2019年12月02日

Saab900

スウェーデンの航空機メーカーであり自動車メーカーであるSaab社によって製造販売された小型自動車です。

saab_900.jpg

師走に入りました。子供の頃は、クリスマスだとかお正月だとかが待ち遠しく楽しいっ日々でしたが、この年齢になると、どちらかといえば年内に片付けておかなければならない仕事のことで頭を悩ますことが多くなってしまいました。皆さんは如何でしょうか。

nov278.jpg

今の若い世代の人は殆ど興味を持ちませんが、昔は「外車を購入して乗る」ということは若い男性層の大きな趣味の一つでした。バブル時代は、メルセデスやBMWといったドイツの高級車(*フォルクスワーゲンは大衆車なので除外)が都内の道路に溢れ、「銀座のカローラ」などと揶揄されていたものです。こういった風潮に抵抗感のある人達は、外車と言っても個性的な車種を購入しました。

「若者が好んだ個性的な外車」とは、どんな車を指すのでしょうか。
英国のロールスロイスは、その希少性においても高級感においても個性的ですが、価格が高すぎて若者の手に入ることは稀でした。
ムスタングやダッチバイパーなどのアメリカのスポーツカーもかなり個性的ですが、都内の狭い道を通行するのには取り回しが悪く、彼女を助手席に乗せようとしてもやんわりと敬遠されてしまった、と語る人も多いそうです。
つまるところ、欧州車で、ドイツ以外の国で製造され、日本で販売されており、価格もローンでなら購入できる車が好まれたのでした。

まずデザイン重視でいけば、イタリアのアルファロメオやフランスのシトロエンといったところは実に個性的なフォルムで、初期費用も200万円台で購入できるので格好の選択肢でした。しかしこれはあくまでも初期費用で、メンテナンス費用はその3倍ぐらいかかりました。ラテン人の気質は、高品質の自動車を製造するのにあまり向いていないようなのです。

では英国車はというと、ローバーミニはそのクラシカルなスタイルと価格の安さで格好の選択肢でもありました、しかし如何せん、エアコンが装着できない(=出来ないこともないけど助手席に人が座れなくなる)ことが高温多湿な日本では致命的であり、さらにモデルチェンジして3ナンバーになった後継車は既に「ミニ」ではありませんでした。

個性的でお洒落なフォルム、新車を200万円台では無理だとしても300万円台の後半で購入でき、それなりに品質も安定している車がこの「Saab900」だったのです。同じスウェーデン車でも、四角い箱形のボルボは重戦車のような外見で、好みが分かれたようです(が、Saabより遥かに多くの台数が日本国内に輸入されています)。

nov277.jpg

実は私も一時期、Saab900の購入を目論んだことがありましたが、93年にモデルチェンジした二代目はすっかりオペルのような平凡な外見(プラットフォームも)になってしまい、断念しました。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(43) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いっちばーん
Posted by 通りすがりのもの at 2019年12月02日 05:03
乾坤一擲、一番槍。
サーブは、甲斐の武者がレシーブせり。
Posted by 百足衆 at 2019年12月02日 05:04
漆黒の闇に包まれた、甲府市内の夜明け前。
けふの「スカーレット」信楽に残留と昇給を決めたスカ(戸田演)の活躍に、ご期待下さい。

サテ通りすがりのものさん。一番槍、お見事なり。
狙い済ましたように、爺の1分前に投稿するとは、手練の技と、見た。
爺は、SAABをサーブと翻訳するのに手間取り、更にサーブからレシーブを連想するのに時間を要し、遅れを取った。爺の一番槍を応援する皆さんには、面目なし。
Posted by 百足衆 at 2019年12月02日 05:13
おはようございます

