2019年04月08日

アンチョビ

カタクチイワシの塩漬け、さらに発酵が進んで塩辛の状態となった食品です。

anchovies-fillets.jpg

4月は新卒社員や新入生で街が活気付く季節です。道路を横一列のGメン75歩きをする、ぎこちない黒いスーツの一団が通勤歩道を闊歩する姿を目にする人も多いことでしょう。

mar1319.jpg

新しい人が入ってくる組織には、必ず歓迎会という儀式がつきものです。大学生の新歓コンパで、新入生(未成年多数)に酒の一揆飲みを強要し、急性アルコール中毒で救急搬送させた挙句、当の新入生はそのまま死んでしまった。等という暗い過去を隠し持った社会人は何人かは必ずいる筈です(注:私は違います)。
最近の若い人はあまり酒を好まないので、このような「正月に餅を喉に詰まらせてしまう高齢者」のような犠牲者はかなり減少していることとは思いますが、中高年の人はどうか新人歓迎会で新入社員にお酒を強要することはお避け下さい。

酒を飲む人は、塩分を好む為「辛党」と呼ばれます。どういうわけか、アルコールを摂取する時に口に入れるものとして、糖分のあるものは相性が良くないからです。結婚したばかりの頃、自宅で晩酌している時に「何かつまみを作ってくれない?」と家族に頼みましたが、酒を一滴も飲まない家族はお汁粉を作って持ってきて、閉口したことをいまだに記憶しています(現在では、そもそもつまみを注文することすら不可能)。

アンチョビは、カタクチイワシをそのまま塩漬けにし、オリーブオイルに漬けたものです。成分はほぼ塩分であり、安魚であるイワシに塩を塗り込んで濃縮したようなものです。似たような食品に「オイルサーディン」がありますが、こちらはイワシを加熱した上でオリーブオイルに漬け込んだだけのものなので、塩分は圧倒的に前者の方が多いのです。

ではこのような塩分の塊をどう食べるのか?ですが、これを単品で食べる人は余程塩好きな人でもあまりおらず、多くはパスタやサラダ、それにディップ用の素材として使用されます。
その代表的なレシピをいくつかご紹介しましょう。

アンチョビキャベツ
・キャベツを5cm程度にザク切り、ニンニク薄切り(芯は取除く)、アンチョビをみじん切り
・フライパンでオリーブオイルを熱し、ニンニク・アンチョビ、それに鷹の爪を入れて香りが出るまで炒める
・キャベツを入れて炒め混ぜ、しんなりしたらOK

ジャガイモとアンチョビの炒め物
・ジャガイモの皮を剥いて千切り、ニンニク薄切り(芯は取除く)、アンチョビをみじん切り
・フライパンでオリーブオイルを熱し、ニンニクを入れて香りが出るまで炒める
・ジャガイモを加えて炒め、しんなりしたらアンチョビを投入して炒め混ぜ、ジャガイモが透明になったらOK

他にもいろいろありますが、クックパッドを検索するも良し、ご自分でレシピを開拓するも良し、です。

mar1321.JPG

カルディなどで、アンチョビをペースト状にしてチューブに入れた商品が売っています。なにやら歯磨き粉のような風情です。こういうものが一度地中海方面に向かう旅客機の機内食で出てきたことがありましたが、自宅で使うのは瓶詰めの方が美味しいような気がします。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(37) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
Posted by Gatto at 2019年04月08日 05:01
乾坤一擲、一番槍。
アンチョビは、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2019年04月08日 05:02
Gatto になってしまいましたが、本人です。

私もアンチョビ好きです。特に、ピッツァ・ビスマルク。でも、本物のニャンコには無理かにゃあ。
Posted by GATTO at 2019年04月08日 05:06
雨となつた、甲府市内の夜明け前。
けふの「夏空」東京へ戻らんと、十勝を出奔した夏(子役演)は、果たして炉銀を持っているのでせうか。
お楽しみに。

サテけふは、一番槍のつもりが、房州侍に返り討ちに討ち取られましたナ。
流石、全国に轟くイワシの産地である、千葉県は大網白里市の住人だけの事は、ある。お見事、天晴れと云う他はないですナ。
Posted by 百足衆 at 2019年04月08日 05:11
あまりたべたことがない。
また、缶詰でアンチョビペーストと言う者があり、パンに塗って食べるように書いてあったが、パスタの具材にした記憶があります。
Posted by デハ at 2019年04月08日 06:05
ピッツァ・ビスマルクは、オットー・フォン・ビスマルク宰相の好物だから命名されました!

