2019年04月20日

おたふく

日本に古来伝わる女性の顔を表した面です。

otafuku.jpg

日本人の結婚観を表す言葉に、
「美人は3日で飽きるが、不細工は3日で慣れる」
というものがあります。これまでの生涯に於いて、美人と3日も付き合ったことのない私には真偽は計りかねますが、ともあれクールでツンとした美人よりも愛嬌のある女性の方が好まれる傾向にあります(注:個人差があります)。

apr129.jpg

能面で、クールな美人を表現した面が「若女」ですが、一歩間違うと「般若」になります。それに対して「おたふく」は、狂言面の「乙御前」があり、これは醜女を演じる為の面です。
「乙御前」とはもともと「末娘」の意味であり、男に逃げられる醜女・姫鬼・福女の役割を担っていますが、それが転じて「おたふく」となったのだそうです。

おたふくの外見上の特徴は、鼻が低く、頬が丸く膨張した様相をしていることです。性別は違いますが、日本に対して暴言を繰り返す某国のナントカ議長さんも、鼻が低く、異様に膨らんだ頬という面相をしていますが、おたふくの1万分の1も品がありません。
逆に言えば、醜女といえども日本を代表する古典芸能で、歌舞伎などより遥かに格上の狂言で一役を担っているおたふくは、上品な貴人を連想するものなのです。

おたふくは、「お多福」と表記されることがあります。おたふくの特徴である奇矯な面相は「笑い」を惹起し、その角に福の神が来ると信じられているからです。
フランスの哲学者ベルクソンは、その著作「笑い」の中で、「笑いを催させるものは彼の態度の急激な変化ではなくして、変化の中にある不本意的なものであり、不器用である」と喝破しています。つまりあらかじめ仕込まれた演劇としての「笑い」よりも、不細工なもの、不器用なものによる意図せぬ笑いこそが本質的な「笑い」なのだと言うことです。
日本の古典芸能に於いて、この「不本意な笑い」を体言する役割を与えられた存在こそが、「おたふく」なのです。

「おたふく」は別名「おかめ」と呼ばれます。日本に於いて、かめ=亀は万年生きると信じられており、健康長寿を表す祝祭的な存在です。ゆえに、「おたふく」を冠する商品も多く、広島風お好み焼きで必ず用いられる「オタフクソース」はその代表的な例です。

apr128.jpg

日清食品は、以前カップ焼きそばのソースをオタフクソースに製造を受託していましたが契約を解消し、そのせいで最近はあまり美味ではないと感じる消費者が増えたそうです。
私も、カップ焼そばを食べる時は、サッポロ一番「オタフクお好みソース味焼そば」を選んでいます。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(40) | 古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おたふくとおかめの違いがわからない
Posted by とうりすがり者 at 2019年04月20日 05:09
とうりすがり者殿

同じじゃないの?
Posted by 燈台森 at 2019年04月20日 06:14
百足衆様の一番槍、連続12で記録が途切れましたね。

昨日の0%がショックだったのかな。。
Posted by ラー at 2019年04月20日 06:32
おかめ→亀寿→じめさあ→持明院様かも。
Posted by デハ at 2019年04月20日 06:32
ラーさん

加えて、87歳の運転手が池袋で暴走事故を起こしたこともあるかもしれません。
Posted by 菅原 at 2019年04月20日 06:47
おはようございます。

また、ひょっこり戻って来てくださったら嬉しいのですが。
Posted by GATTO at 2019年04月20日 08:11
ひじゃっ。

おそらく、百足衆様がショックを受けたのは、

ひじゃがGATTO様の昼食を2回当てたからだ・・

罪悪感を感じる・・

だが

スペイン人の闘牛の血?のせいか、

ますます当てたくなった。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2019年04月20日 08:58
今朝チコちゃんの再放送を見てたら、S6で同級生だったO栗君が重力の解説で出演していた

藤原さんも菅原さんも知ってると思いますが、彼は教養部時代の体育の授業で、腹筋が一度もできなかった。重力を研究して、多少はできるようになったのだろうか?
Posted by シモン at 2019年04月20日 09:01
ひじゃさん、

箱弁と申告しておきながら海鮮丼に変更した私のせいです。。

Posted by ラー at 2019年04月20日 09:41
おたふくは狂言の乙面から、おかめは里神楽の瓶面に由来した、別物です!

はい!論破されました!
Posted by 通りすがりの軍事オタク at 2019年04月20日 09:44
どみゃーん ぴゃっ!ぴゃっ!
なかめぐろ。ヴォッ!

シモン様、シモン様、
よく存じて、おります。
良く知って、おります。

彼は、GIF高校出身、解析概論の高木貞治大先生の、後輩です。後輩なのです。

微分のことは、微分でせよ!
愛はすべてを包む風呂敷!

いつの日か、大河ドラマ「いだてん」に、

出演されて、欲しいです。
出演されて、欲しいのです。

クロネッカーの、青春の夢!
Posted by 藤原 at 2019年04月20日 09:52
ここまでどなたも書かれていませんが、

おたふくの特徴は、GATTOさんが好む有村架純の特徴そのものですね。
Posted by 菅原 at 2019年04月20日 10:18
こんにちは!

