2020年01月19日

きまぐれ歴史散歩

2013年に中公新書から発刊された、ドイツ文学者の池内紀さんの著作です。

kimagure.jpg

今日から、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の放映が始まります。なかなか麒麟がこなかった理由は、某女優さんが麻薬の不法所持で逮捕され、急遽差替えの撮影がされたためです。大河ドラマは歴史を扱ったドラマですが、題材にされる時代はやや偏っているようです。

jan234.jpg

ゲーテに関する著作で知られる姫路市出身のドイツ文学者、池内紀さんの「きまぐれ歴史散歩」は、大河ドラマに出てくる場所だけではなく、そうではない日本の歴史的事件の起こった場所を旅した紀行エッセイです。
池内さんは、日曜昼のNHK-FMの番組「日曜喫茶室」にも度々ゲストとして出演されており、その軽妙洒脱な語りは本書のようなエッセイの文章にも読み取ることが出来ます。

扉書曰く、「歴史の洗礼を受けた土地には、不思議なオーラがある。たたずまいが微妙にちがうのだ。考古学の常識をくつがえした岩宿遺跡、平家一門が波間に消えた壇ノ浦、徳川の天下を決した関が原、忠臣蔵の四十七士の故里・赤穂、そして特攻隊が出撃した九州南端の知覧基地。」等々、列記してみればかなりの部分が大河ドラマに取り上げられたことのある土地も含まれながら、岩宿移籍だとか知覧だとかは大河ドラマの題材にはなりにくい場所です。池内さんはこういった土地を好奇心の赴くまま訪ねることで、古代から現代までの自由に時間を旅しながら、歴史の魅力を読者に堪能させてくれています。

中でも私の興味を惹いたのが、徳島県鳴門市の「坂東俘虜収容所」です。ここには、第一次大戦でのドイツの租借地青島や南洋諸島で日本軍の捕虜となったドイツ兵が収容されていました。第一次大戦でのドイツ兵捕虜は全体で約5,000人、急遽千葉県習志野市や福岡県久留米市等に捕虜収容所が作られました。四国には、1917年に徳島県板野郡坂東町に捕虜収容所が作られ、953人の捕虜が収容されました。そしてこの土地が、日本でベートーヴェンの「第九」が初演されたのだそうです。

収容所は、四国山地の山裾にありました。その跡地から徒歩10分ほどの場所に、「鳴門市ドイツ館」があるそうです。これは黒い屋根の上に白い八角塔の乗った建物で、1972年に建てられたものを1993年に建替えたものだそうです。そしてこの建物の維持費は、鳴門市で行われている競艇の収益金で賄われているとか。ここに限らず、歴史的建造物を有する自治体は、国からの補助金や法人税の収益以外に、公営ギャンブルを運営することによって、それら建造物保存のための財源を確保しているのでしょう。

jan235.jpg

池内紀さんは、2019年に78歳で逝去されました。あと10年ぐらいは新著を発刊して頂きたかっただけに、残念です。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(60) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
気まぐれ者は、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2020年01月19日 05:03
漆黒の闇に包まれた、甲府市内の夜明け前。
けふは一番槍を奪取した。気持ちの佳い朝、否、未明だ。
けふの「明智光秀」お楽しみに。
Posted by 百足衆 at 2020年01月19日 05:06
百足衆さん

「明智光秀」ではなく「麒麟がくる」ですので
Posted by 菅原 at 2020年01月19日 05:23
ほほほ〜

菅原さん、意外と大河フリークなのね〜
こんな朝から訂正?

