2019年12月22日

自虐の詩

1985年から90年まで雑誌「週刊宝石」に掲載された、業田良家さんの漫画作品です。

jigyaku.jpg

2019年もいよいよ残すところあと10日となってきました。皆様大掃除はお済でしょうか。私は30日頃にしようと思っております。

dec238.jpg

年末に大掃除をする時にありがちな話は、本棚の整理をしていて昔の漫画を手に取ると、つい面白くて読みふけってしまい、家族に叱られることです。
そんな昔の面白い四コマ漫画の代表格が、業田良家さんの「自虐の詩」です。

では簡単に登場人物をご紹介しましょう。

森田幸江:35歳ぐらいの女性。薄幸な外見をしており、常に伏し目がちである。内縁の夫であるイサオと安アパートで同棲する。イサオは殆ど働かないので、幸江が「あさひ屋」という定食屋で働き、生活を支えている。鼻の中央部分にホクロがある。イサオに尽くしていることが生き甲斐で、どんなに罵倒されても一緒に生きていこうとする。周囲の人間がどれだけ別れることを勧めても、聴く耳を持たない。

葉山イサオ:幸江と同居する男。労働せず、幸江からお金をせびってギャンブル代や酒代に充当する。幸江が仕事の口を見つけてきても、「勝手なことをするなー!」と怒り、卓袱台をひっくり返す。短気で乱暴な性格だが、幸江に怪我をさせないように気を配っているらしい。ヘビースモーカー。

森田家康:幸江の父。幸江の幸福を願っているが、金をせびったり、ちゃぶ台をひっくりかえしたりと、素行はイサオと大して変わらない。

あさひ屋の主人:幸江の勤務する定食屋のマスター。妻に先立たれ、一人暮らし。幸江に惚れており、しばしば幸江にアプローチするが、断られる。

隣のおばちゃん:幸江とイサオの住むアパートの隣人。幸江の良き相談相手となる。

このような人物たちが、日夜すさんだ不器用な生活を続けながら、一見救いの無い生活の中にもささやかな人生を謳歌していたのでした。

dec239.jpg

「自虐の詩」は、2007年に大阪を舞台にして実写映画化されました。
薄幸な女性:幸江を演じたのは中谷美紀、粗暴な男性:イサオを演じたのは阿部寛と、明らかにミスキャストでした。前者が木村多恵、後者が安岡力也だったら割とフィットしたはずですが。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(59) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

百足衆先生、
 偽者くらいで没収試合にしてはだめです。回答者の努力を無にする行為です。
 偽者の数も関係ありません。「昼食予報士」を名乗るなら、たかが偽者くらい、ご自分で見分けるべきです。
 ご自分が勝ちそうな時はそのまま結果を出すではありませんか。12月21日も結果を出しましょう。デハさんのステーキを当てた分、ひじゃさんの勝ちでしょう。

>明日も互いにフェヤープレーで堂々、戦いましょうゾ。
負けそうな時には没収試合にすること自体がフェアじゃないです。
Posted by GATTO at 2019年12月22日 05:01
う〜ん、男女の仲は難しいです。
Posted by GATTO at 2019年12月22日 05:09
乾坤一擲、三番槍。
イサオは、甲斐の武者が討ち取ったり。

サテGATTOさん。一番槍、見事なり。
海底の舞踏会も、見事なり。白い水着写真は、奥様をモデルに、撮影されたのかナ。
その見事な文章に感化して、けふはあえて、一番槍を献呈させて、頂きました。
昼食予報についての未熟さの指摘も、有難う。次回からは、なるたけ没収試合を少なくするよう、爺も努力します。
サテヨットさん。漫画の世界では、無理矢理主題に持って行かんが為に、有得ない展開をすることは、多々ある。昨晩孫と観た、名探偵コナンも、そうでした。
Posted by 百足衆 at 2019年12月22日 06:56
改めまして、おはようございます。

