2019年11月18日

聊斎志異

中国は清代の怪奇短編小説集です。

ryosaishii.jpg

令和元年も11月中旬になりました。今年も残すところあと1ヶ月半。もっとも、それが過ぎても正月休みの後に、また日常生活が待っていることに、特段変わりはありません。

nov226.jpg

人が怪奇小説や特撮番組に熱中するのも、そんな日常生活と違った世界に刺激を求めたいという潜在的な衝動が理由なのかもしれません。そういう視点で見れば、「半分青い」とか「なつぞら」とかに象徴されるNHKの連続テレビ小説も、「ありえない世界を描いた怪奇ドラマ」なのかもしれません。

「聊斎志異」は、清代に書かれた491篇の短編怪奇小説集です。
「聊斎」とは、この小説集の作者である蒲松齢(かままつ よわい ではなく、ほ しょうれい)さんの通称であった「聊斎先生」から来ています。この短編集が成立した正確な年月日は不詳ですが、1670年代に書かれたと推測されています。

この小説に出てくる話の面白い特徴は、日本では国家公務員上級試験、もしくは大学受験に相当する「科挙」の試験に向かう途中で受験生の前に出現する、美女に化けた物の怪や狐や幽霊のストーリー、という形式が多いことです。
試験前の人は一心不乱に受験に向かう、と思いきや、実は雑念の塊である、ということを看破していたのでしょうか。そういえば、私にも心当たりがあります。

この小説集に記載される短編の中で、一際有名な作品が「画皮」です。これは「人間の皮に絵を描いて被ることで、その絵に似た人物に変化できる」という妖怪が16歳の少女になったり老婆になったりと、縦横無尽に活躍?する話です。永井豪原作作品「キューティーハニー」や、赤塚不二夫原作作品「ひみつのアッコちゃん」にも一脈通じるストーリーラインですが、そのグロさに於いて追従を許しません。この「画皮」は、水木しげる作品「ゲゲゲの鬼太郎」にも登場していますので、そのグロさを知りたい人は、そちらをご参照下さい。

「聊斎志異」は、近代以降の日本の小説家にも多大な影響を与えています。
例えば芥川龍之介の「酒虫」は、この本に収録されている「酒蟲」の翻案です。太宰治の「清貧譚」と「竹青」は、この「聊斎志異」に題材を得ています。漫画家の手塚治虫は、「新・聊斎志異」というシリーズを書きました。実はブラックジャックにも、聊斎志異の現代医学翻案版のような話が連載初期の頃に描かれています。

nov227.jpg

しかし、2019年現在の実社会は、聊斎志異の時代を凌駕する物の怪で溢れています。怪奇譚は小説の中で読む範囲に留めておきたいものです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(41) | 古典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

百足衆先生、
ご自分が負けそうな時も、没収試合になさらんようお願いしますぞ。
Posted by GATTO at 2019年11月18日 05:01
私の一番槍も、どことなく妖怪的でしょうかね(笑)。
Posted by GATTO at 2019年11月18日 05:06
未だ暗き、甲府市内の夜明け前。
昨日の「韋駄天」は、まあちゃん(阿部演)がオリンピック事務局長を辞任する。

という、回でした。
サテGATTOさん。一番槍、見事也。爺は、昨日の昼食予報勝利の美酒に酔い、ツイ朝起きが遅くなり、不覚を取った。
没収試合で思い出しましたが、来年の大河ドラマが、没収となりそうだと郷土史研究会の知人が話していました。どう云う事ですかナ。
Posted by 百足衆 at 2019年11月18日 05:13
りょさーい しっ しっ
あっち池。菅原君!