通りすがりのものさん、一番槍おめでとうございます♪

サーブ900は、購入を検討したことがあります(当時はアルファ155ツインスパークに乗っていました)。
GMに完全に移管されて、旧モデルは在庫限りということで、メンテナンスが心配だったので購入に至りませんでした・・
Posted by ラー at 2019年12月02日 05:44
百足衆様ありがとうございます。
小生はただ足跡を残すというのみで恥ずかしい限り。御大の見事な文面には只々感服するばかりでございます。
Posted by 通りすがりのもの at 2019年12月02日 05:49
通りすがりのものさん

いつもゲリラ的な一番槍、秘かに楽しみにしています
Posted by シモン at 2019年12月02日 06:10
雨となつた、甲府市内の朝。
けふの「スカーレット」スカ(戸田演)は、八郎(八郎演)の仕事ぶりに、感嘆の吐息を漏らす。

という、回でした。
サテサーブ。昨日の韋駄天では、鬼の大松監督の猛特訓振りが、放送されていたが、今では、セクハラになるのであろう。時代は、変わった。
Posted by 百足衆 at 2019年12月02日 07:44
いまやカローラも3ナンバー・・・。

サーブで、お尻が不自然に垂れ下がった不気味な車がありましたが、もしかしてこれでしたか?

ミニクーパーは、ホンジャマカの石塚や外人などの巨人が合えて乘るのが印象深いです。

ボルボも最近はデザインが洗練されボルボらしさ、弁当箱らしさがなくなってしまいました。

自動車を選ぶとき、これは絶対ない、と思うものをいくつか挙げてみたいと思います。
@韓国・中国車
A同型の本家以外の車(マーク2に対するチェイサー、クレスタ、サニーに対するローレルスピリット、ラングレー。パルサーは元は別だったので別)、ギャランに対するエテルナ、ディアマンテに対するΣなど。私から見ると偽物。あとトヨタ車には、市販されていないがほとんどの車種にダイハツ版がある。(メビウスなど)
Bアメリカが作った小型車。デザインも性能も最悪。欧州車よりは安いが、国産より割高の上致命的にかっこ悪く、性能も日独にかなり遅れる)
C新興車種 このため、マツダは現在選択肢にない。伝統を重んじない車は好かない。
D先代または初代のイメージをぶち壊した車(スカイラインとか)

以上を勘案すると、
@初代から現在まで、基本コンセプトが不変でモデルチェンジを繰り返している
A体が大きくても乗れる
B初代モデルが私が生まれる前から存在している
C駆動方式はFR

ということから、
国産車ではクラウン、ハイエース、フェアレディZ
外国車ではムスタング、コルベット、バイバー、リンカーン、キャディラック
BMW、メルセデスベンツ、ボルボ
ということになります。
カマロとビートルには中断期間があるうえ、ビートルは見た目は似ていてもRRからFFになってしまったので除外。また、キャディラックとリンカーンも3000〜4000CCのモデルはFFになってしまいました。ボルボもですが、ボルボは4輪駆動なので後輪も動くのでまあいいです。
Posted by デハ at 2019年12月02日 08:49
人もモノも、何百年、何千年も代を重ね存続することに意義があります。
我が皇室は、2680年の歴史があり、ぶっちぎり世界一で、2位の英国の1000年、3位のスウェーデンの800年にダブルスコアです。
英国、スウェーデン程度であれば、日本だけでも伊達家、島津家、佐竹家、相馬家、相良家、南部家があり、近衛家を藤原氏の本流と見れば、1400年になります。また日本には、1000年以上存続している金剛組があるほか、全世界の100年以上存在している会社の大半は我が国、300年以上ともなると外国では英国やドイツ、フランス、イタリアにしかないと思います。

飯塚事件後、運転継続を断念する英断を下した老師がクラウンを愛車にしていたことは、誇らしいです。
レクサスがクラウンより大きく、金メッキのくせに王冠を頂かないことは、あたかも成金そのものを示しているようです。
他のメーカーならまだしも、「王者」であるはずのクラウンより立派な車がトヨタに存在することが私は許せません。
どんなに大きく、豪華でも、歴史が薄く、冠のないレクサスは単なる成金としか私は見ません。
Posted by デハ at 2019年12月02日 08:59
ひじゃっ。

