2019年03月29日

柳沢淇園

江戸時代中期の文人画家です。

kien_yanagisawa00.jpg

文人とは、中国の伝統社会の中では「学問を修め、文章を書く人」の事を指します。
所謂「文化人」という意味ですが、最近の日本で「文化人」と言うと、日曜朝のテレビ番組に出て無責任なコメントをする人達、というネガティブなイメージが染み付いてしまっており、原意の「文人」とはかけ離れた存在です。

Mar202.jpg

美術のジャンルである「文人画」とは、「本来画家が本職でない文人が本業の傍ら描いた絵画」のことです。
江戸時代では池大雅、与謝蕪村、谷文晁、渡辺崋山あたりが有名で、テレビ東京の長寿番組である「なんでも鑑定団」にも、彼らの贋作が度々登場することで知られています。

そんな文人画のパイオニアになった存在が、今日ご紹介する柳沢淇園(やなぎさわ きえん)です。
淇園は本名を里恭(元服後)といい、元禄16年(1703年)甲府藩主で第5代将軍徳川綱吉の寵臣・柳沢吉保の筆頭家老だった曽根保挌の次男として、江戸の柳沢藩邸に生まれた武士です。
姓の「柳沢」は、父の保挌が柳沢吉保元服以来の股肱の臣だったため、吉保によってその使用を認められたのでした。

多くの芸術家がそうであるように早熟の天才で、8歳にして既に狩野派の画風をマスターしていたそうです。そして12歳に達する頃には、狩野派は形骸化していると喝破し、中国の画風に学んで独自の画風を磨いていきます。

代表作は、東京国立博物館に所蔵されている「関羽像」や、山形県の指定文化財となっている「睡童図」、「紙本墨画墨竹図」、ベルリン国立アジア美術館の所蔵となる「花卉図」等があります。
これらの作品の現物に触れて見ると、絵画だけでなく文武両道、博学にして武芸百般に通じていた淇園の才覚を垣間見ることが出来ることでしょう。

淇園は、これも芸術家の性癖なのか、多くの人とパーティーを好み、自邸で頻繁に宴席を催したそうです。西洋でパーティー好きの芸術家といえば、プーシキンやモーツァルトが思い浮かびますが、いずれも30代(前者は決闘、後者は病気)で亡くなっています。
淇園は56歳まで生き延びました。その晩年は、財政難に苦しむ藩のための金策に捧げられたそうです。

mar201.jpg

このように、「文人」という肩書きは、いつの世もその時代の先端を行く知識人の象徴でした。
それにしても、某国の「文」姓の人に、知性の欠片も感じられる人が一人もいないのは何故なのでしょう。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(43) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
文在寅は、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2019年03月29日 05:02
空白む、甲府市内の夜明け前。
けふの「満腹」生前葬にも拘らず、ウッカリ鈴(松坂演)を火葬してしまつたプー(安藤演)は、何か満腹ヌードの販売のヒントを得ることが出来るでせうか。
お愉しみに。

サテ昨日で終了してしまつたが、「日和っ子2」は、心温まる、ドラマであつた。
デハサンの細には、女優の白石さんのやうな人が、佳い。

柳沢吉保公は、赤穂浪士の話の時には、悪役にされがちであるが、徳川家を支えた名君であつた。
Posted by 百足衆 at 2019年03月29日 05:38
百足衆さん

満腹ヌードではなく、満腹ヌードルです。
Posted by 菅原 at 2019年03月29日 06:21
ひよっこは犬Hkの最後の良心
Posted by デハ at 2019年03月29日 06:54
ひじゃっ。

百足衆様
>「日和っ子2」は、心温まる、ドラマであつた。

ほんと、その通り。

最後に「またね」と言ってたから、
3.や4.も作られると・・・いいな

ひじゃっ。
Posted by ひじゃ at 2019年03月29日 06:55
老師には白石加代子
Posted by デハ at 2019年03月29日 06:55
デハ殿

最後のまともな朝ドラでしたな
Posted by 燈台森 at 2019年03月29日 07:14
おはようございます。昨夜も疲れて、コメントできないまま寝てしまいました。もう少し暇になればありがたいなぁ。

さて、昨夜、そして4回分の「ひよっこ 2」ですが、もしかしたら、みね子さんは主人公というよりも「狂言回し」だったかも知れませんね。
そして、誰もが感じていると思いますが、メインは妹の千代子ちゃんではないかと。今回は「成長」がテーマな感じがします。そして、それに一番相応しいのが彼女ではないかな。「2」で唯一の新キャラがバスで会う若い男性客ですが、今後「3」「4」と続いていけば、その存在もクローズ・アップされるのでしょうね。
Posted by GATTO at 2019年03月29日 07:46
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「満腹」母・鈴(松坂演)の葬儀を済ませたプー(安藤演)は、相変わらず変顔をくねらせながら道を歩いていると、「そうだ若者相手に歩行者天国で満腹ヌードルを売ろう」とぺー(長谷川演)に進言する。