百足衆先生、
さすが甲斐の武者!武田武者見事なり!!
>白い水着写真は、奥様をモデルに、撮影されたのかナ。
 よくぞ見抜かれましたな!
 いかにも、あの白い水着の後姿は私の妻です。30代前半頃の姿です。私のブログの中で、唯一のオリジナル写真。そして、私の妻からネットでの使用を許されている、唯一の彼女の写真です。
 昔の女優さんのような、古い写真の雰囲気を出すため、セピア色に加工しております。妻の写真の中でも、3本の指に入る好きな写真です。
Posted by GATTO at 2019年12月22日 08:18
私も前半を読んで真っ先に木村多江を思い浮かべました。中谷美紀では不幸な感じはまったくなく、逆に男どもをやっつけてしまいそうです。だが相手がケンシロウのような阿部寛ではさすがに敵わない。逆にケンシロウに殴られても平気な女ってのも凄い。
阿部寛と共演するなら中谷美紀がマミヤで阿部寛がケンシロウ、仲間由紀恵がユリア、Gacktがシン、佐々木蔵之介がレイ、石塚がフドウ、笹野高史が李白、吉川晃司がラオウ、上川隆也がトキ、稲垣吾郎がユダ、仮面ライダー1号がシュウ、一茂がサウザー、小錦がハート様、愛之助がジャギ、芦田愛菜がリンで北斗の拳やった方が良い
Posted by デハ at 2019年12月22日 08:29
木村多江は静馬の母似合ってました。安寿と厨子王の母とかペリーヌの母とかも似合いそう。中谷美紀に似合うのは立花ぎんちよとかハマーンカーンとかエリザベス一世ですよね
Posted by デハ  at 2019年12月22日 08:33
私は以前、菅原さんは実は女性で藤原さんの奥さんだと思い込んでいました。でも理不尽な上司の暴言や支離滅裂かつ天真爛漫な行動に耐えてついていく姿は、この幸子さんと似ている気がします。
Posted by デハ at 2019年12月22日 08:36
 ところで、私はこの作品を今回初めて知りまして、マンガも映画もまだ見ておりません。
 しかし、阿部寛さんというのは結構いいんじゃないかな?彼の素晴らしいところは、単に高身長の美男というだけでなく、それでいてどんな役でもこなしてしまうところだと思っています。
 外見からすれば、上品で知的で洗練された紳士が一番似合うと思いますが、実際にはその逆のバッチイ姿の役もこなしているんですよね。
 映画版、ちょっと見てみたくなりました。
Posted by GATTO at 2019年12月22日 08:41
ガットさん
そうですね。ケンシロウやスパロボヒーローの神谷さんがキン肉マン(初期)やオヨネコブーニャンなのと同じく、阿部寛も普段はヒーローでもギャグキャラクターも似合いますね。私は以前よりアニメで神谷明のキャラクターは実写なら阿部寛だと思っていました。田中秀幸なら上川隆也、上田みゆきなら仲間由紀恵、榊原良子なら中谷美紀、吉田理保子なら篠田麻里子、冨山敬なら半沢直樹の人が良いと思っていました。
Posted by デハ  at 2019年12月22日 10:37
ひじゃっ。

GATTO様。
やはり、百足衆先生の策士ぶりは、賞賛に値しますね。
勘助ですね。

デハ様。
阿部寛さんは、古代ローマ人の役も出来ますね。ハリーポッターの役も出来そうです。

ではひじゃ電撃隊、発進致します。

GATTO様は冷蔵庫の残り物。
デハ様はインドカレー。
デロ様はお好み焼き。
ラー様はラーメン。
シモン様もラーメン。
燈台森様はビスクスープとフランスパン。
藤原様はパスタ。
菅原様はピラフ。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2019年12月22日 10:50
曇天となつた、甲府市内のお昼前。

サテGATTOさん。能ある鷹は爪を隠して居たが、漸く爺が真田昌幸に匹敵する、表裏比興の者という事が、垣間見られましたかナ。法衣の下の鎧、鹿ヶ谷の清盛。爺も、まだまだ素性を隠して、居ますゾ。
サテデハサン。阿部寛ですか。爺はかつてはマストロマルチェロヤン二、近年はマーロンブランドと呼ばれて居ます。ところで、自虐の詩と、藤原詩は、どちらがより文芸的と思いますかナ。