デハ様。
車哲学、しかと学ばせていただきました。

ひじゃ電撃隊、発進致します、

GATTO様は幕内弁当。
デハ様はカツ重。
デロ様は煮込みうどん。
ラー様はラーメン。
シモン様はコンビニおにぎり2個、
燈台森さまは三色サンド。
藤原様達は鶏唐揚げ。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2019年12月02日 10:25
豪雨となつた、甲府市内のお昼前。

サテデハサン。クラウンも、最近の車は格好悪くなりましたナ。爺が免許を返納したのは、もうあんな格好悪い車に、乗りたくないと思つたからですゾ。日産なら、セドリックが佳かった。

サテけふも、難波志保の5分でミュージックライフの最中に、ひじゃさん来襲。迎撃隊、出撃セヨ。
GATTOさんは焼魚。
デハサンはパキスタン。
デロサンは中華丼。
ラーメンはラーサン。
シモンさんはコンビニおにぎり2ケ、
燈台森さんはカツサンド。
藤原さん達は京都こってりラーメン。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年12月02日 10:53
こんにちは。

今日のお昼は、きつねうどんです。



通りすがりのものさん、
遅くなりましたが、一番槍おめでとうございます。日頃、獲るメンバーが、百足衆先生と私くらいなものですから、三つ巴の争いを楽しみにしております。
私は、今朝はトイレに起きなかったものですから・・・
Posted by GATTO at 2019年12月02日 12:48
ステーキでした。飯は食べません。ソースはかけません。塩と胡椒だけの味です。
ひじゃさん
ジムで運動中見たテレビで、スペインの「ポロンボロン」という、ラードの皮で包んだ薄皮饅頭のようなものが紹介されていました。
スペインではこれが作れない女性は女性扱いされないそうです。
また、南朝鮮に慰安婦像が乱立しているように、スペインではポロンボロンを作る夫人像がたくさんあるそうです。
ひじゃさんも作ったことがありますか?
仙台に非邪さんをモデルにしたポロンボロンを作る女性像を作らないといけませんね。
ちなみにご主人はもしかして「支倉」さん?
Posted by デハ at 2019年12月02日 12:51
ポロンポロンラーメンを食べました。
Posted by ラー              at 2019年12月02日 14:37
本日は中華小鍋を食べました。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年12月02日 15:47
ひじゃ様、百足衆様、

今日は魚介つけ麺を頂きました♪

偽者様、

ポロンポロンラーメンって一体? ^^;
Posted by ラー at 2019年12月02日 16:00
安定のコンビニおにぎり

チャーハン
ドライカレー

でした。
Posted by シモン at 2019年12月02日 17:49
夜となつた、甲府市内の夜。

サテけふの戦果発表。
ひじゃさん、爺ともにGATTOさん、デハサンを外し、シモンさん、ラーサンを的中させ、勝負はデロサンに絞られた。
デロさんの中華鍋が、爺の中華丼と2文字が一致し、小破の判定。僅差で、爺の勝利となつた。
では、デハサンの云う通り、ひじゃさんにポロンポロンを、ご馳走してもらう事としましよう。
Posted by 百足衆 at 2019年12月02日 18:59
ひじゃっ。

デハ様。百足衆様。

ポロンボロン?
ポルボロンのことかと。アンダルシア地方の伝統お菓子です。
もちろん、作ったことありますよ。アーモンドとシナモンのフレーバーの軽いクッキーです。

ひじゃ。
Posted by ひじゃ at 2019年12月02日 19:08
こんばんは。

「海底の舞踏会」改作15、更新しました。奈々子が A子の夏休みの宿題やら、勉強などを見るという、めちゃくちゃ地味なお話です。

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12551927903.html
Posted by GATTO at 2019年12月02日 21:10
ひじゃさん
失礼いたしました。「ポルボロン」と言うのですね。
運動中に見たので正確に覚えていませんでした。
饅頭に見えたのですが、クッキーだったのですね。
是非ご相伴にあずかりたい。