でもタイトルが変よね〜「キリンがくる」ってね〜
NHKがビール会社のステマやってるのかしら?って感じ〜

でも視聴者も迷うわよ〜「光秀が麒麟?」
麒麟って言ったら、信長のことよね〜

花押見ればわかるわよ🏯🏯🏯🏯🏯
Posted by おんな城主 at 2020年01月19日 06:15
ほほほ〜

そして英国王室の今朝のニュース、

ハリーが王子じゃなくなったわね〜

メイガンはホントに癌だわ〜

悪役女優で一生やってけそうね〜
Posted by おんな城主 at 2020年01月19日 06:35
おんな城主様
子どものころ明智光秀は卑劣な奴だと思っていたし、イラストも風体の悪い禿げた熟年中間管理職風に描かれていて好きになれなかった。しかしガラシャ夫人の肖像画を見て、私の理想の女性像を示していた(アグネス・チャンに似ていた)ため、その父親なんだからきっと美男子でいい人なんだろうと思うようになった。それ以前は、明智小五郎もきっと悪い奴で、20面相の正体で警察を裏切るに違いないと思って見ていました。
光秀は麒麟よりは、山羊とかのイメージでした。
武田信玄=虎、上杉謙信・伊達政宗=龍、徳川家康=狸、豊臣秀吉=猿、竜造寺隆信=熊、最上義光=狐、次代はずっと遡り加藤景廉(遠山の金さんの先祖)=猪と呼ばれていたようです。

柴田勝家も熊っぽいし、前田利家はゴリラのイメージです。そうそう、酒井忠次は氏真公を猫と呼んでいました。
信長は何でしょうね?ライオンや虎にしては華奢なイメージだし。オオカミかなあ?
Posted by デハ at 2020年01月19日 06:45
おんな城主様
雌癌のせいもあるけど、エドワード8世の血のせいもあるのかもしれませんね。

それに引き換え、山×卿やエドワード8世の血を引き、母親がダイアナなのに、彼らの良いところはすべて受け継ぎ、悪いところは全く受け継がず、品行方正で気品のあるウイリアム王子は立派ですね。
こんなことなら禿げる前に譲位されてほしかった。
Posted by デハ at 2020年01月19日 06:48
おはようございます。

IL GIORNO DELLE RESTAURAZIONI 35 更新しました。第2戦スペインGP予選で、永山は好成績をあげます。

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12568093935.html
Posted by GATTO at 2020年01月19日 07:41
ほほほほ〜

デハさんお久しぶりね〜
山×って、IRAのテロで暗殺された人よね〜
ブーゲンビル島上空でUSに暗殺された人じゃないわよね〜

私の知り合いは全員、次男の方が長男よりしっかりしてるのに、
英国は真逆だわ〜

指揮官先頭の伝統だからかしら?
Posted by おんな城主 at 2020年01月19日 07:47
GATTO様、「敵意」読ませていただきました!
ローマはフェラーリでなくちゃ!ですね!

今から外出しますので、続きの感想は帰宅後に!
Posted by オジー・オズボーン at 2020年01月19日 08:37
デハさん

>彼らの良いところはすべて受け継ぎ、悪いところは全く受け継がず、品行方正で気品のあるウイリアム王子

髪の毛があれば完璧だったのに、惜しい。
Posted by シモン at 2020年01月19日 09:28
おはようさん!ムカデの旦那、駆除されたと思ったらまた朝一で登場ずら〜!もうとっくに怪我は治ってるら!手加減したずら!

おんな城主さん、おひさ!
麒麟スーパードライのレビュー待ってるぜ!

GATTOさん、あんたは小説家ずら!ただ一点気になる点は、外国じゃ「ナーガヤマー」って発音するより、「ナガヤーマ」って発音する奴が多くね?「ヤーマ」にアクセントがあるら?
農高出身者ながら独学でTOEIC600点獲得し、海外出張要因として勤めた、おいらの知る限りはそうだら。
Posted by ファンタジスタ・サブロー at 2020年01月19日 09:46
オジーさん、
メッセージ、ありがとうございます。続きを楽しみにしております。

サブローさん、
 あくまでも、日本語で書いた小説ですので、野次や声援も日本語なわけです。厳密に書いたら、それこそ全部現地語にしなければなりませんからね。
 現実には、サーキットでこんな複雑な野次が飛ぶことはまずありません。ドライバーどころか、他の観客にも、エキゾーストで聞こえませんから。ホーンを鳴らすことが多いです。
 我々日本人にとっては、野球のスタジアムののりが一番なじみやすいので「◯◯コール」のリズムで書かせていただきました。
Posted by GATTO at 2020年01月19日 10:22
ひじゃっ。

