2020年01月05日

プラズマテレビ

液晶方式とは異なり、放電による発光を利用したテレビです。

wooo01.jpg

例年より長めだった年末年始の休暇も、今日でおしまいです。私は80年代に会社に入社以来、毎年この日を苦い思いで迎えてきました。いわば、「年単位のサザエさん状態」です。基本的に仕事が嫌いな私だけの固有現象だと思いますが、最近は同じような思いをする若手も多く、彼らには「とにかく最初の出勤日に、会社に来さえすれば落ち着くから」と、半ば自分にも言い聞かせていることがここ数年の定例行事になりました。

jan212.jpg

私の家には、かなり前に生産終了になった50インチのプラズマテレビが居間に鎮座しています。サザエさんはともかく、最近はNHKはじめ碌な番組がないので、海外ドラマ再生専用機になっています。

プラズマテレビの原理は、1960年代にイリノイ大学で原理が確立された表示技術です。簡単に言えば、電極を表面に形成したガラス板と、電極および微小な溝構造を表面に形成する一方、溝内に赤・緑・青の三原色の蛍光体層を形成したガラス板とを狭い間隔で対向させて希ガスを封入し、この電極間に電圧をかけることにより紫外線を発生させ、蛍光体を発光させて表示を行うディスプレイ装置なのです。

私の会社の家電部門というかテレビ関係の研究所や工場は、21世紀の薄型テレビディスプレイ技術に、このプラズマを選択しました。プラズマディスプレイは、競合だった液晶ディスプレイに比較して、
・視野角が広い
・応答速度が速い
・色純度に優れる
・大型化が比較的容易
というメリットを有していました。

私の会社は、このプラズマTV開発に多額の研究開発費を投入しました。しかし、市場でのプラズマTVの占有率は液晶TVに追随することが出来ませんでした。液晶ディスプレイを有する韓国メーカーは、色のコントラストを自然光より、より鮮烈に発光するように設定しました。テレビでは、自然の見たままの色合いを再現するよりも、見た目の美しさ、派手さの方を消費者が選択したのでした。
結果、私の会社はプラズマだけでなくテレビの自社生産を中止し、数年前に地域店向けに販売していたOEM品の供給も中止しました。

私の本職は家電ではなくコンピュータ関係なので、テレビの分野は素人です。ですが、今自宅にあるプラズマテレビを延命させるべく、毎年メンテナンスすることを生き甲斐の一つにしています。それは、事業領域は異なっていても、一種の「愛社精神」のようなものでしょうか。生産終了とか、事業撤退とか、そういう時にしか発動しない「愛社精神」もどうなのかなと自分でも思いますが。

プラズマディスプレイの故障の殆どは、「画面に黒い縦線が入る」という事象です。これが起きると現在のユーザの殆どは液晶テレビに買い換えると思いますが、自力で救済できるのです。その方法をご紹介しましょう(自己責任でお願いします)。

1.電源ケーブル、アンテナケーブル、その他のケーブルを全部抜きます
2.背面のパネルを固定するネジをすべて外します(→マークで表示しています):これがほぼ、工程の半分を占めます
3.背面パネルを外します
4.背面から見て、一番左の縦列に横方向の映像を制御するユニットが、下側の横列に縦方向の映像を制御するユニットが並んでいます。このコネクタ部分が埃で接続が不全になることで黒筋が発生するのです。この埃を、掃除機で(部品を傷つけないように)吸い取ります。
5.映像ユニット部分以外にも、ファンとか可動部品を中心に埃が溜っています。これも丁寧に掃除機で吸い取ります。
6.掃除が終わったら、背面のパネルをネジで止めます(これも工程のほぼ半分を占めます)
7.ケーブルを元のコネクタに戻します。

これで、99%復旧します。

jan213.jpg

改めて言うまでもありませんが、上記作業は自己責任でお願いします(メーカは推奨していません)。
個人的には、この程度の不具合で(当時)数十万円したであろうテレビが買い替えで廃棄されてしまうのは残念なので、上記の修理方法を提示させていただきました。

