2019年02月03日

山本リンダ

♪ウララ〜ウララ〜
で有名な女性歌手です。

Rinda_Yamamoto.jpg

今日は節分です。
今日を境に、冬から春に向かっていくのですが、相変わらず「春うらら」の日はまだまだ遠いと実感せざるを得ません。

jan1304.jpg

昨年物故された漫画家のさくらももこさんが、代表作「ちびまる子ちゃん」の中で紹介した昭和の歌手といえば、西城秀樹と山本リンダです。
「♪ウララ〜ウララ〜ウラウララ〜」
と歌いながら踊りを踊る主人公・まる子の姿を目にした人は多いことでしょう。平成生まれの人は、果たしてこの奇行を理解できた人はどれほどいるのでしょうか。

今日ご紹介する山本リンダさんは、1966年に楽曲「こまっちゃうナ」でデビューした、福岡県出身の歌手です。最後の「ナ」が平仮名でなくカタカナで表記されているのは、百足衆さんの投稿でもわかるように、1960年代に流行した表記法と思われます。父親はアメリカ軍人で、朝鮮戦争で戦死されました。「リンダ」という芸名は、ハーフである山本さんを象徴していましたが、本名は山本あつ子さんという至って日本人的な名前です。

前述の「こまっちゃうナ」は、デートに誘われて困惑する、ローティーンの女の子の心情を歌った抒情詩です。「どうしよう まだまだ早いかしら」の歌詞に、もう少し男を待たせて焦らせてやろう、という意図も垣間見ることができます。そこで彼女が採用した解決策は、「ママに聞く」という至極まっとうな方策でしたが、ママは認知症を発症したのか、「何もいわずにニヤニヤ笑っているだけ」と言う頼りないもので、遂に解決することなく、歌は終了してしまいます。

結局どうなったかを国民が知らないまま、6年の歳月が流れ、迎えた1972年。山本さんは、「どうにもとまらない」という、ブレーキの壊れた暴走機関車の歌を発表します。
「♪噂を信じちゃいけないよ〜」という歌い出しの部分は、現代のA日新聞やM日新聞のフェイクニュースに警鐘を鳴らせているような歌詞です。
「♪私の心はウブなのだ〜」と主張しながら、その年の紅白歌合戦で臍出しをして腹部のうぶ毛を見せながら歌うといった大胆な歌唱スタイルが話題を集めました。

余勢を駆って、翌年に発表したシングルが「狙いうち」です。
「♪ウララ〜ウララ〜ウラウララ〜」の歌詞は、ロシア語の「ウラー」(日本語で「万歳」)をヒントに作られ、プロモーションビデオもウラジオストックで撮影されたそうです。
「狙いうち」が、「ボール球ではなくストライクを打つ」という事を連想させるため、この曲は長らく高校野球の応援団のブラスバンドのレパートリーになりました(もちろん、自校の攻撃時に限って演奏されます)。

jan1303.jpg

山本さんは、既に60代後半の年齢に達しましたが、舌足らずな喋り方は10代の頃から変わりなく、往年のファンを喜ばせているそうです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(29) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
Posted by GATTO at 2019年02月03日 05:02
乾坤一擲、一番槍。
山本リンダは、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2019年02月03日 05:02
乾坤一擲、一番槍。
山本リンダは、甲斐の武者が討ち取ったり。  
Posted by 百足衆 at 2019年02月03日 05:03
リンダちゃん、おじいちゃんの討ち取りから守りましたぞ。まあ、トイレに起きただけですが。
Posted by GATTO at 2019年02月03日 05:04
父っつぁんも、本当に懲りてねえな。まあ、父っつぁんのことも祟りから守ってやったからなぁ。(ルパン三世の口調で)
Posted by GATTO at 2019年02月03日 05:08
父っつぁんも、本当にダメだって。罪もねえ奴討ち取っちゃあ。
Posted by GATTO at 2019年02月03日 05:12
それにしても、一昨日のラッコの方がオイラの好みで、討ち取りから守りたかったです。でも、リンダちゃんもまだ60代の後半でしたか、結構若かったのですな。まあ、せっかく助かりましたから、長生きしてくだされ。
Posted by GATTO at 2019年02月03日 05:20
GATTO様、
一番槍おめでとうございます♪

百足衆様、
また次があります、挫けないで下さいね♪
Posted by ラー at 2019年02月03日 06:02
山本姓の女子のあだ名は決まってリンダでした。今日は津山ホルモンカレーを食べます。決定です
Posted by デハ at 2019年02月03日 09:38
晴れとなつた、甲府市内の朝。