昨日と打って変わって晴天の今日。
ひじゃ電撃隊、発進いたします。

GATTO様は冷蔵庫の残り物。
デハ様はステーキ。
デロ様は海鮮丼。
ラー様はチャーハン。
シモン様は焼豚キャベツ。
燈台森様はきつねうどん。
藤原様達は幕の内弁当。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2020年01月19日 10:36
そうです。セリフは基本的に日本語ですが、静岡弁か何か取り入れるのも面白いかも。
「〜ズラ」、「〜くりょう!」
なんていかがですか?
Posted by GATTO at 2020年01月19日 10:40
早速、ガルシアの台詞を静岡弁にしてみました(笑)。
Posted by GATTO at 2020年01月19日 10:50
晴れとなつた、甲府市内のお昼前。
けふの昼食が、発表された。焼豚チャーハンだ。ミカチャンも、つく。

サテボウフラ漂う中、ひじゃさん来襲。迎撃隊、発進セヨ。
GATTOさんはきつねうどん。
デハサンはステーキ。
デロさんはお好み焼き。
ラーサンはラーメン。
シモンさんは豚肉キャベツ傷め。
燈台森さんは三食サンド。
藤原さんはダンボール。
菅原君はおやつ。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2020年01月19日 11:00
晴れとなつた、甲府市内のお昼時、
けふの焼豚チャーハン、焼豚の量が、少ない。ミカチャンの方が。多いくらいだ。

サテGATTOさん。「くりょう」は、甲州弁ですゾ。南富士山麓共和国が、文字を覚えるのに、山梨の言葉を採り入れたのでしょう。推測ですが。
丁度、日本が中国の漢字を採り入れたのと、同じです。
Posted by 百足衆 at 2020年01月19日 11:48
キリンビールのイラストに酷似したドドンゴという怪獣が、ウルトラマンに出てきます。
両者とも、海外由来の造形なのでしょう。
日本人の持つ龍のイメージは天空高く舞うものがメインで、4本足で大地を駆ける感じとは異なるもの。
ある世代以降には、「まんが日本昔ばなし」のオープニングの刷り込みもあるのかもしれません。
Posted by ヨット at 2020年01月19日 12:08
こんにちは。

今日のお昼は、鶏唐揚げ弁当です。
Posted by GATTO at 2020年01月19日 12:09
百足衆先生、
>「くりょう」は、甲州弁ですゾ。
 それは失礼しました。とはいえ、サブローさんの「くりょう」と、燈台森さんの「なもし」は大好きな言葉なんですね。可愛い響きの方言を話せるのは羨ましいです。
Posted by GATTO at 2020年01月19日 12:13
ほほほほ〜

サブローさん、これからはキリンビールだけじゃなくて世相も投稿するわ〜読んでね〜

にしても女王陛下〜
「ハリーとメーガン、そしてアーチーは常に愛する私の家族の一員」って、

すんごいイケズよね〜
この皮肉、日本人では京都人しか太刀打ちできないわ〜
メーガンが「絶対悪」って印象付ける算段ね〜実際、そうだけど〜

GATTOさんの小説はこれから読むわ〜 F1?何それ美味しいの?の私には、ハードルちょっと高めだわ〜🏯🏯🏯
Posted by おんな城主 at 2020年01月19日 12:14
ほほほほ〜

ヨットさん詳しいわね〜
キリンが来ても、ウルトラマンに退治されちゃいそうね〜
ひょっとしてミイラ人間が、光秀かしら〜?

ちなみに、「ドドンゴ」の名前は、麒麟伝説と全く関係なく、「ドーンとやろうぜ」の意味だったようね〜

ドーントレスみたいなネーミングね〜
「敵機直上!急降下!」みたいな〜
詳しくはデハさんが解説してくれるわ〜🏯🏯🏯🏯🏯
Posted by おんな城主 at 2020年01月19日 12:25
おんな城主さん、ありがとうございます。

一つのブログで、二つの小説を書いていますので、順番はわかりにくい(そのうち、整理してわかりやすくするつもりです)のですが、今書いている作品は、” IL GIORNO DELLE RESTAURAZIONI” というモーター・スポーツものです。

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12402225236.html

↑ こちらから読んでください。



あと、10〜20回ずつ交互に書いているのが「海底の舞踏会・改作」で、こちらは変態ホラー(エロは多いが、グロはない)ものです。

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12509998393.html
(改作1)

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12509995247.html
(プロローグ)