さて、藤原中佐・菅原大尉コンビは、アメリカ大統領U・I・ビジョンをぶち殺すために、富岳で飛び立ってほしいです。
こいつは「最低でも太平洋外」と我が国の基地を政治的圧力で撤去させた上に、わが国に核攻撃をして、そのくせに原子力反対と叫び、裏でソ連とつながっている人類の敵なのです。
こいつを殺さない限り、私の小説世界の地球は平和にならない。そしてそいつを倒すことができるのは藤原さんだけなのです。
Posted by デハ at 2019年12月02日 21:40
食欲の塊で、さぼり癖があり、老獪で、理不尽に主張をする藤原中佐と、凄腕パイロットでムカつくほどの良識人の菅原大尉。
じつはこのコンビの真骨頂は、藤原の中にある菅原的な計算された正確な判断と、菅原の中にある藤原的な狂気がクロスした時、奇跡のパワーを発揮するのです。
劇中のセリフにも菅原さんが「全部自分が操縦して、自分が落とした爆弾による戦果」とあります。
しかし、汚物攻撃や決死の攻撃誘導など、その絶妙な、「今しかない!」というタイミングでその指示を出すのは、常に藤原さんです。そして瞬間、菅原さんもまた良識をかなぐり捨てケモノになるのです。
 また、これも菅原さんのセリフにありましたが、私が書いた2話分以前にも、藤原さんは敵艦の艦橋を銃撃しています。
 この作中の藤原さんは、敵艦の艦橋への攻撃に異常なまでの執着心を持っているのです。
 指揮能力を奪うことにより敵を混乱させる、またその前段として、飛行機雲や汚物を使って敵を挑発するなど、物理的攻撃よりも心理的打撃を重視しているのです。
 ですが、その天才的なひらめきも、菅原さんの操縦技術を持って初めて実現するのです。
 つまり二人は一体不可分、一心同体なのです。

 さて、老師はどうしても一式陸攻でフランクリンに突入したがっているようです。でも私は老師を殺したくないから書かなかっただけなのです。

 また、作中の紫門大佐は、藤原さんの海軍兵学校の後輩で、藤原さんの本心と超人的才能を唯一理解し、尊敬して、自らの乗艦に藤原さんを招いて乗せている大人物なのです。艦隊司令部はじめ、皆藤原さんを厄介者扱いして、そのため赤城などにはまで乗れないのです。
Posted by デハ at 2019年12月02日 21:51
未だ暗き、甲府市内の夜明け前。
けふの「スカーレット」スカ(戸田演)は今日こそ父(北村演)を成敗できるのでせうか。
お楽しみに。

サテデハサン。貴殿の戦記文学者としての才能は、由々しきものが、ある。あの藤原菅原君たちを、かくも英雄に、描けるのはデハサンしかおりません。
甲府文学賞に推挙しますので、福島の名産品を、送って下さい。
サテGATTOさん。海底の舞踏会、読みましたゾ。A子の、秘めた謎に迫る回。次回が愉しみです。爺が天に召される前に、続きを書いてくださいナ。
Posted by 百足衆 at 2019年12月03日 06:08
GATTO様、「深海の舞踏会16」読みました!
A子にはミサの霊魂が、憑依しているのでしょうか!?そして、車椅子を押す男の弟の正体は一体!?