(本文と写真は関係ありません)

posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(32) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
プリズムテレビは、甲斐の武者が買い取ったり。
Posted by 百足衆 at 2020年01月05日 05:07
動画応答性の良さからプラズマテレビを小生も保有しておりますが、8年目になり焼き付きや残像がかなり目立つようになってきました。こうなるとさすがにどうにもならないでしょうかねえ。輝度も下がってきたような気が・・・。有機ELディスプレイは馬鹿でかいやつしかないし、液晶は動画応答性が・・・・。
やっぱりブラウン管テレビが一番良かった。いいものはだんだんと消えていく。街中華、大衆酒場、洋菓子店・・・まさに昭和は遠くなりにけり。
Posted by とおりすがりのもの at 2020年01月05日 06:38
とおりすがりのものさん

おはようございます。
そう、私のも、焼き付きがあるんですよね。左上に、時報の跡がうっすらと。

ローテクな時代は良かったですね。でももう戻れません。
Posted by シモン at 2020年01月05日 08:36
おはようございます!

GATTO様のストーリーを実写化して、4Kテレビで見たいです!
Posted by オジー・オズボーン at 2020年01月05日 09:40
朝鮮人に負けたのが悔しい。朝鮮人に技術垂れ流した奴は地獄へ落ちろ
Posted by デハ at 2020年01月05日 09:43
ナショナルパナカラー、日立キドカラー、魁
東芝がテレビ作らないからサザエさんのスポンサー変わった。採算がとれなくともテレビ作るべきだった。もし南朝鮮が滅亡したらどうする?自力でテレビつくるラインは残しておくべきです
Posted by デハ  at 2020年01月05日 09:47
たしかに、いい番組が(地上波で)ないですね。
子供たちがYou Tubeに流れるのもやむをえない・・・・。
Posted by ヨット at 2020年01月05日 11:04
晴れとなつた、甲府市内のお昼前。

サテひじゃさん未だ来襲せず。先制攻撃に、出撃。
GATTOさんはおせちの残り物。
デハサンはステーキ。
デロサンはライスカレー。
ラーサンはラーメン。
シモンさんは焼きそば。
燈台森さんはハンバーグ。
藤原さんは鮒寿司。
菅原君は味噌カツ。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2020年01月05日 11:10
ひじゃっ。

遅くなりました。
今から、ひじゃ電撃隊、発進します。

GATTO様はチキン弁当。
デハ様はステーキ。
デロ様はカレーうどん。
ラー様はラーメン。
シモン様はかに雑炊。
燈台森様はカツサンド。
藤原様はポークソテー。
菅原様はドライカレー。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2020年01月05日 13:56
こんにちは。

今日のお昼は、柚子とろろうどんです。

昨日から仕事ですよ・・・(汗)
Posted by GATTO at 2020年01月05日 14:06
オジーさん、
ありがとうございます!特に「海底の舞踏会・改作」の方ね。デハさんのスペースものも、ますますスケールが広がりそうです。
Posted by GATTO at 2020年01月05日 14:09
二人ともに正解 450グラム
Posted by デハ at 2020年01月05日 14:34
今日はココ一のチキンカレーでした。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2020年01月05日 15:56
百足衆様、ひじゃ様、

遅くなりましたが本日は函館風塩ラーメンを頂きました♪
Posted by ラー at 2020年01月05日 16:04
ひじゃさん 百足衆さん

今日は実家(名古屋)にいます。
エビフライを食べました。
Posted by 菅原 at 2020年01月05日 16:11
今日はカレーうどんでした。

私がデロさんだったらひじゃさん正解でしたが、残念。
Posted by シモン at 2020年01月05日 17:04
酷寒なれど晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふの「スカーレット」時は進んで昭和44年。スカ(戸田演)たちの元へ、弟子が2名、入部した。

という、回でした。
サテ昨日の勝敗。全くの、五分と五分、と判定。
けふの戦いの帰趨や如何に。
Posted by 百足衆 at 2020年01月06日 08:28
ひじゃっ。