という、回でした。
サテGATTOさん。多忙なお仕事、ご苦労様。「日和っ子2」で、一番話の中心だったのは、優等生の千代子だと云う指摘は、正鵠を得ている。爺もそこばかり注目して観ていた為、時子が不倫で奥茨城村に帰還した、とばかり誤解して居た。
サテデハサン。逆ですゾ。白石加代子が、デハサン。白石美帆が、爺の細だつたら、いいナア。
Posted by 百足衆 at 2019年03月29日 08:02
そして、私がうれしかったのは、一番好きな男性キャラは源治さんなのですが、ドラマが彼に対してとても優しかったことです。4回通して登場していたし、第3回では、みね子さんが狙っていた電気カミソリが当選。そして、最終回では、家族旅行から社員旅行に変える話で、うれし泣き。4回とも登場するキャラは、重要な人か、愛される人なんでしょうね。
Posted by GATTO at 2019年03月29日 08:02
晴れとなつた、甲府市内の朝。

サテガットセブンさん。爺も、源氏さんが、一等好きです。
おそらく、デハサンは、こんな顔だろうと、想像して居ます。
Posted by 百足衆 at 2019年03月29日 08:10
今日は職場の弁当。遅番のため内容不明
Posted by デハ  at 2019年03月29日 09:12
私は肖像画だと京極高次のものに似ています。家康の若い頃見たいな感じです。絶対時任三郎じゃない❗浅井は巨漢の家系で長政も秀頼も昌安ビクニも巨漢でした
Posted by デハ  at 2019年03月29日 09:50
百足衆様、

今日は取引先と急遽打合わせになりましたので、箱弁の予定です♪

デハ様、

京極高次というと、「シエ」では斎藤工が演ってましたね^^
あんな感じでしょうか??
Posted by ラー at 2019年03月29日 10:00
晴れとなつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、発表された。韮玉子とじだ。蕪の味噌汁も、つく。「満腹」の再放送ではなく、録画した「日和っ子2」を再生しながら、朗々と、食べる。

サテ恒例の、昼食予報。
ガットセブンさんは焼そばパン。
デハサンはカツ重。
デロサンは台湾ラーメン。
ラーサンは箱弁。
シモンさんはコンビニサンドイッチ。
田舎帝王さんは台湾まぜそば。
燈台森さんはミンチカツ。
藤原さんはスペアリブ。
菅原君はお好み焼き。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年03月29日 11:54
カレー味唐揚げ弁当
Posted by デハ  at 2019年03月29日 11:55
ラーさん 違いますね。あんなイケメンじゃない。イケメンでいいのは信長と高山右近と宇喜多ひでいえだけです
Posted by デハ  at 2019年03月29日 11:58
デハさんの嫌う、チヂミでした

デハさんは、歌舞伎役者の尾上右近みたいな感じですね

線の細い斎藤工業とは全然違うタイプのイケメンです
Posted by シモン at 2019年03月29日 12:10
こんにちは〜

今日のお昼は、焼肉弁当でした。


ひじゃさん、
>最後に「またね」と言ってたから、
3.や4.も作られると・・・いいな
本当にそうなるといいですよね。

次があれば、今度は、源治さんや、時子さんのお兄さんにも幸せが来るといいな・・・


Posted by GATTO at 2019年03月29日 12:43
百足衆殿

メンチカツは昨日ロースカツ食べたばかりで、さすがにこの齢では胸焼けしますわ。

ハムカツサンド。



Posted by 燈台森 at 2019年03月29日 13:17
マーボーナスランチでした。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年03月29日 14:37
暗黒の金曜日となつた、甲府市内のタベ。
山梨学院、僅か一点差に、泣く。一回戦で、24得点したのだから、その点のうち、2点を今日の試合に回していた亜r、勝っていた。

けふの戦果発表。
燈台森さんは、「カツ」が一致する為、中破と、判定。
ラーサンは未だに報告無いが、正解撃沈と、判定。
ガットセブンさんは、「焼」の字が重なるも、流石にこれで撃破判定したら、猛烈な反撃を受けるので、被害無しと、判定。
総合して、25%の的中率と、なつた。
惨敗である。

明日は、投稿する元気が、あれば佳いが。
自信、無し。
Posted by 百足衆 at 2019年03月29日 17:19
老師
明日は末尾0の日なので、海鮮丼を食べる予定です。ただし、雨の場合はラーメンかカツカレーになる予定です。郡山市の天気を見て予想してください。
Posted by デハ at 2019年03月29日 22:42
シモン様の例示した歌舞伎役者のようなイケメンではありません。もっと不細工ですよ。
Posted by デハ at 2019年03月29日 23:38
「文化人」の冠につく「進歩的」とは何をもって進歩しているのでしょう?左翼になることが進歩しているとみなされるのですか?
Posted by デハ at 2019年03月29日 23:44
デハさん