謎は謎を読みますが、今から出勤しますので詳しい感想は帰宅後に!
Posted by オジー・オズボーン at 2019年12月03日 06:58
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「スカーレット」スカ(戸田演)は、新作(林演)から、八郎(八郎演)も臨席する合同見合い会に誘われ、出欠を考慮する。

という、回でした。
サテオジーさん。貴殿は、いつも慌てているナ。ゆっくり投稿しなさい、またしても「深海の舞踏会」と、間違えている。正しくは、「海底の舞踏会」ですゾ。オジーさんは、深海魚が、お好きですかナ。
Posted by 百足衆 at 2019年12月03日 07:52
ひじゃっ。

ルパン三世の石川五右衛門役だった井上真樹夫さんが亡くなられました。
安らかにお眠り下さい。

悲しみを乗り越えて、ひじゃ電撃隊、発進致します。

GATTO様はパスタ。
デハ様は職場弁当。
デロ様は味噌煮込みうどん。
ラー様はラーメン。
シモン様はコンビニおにぎり2個。
燈台森様はカツサンド。
藤原様達はドリア。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2019年12月03日 10:12
晴れとなつた、甲府市内のお昼前。
けふの昼食が、発表された。缶詰のさんま蒲焼だ、ご飯も、つく。犬の飯に、近い。細の手抜きを、感じざるを得ない。

サテけふも昼食を嘆きながら難波志保の5分でミュージックライフを聴いていると、ひじゃさん来襲。迎撃隊、発進セヨ。
GATTOさんは唐揚げ弁当。
デハサンは肉屋弁当。
デロサンは八宝菜。
ラーメンはラーサン。
シモンさんはコンビニおぎにり2ケ。
燈台森さんはコロッケパン。
藤原さん達はカキフライ。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年12月03日 10:54
こんにちは。

今日のお昼は、野菜炒めです。


ひじゃさん、
「ルパン三世」、おなじみのメンバーがだんだんお亡くなりになっています。今も、同じ声優さんは、次元の小林さんだけ。不二子ちゃん役の増山さんや二階堂さんは、ご現在ですが、もう若い声優さんに代わっています。寂しい限りです。ルパンをはじめ、他の役が代わっても見続けていますが、小林さんが引退したら、見る気になるかなあ・・・


百足衆先生、オジーさん、
メッセージ、ありがとうございます。謎の少女は、写真の中や夢に限定されますが、過去に何度か登場はしています。その時は絵に適度なものがなかったのですが、今は良さそうな画像をつけていますから、またご覧いただけるとうれしいです。
Posted by GATTO at 2019年12月03日 12:27
海鮮丼でした
Posted by デハ  at 2019年12月03日 12:44
ところで、車椅子の少女の登場回です。

プロローグ
https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12509995247.html

改作7
https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12511881758.html

改作10
https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12540237484.html


もう、画像も貼っていますので、ご覧いただけるとうれしいです。
Posted by GATTO at 2019年12月03日 12:54
ひじゃ様、百足衆様、

本日は味噌ラーメンを頂きました♪
Posted by ラー at 2019年12月03日 13:13
GATTOさん。

車椅子が、ない!
車椅子の画像は、どれですか!
Posted by とうりすがり at 2019年12月03日 13:15
顔だけで勘弁してください。車椅子に乗った良い画像が見つかりませんでしたので。
Posted by GATTO at 2019年12月03日 14:25
今日は、天麩羅そばを食べました。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年12月03日 15:07
ひじゃさん 百足衆さん

今日藤原さんと私は、鴨南蛮そばを食べました。

デハさん

デハさんの小説は、学内でも評判です。
Posted by 菅原 at 2019年12月03日 15:48
安定のコンビニおにぎり

紀州梅
日高昆布

でした。

ひじゃさん、GATTOさん
井上真樹夫さん、キザな役柄の声がはまっていました。
安らかに。

デハさん
サーブのトランクの尻は垂れ下がってましたね。高さが足りない分、奥行きがありました。いずれにせよ「変なデザイン」でしたね。
Posted by シモン at 2019年12月03日 16:58
夜となつた、甲府市内の夜。

サテけふの戦果発表。ひじゃさんと爺の戦いは、竜虎相撃つ激戦となる、引き分けに終わった。

サテひじゃさん。井上真樹夫さんは、花形満の声の出演ですナ。我が山梨県出身です。まだ爺より8歳も年下だつたのに、無念。合掌。
Posted by 百足衆 at 2019年12月03日 19:21
GATTO様、今日は早く帰宅できました!
「海底の舞踏会」でしたね!度々すいません!