お暇つぶしにでもご覧いただきましたら幸いです。
Posted by GATTO at 2020年01月19日 12:47
今日は醤油ラーメンぞなもし♪

GATTO殿。
日常会話で「なもし」と言う人間は、ほぼ皆無ぞなもし。
Posted by 燈台森 at 2020年01月19日 13:27
とはいえ、オリーブの香りが漂うようで、憧れますぞなもし。
Posted by GATTO at 2020年01月19日 13:41
ひじゃ様、百足衆様、

本日は焼豚炒飯を頂きました♪

GATTO様、

新作ありがとうございます!楽しめました♪
Posted by ラー at 2020年01月19日 15:31
申告どおり3日連続ステーキです。毎日食べたい
Posted by デハ  at 2020年01月19日 16:24
焼豚でした。食いすぎた
Posted by シモン at 2020年01月19日 17:09
静岡の人も山梨の人も、殿馬のように語尾に「ずら」と言う。
駿河というのは、本来鎌倉幕府開府の時、甲斐源氏武田氏の領国となったところなので、その時甲斐から移った人たちが、「〜ずら」と言っていたのが定着したのではないでしょうか。
だとすると、信玄公の駿河侵攻は、「源頼朝公に与えられた領国を奪回する」という大義名分がたち(島津氏が伊東・肝付を倒し、従えて日向・大隅の奪還を果たしたのと同じ理屈)、正当化されるのではないでしょうか。
Posted by デハ at 2020年01月19日 18:50
夜となつた、甲府市内の夜。

サテデハサン。佳く云った。今からでも遅くはない、静岡県は山梨県に吸収合併すべきですナ。ボウフラ退治も、ぬかりなく。

サテけふの戦果発表。藤原さんがダンボールを水に浸して食べたと推測される為、爺の勝利と、なつた。
Posted by 百足衆 at 2020年01月19日 19:21
百足衆先生、
>藤原さんがダンボールを水に浸して食べたと推測される為
 それは、いくら何でも無いでしょう。根拠はあるのですか?
Posted by GATTO at 2020年01月19日 19:52
根拠のない「勘案」はだめですよ。
Posted by GATTO at 2020年01月19日 19:54
GATTO様、感想の続きです!

とても臨場感があって、良かったです!

また続きを楽しみにしています!
Posted by オジー・オズボーン at 2020年01月19日 19:58
ほほほほ〜

BSで先に観たわ〜麒麟麦酒。

カラフル大河ね〜4K意識し過ぎだわ?

内容はって言うと〜 明智光秀主人公の、ロールプレイングゲームね〜 キリンクエスト?みたいな〜

次回、レビューするかどうか微妙だわ〜

GATTOさん、まだ読みきってないので、感想はもう少し待っててね〜🏯🏯🏯
Posted by おんな城主 at 2020年01月19日 20:03
おんな城主さん

まさしく、クリームソーダみたいな毒々しい色の大河でしたね。
Posted by シモン at 2020年01月19日 20:35
たびたび失礼します。

百足衆先生、
 ひじゃさんは、シモンさんの焼豚とラーさんの炒飯を当てていますよ。こんないい加減な判定しちゃダメずら。


おんな城主さん、
楽しみにしております。ありがとうございます。


オジーさん、
臨場感ですか、ありがとうございます。
Posted by GATTO at 2020年01月19日 20:56
深夜に目が覚めた、甲府市内の深夜。

サテGATTO様。爺が、また過ちを犯しました。
申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。また頭を打ち付けて反省しています。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。謝罪の回数だけ頭を打ち付けて反省しています。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。細が、何事かと起きて来ました。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。細が、今度は写真を撮るのは嫌だと申しております。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。ただひたすら頭を打ち付けて反省しております。申し訳ありません、申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。申し訳ありません。
Posted by 百足衆 at 2020年01月20日 02:02
おはようございます♪