GATTO様、GATTO様、
一番槍、

おめでとうございます。
お目出とう御座います。

うほっ今宵は宴ぞ皆の衆、
だらくそぱげかわずやまの沢尻菅原君以外の全員で踊り明かさん、舞踏会。
菅原君だけは、海底で、お願いします。

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2019年11月18日 05:35
百足衆殿、
濃姫役の女優が麻薬で捕まったので、撮り直ししないと放送できなくなったんですよ

大河ドラマは田舎帝王殿かデハ殿が詳しい。
Posted by 燈台森 at 2019年11月18日 06:16
改めまして、おはようございます。

百足衆先生、
やはりそうでしたか。でも、たまに負ける方が粋ってもんですよ。

藤原さん、
メッセージ、ありがとうございます。でも、
>菅原君だけは、海底でお願いします。
 うんにゃあ、谷中の海底洞窟は、谷中本人以外は女性のみとなっております。
Posted by GATTO at 2019年11月18日 07:39
曇天となつた、甲府市内の朝。
けふの「スカーレット」スカ(戸田演)は、大阪時代を思い出す。

という、回でした。
サテGATTOさん。GATTOさんこそ、たまには一番槍、負けるのが粋ですゾ。
いつも、パンパンパンダちゃんと、爺の正確に1分前に、一番槍を奪取する。
本当に貴殿は、エーワイではないのですかナ、疑惑は更に、深まった。
Posted by 百足衆 at 2019年11月18日 08:52
曇天となつた、甲府市内の午前中。

サテ燈台森さん。
濃姫の時代には、麻薬はなかつた。其れを口実に、大河ドラマが放映禁止になるのは、おかしい。やはり、NHKは、ぶっ壊すべきかも、知れませんナ。
Posted by 百足衆 at 2019年11月18日 09:09
ひじゃっ。

ひじゃ電撃隊、発進致します。

GATTO様は幕内弁当。
デハ様はラーメン。
デロ様は肉うどん。
ラー様はラーメン。
シモン様はコンビニおにぎり2個。
燈台森様はカツサンド。
藤原様達はチキンソテー。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2019年11月18日 10:01
晴れとなつた、甲府市内のお昼前。
サテけふも、難波志保の5分でミュージックライフを聴いている最中に、ひじゃさん来襲。迎撃隊、発進セヨ。
GATTOさんは長崎ちゃんぽん。
デハサンはステーキ。
デロサンは中華丼。
ラーメンはラーサン。
シモンさんはコンビニおにぎり2ケ。
燈台森さんはハムサンド。
藤原さん達はポークジンジャー。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年11月18日 10:57
イスラマバードカレーでした
Posted by デハ at 2019年11月18日 12:13
こんにちは。

今日のお昼は、コンビニのパスタ、ペペロンチーノです。
Posted by GATTO at 2019年11月18日 12:39
サテ、百足衆先生、
>たまには一番槍、負けるのが粋ですゾ
 何をおっしゃるウサギさん、いや、百足さん。
 私の一番槍なんて、先生の半分にもなりません。それをやめるとなれば、一番槍は先生の独占状態になります。それこそ、粋どころか、「野暮」の極みというものです。
 先生こそ、たまには更新日にゆっくり寝て、他の方に一番槍をお譲りしてはいかがですか?それこそ「粋」ですゾ。
Posted by GATTO at 2019年11月18日 12:47
今日は和風ハンバーグを食べました。

GATTOさん、昨日も出勤、お疲れ様です。
私は都内に勤める娘が週末休暇を取って帰省しましたので、先程新幹線の駅まで送って行ったところです。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年11月18日 15:21
ひじゃ様、百足衆様、

今日は味噌ラーメンを頂きました♪
Posted by ラー at 2019年11月18日 15:27
ひじゃさん 百足衆さん

藤原さんと私は、ますたにのラーメンを食べました。
Posted by 菅原 at 2019年11月18日 16:04
チキンソテーでした
Posted by シモン at 2019年11月18日 17:45
夜となつた、甲府市内の夜。