はい!論破されました!
Posted by とおりすがりの軍事オタク at 2019年04月08日 06:15
アンチョビは、パスタだけでなく、麺類全般に合います。
ラーメンのスープにアンチョビを少し加えると、独特の魚醤味のラーメンになります。
是非お試しください。
Posted by ラー at 2019年04月08日 06:51
初めて投稿いたします。アンチョバーと申します。

私は、ここ数年醤油というものを使ったことがありません。味付けは、アンチョビに任せているからです。

パスタ、ピザ、冷奴、バーニャカウダは勿論、お茶漬け、卵掛けご飯、さらには握り寿司すらも、アンチョビで食べています。回転寿司にマイ醤油を持参する人がいるように、私はチューブのマイアンチョビを持参して、わさびの要領でネタと飯の間に挟んで食べます。何にでも合いますが、特に鯖や鰯などの青魚に合います。
Posted by アンチョバー at 2019年04月08日 07:23
雨模様となつた、甲府市内の朝。
けふの「おしん」おしんは舟に乗って出稼ぎに行く。伊藤四郎がドドドと駆け寄る。

という、回でした。
けふの「夏空」東京へ向けて出奔しようとした夏(子役演)は帯広で靴磨屋を開業するも、警官隊に連行され、草刈正雄はこっそりアイスクリームをなつと一緒に食べたことを松嶋奈々子に詰問される。

という、回でした。
サテガットセブンさん。ビスマルクピザ。けふの、昼食予報の、重大なヒントに、なりそうですナ。ニヤリ、ニヤリ。
Posted by 百足衆 at 2019年04月08日 07:45
アンチョバーさん、はじめまして。GATTO と申します。イタリア語でネコの意味です。イワシの名産地・千葉県大網白里に住んでおります。
チューブ入りのものもあるのですね。存じませんでした。今度探してみようと思います。素晴らしい情報、ありがとうございます。

百足衆先生、やはり今日のテーマは私のものですね(ニヤリ)。私が強いのは土日や祝祭日だけではないですよ(エヘン!)。
Posted by GATTO at 2019年04月08日 09:42
ところで、今日の2枚めの写真は比較的新しい感じですね。
Posted by GATTO at 2019年04月08日 09:45
久しぶりにスペアリブ食べよう
Posted by デハ at 2019年04月08日 11:14
雨上がりの、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、発表された。玉子豆腐だ。香の物も、つく。

サテけふの、昼食予報。
GATTOさんはリンガーハット。
デハサンはスペアリブ。
デロサンは冷やしたぬき。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニサンド。
田舎帝王さんはすき家。
燈台森さんはハムカツサンド。
藤原さん達はオーガニックチキン。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年04月08日 11:22
焼き魚です。残念ながら、イワシでなくサバでした。
Posted by GATTO at 2019年04月08日 12:52
百足衆様

醤油味ラーメンを頂きました。
Posted by ラー at 2019年04月08日 13:00
今日は寒いですね。
カレーうどんでした
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年04月08日 13:31
今日は白身魚フライ♪
Posted by 燈台森 at 2019年04月08日 13:56
アンチョビってチューブ入りもあったのか。いずれしてもペースト状のものが使われていることは確認された。逆に魚の形維持しているものは見たことはあるが食べたことはない。
Posted by デハ at 2019年04月08日 15:54
今日は三色サンドイッチでした
Posted by シモン at 2019年04月08日 16:55
夜となつた、甲府市内の夜。

サテけふの戦果発表。
けふも、GATTO艦にひらりとかわされ、魚雷命中せず。寒の戻りが、悪影響となつた。
的中率こそ、50%の高的中率であったが、満足迄には今一つ。

明日こそは、GATTO艦の土手っ腹に、魚雷命中させ、凱歌を歌わんとす。
Posted by 百足衆 at 2019年04月08日 18:53
GATTO様

ご返事ありがとうございます。
アンチョビのチューブは、持ち運び便利なので、職場や出張先にも持参します。
出先のコンビニでお弁当を買って、アンチョビのチューブで味付けして食べるのが習慣になっています。

GATTO様は、このような食のこだわりはお持ちですか?
Posted by アンチョバー at 2019年04月08日 21:32
アンチョバーさん、こんばんは。

「食」そのものに対するこだわりは、大したことはありません。それよりも、料理や飲み物、またお店の名前に対するこだわりは結構強いですね。名前が語学的に間違っていると、とたんに食欲がなくなったり・・・せめて、牛乳のことは「ラテ」ではなく、「ラッテ」と発音してほしいものです。
Posted by GATTO at 2019年04月08日 23:38
空白む、甲府市内の夜明け前。
けふの「夏空」帯広で警察署に連行された夏(子役演)の保釈金を、草刈正雄は払うのでせうか。
お愉しみに。

サテ渋沢栄一。新たな、一万円札の肖像画になるそうだ。昔は、偽造防止の為に、髭のある人物しか、紙幣の肖像画には、成らなかったのであるが、近年の技術の向上により、髭無しでも、肖像画と成れる。
感無量で、ある。
Posted by 百足衆 at 2019年04月09日 04:58
1881年に発酵された改造紙幣壱円券の肖像は神宮皇后で、髭がありません!