百足衆様、大丈夫ですか?
あまり御自分を責めないでくださいね♪

それより、公平な判定をしましょう。^^
Posted by ラー at 2020年01月20日 06:09
おはようございます。

百足衆先生、
もう、自傷はやめてください。公平な判定をすれば良いことではありませんか。きちんとすることこそ「粋」ですよ。
Posted by GATTO at 2020年01月20日 06:41
ロッテ創業者が死んだ。
ロッテは他社をパクること、
その時の都合によって日本企業と韓国企業の立場を使い分けることが気に入りませんでした。
私はもう20年ぐらいロッテ製品を買っていませんが、
知らずに口にしてしまったり、他のブランドがロッテに買収されてしまっていたためロッテ系列を食べてしまったことはあります。
メリーチョコ、バーガーキング、レデイボーデンなどがそうです。雪印が破綻した時アイスがロッテに買われのはショックでした。雪印の美味しいアイスはみんなロッテに変わってしまった。そしてもともとのロッテアイスは雪見大福を除くとほとんどなくなった(イタリアーノなど)
韓国系のくせに独逸人のロッテを名乗り、製品名がイタリアーノなのが気に食わない。
いや、ロッテに限らず、日本のメーカーも含め、製品名を欧米語にしている里はよく考えると変だし、黒人が欧州系の姓名を名乗っているのもおかしいと思う。
 〇〇ブルクとか、〇〇フォードとかは先祖由来の姓で、黒人の先祖のはずがないからである。
 また、ジョンとかポールとかも、キリストの弟子に由来するので、非キリスト教徒は名乗るべきではない、知り合いに坊さんの娘なのにマリアがいるが、変である。
日本や韓国の車の名前はほとんど横文字。
もっともアメリカ車にも、アメリカは英語の国なのにシボレー、キャデラック、カマロなどフランス語の車がある。しかし、独逸人やイタリア人、フランス人がはたして英語の名前を付けるだろうか?
 日米韓三国は猛省するべきだ。

日本の車なら、彗星、月光、雷電、紫電改、チハ、チヌ、隼、飛燕と名乗るべきだし、韓国の車ならキムチ、トンスル、チゲなどと名乗るべきであろう。
Posted by デハ at 2020年01月20日 06:59
アメリカと言えば、強襲揚陸艦ボンノムリチャードを、由来になった人物がフランス人であったとして、ボナムリシャールに改名した。であれば、独逸、フランスに由来する艦名はすべて改めるべきであろう。
フランス人でも、ジャンポールゴルチェは、「ジャン」はフランス語なのにポールが英語なのは解せない。というのも、ジョンポール、ないしジャンピエールは、ヨハネパウロに由来し不可分だからだ。
世界的に源吾の乱れが増えている。危惧するべきであろう。
Posted by デハ at 2020年01月20日 07:02
デハさん

ヨハネパウロ二世に比べて、今の教皇様は何かと炎上することが得意ですね。

ただ、暮れに話題になった女性信者の握手拒否事件は、強引に教皇の手を引っ張った女性がデハさんの嫌いなあの国系の人だったので、一概には責められませんが。
Posted by シモン at 2020年01月20日 07:12
デハさん、
>「ジャン」はフランス語なのにポールが英語なのは解せない。
 スーパーで買い物しているだけでも結構見ますよね。「グリーン・マルシェ」とか。フランス語なんか入れるとお洒落な感じがするからでしょうけど、全部フランス語にすると一部の人しかわからないから。
 フランス語といえば、またすぐ会う人に「アデュー(adieu)」は、本当にやめてもらいたいです。
Posted by GATTO at 2020年01月20日 07:49
ひじゃっ。

GATTO様。
スペイン語だと、アデューはアディオスですね。フランス語のオールヴォワールに相当する、アスタプロントとかノスベーモスの方が日常会話的です。

ひじゃ。
Posted by ひじゃ at 2020年01月20日 08:06
ひじゃさん、
 そうなんです。イタリア語にも「アリベデルチ(日常)」と「アッディオ」があります。日常的な方はだいたい「また、お会いしましょう」という意味なんですよね。
Posted by GATTO at 2020年01月20日 08:21
晴れとなつた、甲府市内の朝。
昨夜の「麒麟がくる」光秀(長谷川演)は金を持って堺に行き、松永弾正(吉田演)と意気投合、鉄砲を美濃に持ち帰る。