サテけふも、吉木理沙の民歌を聴いていると、ひじゃさん来襲。迎撃隊、発進セヨ。
GATTOさんは焼き魚。
デハサンはパキスタン。
デロサンはインドネシア。
ラーサンはラーメン。
シモンさんは焼きそば。
燈台森さんは東京スープ。
藤原さんは鯖寿司。
菅原君はピザトースト。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年12月22日 11:05
ひじゃさん、老師
私は今国立劇場にいて歌舞伎近江源氏先陣や館を見ます。終わるのが3時なので昼食は食べることができません
Posted by デハ at 2019年12月22日 11:10
百足衆さん

>マストロマルチェロヤン二
マルチェロ・マストロヤンニです。

>自虐の詩と、藤原詩は
後者は、他虐の詩です。
Posted by 菅原 at 2019年12月22日 11:20
曇天となつた、甲府市内のお昼前。
けふの昼食が、発表された。ほうとうだ。細の得意の、手抜き料理だ。
サテGATTOさんに対抗しようと、細の水着写真を撮って、GATTOさんに送ろう思ったが、寒いからと断わられて仕舞いました。期待に沿えず。申し訳ない。
サテ昼食予報、一部訂正。
デハサンはなし。
Posted by 百足衆 at 2019年12月22日 11:22
こんにちは。

 今日のお昼は、冷蔵庫の残り物です。ひじゃさん、正解です。
 休日の私の食料事情は、妻も休みか出勤かで大きく左右されます。昨日は妻も休みだったので、二人で出かけてリンガーハットで食べることができましたが、今日は私一人だけで情けないお昼になりました。ちなみに、パンと焼き芋の残りで、炭水化物ばかりです。燈台森さんから注意されそう。
Posted by GATTO at 2019年12月22日 12:33
デハさん、ひじゃさん、
 そう、阿部さんはギャグ・三枚目的なことまでこなすのですよね。「テルマエロマエ」のルシウス、日本人では彼しかないと思います。ケイオニウスの北村一輝さんも完璧でした。

百足衆先生、
 写真から10年以上経ちまして、妻も少々肉付きが良くなりました。もはや先生のように「細」と呼ぶことはできません。当時着ていたチャイナドレスを着ることは、今もできますが、ピチピチになっておりまして、その姿がまるで水着かレオタードを着ているようです。
Posted by GATTO at 2019年12月22日 12:51
横浜中華街の味噌ラーメンを食べました。

阿部寛といえば、山本五十六の映画に山口多聞少将役で出ていましたね。デハさんの見解をお聞きしたいです。
Posted by シモン at 2019年12月22日 13:12
ひじゃ様、百足衆様、

本日はレバニラ炒めを頂きました♪
Posted by ラー at 2019年12月22日 13:23
阿部寛は山口多聞少将よりはむしろ田中頼三少将に似ていると思います。むしろ安部総理大臣の方がタレ目なので山口多聞少将に似ています。
Posted by デハ  at 2019年12月22日 13:46
ひじゃさん 百足衆さん

今日はトーストを食べました。
Posted by 菅原 at 2019年12月22日 14:09
今日は家でクリームシチューでした。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年12月22日 14:47
東京スープストックのビスクスープ♪
Posted by 燈台森 at 2019年12月22日 16:32
夜となつた、甲府市内の夜。

サテけふの、戦果発表。
ひじゃさんはGATTOさんとシモンさんを、
爺はデハサンと菅原君を撃沈。
勝負の焦点は、燈台森さんに絞られたが、東京スープまで当てた爺に加算ポイントが加わり、爺に軍配が上がった。

サテひじゃさん。健闘、ご苦労様。あと一歩で爺に及ばなかったが、明日も互いにフェヤープレーで堂々と戦いませう。
Posted by 百足衆 at 2019年12月22日 19:51
こんばんは。

百足衆先生、
 本日の勝利、おめでとうございます。こんな戦い方をしていただきましたら、私も無理に「怒りの一番槍」をとる必要がなく、うれしいです。
 また、勝利後のお姿も、以前はただただ得意な感じでしたが、最近では相手を讃えるようで好感が持てます。これからも、こうあっていただきたいものです。
Posted by GATTO at 2019年12月22日 21:08
百足衆さん

藤原さんより、半歩リードしましたね。
Posted by 菅原 at 2019年12月22日 21:16
http://nesq.heteml.jp/valdy2008/v109.html
最新にして最後の作品。
ホームページビルダーが吹っ飛んでしまいました
Posted by デハ at 2019年12月22日 22:41
明日はグロテスターラーメンの予定です。
Posted by ラー        at 2019年12月23日 00:37
デハ様。グロテスター拝見しました!
とても魅力的ですね!ご自身のオリキャラでしょうか?

