリでしたな。爆発音もびっくり。

本当にセブンがユーリー星に幽閉されたら、2話連続にしないと終わりませんな。ナックル星人の時みたいに。
Posted by 燈台森 at 2018年12月14日 15:17
GATTO様

ウルトラセブンの「侵略する死者たち」の回には、私も印象深く記憶に残っていまして、侵略宇宙人が登場しない、という世間一般の感想以上に、我らのヒーローウルトラセブンがあまりにも無様な姿を晒していることについてです。

数回前の「悪魔の住む花」で、自発的にミクロ化できる能力を示したセブンが、このエピソードではたかが幽霊に勝手に体を縮小され、たかがコップの拘束から脱出できずに火災報知器を鳴らすことでやっと脱出できたり、宇宙空間に出てみればたかが小型円盤に拘束されて後ろ向きに連行されてウルトラ警備隊の眼前に惨めな姿を晒されたりと、みっともない姿を開陳しているからです。

対照的に、ヒロイックな戦いをするホーク1号のウルトラ警備隊は、普段の噛ませ犬の役割を返上して、さぞ溜飲を下げたことでしょう。
Posted by 無名X at 2018年12月14日 17:04
と、ここまで書いてみて気がついたのですが、
実はこのエピソードはガッツ星人の「セブン暗殺計画」を暗示させる回だったのかもしれません。

個人的には、ガッツ星人以降の回は(史上最大の侵略も含めて)延命回であって、このエピソードで大団円なのもありかもしれません。

ちなみに、桑田次郎コミック「ウルトラセブン」は実質「セブン暗殺計画」が最終回で、付け足しのような最終回がこのフック星人の話でした。
Posted by 無名X at 2018年12月14日 17:08
百足衆さん

ウルトラセブンのエピソードで最高傑作の回は、ノンマルトの回です。
アンヌ隊員が水着で出演しているからです。

と、藤原さんが言っています。
Posted by 菅原 at 2018年12月14日 20:31
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、懲役18年!

そんな下品で卑猥な理由では、ない!
人類のルーツに、思いを馳せるからだ!
アンヌ隊員が好きなら、ゴーロン星人の回の方が、刺激的だ!理由は、割愛する!

ウルトラマンAの美川隊員が好きな菅原君に、言われる筋合いは、ない!

みかわっ みかわっ。
Posted by 藤原 at 2018年12月14日 20:45
藤原さん
菅原さんはおばちゃん好みだったんですね。
北斗は美川隊員のことは必ず助けていました
Posted by デハ at 2018年12月14日 20:57
老師
では甲府行は中止し別の機会にします。
ちなみに翌23日の午前中は都合よいですか?甲府で昼食べてすぐ帰るようになりますが。
Posted by デハ at 2018年12月14日 21:03
老師
パンケーキコンテナは年末は休みでした。よってまた改めて次の機会にお邪魔いたします。ちなみに南甲府駅の近くだそうです。
Posted by デハ at 2018年12月14日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]