サテけふの戦果判定。
ひじゃさん、爺、共に拮抗した戦いであつたが、GATTOさんが麺類で一致した為、爺は小破となり、昨日に続き、爺の勝利となつた。
一番槍は逃すも、昼食予報で挽回を果たせた。
Posted by 百足衆 at 2019年11月18日 18:36
まい泉のカツサンド♪

ひじゃ殿に轟沈!
Posted by 燈台森 at 2019年11月18日 19:10
こんばんは。

「海底の舞踏会」改作13、更新しました。今回は、母親の奈々子まで、海底でピンチにおちいります。

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12546646462.html
Posted by GATTO at 2019年11月18日 23:35
漆黒の闇に包まれた、甲府市内の夜明け前。
けふの「スカーレット」スカ(戸田演)の歯は、総入れ歯なのでせうか。
お愉しみに。

サテGATTOさん。海底の舞踏会その13、見事なり。奈々子と云うお母さんの、顔も、見れて佳かつた。今回は臣夫さんは、登場しないのかナ。奥さんと娘を、救出したら、一躍ヒーローに、なれる。
Posted by 百足衆 at 2019年11月19日 05:09
おはようございます、GATTO様!
海底の舞踏会13、朝目が覚めて真っ先に読みました!
すごい展開です!菜々子さんは、果たして!?

それと、「仮面舞踏会」とこれまで入力していてすいません!iPhoneが勝手にそう変換していたんです!これからは間違いなく「海底の舞踏会」で入力します!念のため、ユーザー辞書登録しておきました!

あと10分で家を出て出社せねばなりません!内容についての詳しい感想は、帰宅後に投稿しますね!
Posted by オジー・オズボーン at 2019年11月19日 06:14
おはようございます。



百足衆先生、
実は、奈々子さんのお顔は一度登場しています。

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12510001151.html

一番下にありますので、一気にスクロールしてご覧ください。ヒロインが、断末魔の走馬灯現象の最後に見るものが母親の顔だったのです。

>ヒーロー
 ヒロインが第5話で死亡しておりますので、このお話の後半は、主人公がいないようなものですが、しいてヒーローをあげるなら、まだ登場していません。野球やサッカーで途中出場の選手が活躍するようなものでしょう。


オジーさん、
メッセージ、ありがとうございます。「仮面舞踏会」には、そんな理由があったのですね。全然気にしておりませんので、これからもお楽しみください。
Posted by GATTO at 2019年11月19日 07:59
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「スカーレット」スカ(戸田演)は、絵付に打ち込む。

という、回でした。
サテオジーさん。
誤字脱字、心に隙がある証拠ですゾ。
誤変換と、他人のせいにしてはいけません。
あと、菜々子ではありません。奈々子ですゾ。
爺にも、漸く菅原君の気持ちが、わかるようになりました。

サテGATTOさん。
ご教授、多謝。道理で、見覚えのある顔だと思った訳だ。
Posted by 百足衆 at 2019年11月19日 08:41
ひじゃっ。

GATTO様。
奈々子さんが、心配です。

ひじゃ電撃隊、発進致します。

GATTO様はチキン弁当。
デハ様は職場弁当。
デロ様は天丼。
ラー様はラーメン。
シモン様はコンビニおにぎり2個。
燈台森様は焼きそばパン。
藤原様達は炒飯と餃子。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2019年11月19日 10:17
晴れとなつた、甲府市内のお昼前。
けふの昼食が、発表された。煮込みうどんだ。七味唐辛子も、つく。

サテけふも難波志帆の5分でミュージックライフを聴いていると、ひじゃさん来襲。迎撃隊、発進セヨ。
GATTOさんは幕内弁当。
デハサンは肉屋弁当。
デロサンは麻婆豆腐。
ラーメンはラーサン。
シモンさんはコンビニおにぎり2ケ。
燈台森さんは三色サンド。
藤原さん達はオーガニックチキンの唐揚。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年11月19日 10:50
こんにちは。