今はトイレに起きましたので、また夜明けに感想を書かせていただきます!
Posted by オジー・オズボーン at 2019年12月23日 02:15
酷寒となつた、甲府市内の夜明け前。
けふの「スカーレット」スカ(戸田演)達の夫婦と子供は、平穏無事な生活を、送れるのでせうか。
お愉しみに。

サテGATTOさん。賞賛、有難う。だが爺にしてみれば、客観的な観点から勝敗分析に徹したのみ。今後もそうします。もし間違いあれば、忌憚なくご指摘下さい。
サテデハサン。このホームページは、貴殿のものですかナ。なかなか、絵が上手い。これからも、絵を投稿してください。
サテラーサン。貴重な情報、有難う。けふの昼食予報の、参考にします。
サテオジーさん。貴殿はいつも、焦っていますナ。
Posted by 百足衆 at 2019年12月23日 04:55
デハ様、おはようございます!
グロテスターは、グロテスクから命名されたんですね!
挿絵がとても良いです!

今から出勤しますので、慌ただしいですがこれにて!
Posted by オジー・オズボーン at 2019年12月23日 06:03
オジーさん
http://nesq.heteml.jp/valdy2008/story_valdy.htm
全編読んでいただければわかりますが、
「グロテスター」とは、「グロテスク」と「グレートロイヤル帝国星」の二つの意味があります。
グレートロイヤル帝国星のモデルは、大英帝国と伊達家です。敵の親玉のグロムウエルは、クロムウェルと伊達宗勝がモデルになっているのです。
 そのため、正規軍である「騎士団+海軍」と、植民星から徴用あるいは傭兵の「怪人」「超人」「獣人」に分かれているのです。「怪人」とは、最初はグロテスターが宇宙進出した際、テラフォーミングのため罪人を改造したサイボーグでしたが、のちに植民星の人間をとらえて無理やり改造したり、本星、植民星の悪人が自ら志願して異形の戦士になった集団。「獣人」とは植民星人のうち、人間とかけ離れた容姿の者で構成された集団。「超人」とは何らかの超能力をもつ人間型宇宙人の集団。そして普通の人間型宇宙人は、正規軍か超人の配下の雑兵にされる。(怪人軍団に配属された場合は、改造される)
 表向き、太陽系征服を企てていますが、その陰でグレートロイヤル王室の根絶やしと、怪人による宇宙支配が真の狙いで、グロムウエルことワルモナイとは、数代前妾腹のため王位継承から外され追放され、肉体が朽ち果てたあと、その怨念が脳死して廃棄処分された怪人たちのスクラップを取り込みどくろのサイボーグ・ワルモナイトとして復活して傭兵として頭角を伸ばし、バルディバンとの戦いの中、王室メンバーや各星の女性たちの犠牲で元の肉体を取り戻して大復活。彼こそがグロテスクな悪の権化なのです。
 そして絶対的な悪である彼に、絶対的戦力である隼人と絶対的母性ほもつ由香が合体して挑むという筋書きで、全編は高校生だった隼人と由香が侵略軍を迎え撃ち、中編はグロムウエルを追って宇宙を旅し、後編で敵本星に乗り込み、王室を救い植民地を開放して悪を滅ぼすというストーリーになっています。
全部読むと3日はかかりますが、暇なときにでも読んでください。
挿絵は一部を除き全部私が描き残りも知り合いの絵師に描いていただいたものです。
 もともとはよその掲示板に短いストーリーをつけた絵を投稿していて、それまとめたものでしたが、まさかこんな長編になるとは自分でも思いませんでした。
Posted by デハ at 2019年12月23日 07:38
作中、ピンクのタイトスーツでカリアゲ頭の女性政治家がいろいろな星で(同一人物)登場し、民商党を名乗り、税金ただ、怪人や異星人に参政権をと唱えていますが、その女もグロテスターの一味です。
Posted by デハ at 2019年12月23日 07:42
http://megaballer.schoolbus.jp/valdy2008/v_2004a.htm
上原真理子こと宇宙刑事マリーの活躍もよろしくお願いします。
Posted by デハ at 2019年12月23日 07:47
おはようございます。

