2019年10月13日

天むす

海老の天ぷらを具にしたおにぎりです。

tenmusu1.jpg

「天高く、馬肥ゆる秋」という諺は、元々匈奴の侵入に悩まされていた漢民族が「秋になると匈奴が馬に乗って侵入してくる」という警戒の言葉だったのですが、いつの間にか平和ボケした日本では「食欲の秋」を表す言葉に転化してしまいました。

oct309.jpg

日本の中央に位置する都として「中京」を名乗る名古屋は、いろいろな点で独特です。まず東海道新幹線の駅は、どこでも北口と南口が改札口なのですが、この駅だけは南北ではなく東西に改札口が分かれており、その名も「太閤通口」と「桜通口」という、土地勘のない人間にはどちらが東か西かもわからない名称になっているという、時空がゆがんだ空間です。

当然そんな異次元空間で食される料理も日本の標準から乖離しており、俗に「名古屋めし」と呼ばれるジャンルの食べ物には、台湾にはない「台湾ラーメン」があったりとか、ウスターソースではなく豆味噌で食べる「味噌カツ」だとか、パンにバターの代わりに小倉餡を塗って食べる「小倉トースト」、海老をフライで揚げた、一見エビフライに見える「えびふりゃあ」等、変わった食べ物には枚挙にいとまがありません。

そんな名古屋めしの一角を占めるファーストフードが「天むす」です。
これは、海老の天ぷらを中に入れたおにぎりのことで、海老の尻尾があたかも名古屋城の天守閣に輝く金の鯱を連想させる変わった形状のおにぎりです。この天むすは、名古屋ではなく三重県津市の「千寿」という天ぷら店発祥なのだそうですが、中京文化圏の引力に引き寄せられて、名古屋で生まれた食材と誤解している日本人が多くいるそうです。

元々、この天むすという料理は、お客向けではなく天ぷら屋の賄い食だったそうです。しかしこういった変わったおにぎりに新規性と潜在的な市場の存在を悟った初代おかみによって改良を加えられ、1959年「千寿」は天ぷら屋から「天むす専門店」に業種転換しました。名古屋に伝わったのは1981年、暖簾分けした「千寿」名古屋店が開業した時でした。しかし最初はその知名度の低さと、天ぷらを食べに店内に入った客が、天むすしかないことを知って帰ってしまうなど、苦しい時期が続きます。

こんな状況を救ったのが、1982年にCBC中部日本放送で放映されていた「土曜9時ハンただ今参上!」という変わった名前の情報番組でした。これに取り上げられた天むすはまたたく間に評判になり、当時名古屋を活動拠点にしていた笑福亭鶴瓶が天むすのファンになったお陰で東京のテレビ関係者に評判となり、全国的な名古屋めしに成長したのです。

oct310.jpg

私が最初に天むすを口にしたのは、京都発祥のテイクアウト食材の店「京樽」で買って帰った天むすだったと記憶しています。2019年の今も、私が天むすを食べたいと思った時は大概京樽で買っています。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(10) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
Posted by GATTO at 2019年10月13日 05:01
乾坤一擲、一番槍。
天むすは、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2019年10月13日 05:02
嵐は千葉を抜けて行きました。とりあえず、13時まで関係の仕事です。その後、家に帰れます。

デロさん、お互いお疲れ様です。

デハさん、ひじゃさん、東北は今大変だと思いますが、どうかご無事でありますように。
Posted by GATTO at 2019年10月13日 05:10
星の美しい、千葉の夜明け前。

嵐が去った後で、本当に星がきれいです。地元では大した被害もなく、ほっとしております。
Posted by GATTO at 2019年10月13日 05:15
台風一過、晴れとなつた、甲府市内の朝。
サテGATTOさん。台風対応の苦闘、ご苦労様。けふも出勤ですナ。益々、ご苦労様。

サテデハサン、ひじゃさん。ご無事や否や。按じております。状況を、ご一報ください。

サテ昨日午後3時頃、特別警報が出たが、山梨県の順番が、静岡県より、後ろだつたのは、NHK、ひいては気象庁の、不手際だと思う。
Posted by 百足衆 at 2019年10月13日 06:49
無事です
Posted by デハ at 2019年10月13日 07:01
ひじゃっ。

百足衆様、GATTO様、デハ様。

ひじゃも無事です。あっという間でした。

ひじゃ。
Posted by ひじゃ at 2019年10月13日 07:32
夜となつた、甲府市内の夜。
けふの「韋駄天」しん生は、終戦間際に満洲に渡り、辛酸を舐める。

という、回でした。
サテひじゃさん。明日から昼食予報合戦を再開しても、佳いかナ。

サテGATTOさん、デロサン。台風出動の公務員の方が、亡くなられたそうです。貴殿らも、くれぐれも、気をつけて下さい。
Posted by 百足衆 at 2019年10月13日 19:06
未だ空暗き、甲府市内の夜明け前。
けふの「スカーレット」戸田奈津子の活躍に、ご期待下さい。

サテひじゃさん。けふは川中島。
Posted by 百足衆 at 2019年10月14日 05:34
ひじゃっ。

百足衆先生。申し訳ありません。台風被災地のボランティアに行っていました。
昼食予想に参加出来ずに申し訳ありません。

ひじゃっ。
Posted by ひじゃ at 2019年10月14日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]