という、回でした。けふの「スカーレット」スカ(戸田演)は、遣都(林演)の結婚相手が妹(百合子演)とは知らず、問い詰める。

という、回でした。
サテ頭がまだズキズキ痛むが、これからは、この様な思いをしない様、正しい判定に勤めよう思う。
昨日は、ひじゃさんに軍配が、上がった。
Posted by 百足衆 at 2020年01月20日 08:28
ジュテームも沢田研二や志垣太郎なら構わないが一般人には使ってほしくない言葉。
松永の役のおっさん、以前信長の役だった時非常に不愉快な違和感を持った。
緒方直人の時も不愉快だったが、それとは逆方向の不愉快さだった。
織田信長は強くたくましく奇抜な美男子であるという固定概念があり、そのためひ弱そうに見える緒方や、ごついおっさんである吉田に違和感を感じた。
吉田はこの松永には非常に似合っている。正直、柴田か松永だなこの顔はと思った。
緒方は信忠か光秀のイメージだった。
今年の光秀は、光秀ぽい。
私の中では、石坂浩二が一番光秀のイメージに近い役者である。
Posted by デハ at 2020年01月20日 08:42
カレーマルシェ。インド風多種混合スパイス大量使用料理市場。フランス風ではない。
ボンカレーは西ドイツのカレーだと子供のころは思っていたが、江戸時代からあると思っていた。

関係ないけど、日曜朝の戦隊シリーズのタイトルってむかつきませんか?
〇〇ジャー。
「ジャー」って何?レンジャーの略らしいが、そんな言葉英米で通用しません。
きちんとレンも入れるか、〇〇マン、〇〇ファイブの方がよい。でも「マン」だと女性メンバーをどうするとか、ファイブなのに追加メンバーがいたらどうするとか変ないちゃもんつける奴がいて、レンジャーになったらしいのだが、ならばレンジャーと名乗り、炊飯器みたいな名前は名乗らんでほしい。
Posted by デハ at 2020年01月20日 08:49
白くない日産シルビアや青くない日産ブルーバードはあり得ない。青い鳥なのに赤かったり、白い電なのに赤いのは何故なんだろうか。
スカーレットも常に朱色の服しか着ないべきだ。
戦隊でも、ゴーグルピンクやダイナピンクは変身前もピンクの服を着ていたが、桃レンジャーは黒いホットパンツと白いブラウス、デンジピンクは青い服だった。ちゃんと合わせた色でないと分からない。
Posted by デハ at 2020年01月20日 08:53
ひじゃっ。

今日は百足衆先生の身体を心配し、
昼食予想は中止いたしました。

百足衆先生、ゆったりとお過ごしください。

ひじゃっ。
Posted by ひじゃ at 2020年01月20日 12:29
こんにちは。

 このたび、「海底の舞踏会・改作」を、2018年8月にまとめました。一つのブログに二つの作品を書いておりましたので、混乱しやすかったのですが、これで読みやすくなったと思います。

 当分の間、 “IL GIORNO DELLE RESTAURAZIONI” の方に集中しようと思います。引き続きよろしくお願いします。

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12402225236.html

↑ こちらから始まります。
Posted by GATTO at 2020年01月20日 12:34
GATTO様、告知ありがとうございます!