デハさん、
 私も拝読いたしました。ところどころに登場する「貴族」の血筋が格好いいです。この世界は、私(ほとんどチョイ貧と成金の世界)には書けない描けないものです。
 また、オリジナルの絵が素晴らしいです。私のところはほとんど拾い物ばかりなので、ただただ羨ましいです。
Posted by GATTO at 2019年12月23日 07:49
酷寒となつた、甲府市内の朝。
けふの「スカーレット」照子(大島演)スカ(戸田演)に内緒でスカ父(北村演)が癌だと八郎(たこ演)に教える。

という、回でした。
サテデハサン。グロテスター、さらには宇宙マリーの新作、お見事なり。このホームページには、GATTOさんだけでなく、デハサンという作家が投稿しておられて、圧巻です。昔、上原真理子という同僚の教員が、居ました。
Posted by 百足衆 at 2019年12月23日 08:04
曇天となつた、甲府市内のお昼前。

サテいつもの、難波志保のミュージックライフを聴いているが、ひじゃさん来襲せず。爺雷撃隊、先制攻撃セヨ。
GATTOさんはきつねうどん。
デハサンはパキスタン。
デロサンは中華丼。
ラーメンはラーサン。
シモンさんはコンビニおにぎり2ケ。
燈台森さんはハムカツサンド。
藤原さん達はオーガニックチキンランチ。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2019年12月23日 10:55
ひじゃっ。

百足衆先生。
この時を、待っていました。

ひじゃ電撃隊、発進致します。

GATTO様は幕内弁当。
デハ様は肉屋弁当。
デロ様はカレーうどん。
ラー様はラーメン。
シモン様はコンビニおにぎり2個。
燈台森様はカツサンド。
藤原様達は八宝菜。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2019年12月23日 11:13
昨日の夕食と今朝がカレー、さらには一昨年の夕食が麹町のアジャンタだったためパキスタンカレーは避けました。また、肉やがおせちの注文で忙しいため年内弁当休止のため、老師、ひじゃさんともに外れ。残高が残っていたためステーキにしました
Posted by デハ  at 2019年12月23日 11:39
こんにちは。

今日のお昼は、唐揚げ弁当です。
Posted by GATTO at 2019年12月23日 12:11
グロテスターラーメンを食べました。
Posted by ラー       at 2019年12月23日 12:11
たびたび失礼します。

デハさん、
「宇宙刑事マリー」第一話、拝読いたしました。
 これまで「メガボーラー(完読しました)」と「最強戦士・バルディバン・ストーリー(読み始めたところです)」を拝読いたしましたが、第一話だけ読んだだけで、これは最高だと思いました。
 やはり「会津」という地名に郷土愛が表れていますね。
 それと、ヒロインが一見ぶっ飛んでいるようで、男をたてる古風な面をあわせ持っているところに、デハさんの女性観や理想が表れているように思いました。
 更にヒロインは、単に「理想の女性」というだけでなく、先日書かれた「姉」のイメージですね。「強く、優しく、美しく」、まさにその理想の姿を形にしたものだと思いました。
 この後、第二話以降も読ませていただきますが、本当に楽しみにしております。
Posted by GATTO at 2019年12月23日 12:56
ひじゃ様、百足衆様、

本日は宇宙刑事ラーメン、もとい味噌ラーメンを頂きました♪
Posted by ラー at 2019年12月23日 12:59
まい泉のカツサンド♪
Posted by 燈台森 at 2019年12月23日 13:05
ガットさん
AKB48の曲「上からマリコ」を聴いて即興で作った作品で、最初は1話完結で終わるつもりがシリーズ化されました。
「♪上から〜マリコ〜」という歌詞が「上原真理子」と聞こえたためです。
 また、パートナーの篠田健一(白虎隊の子孫)と結婚することにより「篠田真理子」になるというオチでした。
2話は自分では最高傑作で、こちらにも白虎隊子孫が登場します。
Posted by デハ at 2019年12月23日 13:07
今日は煮込みかつ丼でした。