はい!論破されました!
Posted by とおりすがりの軍事オタク at 2019年04月09日 06:19
とおりすがりの軍事オタクさん

発酵ではなく、発行です。
Posted by 菅原 at 2019年04月09日 06:22
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、名古屋地下鉄発車遅らせ爺さん!

発酵で、合っている!
神宮皇后の肖像は、キヨソネが描いたが、モデルがいなかったため、ヨーロッパの貴婦人風に描き、「バタ臭い」と悪評だったことを、知らないのか君は!

バタ臭いとは、文字通り、バター臭い、だ。発酵バターは、美味しい。

そういった軍事オタク様の意図を読み取れず、発行などという、味気ない言葉に置き換えてしまう、君の言葉へのセンスを、疑う!
GATTO様の、言葉への繊細なこだわりについてのコメントの直後に、こんな無粋なコメントで、上書きするな!朝から、気分が悪くなったこのブログの読者も、多いはずだ!これから菅原君のことは、「ラテ菅原」と、呼ぶことと、する!

あなたとなら、ラッテッテ〜。ひゅー!
Posted by 藤原 at 2019年04月09日 07:03
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「夏空」十勝から疾走して失踪した夏(子役演)は、懐かしい兄(子役演)の事を思い出す。兄は、「U, S, A。」と、ダンスを踊ることで、日銭を稼いでいたのだった。

という、回でした。
サテ軍事オタクさん。神宮皇后の紙幣は、髭がなかった為、さぞ偽造紙幣が、出回ったことでせう。近年では、岩倉具視の五百円札が、そうでした。インクも、青だけあれば、偽造できた為。
Posted by 百足衆 at 2019年04月09日 08:16
ミックスフライ弁当
Posted by デハ  at 2019年04月09日 09:37
晴れとなつた、甲府市内のお昼時。
けふの昼食が、発表された。ほうれん草のお浸し、蕪の味噌汁、そして香の物だ。ご飯も、つく。NHK、FN放送の、「邦楽のひととき」を聴きながら、朗々と、食べる。

サテ恒例の、昼食予報。
ガットセブンさんめ、このところ焼魚が多いと云う事は、そろそろ、長崎ちゃんぽんを食べたがる頃だナ、
ということで、ガットセブンさんは、カツカレー。
デハサンはミックスフライ弁当。
デロサンはナポタリン。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニサンド。
田舎帝王さんは数寄屋。
燈台森さんは天丼。
藤原さんは上天丼。
菅原君は梅。

と、予想。
Posted by 百足衆 at 2019年04月09日 11:39
こんにちは〜

今日のお昼は、きつねうどんです。

私の方の「予想の予想」は、リンガーハットでした。上手く外されました。
Posted by GATTO at 2019年04月09日 12:24
百足衆様

今日はあさりラーメンを頂きました。
Posted by ラー at 2019年04月09日 13:04
焼そばパンでした♪
Posted by 燈台森 at 2019年04月09日 15:03
ざる蕎麦でした。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年04月09日 15:41
ポテトサンドでした
Posted by シモン at 2019年04月09日 17:33
日没となつた、甲府市内のタベ。

サテけふの戦果発表。
けふも、GATTO艦にひらりとかわされ、魚雷命中せず。けふは強風が、悪影響となつた。
サレドGATTO艦より飛来した、ドーントレス爆撃機の急降下爆弾は、見事回避。

的中率こそ、いつもの50%の高的中率であったが、満足感は、昨日よりも一入なり。

明日こそは、嗚呼明日こそは、GATTO艦の土手っ腹に、魚雷命中させ、凱歌を歌わんとす。
Posted by 百足衆 at 2019年04月09日 18:02
なるほど、
鰯で魚雷を作ればいいのではないでしょうか。
Posted by 通りすがり at 2019年04月09日 20:54
ひじゃ。

スペイン料理にアンチョビポテトというのがある。
シモン様が、記事にレシピを書かれているのと、大体同じだけど、パセリを入れるのが違うかな。

あと、アヒージョだよね。

ひじゃ!
Posted by ひじゃ at 2019年04月09日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]