今日のお昼は、焼き肉弁当です。
Posted by GATTO at 2019年11月19日 12:32
たびたび失礼します。

ひじゃさん、
>奈々子さんが、心配です。
次回をお読みいただきましたら、別の意味で心配になると思います。
Posted by GATTO at 2019年11月19日 12:35
今日はカルビクッパラーメンを食べました。
Posted by ラー                 at 2019年11月19日 12:45
ひじゃ様、 百足衆様、

本日は豚骨ラーメンを頂きました♪

偽物様

カルビクッパラーメン、美味しそうですね♪
食べてみたいです。
Posted by ラー at 2019年11月19日 13:22
石焼きビビンバ♪
Posted by 燈台森 at 2019年11月19日 14:24
ステーキでした。ちなみに肉やではカルビクッパラーメンを提供しています。しかししいたけが入っているため食べたことはありません
Posted by デハ  at 2019年11月19日 15:37
ひじゃさん 百足衆さん

今日藤原さんと私は、十勝風豚丼を食べました。
Posted by 菅原 at 2019年11月19日 16:04
今日はサーモン丼でした。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年11月19日 16:11
安定のコンビニおにぎり

カリカリ梅
チャーハン

でした。

GATTOさん
益々、奈落というか海底に堕ちて行く展開ですね。
シャガールの「堕天使」という絵を思い出しました。
Posted by シモン at 2019年11月19日 17:22
日没となつた、甲府市内のタベ。

サテけふの戦果発表。回答が出揃ったので厳正な判定作業。
藤原さんと菅原君が、十勝風豚丼との回答に、ひじゃさんは、炒飯と餃子と推定。一方の爺は、オーガニックチキンの唐揚と、予想。肉率係数が爺が上回り、爺の僅差での勝利と、なつた。

サテGATTOさん。奈々子の肖像は、NHK夜9時のニュースに出ている、不真面目な女性アナウンサーに、似ている。
Posted by 百足衆 at 2019年11月19日 18:02
こんばんは。

シモンさん、
 メッセージ、ありがとうございます。シャガールでしたか?!いやあ、盲点でした!!
 絵画についての話は、改作1で出したのですが(始めの方、ヒロインがバレエ・スクールに着いたばかりのところです)、

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12509998393.html

シャガールについてはまったく盲点でした。実は、このお話は途中で書き足したりもしておりますので、チャンスを見て書き加えたりしたいとも考えています。
Posted by GATTO at 2019年11月19日 19:17
百足衆先生、
奈々子さんの顔は、作品によって結構変わっています。なぜこの絵を選んだかと申しますと、セリフの吹き出しがあまり邪魔にならないものを選んだために、この顔になりました。
Posted by GATTO at 2019年11月19日 19:20
夜となつた、甲府市内の夜。

サテデハサンは、明日は海鮮丼ですかナ。
美味そうですナ。
Posted by 百足衆 at 2019年11月19日 20:04
GATTO様、帰宅しました!
海底の舞踏会、ますます悪の耽美的なデカダンスの色が、濃厚になって来ましたね!秋の紅葉のようです!
百足衆様、変換ミスを、iPhoneのせいにして、すいません!それと、菜々子ではなく奈々子でした!度々すいません!GATTO様の小説は、面白いです!興奮します!白い水着はいいですね!ミズノです!次回、奈々子SOSに期待しています!
Posted by オジー・オズボーン at 2019年11月19日 20:58
こんばんは。

デロさん、
メッセージの見落とし、失礼しました。大きいお子さんがいらっしゃるのですね!うちは、子どもがいないので、少しうらやましいです。
それとともに、うちの嫁さんもたまには里帰りさせないとな、と思っています。

オジーさん、
朝夕のメッセージ、ありがとうございます。
>悪の耽美的なデカダンスの色
よくぞおっしゃってくださいました!次回は、その感覚・解釈が、登場人物によって違ってくる場面があります。楽しみにしていてください。
Posted by GATTO at 2019年11月19日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]