デハさんの小説が人気のようですね。
職場では見れないので、自宅に帰って読んでみたいと思います。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2019年12月23日 15:38
百足衆さん ひじゃさん

今日藤原さんと私は、天津飯と餃子を食べました。
Posted by 菅原 at 2019年12月23日 15:57
ガットさん
バルディバンの主人公、隼人にも姉がいて、やはり名前は真理子です。
Posted by デハ at 2019年12月23日 16:05
ところで、日曜日は国立劇場で歌舞伎を見ました。2本立てで、1つは「近江源氏先陣館」で、佐々木盛綱・高綱兄弟を真田信之・幸村兄弟に見立てた作品でした。
第8段「盛綱陣屋」だけしか上演しなかったのですが、
秀吉→頼朝、家康→時政、淀君→宇治の方(架空の人物)、シエ→政子、秀頼→頼家、秀忠→実朝、信之→盛綱、幸村→高綱、後藤又兵衛→和田兵衛、大野修理→大江入道(架空の人物)となっているそうです。
 実際に、盛綱・高綱兄弟が敵味方になったことはなく、また盛綱が近江守護に任じられたことはありません。
佐々木兄弟で敵味方といえば、承久の変の際、佐々木4兄弟の次男・経高が宮方、三男の盛綱が鎌倉方(長兄の定綱はすでに死去し、4男の高綱は出家していた)また定綱の長男広綱が宮方、弟の信綱が鎌倉方に分かれて戦い、信綱は自ら兄広綱の首をとり、近江守護の座を奪い撮りました。この子孫が京極家です。
一方、盛綱と経高は直接戦うことはなく、経高は追い詰められて自害したそうです。盛綱は越後に所領をもらい子孫は加地氏と名乗り上杉家の家臣となり、今でも米沢に現存しているそうです。

一方、「蝙蝠の安さん」はチャップリンの喜劇を江戸時代の日本に置き換えた作品で幸四郎が主役でした。幸四郎は同じ大学の後輩です。というか彼のために芸能学科が作られました。
Posted by デハ at 2019年12月23日 16:21
「銘木先代萩」でも、伊達宗勝にあたる人物は室町時代の誰かではなく「大江鬼貫」という架空の人物でした。
大江山の鬼と言う意味なのでしょうが、なぜ歌舞伎や文楽では、ラスボスは「大江」にされてしまうのでしょうか。
歌手の大江千里の情けないメガネ顔を見て育ったため、「大江」とはメガネをかけて弱そうな男のイメージしかありません。極悪非道なイメージは小沢一郎や渡辺恒雄、菅直人、狂人なら鳩山由紀夫、小泉純一郎なのですが。
Posted by デハ at 2019年12月23日 16:36
安定のコンビニおにぎり