GATTOさん、私は隠れてスイーツなんて食べてませんわよ〜毎日は。

さーて、今日のGATTOさんはぁ?

リンガーハットの餃子定食!

コストパフォーマンスで美味しいですよね〜
Posted by FYI at 2019年04月20日 10:55
ひじゃっ。

GATTO様は、お肉ともやしの炒め物。
デハ様は、海鮮丼。

ひじゃ。
Posted by ひじゃ at 2019年04月20日 11:21
薄曇となつた、甲府市内のお昼前。
昨日の衝撃にも、耐え、復活することと、しました。
自分で自分を、褒めたい。

サテけふの、昼食予報。ひじゃさん、FY1さんのような、若輩者に道を譲るのは、未だ早い。

ガットセブンさんは、カレー。
デハサンは海鮮丼。
デロサンはライスカレー。
ラーサンは餃子。
シモンさんは牛丼。
田舎帝王さんは回転寿司。
燈台森さんはガッパオ。
藤原さんは筍ご飯。
菅原君は食パン。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年04月20日 11:27
こんにちは〜、今日のお昼は、タケノコを煮たものです。お餅や玉子焼きもあります。


百足衆先生、復帰おめでとうございます。そうこなくっちゃね。


ひじゃさん、スペインの熱い血、格好いいですね。では、こっちも、イタリア魂と中国の血で対抗しましょう。


FYI さん、失礼いたしました。でも、うちの妻もそうなのですが、女の人のそんな姿が可愛くてたまらないのです。


ラーさん、戻って来てくれて良かったですね。でも、こんなことがあっても気になさらずにね。



そして、菅原さん・・・










・・・よくぞ、おっしゃってくださいました!その通りでございます!!
Posted by GATTO at 2019年04月20日 12:16
CoCo壱のポークカレーでした、
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年04月20日 16:38
スタンプがたまってタダで喰えるので明日も海鮮丼にしよう。
もしかすると明後日も。
Posted by デハ at 2019年04月20日 23:02
いまさらですが1枚目のバレー部のユニフォームが母校のものと酷似しています。

ひじゃさん
http://www.dharuriser.com/keysi/
白河のヒーロー・ダルライザーはスペイン発祥の格闘技ケイシーで悪と戦いますが、実はひじゃさんも使い手だったりしますか?
設定では師匠は政宗に従ってスペインに向かった者の末裔と言うことでしたが、その中に私と同姓の者がいたことが気になります。
ただそのころ、私の先祖は越前で丹羽氏に仕えており、伊達様の家来ではなかった。
Posted by デハ at 2019年04月20日 23:09
いまさらですが1枚目のバレー部のユニフォームが母校のものと似ています。

ひじゃさん
http://www.dharuriser.com/keysi/
白河のヒーロー・ダルライザーはスペイン発祥の格闘技ケイシーで悪と戦いますが、実はひじゃさんも使い手だったりしますか?
設定では師匠は政宗に従ってスペインに向かった者の末裔と言うことでしたが、その中に私と同姓の者がいたことが気になります。
ただそのころ、私の先祖は越前で丹羽氏に仕えており、伊達様の家来ではなかった。
Posted by デハ at 2019年04月20日 23:10
一枚目の写真はバレー部ではなくバスケットのような
Posted by とうりすがり者 at 2019年04月21日 03:32
母校のライバル校の女バスのユニフォームと同じデザインですね。当時2色のユニフォームは珍しく、かっこいいなあと思っていました。久しぶりに見て萌えてしまいました。
Posted by とうりすがり者2 at 2019年04月21日 05:42
晴れとなつた、甲府市内の夜明け。
昨日の戦果発表。ガット艦の撃沈こそ逸したが、67%の高的中率を達成し、まずまずの結果となつた。ラーサンを勘案すれば、75%にすら、達する。

サテとうりすがり者1さん。これだけを見て、バスケット部と決め付けるのは、どうかナ。デハサンが二度も繰り返して、母校のバレー部のユニホームだと確信されているので、爺もバレー部の確率が、高いと思いますゾ。
サテとうりすがり者2さん。2色のユニホームは、珍しかったでせうか。普通の体操着でも、白と紺の2色でしたので、爺の在職した中学校では、珍しくありませんでした。
Posted by 百足衆 at 2019年04月21日 06:12
この写真ではなく前回の者でした。
Posted by デハ at 2019年04月21日 07:05
晴れとなつた、甲府市内の朝。

サテデハサン。
ギャフン。
Posted by 百足衆 at 2019年04月21日 08:09
おはようございます。

百足衆先生、
>2色のユニフォーム
上下で2色でなく、上だけで2色の意味だと思いますよ。
Posted by GATTO at 2019年04月21日 08:21
いやボールがね。色がバスケットボールのそれですしゴールを背にしているディフェンスが2・3のゾーンで守っているようにしか見えない。バレーボールならネットがあるはずでしょ。
Posted by とうりすがり者2 at 2019年04月21日 08:24
とうりすがり者さん、おはようございます。「ギャフン」とおっしゃっていますから、さすがにおわかりだと思いますよ。
Posted by GATTO at 2019年04月21日 08:36
百足衆殿が苦境に陥ってますな。