今から残業2時間ぐらいしてから帰宅の途につきます。詳しい感想は後程!
Posted by おじー・オズボーン at 2020年01月20日 17:39
「地球戦艦ヤマト」
西暦202X年・・。ロシア・中共・南北朝鮮・ドイツを中心とした「レッドチーム」は突如としてチーム外諸国への無差別核攻撃を行い、西側諸国の人々は死に絶えたかに見えたが、わが日本だけは、こんなこともあろうかと日本全国に構築済であった地下都市に逃れていた。だが、放射能汚染は深刻な状況になっており、日本人絶滅はあと369日に迫っていた。
 しかし、堀内中将率いる日本艦隊は、すでに赤色艦隊との決戦に破れ、壊滅していた。そして、出八郎の兄・守(シモン演)は壮烈な最期を遂げた。
 そんな時、訓練中の丹羽出八郎(デハ演)と中山頼蔵(ラー演)は、打ち上げられた宇宙船のカプセルを発見する。その中には、ウクライナの女王・スターシャ(イバンカ演)からのメッセージを託された妹のサーシャ(柏木由紀演)が息絶えて入っていた。
 化学班が解析したところ、ウクライナではチェルノブイリ対策で放射能除去装置が完成しているので、取りに来るように書いてあった。
 そこで日本では、かねてから修理中であった沈没した戦艦大和を改造し、イオン波動エンジンを搭載して、ウクライナに行くことになった。
大和艦長には、堀内中将(百足衆演)が選ばれ、丹羽は戦闘班長、中山は航海長になった。また、艦載機隊長には滝光太郎(燈台森演)、科学班長には守の親友であった、菅原四郎(菅原演)がついた。そして医者の藤原先生と、看護婦の由紀(柏木由紀演、サーシャとは髪色以外は同じ)、助手のロボットガトライザー(ガット演)、滝口三郎機関長(サブロー演)などを乗せて、大和は旅立った。
 途中、敵の基地になった半島を波動砲で消滅させ、シンガポールでは反射衛星砲を退け、潜水艦や機動部隊の攻撃を退け、しかし、藤原先生が他の乗組員(特に菅原技師長)の昼食を奪い取ったり、変な詩を詠んだり、不平不満を言い、さらに老齢で頑迷な艦長・機関長、ロボットであるため融通が利かず正しいことしか言わないガトライザーと科学を信じる菅原技師長とが反目しあうなどのトラブルも抱えていた。
しかし、先祖にかつての紫電改エース、菅野直を持つ滝の異常な(たった6機の戦闘機で、敵戦艦部隊や基地を全滅)活躍もあり、さらに謎の女海賊クイーンヒジャ(ひじゃ演)助けを借りつつ、困難を乗り越えて黒海に入り知ったことは、ウクライナとロシアが隣り合った連邦国だったことだった。そして、スターシャの出迎えを受けた出八郎は、死んだはずの兄・守(シモン演)と再会できた。
 しかしその帰途、日本を目前として、プーチン大統領の捨て身の特攻で大和は大破し、由紀は死んでしまう。だが、老衰で艦長が亡くなり、「日本はやはり緑だった」と言い残すと、なぜか生き返り、日本はよみがえった。
Posted by デハ at 2020年01月20日 18:49
訂正
頑迷な老人トリオと、菅原・ガットが対立。
Posted by デハ at 2020年01月20日 18:52
デハ殿の小説は宇宙一ぞなもし。
Posted by 燈台森 at 2020年01月20日 22:54
デハさん

明智光秀にぴったりな役者が石坂浩二ですか。私は近藤正臣です。
Posted by シモン at 2020年01月20日 23:11
シモン様
それもありですね。
近藤正臣は、土方歳三のイメージが強いです。
幼いころ、「近藤勇」と「土方歳三役の近藤正臣」を混同していました。

ちなみに、先ほどの物語では、
沖田艦長→老師、徳川機関長→サブローさん
佐渡先生→藤原さん 真田さん→菅原さん
アナライザー→ガットさん
古代→私 島→ラーさん 守兄さん→シモン様になっています。
Posted by デハ at 2020年01月20日 23:22
燈台森さんが加藤なのは、大和の加藤が「加藤建夫+坂井三郎」だったので、それを上回るためには紫電改、ならば松山出身の燈台森さんと言うことで起用しました。でもUで戦死してしまい、さらばと永久にには登場せず、3で弟の四郎として復活します。

ちなみに子供のころ、ズオーダー大帝と黛敏郎の区別がつきませんでした。黛を見るたびこいつは悪い奴だと思っていました。
Posted by デハ at 2020年01月20日 23:25
ジムでウォーキングしているとき2台のテレビ同時に見て、河井アンリとヘンリー王子が出ていた。
二人とも独逸語ではハインリッヒ。

どういうわけか、アンリ、ルイ、シャルル、ミッシェル、などのフランスの男性名を日本人やアメリカ人の女が名乗りたがる。
ハインリッヒ、ルートビッヒ、カールはいずれも髭面を連想するし、ミッシェルはマイケルなので猫にしか思えない。
私はまだ意味不明のキラキラネームの方が、男女を無視した命名よりはましだと考えている。

あと、与野党問わず、カリアゲ頭の女って超ムカつく。禁止してほしい。たしかなんとか千鶴子とかいうセンセイもそうだった気がする。

Posted by デハ at 2020年01月21日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]