高菜
カリカリ梅

でした。

デハさん

>近江源氏先陣館

GATTOさんと百足衆さんの先陣争いですね。わかります

>銘木先代萩

「樅の木は残った」ですね。
ひじゃさんにわかるかな。
Posted by シモン at 2019年12月23日 16:54
ひじゃっ。

デハ様。シモン様。

歌舞伎は、日本に来たばかりの頃によく見に行きました。新橋演舞場ですね。
忠臣蔵、義経千本桜。あとスーパー歌舞伎。

でも、銘木先代萩は見たことがありません。
出来れば、教えてください。ネタバレ可能です。

ひじゃっ。
Posted by ひじゃ at 2019年12月23日 17:13
ひじゃさん
「銘木先代萩」は、伊達騒動(天文事件、樅木は残ったとして有名)を室町時代に置き換えたものです。
 伊達政宗の孫・綱宗は吉原で高尾太夫を惨殺するなど素行が悪く、幕府により弱冠21歳で強制隠居させられます。跡を継いだのは数え2歳の亀千代。綱宗の叔父、宗勝と兄・田村右京が後見になりましたが、右京は年下の上、宗勝は叔父であるため遠慮があり、大老酒井とも結託した宗勝は独裁者になりました。
 そして腹心の原田甲斐、渡辺金兵衛、今村善太夫らがやりたい放題。さらには亀千代の毒殺も企みます。
 そこで乳母の真岡局(白河義綱の妻)、護衛の松前らが幼君を悪の手から護り、やがて忠臣伊達安芸が幕府に宗勝一味の悪事を訴え、正しい老中板倉により宗勝は罰せられるも、安芸は逆上した甲斐に殺される。しかし伊達家は安泰というお話です。しかし実際には綱宗公が高尾太夫を惨殺したのはフィクションです。
 これを歌舞伎化の際、時代を室町時代の奥州足利家(大崎家)に置き換えたもので、綱宗が足利頼兼に、亀千代は鶴喜代に、真岡局は政岡局に、原田甲斐は仁木弾正に、伊達安芸は渡辺外記に、善玉老中板倉は善玉管領細川勝元に、悪の大老酒井は悪の管領山名宗全に置き換えられたものです。伊達宗勝は、大江鬼貫にされ、松前鉄之助は、室町時代松前家が存在していなかった(それまで、蠣崎と名乗り、または若桜武田氏の血筋のため蝦夷武田氏と呼ばれていた者が、木下藤吉郎が、丹羽長秀と柴田勝家の姓から一字づつとって羽柴と名乗ったのに習い、松平家康と前田利家から一字ずつとって「松前」という新しい姓とした)
にもかかわらず、松前鉄之助でした。
 この鉄之助の父・松前安広は、松前慶広の息子でありながら北海道の実家を飛び出して放浪していき倒れになったのを片倉小十郎(二代目)に助けられその食客となって、その一人娘をあてがわれたのです。
そして長男が三代目小十郎になり弟が新たに仙台松前家を興したのです。それが鉄之助なのです。
 歌舞伎でも全く触れられていませんが、松前鉄之助は片倉小十郎の弟なのです。
Posted by デハ at 2019年12月23日 17:39
シモン様
老師もガットさんも本姓は佐々木ではないような気がします。
Posted by デハ at 2019年12月23日 17:43
ガットさん
そうですね、、下ネタやギャグも交えながらもどの作品にも封建的道徳性が貫かれていて、艦隊決戦が挿入されています。ただ、メガボウラーのヒロインの東サトミは他のヒロインとは決定的に異なった色付けをしています。
 バルディバンのヒロイン、細川由香は名門貴族のお嬢様で、性格・容姿・服装とも女性の中の女性という設定で、女とは愛する者を受け入れ、その子を産み、育て、家を守るという考えの女性で、教科書や医学書にある女性ホルモンの働きが反映された容姿にしてありますが、サトミは由香の全否定を志して正反対に作ったキャラクターだからです。
 サトミ以外のヒロインは、母性、女らしさ、姉弟愛などを重視しており、(目上の女性が目下の男を慈しむような態度)サトミは逆に男勝りな妹キャラになっています。
Posted by デハ at 2019年12月23日 17:51
私は見たことはないのですが、銘木先代萩をさらに鎌倉時代にさかのぼらせ、伊達家を奥州藤原氏、悪玉老中を梶原景時、善玉老中を畠山重忠としたバージョンもあると聞いたことがあります。
Posted by デハ at 2019年12月23日 17:53
ひじゃさん

「銘木先代萩」の「先代」は、「仙台」つまり伊達藩のことを暗喩したものです(読みが同じ)。
Posted by 菅原 at 2019年12月23日 19:15
夜となつた、甲府市内の夜。

サテけふの戦果発表。ひじゃさんが、燈台森さんのカツサンドを撃沈し、爺に快勝。おめでとう。明日もフェヤープレーで戦いましょうゾ。

サテひじゃさんは、義経千本桜を観られたのかナ。
義経物ならば、勧進帳も、佳いですゾ。
Posted by 百足衆 at 2019年12月23日 19:45
菅原さん
ちゃんと伊達家だと説明しています。綱宗公が若くして隠居させられ、幼くして跡を継いだ鶴千代(綱村)公を操り、あるいは殺害して伊達家を乗っ取ろうと企んだ伊達兵部宗勝のお話です。
Posted by デハ at 2019年12月23日 19:53
宇宙刑事マリーはヨットさんに一番読んでほしいです。彼ならモデルやモチーフが手に取るようにわかるはず
Posted by デハ at 2019年12月23日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]