けふは、房州勢に一番槍を、攫われた。
見事と云うしか、なし。GATTOさん、天晴れ也。

山本リンダは、ウララーウララーと云うので、ジャングル黒兵衛の如く、悪い土人だと考えていました。なので、一番槍で討ち取ろうと、した。其の願いは、GATTOさんによって、阻まれました。

サテけふも、昨日の不成績にめげず、早めの昼食予報。
GATTOさんは長崎ちゃんぽん。
デハサンはモルホンカレー。
デロサンはライスカレー。
ラーサンはラーメン。
シモンさんは塩焼そば。
田舎帝王さんはすき屋。
燈台森さんはメンチカツ。
藤原さんは鮎の甘露煮。
菅原君は食パン。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年02月03日 09:49
百足衆様

つけ麺を頂きました♪
Posted by ラー at 2019年02月03日 13:42
餃子ライスでした。ちょっと惜しいです。
Posted by GATTO at 2019年02月03日 13:47
今日は一家でカレーでした。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年02月03日 14:16
申告どおりでしたが胸焼けしました。そのためしんさんきょういちちょうやくを飲みました
Posted by デハ at 2019年02月03日 16:26
肉うどんでした。
惜しい
Posted by シモン at 2019年02月03日 16:30
夕闇迫る、甲府市内のタベ。

サテけふの戦果報告。日曜日にしては、好調な、60%という高的中率を、達成した。GATTO艦にも、至近弾を、浴びせた。

サテけふは、韋駄天の日。詳報は、後ほど致しますので、お楽しみに。
Posted by 百足衆 at 2019年02月03日 17:09
ウララさんっていう自称貧困女子は、貧困調査官に助けて狙ったのかな?
Posted by デハ at 2019年02月03日 19:13
夜となつた、甲府市内の夜。
けふの「韋駄天」韋駄天(勘九郎演)は、羽田で行われたオリンピック予選のマラソン大会で優勝する。

という、回でした。
サテデハサン。ウララは、やはり悪人でしたか。
山本リンダも、討ち取るべきであった、無念也無念也。
Posted by 百足衆 at 2019年02月03日 20:00
百足衆殿

山本リンダは、山本勘助の子孫かもしれませんが、討ち取っていいのかな?
Posted by 燈台森 at 2019年02月03日 20:19
良いでしょう。

リンダを、討ち取りなさい。
Posted by 白足衆 at 2019年02月04日 01:38
未だ暗き、生暖かくなつた、甲府市内の夜明け前。
けふの「満腹」ペー(長谷川演)は、失敗作の麺を、捨てているのでせうか。
お愉しみに。

サテ爺も、愈々ぼけてきたのか、「山本りんだを討ち取りなさい」と、燈台森さんにお墨付きを与えた投稿をしたことを、全く覚えて、おりません。

遂に我、夢遊病者となれり。
Posted by 百足衆 at 2019年02月04日 05:12
百足衆さん

投稿されていません。
投稿したのは、偽者です。
Posted by 菅原 at 2019年02月04日 06:24
温暖、晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「満腹」忠彦(要演)は、モデル(壇演)に誘惑され、松下奈緒が怒る。

という、回でした。
サテ菅原君。有難う。佳く見たら、「白足衆」に、なっている。爺の名を騙る、不届き者が、居たようですナ。菅原君も、管原君、等と偽者に騙られないよう、剣呑、剣呑。

サテデハサン、ラーサン。けふは、何が食べたいですかナ。
Posted by 百足衆 at 2019年02月04日 07:53
百足衆様

あさりラーメンの予定です♪
Posted by ラー at 2019年02月04日 09:55
晴れとなつた、甲府市内のお昼前。
けふの昼食が、発表された。節分に因み、いわしだ。ご飯と漬物も、つく。

サテデハサンから連絡ないまま、昼食予報を強行。
GATTOさんは焼魚定食。
デハサンは焼肉。
デロサンは親子丼。
ラーサンはあさりラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり。
田舎帝王さんはハンバーグ。
燈台森さんは魚ハンバーガー。
藤原さん達はオーガニックチキン。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年02月04日 11:06
肉やの弁当
Posted by デハ at 2019年02月04日 13:52
かに道楽のお弁当でした。
Posted by GATTO at 2019年02月04日 13:58
百足衆様

ごめんなさい
アサリチャーハンでした。
Posted by ラー at 2019年02月04日 22:38
刺身定食♪
Posted by 燈台森 at 2019年02月04日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]