百足衆先生。
昨日は遅参、申し訳ありませんでした。
引き分けと判定してくださったのは、先生の寛容さだと理解しています。

ひじゃ電撃隊、発進致します。

GATTO様は幕内弁当。
デハ様はインドカレー。
デロ様は天丼。
ラー様はラーメン。
シモン様はコンビニおにぎり2個。
燈台森様はフィレオフィッシュ。
藤原様達は唐揚げランチ。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2020年01月06日 10:25
薄曇となつた、甲府市内のお昼前。
けふの昼食が、発表された。ライスカレーだ。福神漬も、つく。

サテけふも、難波志保の5分でミュージックライフを聴いていると、ひじゃさん来襲。迎撃隊、発進セヨ。
GATTOさんは冷蔵庫の残り物弁当。
デハサンはパキスタン。
デロサンは中華丼。
ラーサンはラーメン。
シモンさんはコンビニおにぎり2ケ。
燈台森さんはカツサンド。
藤原さん達はホイコーロー。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2020年01月06日 10:59
こんにちは。

今日のお昼は、鶏唐揚げ弁当です。
Posted by GATTO at 2020年01月06日 12:11
ひじゃ様、百足衆様、

本日は白胡麻坦々麺を頂きました♪
Posted by ラー at 2020年01月06日 12:44
泰料理でした。
Posted by デハ at 2020年01月06日 13:19
今日はカニピラフでした♪

デハ殿、元小沢ガールズの三宅雪子氏が自殺したそうですぞ
Posted by 燈台森 at 2020年01月06日 13:51
ひじゃさん 百足衆さん

今日私は藤原さんとは一緒ではありません(明日からです)。
今日は櫃まぶしを食べました。
Posted by 菅原 at 2020年01月06日 16:14
3階から転落しても無傷の人でも死ぬんですね。
あと、青木愛と言い三宅と言い、フジだったくせに赤く染まる奴がいる一方、元朝日は案外自民党なんですよね。不思議だ。
Posted by デハ at 2020年01月06日 17:00
今日は、パキスタンより印度の方が泰に近いので、非邪さんの価値とする。
Posted by デハ at 2020年01月06日 17:01
菅原さん
私は「ひつまぶし」をずっと「ひまつぶし」だと思っていました。初めて食べたのは有楽町の高架下です。天賞堂がNゲージの取り扱いをやめたので、もう有楽町・銀座界隈を訪れることもないと思います
Posted by デハ at 2020年01月06日 17:24
2020年も安定のコンビニおにぎり

鱒寿司
香り箱の寿司

でした。

デハさん、燈台森さん

前回のようにかまってちゃん自殺未遂して、本当に死んでしまった、というのであれば悲劇ですね。
手遅れですが。

Posted by シモン at 2020年01月06日 17:34
夜となつた、甲府市内の夜。
サテけふの、戦果発表。
泰には、パキスタンよりインドの方が近いと云う、デハサンの裁定で、ひじゃさんの僅差での勝ちと、なつた。

正直に吐露すれば、納得できない気持ちもあるが、元社会科の教師だった自分は、デハサンの裁定に、従わざるを得ない。

ひじゃさん、おめでとう。デハサンが、アフリカ料理でなかった為、幸運にも得た勝利なのですゾ。
Posted by 百足衆 at 2020年01月06日 19:59
根拠はあります。
タイは独立国でしたが、インドシナ半島にあります。
タイ以外のインドシナ半島はフランス領インド、すなわち広義の印度なので、非邪さんの勝なのです。
また、印度カレーと言った場合、パキスタンも広義のインドに入るので正解になり、パキスタンカレーと答えた場合はパキスタンだけが該当するのです。
ちなみに、印度、パキスタン、バングラデシュ、ネパール、ブータン、ビルマ、タイ、越南、ラオス、カンボジア、インドネシア、マレーシアなども広義の印度に入ると思います。
Posted by デハ at 2020年01月06日 20:23
デハさん

非邪さんではなく、ひじゃさんです。
Posted by 菅原 at 2020年01月06日 21:27
こんばんは。

百足衆先生、
素晴らしい裁定。ナイスです!
Posted by GATTO at 2020年01月06日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]