A子の夏休みの自由研究を、夜の天体観測に設定した奈々子さんは、賢明な女性ですね!
昼間に、A子さんと一緒にいるところを誰かに見られ、それがミサに良く似た少女だったら・・・絶句してしまいそうです!

そして、車椅子に乗る少女の姿が、GATTOさんによって再度、広報されました!
これを見れば、今後の展開が、明らかに・・・!

次回、第17話が、待遠しいです!
Posted by オジー・オズボーン at 2019年12月03日 19:57
深夜となつた、甲府市内の夜。
明日の一番槍に備えて、今から待機中である。
明日こそは、一番槍を奪還せねばならない。
二度寝に、要注意。

サテオジーさん。あまり、GATTOさんを急かすでないゾ。車椅子がないと、GATTOさんを困らせていた人と、同じレベルに、なる。
Posted by 百足衆 at 2019年12月03日 22:22
一番槍乃時刻迄、あと6時間半となつた、甲府市内の夜。

サテ最大のライバル、房州猫侍が、トイレに起きませんように。

Posted by 百足衆 at 2019年12月03日 22:31
菅原さん
恥ずかしいからやめてください。

老師
井上眞樹夫さんは、私にとっては竪琴の騎士トリスタンでした。長髪で知性派の美形の役が多かったです。神谷明演じる熱血ヒーローの抑え役が多かった。
神谷明は東映の実写映画なら錦之助のポジションで、眞樹夫さんか田中秀幸さんが東千代之介のポジション、敵役か父親役が多かった柴田秀勝さんが月形龍之介、豪快な相棒役の玄田さんが加賀邦男、そして憎むべき悪が多かった銀河万丈が山形勲に相当すると思っていました。
Posted by デハ at 2019年12月04日 00:15
シモン様
レパードJフェリーや、キャディラックの小型モデル、それに一時のブルーバードも尻が垂れ下がっていました。非常にかっこ悪いと思っていました。特にレパードは最悪でした。しっぽを股に巻き込んだ弱い豹みたいでした。
サーブは飛行機の方が、エリア88の主人公機だったので有名でした。ただ、アラブの国なのにクフィルを購入していたアスラン王国は許せなかった。他のアラブ諸国に一斉に攻め込まれ、フセインやカダフィが毎日あの長髪王子の悪口の演説をしていそうでした。

ドラケンとはドラえもんみたいだし、ビゲンは白髪染めのようで、正直かっこいいイメージがなく、もしエリ8で活躍しなかったら日本人は誰も見向きもしなかったと思います。
 スウェーデンは突撃砲を戦車と呼んではばからないなど、他とは一線を画した国です。
ですが、私は実はスウェーデンが好きではありません。その理由は大戦中中立国のはずが英米にだけボフォース機関砲を売ったからです。あれさえなければ、私の劇中の藤原機のようにアメリカ空母を全滅させられるところでした。
 逆に、畝傍事件でフランス製品を廃していたはずの帝国海軍が、対空機銃だけフランスのオチキス社製にこだわっていたのが悔しい。
大和にボフォースが積んであればグラマンなんてみんな落ちていたはずなのに。
Posted by デハ at 2019年12月04日 00:24
私はほかのだれが認めようとも、砲塔が旋回しない車両を戦車とは認めません。逆に、自衛隊の自走砲は砲塔が旋回するので戦車と呼ぶべきです。
自衛隊は欺瞞に満ちたインチキ軍隊で、空母を駆逐艦だと主張するずるい軍隊です。
DDとつければどんなものでも駆逐艦だとしているのです。イージス艦も同種艦を外国では巡洋艦に類別しており、また日本でも、汎用護衛艦の艦長は中佐(2佐)ですが、イージス艦や空母もどきには大佐を当てていることから、本当は巡洋艦であることは明らかです。
Posted by デハ at 2019年12月04日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]