デハ殿にも梯子を外され、某国の大統領状態にw
Posted by 燈台森 at 2019年04月21日 08:36
とうりすがり者2さんでしたね。失礼しました。
Posted by GATTO at 2019年04月21日 08:37
ところでデハさん、新たに気になってしまったのですが、
>1枚目のバレー部のユニフォーム
前回の1枚めには、3チーム写っていますが、どのチームでしょうか?
オレンジ色の上下のチームがメインですが、それなら2枚めに単独で写っているので、そちらを指摘されると思いますので、黒の上下のチームか、赤白のチームか、と思っております。


それにしても、2枚めのオッさんたちじゃまですね。私がその立場なら、女の子たちを隠さないように写りますが。

・・・あっ、後で自分がその写真を見て楽しむためです。当然!
Posted by GATTO at 2019年04月21日 09:18
ちなみに母校の女バスのユニフォームがリンク先の過去記事(首切り朝)1枚目の白チーム(西部?の12〜14番)と同じデザインでした。赤ユニのライバル校にはずっと負け続け、最後の夏もほとんど勝てそうだったのに土壇場でフリースローを2本とも決められて逆転負け。女子部員が試合後に泣きじゃくっていたのを思い出しました。

またこんな写真をアップしてもらえたら嬉しいです。
Posted by とうりすがり者2 at 2019年04月21日 11:32
先生、いつまでも拗ねてると、サブローおじさんが来ますよ!


通りすがり者2さん、こんにちは。せっかくだから、新しくお名前をつけて、定着されたらいかがですか。こちらにいらっしゃる、ひじゃさんも元々は「通りすがり者」というお名前で書いてらっしゃいましたが、定着して、ひじゃさんになりました。少なくとも、後悔することはないですよ。
Posted by GATTO at 2019年04月21日 12:46
とうりすがり者2さん

こんにちは、コメント多謝です。

中学校女子バスケのユニフォームは80年代初頭頃迄下がトランクスでなくブルマだった学校も少なからずあり、全国大会で優勝したチームもそんなユニだった年もあります。

年代が年代のため、モノクロ写真が多いのですが、また機会を見てuploadします
Posted by シモン at 2019年04月21日 13:03
薄曇となつた、甲府市内の午後。
けふの夕食が、発表された。筍ご飯だ。山椒の葉も、つく。

サテけふは、デハサン援護の積りが、デハサン自身を含む四方八方から連打される結果と、なつた。爺は、グロッキー状態である。

よつて、明日の一番槍争いは、辞退します。後進に、道を譲ります。
Posted by 百足衆 at 2019年04月21日 15:21
それで油断させておいて、翌朝一番槍ですね。
スカッとできるなら、それで良いと思います。
Posted by GATTO at 2019年04月21日 17:45
老師申し訳ございません。私が勘違いして、赤魚の時の写真と間違えてここに描いてしまったためでした。
Posted by デハ at 2019年04月21日 18:19
シモン様
80年代は、バレー、ハンドボールはほぼ100%ブルマでしたが、バスケ、陸上は短パンが多かったです。今は陸上が8割ブルマ、2割スパッツで、トランクスはマラソンや駅伝だけ(不思議と、マラソンにはブルマの選手がいるが、駅伝にはブルマもスパッツもない)であることと隔世の感がします。
 陸上の短パンはトランクスタイプで、男女とも豪快に下着を(場合によっては男女ともその中身も)露出して疾走していたので、不評で、特に女子はほぼ8割以上は中にブルマを履きました。
 一方女子バスケは男子の体育用に似た比較的カッコイイもので、ブルマを嫌がり合法的に短パンを履くためにバスケ部を選ぶ女子もいたほどです。
男子バスケは今ほどではありませんが丈が長く、女子で同じものを履きたいと思う者はいませんでした。
 私の子供時代は女子がサッカーをやることは非常にまれでしたが、女子チームの中にはブルマのチームもあったようです。一方、短パンのチームは陸上同様下着丸出しのところが多かったです。
 女子は贅沢なもので、ブルマを嫌がるくせに裾の広くて短いタイプや丈の長いものは嫌がり、バスパンや裾にパイピングのあるようなぴっちりしたトランクスを好んだようです。
 余談ですが、1990年代にブルマ辞めろと女子が騒ぎ男子と同じものにしたところ、裾から下着が見えたと騒いで2年ぐらいでブルマに戻り、ハーパン導入までそのままだった学校が複数あります。
Posted by デハ at 2019年04月21日 18:27
百足衆さん

運転免許は、返上されましたか。
Posted by 菅原 at 2019年04月21日 21:07
はい。
Posted by 無名 at 2019年04月22日 02:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]