おはようございます。
デハさんの方が右近さんよりもかっこいいですよ。

人間、80のおばあちゃんがインスタグラムやったりするように、環境の変化に合わせて進歩するのが当たり前ですよ。

ことさら進歩的を名乗る人に限って、憲法九条だとか、古くて役に立たないものに固執して、進歩を忘れてしまってます。
Posted by シモン at 2019年03月30日 08:18
悪夢の金曜日から一夜明けた、甲府市内の朝。
けふの「満腹」歩行者天国で満腹ヌードルを完売したプー(安藤演)とぺー(長谷川演)はタイに行き、鈴(松坂演)は歩行者でない方の天国に行った。

という、最終回でした。
サテ4月1日からは、「夏空」の詳説を、行います。お楽しみに。

サテデハサン。郡山の天気は、曇りですかナ。
けふも早めに、昼食予報。
ガットセブンさんはカツカレー。
デハサンは海鮮丼。
デロサンはライスカレー。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニサンドイッチ。
田舎帝王さんはハンバーグ。
燈台森さんはスープカレー。
藤原さんはビーフストロガノフ。
菅原君は黒パンとクノール。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年03月30日 09:17
進歩的文化人とは、他の国(中韓)から見て、日本の前進を鈍らせることで、他の国を相対的に進歩させる文化人のことです!

はい!論破されました!
Posted by とおりすがりの軍事オタク at 2019年03月30日 10:14
曇天となつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、発表された。スーパーのお惣菜コーナーで売っている、カツ丼だ。沢庵も、つく。

サテけふは、郡山の天候や、如何に。
ガットセブンさんの動向も、気になる。
Posted by 百足衆 at 2019年03月30日 11:37
小雨決行で予定通り
Posted by デハ at 2019年03月30日 13:03
焼き魚でした。
Posted by GATTO at 2019年03月30日 13:26
スープストックトーキョーでオマール海老のビスク♪
Posted by 燈台森 at 2019年03月30日 13:45
百足衆さん

トーストとカップスープでした。
Posted by 菅原 at 2019年03月30日 13:55
コロッケパンでした
Posted by シモン at 2019年03月30日 14:02
キーマカレーでした
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年03月30日 14:57
雨となつた、甲府市内のタベ。
けふの戦果発表。
燈台森さんは、スープが一致している為、中破判定。
シモンさんは、コロッケをサンドしたパンなので、撃沈と、判定。
菅原君は、問題なく、轟沈。
ということで総合すると、85%の、超高的中率を、達成した。
だが、今一つ、心の霞が、払底できない。
ガットセブンさんは、焼魚と、カツカレーいずれにするか、迷いに迷って、ええいままよと、カツカレーにして、玉砕したからだ。
あな、悔し。爺に未だ、桜咲かず。
Posted by 百足衆 at 2019年03月30日 17:34
ところで、「進歩的」についてですが、唯一好きなのは70年代ロックでいう「プログレ」くらいですね。ピンク・フロイドや E.L.&P など大好きでした。

彼らだって、メロディやリズムはごくごく普通でした。効果音の使い方やレコード・ジャケットのデザイン、コンサートでの証明の使い方、または当時まだ珍しかったシンセサイザーを使っていたなど、でしたね。メロディやリズムまで前衛的だとこちらがついて行けません。
Posted by GATTO at 2019年03月30日 17:42
「証明」でなく、「照明」でした。
Posted by GATTO at 2019年03月30日 18:54
GATTO様、

ピンクフロイドはよく聴きました♪
「ウォール」とかですね♪
Posted by ラー at 2019年03月30日 19:33
プログレシブロックよりも、アランパーソンズプロジェクトとかボズ・スギャッグスとかアル・ジャロウとかマイケル・フランクスとかボビー・コールドウェルとかケニー・ロギンスとかリー・リトナーとかマンハッタン・トランスファーとかTOTOとかエア・サプライとかポコとかカラパナとかシカゴとかクリストファー・クロスに代表されるAORをよく聴いてたな。
Posted by 通りすがり at 2019年03月30日 20:45
深夜となつた、甲府市内の深夜。
サテ通りすがりさん。アルジャロウがいる以上は、ナイジャロウも、いるのですナ。

明日は、再び乾坤一擲、一番槍の戦いに、臨む。
デハサンに、注意。
Posted by 百足衆 at 2019年03月30日 21:35
プログレで聴いてたのは、キング・クリムゾンとイエス、ジェネシス、P・フロイドかな。

「原子心母」ってなんじゃこりゃ、っだったけど、直訳だったのね。
Posted by 通りすがり at 2019年03月30日 21:43
こんばんは。

でも、一番好きなのは、プログレではなく、サザン(南部)系です。オールマン、レーナード、デットなんかですね。泥臭いの最高です。
Posted by GATTO at 2019年03月30日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]